人気ブログランキングへ
どうもー。

ということで犬吠埼ライドの続きです。




船橋に到着。というとこで前回は終わりました。


船橋といえばこの前大雪の後に船橋のワイズ行くためにわざわざ来たんですよね。


道路がすごい雪で電車も船橋から先に動いてなかったので

船橋から歩いたんです。




なんかね。一度来ると立て続けに行くジンクスがありますね。










そんなこんなで合流地点の勝田台に向けてスタート!!








目指すは国道296号線です。


犬吠埼はほぼこの296号線(成田街道)をまーっすぐ進めば着いてしまうので楽ちんですね。


前回は謎ルートで進んだのでこの道はほぼ通ってないで、初めての道です。





船橋から296号線に出た瞬間ちょっとびっくりしたのが…





「道が狭いし、交通量が多い…」






これはやってしまったかと思いました。

この道で最後までとなると気持ちいい所か、路面状況や車に気を遣ってそれだけで疲れてしまいそうで。



まあそんな心配しばらく行けば平気になるんですけど、それでも結構長い区間思っていただだっ広い道にはほど遠い普通の道でした。


勝手な千葉=広い道ってイメージがいけませんでしたね。




無事に勝田台の先で仲間も拾いました。


悠々とマックでご飯食べながら待ってましたw






久々の勝手に作ったチーム全員集合です。


IMG_7033.jpg



しかしエースと自分以外は変わらず普段全く練習していないので

今回のライドは二人に先頭を任せ、自分たちのペースで引いてもらうことに。





自分とエースはその後ろを重いギアにして低ケイデンス・高負荷で進んでいきます。


まあ本当に練習になっているかはわからないんですが

そもそも今回の目的は温泉と二人のトレーニングが目的なので

自分とエースはのんびりペースです。



やっぱりみんなで走る方が楽しいので、出来るだけチーム全体の力を底上げしたいんですよね。


うちらのペースで走ると他二人はついてくるのが相当しんどいので

そもそも自転車に乗る気が無くなっちゃうみたいです。



とにかく長い距離をマイペースで良いので回数こなしていくことが初心者のうちらにとっては
速くなる、または漕げる用になる近道だと勝手に思ってます。


初めから競技志向全開の人はもっとメニュー考えたりして練習した方が良いんでしょうけどね。



とにかく初心者のうちらはとにかく乗る事を重視してます。




そんなこんなで全員揃って出発です。



勝田台から犬吠埼まではおよそ80kmちょいなのでまあまあゆっくり行けば余裕の距離です。


適度なアップダウンを挟みながら二人とも軽快に進んでいきます。



後ろから他の人を見てると自分にとってもすごい勉強になります。





ペダリングやフォームを見たりするのは言い所や悪い所を客観的に見るのにはすごい良いですね。

そしてまた人それぞれタイプがあるのも見ていて楽しいです。



平地飛ばしてるなーと思ったら、坂でガクッとスピードが落ちたり

逆に坂になったらスピードが上がったり。



初心者に毛が生えた程度の自分ですが、すごい勉強になる。



誰かと走るってのは成長する上で、すごいプラスになりますね。




山が苦手な自分は山が得意なエースをずっとトレースして今まで走ってきて

最近ようやく同じペースで登れるようになりました。



それも後ろからギアの選択やペダリングなど見よう見まねで

盗めそうなことは盗みましたからね。



途中にハニワがいたり、天気は良いし気持ちいい。


IMG_7035.jpg










しばらくすると順調に進んでると思われた二人でしたが

途中で一人が失速。




どうしたものかとコンビニに寄って聞いてみると





「膝が痛くて漕げない」





とのこと。彼は先日の東京湾1周200kmも完走した仲間で、本格的に乗り始める前から一緒に

ロードやクロスを乗っていた仲間です。


この程度ならば特に問題はないと踏んでいたのですが

膝が痛いなんて言っているところ初めて見ました。








「膝のどの辺が痛いの?」






たいした知識も経験もありませんが、自分の持ってる知識で対応する術はないか考えます。






「もうね。膝全体が痛いからどの辺が痛いとかない」








ポジションがかなりコンフォート寄りだったで、もしかすると踏みメインになっている

ペダリングが原因かもしれません。



というよりそれ以外為す術は自分にはありませんでした。


低めだったサドル高を上げ、ハンドルを多少下げポジションに替えていきます。


怪我という物にほとんど無縁で生きてきた自分にはその対処も初心者なんですよね。


残り40kmちょいでのアクシデントにどうすることが一番良いかわからずじまいでした。





さて。今日はこの辺で。犬吠埼ライド完結編を書きたいと思います。






最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
... 続きを読む
どうも。

先週の土曜日に懐かしい思い出の犬吠埼に行ってきました。




今回は珍しく地元の自転車仲間全員集合です。

まあ全員と言っても4人なんですけどw




犬吠埼はクロスバイクにちょいちょい乗り始めて、まだまだ本格的に乗ろうと思い始めるだいぶ前に一度行った思い出があります。

当然ですがその頃はヘロヘロでもうきつくて、きつくて仕方なかった記憶があります。


ただ犬吠埼のホテルで入った温泉は格別でした。

その時一緒に行った仲間も一人今回一緒です。


あの頃に比べたら格段に成長したと思いたいが為と、あの温泉の気持ちよさをエース含めもう一人の仲間にも味わってもらいたく企画しました。





前回は東京駅まで輪行してそこから市川まで走って、時間が足りないので外房まで電車で乗り継ぎ、太平洋沿いに北上するという謎のルートでした。それでも120kmぐらいは帰りにちょっと走ったの併せて走った気がします。




