人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





半年使用してみてのインプレ



DSC00071.jpg






前回は買ってすぐのインプレでしたが、約半年使用してみての感想を今回は書いてみたいと思います。その間にタイヤもコンチのGP4000SⅡとIRC ASPITE PROを使いましたし、途中でチャイナカーボンチューブラー履いたり、CAAD10乗ったりしていたのでいろんな角度から再考できたと思います。

そんな半年後のインプレ、では行ってみたいと思います。


以前の記事はこちら


【フルクラム レーシングゼロ2015インプレ】








... 続きを読む
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


どうもー。





さて先日は思わぬ所から脱線してしまい、本題にまさか帰ってこれませんでした。


ちょっと感じた疑問を書くつもりがあんなことに。すみません。





では今日はちゃんとレーゼロのインプレ書きたいと思いますよ。


あくまでまだ一回使用した段階での、僕個人の感想ですのであしからず。







まず今回買ったのは…


フルクラム レーシングゼロ 2015年モデル











当然シマノ仕様です。





今年からシマノハブも軽くなったということで、ちょっとだけ期待。






タイヤは…


コンチネンタル グランプリ4000SⅡ 23C








大定番です。




使い始めて25C挟んで3本目ですが、なかなか気持ちいい使い心地なのでしばらくこればかり。

コルサCXと悩みましたけどね。





チューブも定番の…




パナレーサー R'Air










間違えて25Cでも使えるの買っちゃったので多少重いです。






とまぁ、前置きはこの辺にしてインプレスタート。





まず乗り始めてわかるのは硬さ。




ガチガチかと言われたら、そこまで酷くはないですけどかなりカッチリしてます。


ガッチリと言うよりはもうちょっと乾いた感じでカッチリ。




今まで剛性が弱いから力が逃げるなんてインプレをよく見ますが、それがいまいちよくわかりませんでした。



横剛性が低くてウィップするとか、なんのこっちゃって思いながらも何となく理解してました。


横にダンシングで寝かした時にコシが無くなる感じをウィップする感じと言うのだと。




レーゼロ乗ってそれがよくわかる。




力が逃げずに踏み切る感じがすごい。




今まで使ってきたシマノ RS81 C35と比べて明らかです。


縦剛性は言うほどでもないんです。C35なのもあるんですかね。それでもレーゼロのが硬いですけど。


横がまさに自分が自分が予測してた通り。



RS81が柔らかいんじゃなくて、レーゼロのがコシがあるんです。


ダンシングしてる時の事を横剛性と言うのかすらわかりませんが、「踏んでてこりゃ力が逃げないわ」と思ってしまいます。






続いて強烈と言われる加速感。




これは1000gホイールの中華カーボン持ってるせいか期待ほどじゃない。


やっぱり加速に軽さは正義なんですね。


RS81よりちょっと良いかなと言う程度。






問題は推進性。




スッーと進む感じが、さながら氷の上を走っているようでびっくりしました。


30km以上に入ってからもその感じは衰えず、RS81と同じようにスピードに乗ります。


RS81はスピード上がってくると前輪から風を切るシュンシュンと言う音がしてきますが、レーゼロはホント滑るように加速します。


この辺が自分が乗った事があるホイールの中で感じる違いです。





ディープリムは引っ張られるような感じ。


回転系は滑るな感じ。





レーゼロに乗って自分の中で解釈がまとまりました。



そうなるとGOKISOにすごく乗ってみたいなー笑


ピカイチの回転性がどんなものか気になります。





ただ硬いので絶対脚への負担はあると思います。


40km程度の走行だったので大きく疲労することなかったですけど、ロングになれば間違いなく違いが出るでしょうね。




これがちゃんと踏めて、回せるようになった時にさらに評価がガラッと変わりそうです。







現時点ではこんな変化に気づきました。


しかし不思議な事に速度の変化はたいしてありません。


何十回と走ってるコースなので、だいたいアベレージはわかってます。






速度に変化はないのですが、気付くとアウタートップ付近にギアが入っていてこれ以上ギアが上がらないなんて事になります。



そこが不思議な所で無意識にギアチェンジをしていて気付いたらアウタートップに入ってしまう。



けれど速度は変わらないという。






と言うことはケイデンスが下がっているってことですよね?







気持ちよく漕げる感じでギアチェンジしてたので、RS81に比べて知らず知らずのうちにローケイデンスになってたんでしょうね。





ホイール毎に回してる際に気持ちいいケイデンスがあります。



中華カーボンは逆に全然ギアを上げたくならない。


ハイケイデンスで回したくなるから、高速になるほどスピードが上がりづらい感覚になります。




レーゼロは硬さはすぐにわかるぐらいですが、それ以外が突出した感じがありません。


たぶん全体的に高水準なのか、みんながレビューで書くほど特質した特徴みたいのを感じませんでした。


ただ一つ分かるのは、これ使って負けたら言い訳できない。笑



機材のせいに絶対に出来ない。




上手く走れないのはお前が遅いからだよ!




そう言われてる気さえします。




一回乗っただけで既に全然上手く使えてない気がすごいしますし。


まぁこれからしばらく乗って、また1000kmぐらい乗ったら感想書きたいと思います。



ではまたー。










最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村