人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。



CAAD10からFUJI TRANSONIC SLに乗り換えて早6ヶ月ほど経ちました。

fc2blog_20151109104447e75.jpg



こうやって小出しにインプレしていく方がその時々に感じたことが書ける気がするのでトランソニックのインプレも気付けば第4回目です。




今日は6ヶ月使ってみてのいろんな感想。






... 続きを読む
どうもー。

試乗インプレ後半戦いきたいとおもいます。





・Bianchi OLTRE



初ビアンキです。なんとなく勝手なイメージで、なんとなく街乗りでみんなが乗ってるイメージ。
2014年はベルキンに機材供給するみたいですね。楽しみな一台でした。



・全てをそつなくこなす優等生

→乗った瞬間の感想は乗り心地いい、加速感ある、伸びもいいとすごい良いバイクです。

バランスが非常に取れていて、何かに特化したバイクにこそ当然負けますが、全てにおいて能力高いです。

ただ同じ万能の優等生ならドグマのが圧倒的に速い印象が僕はしましたね。

優位があるとすれば、価格とデザインですかね。







・COLNAGO CX ZERO



これも初コルナゴです。ちょっと歳上の叔父様が乗ってるイメージw

でもスタンダードな見た目はかっこいいです。





・回す事が楽しい一台

→オルトレ同様これだけの価格帯に悪いバイクなんてありません。コルナゴもそつなく全てこなすんだろうなって印象でしたね。

ただオルトレと違ったのは、踏んでもOLTREより進まない。初め、期待はずれかと思ったんですが、ペダルをフラットながらもクルクル回したら楽しいバイクになりました。

長距離乗ったらヒシヒシとその差を感じそうなバイクですよね。踏みが楽しいバイクは代償にそれだけ脚無くなりますし。







・ANCHOR



すみません。バタバタしてて乗った車種忘れちゃいました。RS8かRIS9だったと思うんですが曖昧です。






・とりあえずANCHOR買っとけば間違いないの意味がよくわかった。

→レースを後々したい初心者にショップや経験者が




「何買いたいかわからなかったり、なければANCHOR買っとけば間違いないよ」




と言う意味がよくわかります。非常にバランスが取れたこいつも優等生で、なんでもある程度は出来そう。

加えて価格がまぁまぁいい感じなので、これに乗っていろいろ経験した後にもっとどの方向に振りたいか考えるって理想系だと思いました。

すごい良いバランスで変な癖を個人的には全く感じなかったのも大きいかもしれません。



あえて自分も言います。

「とりあえずANCHOR買っとけば間違いない!」








・ BOMA RASOA





さぁ二台目のBOMAです。こっちはエアロロードで新しく出たばかりみたいですね。






・後から遅れてやってくるスピード感

→ディープリムホイールはいていたので、正直評価はあくまでホイールとのセットになりますね。

乗り味は同カテゴリーのサーヴェロに似てると思います。ただ個人的にはこっちのが好きです。

サーヴェロは踏めない人には厳しい印象があってなんとなく楽しめなかったんですが、こいつは加速こそ当然あんなホイールはいてるのもありますし、モッサリしてますが伸びが気持ちいいです。