今回は都内はめんどくさいので走りたくないという理由と

午後過ぎぐらいには犬吠について温泉をゆっくり楽しみ、夕方には向こうを出たいというのもあったので

早朝5時より輪行して船橋まで行くことに。




眠い目をこすりながら4時に起床していそいそと準備を始め、地元の駅に。

この時点で3人集まって駅に向かいます。



残り一人は元々行けない予定だったのが急遽行けるようになったので、他の仲間にサプライズっぽく

駅で突然合流させた方が盛り上がるかなと思い内緒にしてみることに。




駅について輪行の準備を始めますが、いっこうに友人Hは来ません。

そんな事は知らない残り二人はさっさとバッグに自転車を入れていきます。






「おかしい…なぜいない!」





一人焦る自分。そんな事知りもしない二人。



結局Hは寝過ごして駅には来ないのでしたw


もうめんどくさいからネタばらしして、モーニングコールとなってしまった電話でHを起こし、勝田台まで行かせそこで合流することに。




というわけで始めからグダグダなスタートになってしまったけどいざ出発!



IMG_7023.jpg




うん。自分の輪行バック収まってないですね。



でもこの





「TIOGA BIKE KINCHAKU」


無題






かなりおすすめです。





でかいのでリュック持ち歩くことが嫌じゃない人+多少でかくなっても気にしない人限定なんですが

すごい楽ですよ。


前輪外して、フォークに完成車に付いてくるプラスチックのバー適当に自転車屋でもらったのをつけて

ホイールをフレームに固定して、大きめのこの巾着にすぽっと入れればもうおしまい。


急いでるときなんかは超助かります。だって慣れればものの1分ぐらいで輪行できちゃいますからね。


仲間内でもみんな欲しがる始末。



ただちゃんと輪行しなきゃ行けないような場面ではちょっと適当すぎるので、使いどころを選べばかなり良いバックだと思います。


デメリットはとにかくデカイのと重い事ですね。まあ小ささと軽さを売りにしている商品以外は言うほど大差はないと思いますけどね。







そんなこんなで船橋に到着!!w



IMG_7030.jpg




IMG_7032.jpg





ちょっと書きすぎましたね。



船橋に着いていざスタートと言うところで今日はお時間です。




ということで続きは次回!








最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


どうもー。

試乗インプレ後半戦いきたいとおもいます。





・Bianchi OLTRE



初ビアンキです。なんとなく勝手なイメージで、なんとなく街乗りでみんなが乗ってるイメージ。
2014年はベルキンに機材供給するみたいですね。楽しみな一台でした。



・全てをそつなくこなす優等生

→乗った瞬間の感想は乗り心地いい、加速感ある、伸びもいいとすごい良いバイクです。

バランスが非常に取れていて、何かに特化したバイクにこそ当然負けますが、全てにおいて能力高いです。

ただ同じ万能の優等生ならドグマのが圧倒的に速い印象が僕はしましたね。

優位があるとすれば、価格とデザインですかね。







・COLNAGO CX ZERO



これも初コルナゴです。ちょっと歳上の叔父様が乗ってるイメージw

でもスタンダードな見た目はかっこいいです。





・回す事が楽しい一台

→オルトレ同様これだけの価格帯に悪いバイクなんてありません。コルナゴもそつなく全てこなすんだろうなって印象でしたね。

ただオルトレと違ったのは、踏んでもOLTREより進まない。初め、期待はずれかと思ったんですが、ペダルをフラットながらもクルクル回したら楽しいバイクになりました。

長距離乗ったらヒシヒシとその差を感じそうなバイクですよね。踏みが楽しいバイクは代償にそれだけ脚無くなりますし。







・ANCHOR



すみません。バタバタしてて乗った車種忘れちゃいました。RS8かRIS9だったと思うんですが曖昧です。






・とりあえずANCHOR買っとけば間違いないの意味がよくわかった。

→レースを後々したい初心者にショップや経験者が




「何買いたいかわからなかったり、なければANCHOR買っとけば間違いないよ」




と言う意味がよくわかります。非常にバランスが取れたこいつも優等生で、なんでもある程度は出来そう。

加えて価格がまぁまぁいい感じなので、これに乗っていろいろ経験した後にもっとどの方向に振りたいか考えるって理想系だと思いました。

すごい良いバランスで変な癖を個人的には全く感じなかったのも大きいかもしれません。



あえて自分も言います。

「とりあえずANCHOR買っとけば間違いない!」








・ BOMA RASOA





さぁ二台目のBOMAです。こっちはエアロロードで新しく出たばかりみたいですね。






・後から遅れてやってくるスピード感

→ディープリムホイールはいていたので、正直評価はあくまでホイールとのセットになりますね。

乗り味は同カテゴリーのサーヴェロに似てると思います。ただ個人的にはこっちのが好きです。

サーヴェロは踏めない人には厳しい印象があってなんとなく楽しめなかったんですが、こいつは加速こそ当然あんなホイールはいてるのもありますし、モッサリしてますが伸びが気持ちいいです。

マリオカートで言うまさにクッパで、無理なくスピードを乗せるにはワンテンポ、ツーテンポ遅いので時間がかかる印象です。

無理にスピード一気にあげようとするとすぐに脚が悲鳴あげそうだなーと乗りながら思っていました。









以上8車種の超個人的なインプレです。

今回高い部類の車種に何個か乗って感じたのは



「このレベルの違いを試乗のように乗り比べせずに認識できるのか?」




って事でしたね。

そりゃ次から次に今回のように乗り換えれば素人の自分でも、自分なりの違いはわかるでしょう。




ただこれを試乗せずに一車種買って違いや特徴を自分なりにでもわかるかと言われたら疑問を持ちます。

ほとんどの人が当然プロではありませんし、コンマ何秒を争うような世界にはいません。

ロードのエンジンは自分自身であって、ロード自身はそれを支え、力に変換する道具です。



今乗っているCAAD10が圧倒的に劣っているとは思いません。

ある程度良いバイク以上は味付けや多少の性能さであるだけで





「その差にどれだけお金を払えるか?」





に尽きるなと思いました。





高いカーボンバイクに乗るを美徳とするよりは、いろいろ試乗した上で

自分が欲しい特徴や乗り味はを追求した方が当然良い選択なんだろうなと感じた一日でした。





良いバイクなのは頷けましたが、ビアンキやコルナゴに全く興味が湧かなかったのが自分の答えでしょうね。




僕は様々な局面を無難にこなせる優等生よりも何か一分野に特化したスペシャリスト的なバイクの方が魅力的に感じるみたいです。




だって優等生系なら今の所ドグマが一番ですから。

あれだけは異次元に何でも速かったです。





価格面もありますが、全てにおいてとにかく高い能力のバイクが欲しいならドグマ買っとけば間違いないと思ってます。





試乗すればするほどCAAD10のままでいいやと思える現状もありますしね。






乗れば乗るほど良いバイクは世の中にたくさんあるけど、安い価格帯の中でこんなに自分好みのバイクはないなと思えます。




アルミに伴う加速感。



ハンドリングのライトな感じ。



決して乗り味はカーボンと比べたら良くないけれど、踏んだらダイレクトに反応してくる感じ。


もっと良いものはありますが、その良いものとCAAD10の間にある差に30万~40万払うなら、元々耐久性には疑問を投げかけられてるCAAD10です。



壊れるまでCAAD10でもいいかなと。




まぁすでに自分のせいでいたるところボロボロなのもありますし

物欲で気付いたら新しいの買ってるかもしれませんけどね笑



FELTを悪く言いたくないけどCAAD10の前に乗っていたF95は自分には合わなかった。

合わないバイクに乗ると当然乗らなくなる。だって楽しくないのだから。

CAAD10は自分にロードの面白さを教えてくれた。

年間300kmも乗らなかった自分を一気に5000kmまで導いてくれた。


本当はそんな単純なものでいいんだと思います。




乗る楽しさ踏む楽しさ回す楽しさコントロールする楽しさ加速の快感高速域の快感




そんな楽しさや快感をより引き出してくれる車種に出会えたならそれが理想なのだと思う。



それ以外の止まる、ギアを変えるなどコンポが有する基本性能部分はコンポ次第でどうとでもなるしね。




自分のインプレがその車種にどんな形であれ興味を持つきっかけになり

結果それを鵜呑みにするのではなく試乗するきっかけになってくれたら嬉しいですね。




人それぞれ好みがあって

人それぞれにあったバイクがあるでしょうから。



そんな初心者の戯言でした。

お付き合いありがとうございました。
























最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
どうもー。




さて今日は先日の試乗の超主観的な感想でも書きますかね。

いつもの事ですが素人の感想ですので、その辺は理解した上でよろしくお願いします。





さて。まず毎年やってんだかどうかすらわかりませんが

SAITAMA CYCLE EXPO 2014に行ってきました。

2014って付くぐらいだから毎年やってるんですかね。



去年初めてサイクルモードに行ってそのおもしろさを体感したので

予定が上手いこと空いたのもあり行ってきました。


今回試乗できたのは全部で8台です。

午後から強風のため試乗中止になったのもあるし

連れと合流したのもあって今回は乗りたかった物を中心に試乗しました。



サイクルモードと比べると規模は半分以下です。

しかしそれでも試乗車はたくさんありましたし、結構楽しめましたね。


試乗車はサイクルモードより人が少ないのもあってどんどん乗れたんですが

いかんせん試乗コースが狭いし、距離も短いコースだったのでどれだけちゃんと試乗できたかと

言われると疑問が残ります。



加えて人が溢れかえっていて本当に乗り味程度しかわかりませんでした。


でもその中でやっぱり「おっ!!」と思うのはあるわけです。


順を追って書きましょうかね。




まず着いて早々TREK乗りたかったんですが、さすがに少し混んでいたので

比較的空いていたこいつから。




・BOMA C-1


たぶんこいつw

正直モデル名見忘れてあまり覚えてない。BOMAに乗った記憶しか無いんですよ。

ただ乗り味はすごい印象的。もしかしたらもう一個か2個ぐらい上のモデルかもしれません。


・バランスが良い。

→加速感から巡航維持、伸びなどすごい優秀。突出してこれがすばらしいって感想は無かった代わりに
すごい優等生なイメージ。



・コストパフォーマンス抜群

→正直価格を会場では見てなかったので帰ってきて調べてみて衝撃を受けました。この性能をこの価格で買えるとかね。
そういった意味でも最終的に一番良かったのBOMAです。後に書きますがもう一台BOMA乗ったんですが
BOMA今自分の中で欲しいランキング急浮上してます。