マリオカートで言うまさにクッパで、無理なくスピードを乗せるにはワンテンポ、ツーテンポ遅いので時間がかかる印象です。

無理にスピード一気にあげようとするとすぐに脚が悲鳴あげそうだなーと乗りながら思っていました。









以上8車種の超個人的なインプレです。

今回高い部類の車種に何個か乗って感じたのは



「このレベルの違いを試乗のように乗り比べせずに認識できるのか?」




って事でしたね。

そりゃ次から次に今回のように乗り換えれば素人の自分でも、自分なりの違いはわかるでしょう。




ただこれを試乗せずに一車種買って違いや特徴を自分なりにでもわかるかと言われたら疑問を持ちます。

ほとんどの人が当然プロではありませんし、コンマ何秒を争うような世界にはいません。

ロードのエンジンは自分自身であって、ロード自身はそれを支え、力に変換する道具です。



今乗っているCAAD10が圧倒的に劣っているとは思いません。

ある程度良いバイク以上は味付けや多少の性能さであるだけで





「その差にどれだけお金を払えるか?」





に尽きるなと思いました。





高いカーボンバイクに乗るを美徳とするよりは、いろいろ試乗した上で

自分が欲しい特徴や乗り味はを追求した方が当然良い選択なんだろうなと感じた一日でした。





良いバイクなのは頷けましたが、ビアンキやコルナゴに全く興味が湧かなかったのが自分の答えでしょうね。




僕は様々な局面を無難にこなせる優等生よりも何か一分野に特化したスペシャリスト的なバイクの方が魅力的に感じるみたいです。




だって優等生系なら今の所ドグマが一番ですから。

あれだけは異次元に何でも速かったです。





価格面もありますが、全てにおいてとにかく高い能力のバイクが欲しいならドグマ買っとけば間違いないと思ってます。





試乗すればするほどCAAD10のままでいいやと思える現状もありますしね。






乗れば乗るほど良いバイクは世の中にたくさんあるけど、安い価格帯の中でこんなに自分好みのバイクはないなと思えます。




アルミに伴う加速感。



ハンドリングのライトな感じ。



決して乗り味はカーボンと比べたら良くないけれど、踏んだらダイレクトに反応してくる感じ。


もっと良いものはありますが、その良いものとCAAD10の間にある差に30万~40万払うなら、元々耐久性には疑問を投げかけられてるCAAD10です。



壊れるまでCAAD10でもいいかなと。




まぁすでに自分のせいでいたるところボロボロなのもありますし

物欲で気付いたら新しいの買ってるかもしれませんけどね笑



FELTを悪く言いたくないけどCAAD10の前に乗っていたF95は自分には合わなかった。

合わないバイクに乗ると当然乗らなくなる。だって楽しくないのだから。

CAAD10は自分にロードの面白さを教えてくれた。

年間300kmも乗らなかった自分を一気に5000kmまで導いてくれた。


本当はそんな単純なものでいいんだと思います。




乗る楽しさ踏む楽しさ回す楽しさコントロールする楽しさ加速の快感高速域の快感




そんな楽しさや快感をより引き出してくれる車種に出会えたならそれが理想なのだと思う。



それ以外の止まる、ギアを変えるなどコンポが有する基本性能部分はコンポ次第でどうとでもなるしね。




自分のインプレがその車種にどんな形であれ興味を持つきっかけになり

結果それを鵜呑みにするのではなく試乗するきっかけになってくれたら嬉しいですね。




人それぞれ好みがあって

人それぞれにあったバイクがあるでしょうから。



そんな初心者の戯言でした。

お付き合いありがとうございました。
























最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
どうもー。




さて今日は先日の試乗の超主観的な感想でも書きますかね。

いつもの事ですが素人の感想ですので、その辺は理解した上でよろしくお願いします。





さて。まず毎年やってんだかどうかすらわかりませんが

SAITAMA CYCLE EXPO 2014に行ってきました。

2014って付くぐらいだから毎年やってるんですかね。



去年初めてサイクルモードに行ってそのおもしろさを体感したので

予定が上手いこと空いたのもあり行ってきました。


今回試乗できたのは全部で8台です。

午後から強風のため試乗中止になったのもあるし

連れと合流したのもあって今回は乗りたかった物を中心に試乗しました。



サイクルモードと比べると規模は半分以下です。

しかしそれでも試乗車はたくさんありましたし、結構楽しめましたね。


試乗車はサイクルモードより人が少ないのもあってどんどん乗れたんですが

いかんせん試乗コースが狭いし、距離も短いコースだったのでどれだけちゃんと試乗できたかと

言われると疑問が残ります。



加えて人が溢れかえっていて本当に乗り味程度しかわかりませんでした。


でもその中でやっぱり「おっ!!」と思うのはあるわけです。


順を追って書きましょうかね。




まず着いて早々TREK乗りたかったんですが、さすがに少し混んでいたので

比較的空いていたこいつから。




・BOMA C-1


たぶんこいつw

正直モデル名見忘れてあまり覚えてない。BOMAに乗った記憶しか無いんですよ。

ただ乗り味はすごい印象的。もしかしたらもう一個か2個ぐらい上のモデルかもしれません。


・バランスが良い。

→加速感から巡航維持、伸びなどすごい優秀。突出してこれがすばらしいって感想は無かった代わりに
すごい優等生なイメージ。



・コストパフォーマンス抜群

→正直価格を会場では見てなかったので帰ってきて調べてみて衝撃を受けました。この性能をこの価格で買えるとかね。
そういった意味でも最終的に一番良かったのBOMAです。後に書きますがもう一台BOMA乗ったんですが
BOMA今自分の中で欲しいランキング急浮上してます。



・TREK Domane4.3

ずっとちゃんと乗りたかったTREKです。うちのエースがTREK乗りなのでちょっと乗ったことあるんですけどね。

個人的にあまり好みではない見た目を除けば一番買いのメーカーなんだろうなって思っていたのでやっとこさの試乗です。


・全てがでかいイメージ

→何だよその感想って思うかもしれませんが、個人的なイメージそんな感じなんですよw
例えるなら車で小型車と大型車で大型車に乗ってる感じですかね。

サイズがでかいわけではないんですが、いろいろな部分大味な印象がありました。大きな車体を自分の力で乗りこなすような感覚。
乗り心地は自分好みではないんですけど乗りやすいバイクだと思います。