・TREK Domane4.3

ずっとちゃんと乗りたかったTREKです。うちのエースがTREK乗りなのでちょっと乗ったことあるんですけどね。

個人的にあまり好みではない見た目を除けば一番買いのメーカーなんだろうなって思っていたのでやっとこさの試乗です。


・全てがでかいイメージ

→何だよその感想って思うかもしれませんが、個人的なイメージそんな感じなんですよw
例えるなら車で小型車と大型車で大型車に乗ってる感じですかね。

サイズがでかいわけではないんですが、いろいろな部分大味な印象がありました。大きな車体を自分の力で乗りこなすような感覚。
乗り心地は自分好みではないんですけど乗りやすいバイクだと思います。

ただインプットする物に対して過剰なアウトプットは無いイメージです。踏んだら踏んだ分だけ、回したら回した分だけ進む感じですね。
惰性の際の失速感も少ないので公表通りのロングライドに適したモデルって感じですね。


そしてエースが乗っているmadone 2.1とあまり印象が変わらないのもびっくりでしたね。2.1はアルミですけど基本部分はTREKの乗り味でちゃんと継承されているのに驚きました。

逆に言えば、じゃあこの価格差分出して新しく4.3買おうという気には自分はならない感じでしたけどね。

ちゃんと乗れなかったので2.1と4.3にどれだけ差があるのかと言われると差が自分にはほとんどわかりませんでした。




・BH QUARTZ


一度PRISMA買おうと思っていたので、個人的な馴染みのあるメーカーです。試乗するのは今回が初なんですが、前に購入を考えていた際

ワイズの店員さんには「とにかく固いモデルです。」と説明されていたのでちょっと楽しみなメーカーではありました。



・気持ちの良い加速感

→店員さんの言う通りなんですかね。剛性があるのか加速が気持ちいいです。回すよりも踏んだ方が良い反応で返って来る気がしましたね。
乗り心地も全く悪くないです。試乗した中でも印象はかなり良かったですね。残念なのは高速域が試乗コースの関係で調べられなかったので、この気持ちの良い加速感がどこまで続くのかちゃんと体感してみたかったですね。



・Khodaa bloom farna20


ちょっと番外編の小径車です。むしろ今回SSAにやってきたのはセカンドバイクに買おうと思っている小径車選びの為の要素が強かったので
ある意味一番試乗する意味のある一台だったかもしれません。


・小径車のイメージが変わった

→安物しか乗ったことがなかったのでがらっとイメージが変わりました。小径車と言えば

「ロードやクロスに比べたら走らないからいっぱい漕げなきゃいけない」

なんてありがちな素人の持つイメージを持っていました。



しかし蓋を開けてみたらハンドリングこそ、イメージ通りフラフラでちょっと安定感にかけましたが冗談抜きで低速~中速前半まではロードより乗りやすいし
速いんじゃ無いかと自分を疑いたくなるようなスムーズさでした。

ただ値段がなかなか高い…

SHIMANO SORAを搭載しているのもあって機能面では文句無いんですが、8万+税込はさすがに手が出せません。

そりゃ小径車メインで買う人には良いでしょうけど、セカンドバイクで下駄代わりに欲しいと思っている自分にはちょっと厳しいです。

だってそれだけ出すならホイールのが欲しいですもんw






今日はここまで!!


とりあえず書くの結構大変なので前半戦って事で…


次回後半戦ということでさらに


Bianchi/COLNAGO/Anchor/BOMA


の残り4車種についての感想書きたいと思います。


ではこの辺で~





最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
2014.02.16 SAITAMA CYCLE EXPO
どうもー。

雪で走りに行けないので日曜日は埼玉スーパーアリーナに行ってきました。





目的は!







「SAITAMA CYCLE EXPO 2014にて試乗するため」














前にサイクルモードに行ってすごい楽しかったからこりゃ行くしかありません笑




埼玉スーパーアリーナはライブ見にさんざん行ってるので近いもんです。

朝とある事情で台場まで行ったのでそのままそこからさいたま新都心へGO

入場無料とはなんて優しい待遇でしょうか。


中はサイクルモードに比べると小規模でこじんまりしてますが

乗りたかった自転車いっぱい乗れました。

BOMA.TREK.BH.khodaa bloom.Bianchi.COLNAGO.Anchor…

めっちゃいっぱい乗りました。細かい感想はまた。

一通り乗り終わったら連れを待つためにぶらぶら。

すると200mTTなるものをやってるではないか。

前輪固定のローラー台で仮想の200mをTTしてタイムと速さを計るみたい。

しばらく他の人がやってるのを観察してると、だいたいみんな60km/h以下ぐらい。

よくよく見るとタイムで13秒99下回れば商品でクオカード500円もらえるじゃないか!