ただインプットする物に対して過剰なアウトプットは無いイメージです。踏んだら踏んだ分だけ、回したら回した分だけ進む感じですね。
惰性の際の失速感も少ないので公表通りのロングライドに適したモデルって感じですね。


そしてエースが乗っているmadone 2.1とあまり印象が変わらないのもびっくりでしたね。2.1はアルミですけど基本部分はTREKの乗り味でちゃんと継承されているのに驚きました。

逆に言えば、じゃあこの価格差分出して新しく4.3買おうという気には自分はならない感じでしたけどね。

ちゃんと乗れなかったので2.1と4.3にどれだけ差があるのかと言われると差が自分にはほとんどわかりませんでした。




・BH QUARTZ


一度PRISMA買おうと思っていたので、個人的な馴染みのあるメーカーです。試乗するのは今回が初なんですが、前に購入を考えていた際

ワイズの店員さんには「とにかく固いモデルです。」と説明されていたのでちょっと楽しみなメーカーではありました。



・気持ちの良い加速感

→店員さんの言う通りなんですかね。剛性があるのか加速が気持ちいいです。回すよりも踏んだ方が良い反応で返って来る気がしましたね。
乗り心地も全く悪くないです。試乗した中でも印象はかなり良かったですね。残念なのは高速域が試乗コースの関係で調べられなかったので、この気持ちの良い加速感がどこまで続くのかちゃんと体感してみたかったですね。



・Khodaa bloom farna20


ちょっと番外編の小径車です。むしろ今回SSAにやってきたのはセカンドバイクに買おうと思っている小径車選びの為の要素が強かったので
ある意味一番試乗する意味のある一台だったかもしれません。


・小径車のイメージが変わった

→安物しか乗ったことがなかったのでがらっとイメージが変わりました。小径車と言えば

「ロードやクロスに比べたら走らないからいっぱい漕げなきゃいけない」

なんてありがちな素人の持つイメージを持っていました。



しかし蓋を開けてみたらハンドリングこそ、イメージ通りフラフラでちょっと安定感にかけましたが冗談抜きで低速~中速前半まではロードより乗りやすいし
速いんじゃ無いかと自分を疑いたくなるようなスムーズさでした。

ただ値段がなかなか高い…

SHIMANO SORAを搭載しているのもあって機能面では文句無いんですが、8万+税込はさすがに手が出せません。

そりゃ小径車メインで買う人には良いでしょうけど、セカンドバイクで下駄代わりに欲しいと思っている自分にはちょっと厳しいです。

だってそれだけ出すならホイールのが欲しいですもんw






今日はここまで!!