俄然自称スプリンターとして燃えてきた。

自分がやる前までの最高は70.6km/hぐらい。

ただの重いスニーカーだが気合いは十分。

いざ名乗りを上げてコートを脱ぎすて戦闘態勢。






カウントダウンと共に徐々に加速。









0の合図でスタート!












その瞬間ギャラリーがどよめく。











自分は何が起きたかわからない。

とにかく下向いて得意の前乗りで全力で回す。









人間の全力継続限界はおよそ7秒。










当たり前だが後半垂れ始める。










それでも必死で漕ぐボッチの自分。






ゴール!!!







ギャラリーがなぜか拍手してくれたので振り返ると69.5km/hぐらいだったかな?


あまり端数は覚えてないですがなんと3位にランクインできました。





お目当てのクオカードも、もらえ大満足。






ただあと1kmが悔やまれる。




でもクオカードもらえたからね。






その後終了間際の15時30分ごろ見たら5位になってた。




ただ1位と2位は同じ人でレーパン履いたガチムチの人がいてランキングの登録名が○○選手になってたからどっかのチームの選手かもしれませんね。




その人が70.9km/hぐらいだった気がする。

端数はさっきから適当なのであしからず。




ちょっと嬉しかったり。




初めて一年。狭い世界かもしれないけど、初めて誰かと比べる機会だったから。




ちゃんと善戦できたのが嬉しかった。




もちろんその選手なんかは手抜いてたとおもいますけどね。




勝手に自称でスプリンターとかほざいて仲間内で遊んでたので、仲間に一つ土産話ができました。





その後は連れと合流してスタンプラリー。




そう。スタンプラリーをやると豪華景品が当たるとのことで、楽しみにしてたんですよ。





狙うはdahon。






今セカンドバイクに小径車買おうと思っていて、その試乗も今回兼ねていたので当たれば一石二鳥。






スタンプラリーを終えていざ尋常に勝負。





チャンスは二回。









まずは一回目。













白がころり。








まぁーそんなうまく行くわけないよねー。











二回目。














ころり。














ん?













あれ?













金玉が













出てきおった…













カランカラーン。




おめでとうございます。特賞でーす。












うわぁぁぁあぁあ!!!dahon!!!













ゴールデンボールやー!!!













ワクワクしながらスタッフに呼ばれて説明を受ける。





ワクワク












この中から自転車選んでください。













dahon!dahon!!














がっ…ない…








「あのーdahonはー…」









「すみません。一個前に出ちゃったんですよー」












「ノーーーーォオォオォォォ!!!」













仕方なく選べる中からfujiのキッズ用を一台選ぶ。

甥っ子のちょっと早い入学祝いだ。

小学生からfujiに乗れるとは贅沢な甥っ子だ。





まっ可愛いから許す!






とまぁいろいろあったけど大満足ですごい楽しい一日でした。


やっぱりいろんな自転車乗れるのはいいね。
2014.02.14 冬の装備
どうも。

やっぱしすごい雪が降っちゃいましたね。



これでまたしばらくロードに乗れそうにありません。



今日は冬の装備について。




みなさんどんな冬の装備してますか?



去年CAAD10買ったばかりの2月はほとんど装備を何ももっておらず

今考えるとあり得ない装備でした。



上はただのジャージ、下はヒートテックのタイツの上にハーフのレーパン、それに手袋とネックウォーマーで走ってました。


まだ始めたばかりだったので1時間程度しか走らなかったし、スピードも大して出てなかったから何とか耐えられたんでしょうね。



しかし去年さすがに誓ったのでした。






「次の冬はちゃんと装備を用意する!!」






ってな訳で今シーズンは万全の体制で挑んだわけです。


まず基本はパールイズミなど、ウェア関連に表示されている対応温度。


多少高くなろうと惜しみなく行きます。

当然0℃以下で全身を固めます。

当たり前ですけど0℃対応ぐらいになれば、当然防風機能はついてきます。



ネックウォーマーは元々バイク用のを使っていたので初めからなかなか良い機能でした。

去年一番辛かったのが足先。


今年は手袋と共に新しく買いました。



いろいろ買っていざ蓋を開けてみるとなんかSHIMANOばかりになっちゃいましたね。

上がパールイズミなの以外みんなSHIMANOです。




SHIMANOってネットだとあまり販売してないので見る機会少ないかもしれませんが

他社の同等レベル品に比べて少し安いんですよね。



ウェアと言えばパールイズミって気がしますけど

個人的にはSHIMANOおすすめです。


特に今、下ではいているビブはおすすめですね。


ウェットスーツのような生地感と裏起毛の暖かさ、個人的に好みな硬めのパッドと言いすごい良い感じ。



何よりそのクオリティで実売1万ぐらいでしたから驚きです。

確か定価でも12000円ぐらいだった気がします。




これですね。


cw-papw-ls15m.jpg


shimano PERFORMANCE パフォーマンス ウインドブレーク ビブ ロングタイツ 


自分が買った時よりシーズンも終盤にさしかかっているので今は安く買えそうです。

品切れ続出みたいですけどw




まあほとんど上下と手袋+シューズカバー+ネックウォーマーの5点あれば事足りちゃいます。



話は長くなりましたが…







今日話したかったのはそこじゃない!w





冬のインナーについて。





みなさんインナーってどうしてます?