とりあえず書くの結構大変なので前半戦って事で…


次回後半戦ということでさらに


Bianchi/COLNAGO/Anchor/BOMA


の残り4車種についての感想書きたいと思います。


ではこの辺で~





最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
どうもー。

試乗インプレ後半戦いきたいとおもいます。





・Bianchi OLTRE



初ビアンキです。なんとなく勝手なイメージで、なんとなく街乗りでみんなが乗ってるイメージ。
2014年はベルキンに機材供給するみたいですね。楽しみな一台でした。



・全てをそつなくこなす優等生

→乗った瞬間の感想は乗り心地いい、加速感ある、伸びもいいとすごい良いバイクです。

バランスが非常に取れていて、何かに特化したバイクにこそ当然負けますが、全てにおいて能力高いです。

ただ同じ万能の優等生ならドグマのが圧倒的に速い印象が僕はしましたね。

優位があるとすれば、価格とデザインですかね。







・COLNAGO CX ZERO



これも初コルナゴです。ちょっと歳上の叔父様が乗ってるイメージw

でもスタンダードな見た目はかっこいいです。





・回す事が楽しい一台

→オルトレ同様これだけの価格帯に悪いバイクなんてありません。コルナゴもそつなく全てこなすんだろうなって印象でしたね。

ただオルトレと違ったのは、踏んでもOLTREより進まない。初め、期待はずれかと思ったんですが、ペダルをフラットながらもクルクル回したら楽しいバイクになりました。

長距離乗ったらヒシヒシとその差を感じそうなバイクですよね。踏みが楽しいバイクは代償にそれだけ脚無くなりますし。







・ANCHOR



すみません。バタバタしてて乗った車種忘れちゃいました。RS8かRIS9だったと思うんですが曖昧です。






・とりあえずANCHOR買っとけば間違いないの意味がよくわかった。

→レースを後々したい初心者にショップや経験者が




「何買いたいかわからなかったり、なければANCHOR買っとけば間違いないよ」




と言う意味がよくわかります。非常にバランスが取れたこいつも優等生で、なんでもある程度は出来そう。

加えて価格がまぁまぁいい感じなので、これに乗っていろいろ経験した後にもっとどの方向に振りたいか考えるって理想系だと思いました。

すごい良いバランスで変な癖を個人的には全く感じなかったのも大きいかもしれません。



あえて自分も言います。

「とりあえずANCHOR買っとけば間違いない!」








・ BOMA RASOA





さぁ二台目のBOMAです。こっちはエアロロードで新しく出たばかりみたいですね。






・後から遅れてやってくるスピード感

→ディープリムホイールはいていたので、正直評価はあくまでホイールとのセットになりますね。

乗り味は同カテゴリーのサーヴェロに似てると思います。ただ個人的にはこっちのが好きです。

サーヴェロは踏めない人には厳しい印象があってなんとなく楽しめなかったんですが、こいつは加速こそ当然あんなホイールはいてるのもありますし、モッサリしてますが伸びが気持ちいいです。

マリオカートで言うまさにクッパで、無理なくスピードを乗せるにはワンテンポ、ツーテンポ遅いので時間がかかる印象です。

無理にスピード一気にあげようとするとすぐに脚が悲鳴あげそうだなーと乗りながら思っていました。









以上8車種の超個人的なインプレです。

今回高い部類の車種に何個か乗って感じたのは



「このレベルの違いを試乗のように乗り比べせずに認識できるのか?」




って事でしたね。

そりゃ次から次に今回のように乗り換えれば素人の自分でも、自分なりの違いはわかるでしょう。




ただこれを試乗せずに一車種買って違いや特徴を自分なりにでもわかるかと言われたら疑問を持ちます。

ほとんどの人が当然プロではありませんし、コンマ何秒を争うような世界にはいません。

ロードのエンジンは自分自身であって、ロード自身はそれを支え、力に変換する道具です。



今乗っているCAAD10が圧倒的に劣っているとは思いません。

ある程度良いバイク以上は味付けや多少の性能さであるだけで





「その差にどれだけお金を払えるか?」





に尽きるなと思いました。





高いカーボンバイクに乗るを美徳とするよりは、いろいろ試乗した上で

自分が欲しい特徴や乗り味はを追求した方が当然良い選択なんだろうなと感じた一日でした。





良いバイクなのは頷けましたが、ビアンキやコルナゴに全く興味が湧かなかったのが自分の答えでしょうね。




僕は様々な局面を無難にこなせる優等生よりも何か一分野に特化したスペシャリスト的なバイクの方が魅力的に感じるみたいです。




だって優等生系なら今の所ドグマが一番ですから。

あれだけは異次元に何でも速かったです。





価格面もありますが、全てにおいてとにかく高い能力のバイクが欲しいならドグマ買っとけば間違いないと思ってます。





試乗すればするほどCAAD10のままでいいやと思える現状もありますしね。






乗れば乗るほど良いバイクは世の中にたくさんあるけど、安い価格帯の中でこんなに自分好みのバイクはないなと思えます。




アルミに伴う加速感。



ハンドリングのライトな感じ。



決して乗り味はカーボンと比べたら良くないけれど、踏んだらダイレクトに反応してくる感じ。


もっと良いものはありますが、その良いものとCAAD10の間にある差に30万~40万払うなら、元々耐久性には疑問を投げかけられてるCAAD10です。



壊れるまでCAAD10でもいいかなと。




まぁすでに自分のせいでいたるところボロボロなのもありますし

物欲で気付いたら新しいの買ってるかもしれませんけどね笑



FELTを悪く言いたくないけどCAAD10の前に乗っていたF95は自分には合わなかった。

合わないバイクに乗ると当然乗らなくなる。だって楽しくないのだから。

CAAD10は自分にロードの面白さを教えてくれた。

年間300kmも乗らなかった自分を一気に5000kmまで導いてくれた。


本当はそんな単純なものでいいんだと思います。




乗る楽しさ踏む楽しさ回す楽しさコントロールする楽しさ加速の快感高速域の快感




そんな楽しさや快感をより引き出してくれる車種に出会えたならそれが理想なのだと思う。



それ以外の止まる、ギアを変えるなどコンポが有する基本性能部分はコンポ次第でどうとでもなるしね。




自分のインプレがその車種にどんな形であれ興味を持つきっかけになり

結果それを鵜呑みにするのではなく試乗するきっかけになってくれたら嬉しいですね。




人それぞれ好みがあって

人それぞれにあったバイクがあるでしょうから。



そんな初心者の戯言でした。

お付き合いありがとうございました。
























最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村