有名なメーカー品買うと軽く5~6千円するので躊躇しちゃいます。

かといってヒートテック系だと悪くはないんですけど、思ったより暖かくないんですよね。


いろいろ探した結果自分のおすすめは







アルペンのこいつ!!






IMG_1241.jpg
IMG_1243.jpg





アルペンってみなさん知ってますよね?

スポーツデポでもおなじみですよね。



このアルペングループの自社ブランドなのかな?


TIGORAのiHEAT


価格も2980円でちゃんと裏もしっかりしています。



IMG_1242.jpg




これ2着目なんですがセールで2480円でした。



外はデザイン含めていろいろあるとは思いますが、インナーは出来れば安くすませたいですよね。



そんな時のアルペンですよ。


価格は安くて、品質もまあそれなりに良いです。

高いお金払えばもっと良い物買えるでしょうが

そんな余裕はありません。


お財布に優しい値段なので、年中アルペンの物ばかりインナー類は着てたりしますねw


そんな小さなおすすめインナーでした。







最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


2014.02.12 雪が溶けない
どうもー。

記録的な大雪のせいで全然ロードに乗れません。




かといってローラー台には全然乗りたくないんですよね。

誰か3本ローラーと交換して欲しいぐらいです。


3本ならセットする手間も無いからまだ漕ぐ気がする(こういう事言う人は総じて結局やらないw)




雪も少しずつ溶けてきたので、今日も尾根幹行ってきました。




前回行ってからあらためて走りやすいなと感じたのもあるんですが

何よりこの雪のせいで年間5000kmの記録達成が危うい!!


そうなってくると限られた時間でより距離を稼ぎたいとなると…








【尾根幹は好都合】






とは言っても自分の脚のレベルじゃ結局2時間40km何ですけどね。


まあよみうりV坂だとだいたいいつも2時間で30kmなので

+10km漕げると考えれば良いですよね。



そもそも富士山クラスの山を想定している場合以外

尾根幹の坂ぐらいの方が練習になる気がします。


よみうりV坂は距離が短いとは言っても、なかなかの斜度ですから。



アップダウンの感じと言い、何となくですけど練習になってる気がします。




加えて性格的によみうりは気持ちが折れて後半垂れ気味なんですが

尾根幹は良い感じに負荷を長い時間かけ続けられる気がします。

まあ垂れ始める頃には下り坂になっちゃうんですけど。



山が苦手な自分にはペース配分って物が欠落してますので

これぐらいだと無理してでも登り切れちゃうんですよね。


昨日も時間的に1時間経ったところで折り返したんですが

折り返して少し経ったところで、初めて他のローディさんを見かけました。


逆車線だったんですがかなり速かった。




ちょうど一番キツくて長い坂の部分で

こっちは下り、あっちは登りですれ違ったんですが

まあ坂を物ともせずにガシガシ登ってました。



尾根幹初心者の自分は…







「あれが尾根幹のスピードか」







と興味津々にまじまじと見てしまいました。



あのペースにはついて行ける自信はありません。



これでも最近、坂少しは速くなったんですけどね。






まだまだ普通のローディさんのペースにはついて行けそうにありません。


俄然やる気は出ましたけど。




とりあえず山登るに当たって、せっかく減らしたのにリバウンドした体重3kgを

再び減らす必要がありそうですなw



たぶん逆に遅くなりそうだけど目指せ50kg台ということで。

あと4kg頑張りたいと思います。




「次に富士山行くまでには…ね」





そんな尾根幹ですが


さすがにまだ雪が道路端に残っていて、それを避けながら走ると

結構真ん中の方に出ることになっちゃって車が怖かったな。




まあほぼほぼ問題無いんですけど、道幅が狭い所が特にそんな感じなので

後ろから車が抜かせないもんだから煽られて怖い怖いw


こっちも端に寄れるならちゃんと寄りたいんですよ。



我が物顔で走る車もどうかと思いますが


同じように





「自転車は車道走るのがルールなんだよ!!」







と我が物顔で走るローディにもできればなりたくないので。






やっぱり自転車だから出るスピードは当然車のが速いわけですよ。

その中を走っているのだからお互いになるべく気は遣うに越したことはない。




事故ったら元も子もないですし、こっちは生身ですからね。


即死なら、あー死んじゃったで独り身の自分はまあ済みますが

人間って簡単に死ぬ割に、簡単に死なないんですよ。


この矛盾をいつも頭に置きながら走っていたりします。




だいぶ話は逸れましたが何事も楽しくの方が良いですし。




とりあえず明日もこのコース。


そして14日から雪らしいので明日は残り48kmを走らねば。



目標を達成したいの一心で頑張ります。






最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
どうもー。

先日ローラー台にて撮影したい自分のフォームがあまりにひどかったので、今日は調整してみた話しです。

さすがに自分の汚い動画を載せる気にもならないので参考画像はないんですが

パッと悪い特徴を上げると


•内股で漕いでる

•骨盤、腰が動きまくってる

•合わせて上半身もぶれてる

•右脚だけで漕いでる



とまぁいろいろありすぎです。



フォームやペダリングってなかなか調べてもこれだって答えが少なかったり

自分自身の事なので、客観的に見ることもなかなか難しくいまいちどう改善したらいいかがね。

こんな時に経験者がそばにいてくれれば、いろいろアドバイスもらえるのかなーと思います。

しかし素人集団の自分達は自分達で全て解決するしかありません。

とりわけこういったメカニック的な要素やトレーニングメニュー等は自分が主に担っているので、まさに自分で調べるしかありません。

まずは内股かなーと。

今使っているのは歩きやすさも考えてSPDペダルです。

SLも持ってるんですが、日常的に使うとなるとSPDのが都合いいんですよね。

歩けるのでいろいろ気を使わなくてすみます。

クリートの位置はスタンダードな位置からがっつり内側に寄せていたので、まぁこれが原因だろうと思います。

前後の位置は変えずに、左右の位置をとりあえずセンターに合わせます?

何事も基本って大事です。

全てにおいて中心や真ん中からバランスを取るのは結果的に良い結果になると思っているので、とりあえずセンターに合わせます。

これでしばらく様子を見ながら、後は微調整ですかね。

尾根幹で張り切りすぎたせいで、痛みとか普段ないのに膝の内側に多少痛みでちゃいましたからね。

鵞足炎っていうみたいです。

内股で漕ぎすぎるとなるみたい。

尾根幹は坂ガシガシ踏んでいつも以上に回しまくりましたからね。



なので一回センターに戻します。



そして次は骨盤と腰が動く事について。

調べて行くとサドルが高すぎると腰が暴れるようなので、試しに3mmほど下げます。

今の数値は股下寸法に×0.885をかけた高さにしています。

ただ、試しに買ってしまった172.5mmのクランクの影響もあってサドルが高いのかもしれません。

なんかいろいろ調べて行くと

自分の身長は174.5cmで脚が短いので股下798mmしかありません。

この寸法だとクランクは165mmでもいいみたいで、クランクだけ取ればだいぶ無理して乗ってる計算になります。

ただ個人的な見解ですが、踏みを中心に漕ぐとプラシーボかもしれませんがやっぱり172.5mmは速い気がします。

クランク長なんてたいして変化ないなんて言ってる人もいるぐらいですしね。


プロの高身長の選手なんかは身長換算して、自分の身長に置き換えて見たら155mm近いクランク長を使ってるなんて人もザラみたいですし。


確かに2m近い身長の人はそもそも長いクランク自体が手に入らないので、仕方ないのかもしれません。



自分は力がついたのか、クランク長の影響かは定かではありませんが

172.5mm導入後確実に速度は上がっています。

同時に長距離漕いでも前より疲れない気がするので、信ぴょう性にはかけますが後悔はしてません。

次にフレームから組み直す時に試しに165mmを入れてみようかとは思ってますが。

こんな状態で雪がなくなったらしばらく走って見るつもりです。

横からのフォーム自体はそこまで悪い気がしないので様子を見ます。

なんか今日はただの報告になっちゃいましたね。


綺麗なフォームの人を見るとすごい憧れます。

どうせ乗るならいろいろ思考錯誤して自分にあったフォームで気持ち良く乗りたいですからね。

いずれはどこかで一度ちゃんとフィッティングしてもらおうかと思ってます。




ではまたー。
どうもー。








雪だ、雪だ、雪だぁー!!





全然嬉しくなーい。






ロードに乗れないなんて。年間5000kmの目標まで残り一週間で90km。

ちょっとヤバそうです。

きっとこれだけ降ったらしばらく残ってるでしょうしね。


明日は仲間がロードではなく、ランで江ノ島まで走るのに、ロードでついて行く(荷物担当)の予定でしたがそれどころじゃないですね。

明日でサクッと目標達成させるつもりだったのに。



まぁそんな事言ってても仕方ありません。

だって地球で暮らしている以上、天候には敵いませんから。


さて。そんなこんなで先日初めて尾根幹行ってきました。

と言っても平日の仕事後2時間縛りだったので、半分くらいまでしか行けなかったんですけどね。

車やバイクでは何度も通ったことのある道でしたが、いざロードで来るとやっぱり全然違う!


そんでもってたしかにみんな集まるわけです。

アップダウン、信号の少なさ、道幅、路面状況。

どれをとってもすごくいい。




キツイ坂を想定した練習ならよみうりV坂で間違い無しなんですが


単純な トレーニングや気持ち良くサイクリングなら間違いなくこっちでしょうね。


スピードも結構一定で走れます。

みなさん平均速度ではなく、平均移動速度ってどれぐらいですか?

単純なスピードだけでなく、信号などで止まった時間を含めたものですね。


僕は初心者なので20km/hです。

多少前後しますが、街中でも基本的に20km/hです。

当然尾根幹なんか走ったらもうちょっと行くんじゃないですかね?

この20km遠出する時は目安にする時すごい便利ですね。

キリがいいので計算しやすいんです。

世の中の道路が尾根幹のような道ばかりだったらさぞ楽に速く走れるでしょうね。

街中を走るのって思ってる以上に信号に引っかかってストップ&ゴーの連続。

そこで無理してガシガシ漕いだしまいには後半脚にきてタレタレになります。

神奈川の海沿いなんか走ってると本当に信号少なくて良い道だなーなんて思うことが良くあります。

たいていそういう場所には速い人達がわんさかいて、どんどん抜かれるんですけどね。


尾根幹もそんなイメージでしたが、今回でガラッと変わりました。






【平日の夜、20時~21時付近は人がいない】






結局半分走って、すれ違ったMTB乗り一人しか見かけませんでした。




「これは今まで避けてきた尾根幹を定期メニューに組み込む日も近いな」



そんな風に感じた一日でした。




しかし雪だから走れないけども!
どうもー。

東京でもついに雪が降りましたね。






雪が降っては走れないということで!!




久々のお蔵入りと化していたローラー台君の登場ですね。


ローラー台大嫌いな自分にとってセットするのも億劫。







人によると思いますが…










DVD見ようが!








携帯いじろうが!!








本読もうが!!!





















【ローラー台ってやつは本当につまらない】














人によるので100%とは言い切れませんが…






外寒いし、いちいち外出るのめんどいし



楽そうだからローラー台買ってみようかなーと思っている



















そこのあなた!



















「固定ローラー台ならDVD見ながらずっと漕げそうだな」






とか思いましたか?










30分で飽きます。














「寒いから外は嫌だけど、家の中なら漕げるかな?」














個人的には家で漕ぐ気力があるなら外出ます。
















「良い練習になりそうだなー」









それは正解でしょう。







つまらないけれど管理された効率の良いトレーニングは出来るでしょうね。








そう。固定ローラー台は己との戦い。

爽快感もスピード感も無く、ただただしんどい苦行(勝手な偏見で自分はそう思っている)。




当然風も無いので汗はしたたり落ちて、エアコンも何も付けなければ

真冬だというのに汗ビショビショになれます。


だってローラー台で走る元気あるなら外出たいです。





唯一、ももクロのライブDVDを見ながらだけは多少漕げる。

なぜかと言われたらわからないけど。




たぶんしょうもない理由で






「彼女たちもがんばってるんだから、自分も頑張る!!」







とでもなるんでしょうかw


がむしゃらに漕げます。





前から言っていますが、正直ロードバイクで100km漕ぐよりも

よっぽどももクロの春・夏・冬等の大規模ライブ一本見に行く方が疲れます。





全力で踊り、コールを叫ぶ。

これがまあ辛いw





それがあるからですかね?

ももクロ見ながらのローラー台は他の物より長続きします。




それにしても1時間ぐらいですけど。





固定ローラー台を長い時間週に何度も続けられる人を尊敬します。






3本ローラーはサイクルモードで試しに乗ってみた結果


かなり神経使うので、とても何かしながらは無理そうでした。






ローラー台での練習を週に1回でも挟めればだいぶトレーニング効果も違うんでしょうけどね。




初心者なので買った後に、いろいろトレーニング内容調べて見たんですが

外で漕ぐ何倍もキツイ内容ですよね。




当然道路状況とか、外的な要因一切無いので

1分間強度90%で漕ぐって決めれば、冷酷に1分という時間だけがのしかかってきます。


室内で強度100%近くまで漕ぐのをしばらく続けた後

部屋の中に倒れ込むと




「こんなに肩で息をしているのに、1mも進んでないって何なんだろう」




と悲しくもなりますw




でも雨の日は頑張って漕がないわけにはいかないんですよね。

タンスの肥やしにしたくないし。




そういえばローラー台に乗りながら自分のペダリングとフォームでも見てみようかと

iphoneをセットして撮影して見ました。




横からはまあまあだったんですが…


後ろから見たペダリングがまあひどい。




左右バラバラ、上半身動きすぎ、何故だか腰をクネクネ捻りながら漕いでいる…等




結構ショックでしたね。




ここまで汚いとは。




元々いろんなスポーツしてて、フォームが綺麗ではなく結構不格好なフォームばかりなのは知っていました。

野球にしろ、水泳にしろ、走り方にしろね。




例えば野球なんかだと、ピッチャーだったのでそんなに綺麗なフォームってことを気にしてなかったんですよ。


悪いフォームならまだしも、特徴的なフォームはある種一つの武器になったりしますし。








ただ初心者の勝手なイメージですよ?





ロードバイクって何って言うんだろう。


とにかく無駄を省いて、より効率よくって言うのが命題な気がします。






・速く漕ぐために





・より疲れずに乗れるために







無駄な動きや体重などの重さ・空気抵抗はとにかく削る。



そんなイメージなので、とてもあの不格好な自分のペダリングが

効率が良いとはとても思えません。




誰にアドバイスをもらえているわけでも無いので

また一から自分で調べるしかないですね。





まあポジティブに考えれば、まだまだ速くなる余地はいくらでもあるって事ですよ。







うちのエースのペダリングが同じ初心者とは思えないほどのまあ綺麗なフォームなので

それを真似ていくしか無いですね。





ただ何が怖いって、怪我や痛みは一切感じたことは無く

200kmオーバーも普通に漕げるようになったし

平均速度もまあまあ出せる用になりました。










しかし…その全てをまさかのほぼ右脚で漕いでるというのがわかりましたw







左はお飾りですよ。



通りで右脚だけすごい筋肉付いているわけです。








というかエースにこないだ








「俺のペダリングって後ろから見たらどんな感じなの?」





って聞いたら







「んーほぼ真っ直ぐで、ちょっと内股なぐらいだよ」






















って言ってたじゃないですかーーーーーー!!!!!w
















課題がまた一つ増えた一日なりました。



そんな感じでローラー台の練習もいろいろな発見があったりします。









最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村