人気ブログランキングへ
2014.08.30 無気力
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



どうもー。


奥武蔵グリーンラインが終わり何かふぬけています。




天気が雨続きで走れないから仕方ないのですが、何もやる気が起きない。



身体の調子も上がらず、結局ローラー台すら乗らずに4日が経ってしまいました。



その間、ちょうどこの無気力にはちょうど良く




【私立恵比寿中学合同出発式~今きみがここにいる~】








が届いたのでずーっとそれを見てました。




結構ボリュームあるのでとても一日じゃ見終わらないんですよね。






当然ライブ会場に行っているので全て内容は知ってるわけですけど

意外とライブでの感じ方と、映像で見る物ってイコールにはならなくて

新しい発見があったり、ここはライブ中はすごい盛り上がったたのに、DVDだとそんなでもない。





など感じ方がいろいろあったりしますね。






この武道館はメンバー3人の転校を含んだ一つの区切りのライブです。


もちろんその中に自分の推しの瑞季も含まれているのですごい複雑な感じで見てました。




いなくなって4ヶ月。




結構あっという間です。




今はもう新しい道に進んで、8人のエビ中になってもう3人の陰を追うこともないぐらい

8人のエビ中という物がしっかり確立されつつあります。




推しはいなくなってしまったけど、自分自身も楽しく新しいエビ中を見れてますね。



なので昔を懐かしむような。そんな感覚でDVDを見てました。

やっぱりいまだに脳内では瑞季のダンスで振りが再生されているのがよーく分かりましたね。



それだけは記憶なので古い曲はこのまま消えることは無いでしょう。






特典映像の真山のレコーディングシーンがとても印象的でした。





真山と瑞季のコンビがとても好きで、そういう意味では永遠の2推しは真山何では無いかと思うんですが

8人になることが決まってから(メンバーに伝えてから)の前後しばらくずっと元気が無い用に見えた真山。


それが感じ取れた映像でした。










金曜日の昨日は5日ぶりに曇りですが、何とか天気が持ちこたえてくれたのでやっと走りに!!


いつものコース尾根幹を選択して、エースと二人で走ってきました。






さすが4日も休めた足です。


最初こそ、4日休んだだけでも違和感が半端なかったんですが

いざ漕ぎ始めて少し経つと、凄まじい軽さです。





信号止まったりで思った以上に平均スピードは伸びませんでしたが


尾根幹に入ってからはエースとグイグイ加速して行きます。


後半はエースを前にしてうちのチーム最速の列車が発車。



道幅も有り、歩道の分離され安全な尾根幹を50kmに迫る勢いで巡航。




下りは急ぐ必要もなければ、危険なので流しましたが、さすがのエーストレインです。






速いデス。まさにデスです。後ろじゃなければ死んでいます。




尾根幹もあっという間に終わり、後はいつものゆっくりに戻して帰宅しました。





無気力だったのに、一度走ればそんな気持ちはどこかに吹き飛んでしまいました。



今日、明日である程度走れると初の月間1000kmを達成出来そうなんだよな。



まあ結局900kmぐらいで終わりそうですけどね。





ではまたー。








最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村






どうもー。



今週は雨のせいで全然走れてません。





いつもならローラー台で必死に走るとこなんですが

今月は毎月目標の600kmに達しているせいかいまいちやる気が起きません。





そんな感じでサボり癖の自分が、自分自身を多少は戒めるために使っているアイテムを

紹介しましょう。まあアイテムとか言うほどのもんじゃ無いんですけどw












【金の豚】



IMG_1207[1]

















「はっ!?」と思われた方もいるでしょう。そりゃそうですよねw



そうです。ただの貯金箱です。







ロードバイクは悲しいかな、肉体を鍛えるほかに金で速くなるという

事が出来てしまうスポーツですよね。








10kgのバイク乗るより、当然軽いバイクの方が速いし

平地ならディープリム履いた方が速いし。








当然エンジンは自分なので、そこが大部分ですが

同じ能力の人が揃ったら機材で差が出るでしょう?










と言うわけでこの金の豚さんにいつも戒めてもらっています。









使い方は簡単。







・練習した日は100円貯金



・サボった日は500円貯金














たったのこれだけ!!!







しかし毎日500円貯金って思った以上にキツイですよ。




自分は独身ですが、お小遣い制の学生さんやお父さんには厳しい額です。

自分だって結構厳しい金額なのであまり払いたくありません。



ランチ1回分ですからね。







事の始まりは…







「結果的に速くなる為に手段は選ばない。練習できないなら金を払え!!」






「金を払えないなら無理矢理でも練習しろ!!!」











とたびたび脳内に現れる仙人(自分の脳内に現れる自転車の神)が言い放った事から始まります。





そういう設定ねw







この仙人。ヒルクライムしていると脳内にたびたび現れて











「ヒルクライムはまさに人生の縮図。この程度の山を登れないようではおまえの人生などたかが知れておるわ!!!!」









と檄を飛ばしてきます。








うん。書いてて自分が相当やばい人な感じになってきたぞw









でも脳内でヒルクライムやってるときこんな事考えてます。







時には御輿を担いだおっさん達が必死に脳内で





「わっしょい、わっしょい」





と言い続けるので自分もわっしょい、わっしょい言いながら上り続けたり。




たいてい辛いときの自分の脳内はなんだかおかしな事になっていますw







まあそんなわけで今年友人に誕生日プレゼントに頂いたこの金の豚は大活躍しています。







脳内の件は置いておいても、自分への戒めに自転車貯金どうでしょうか??




ではまたー。













最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


どうもー。






今年は休みの土日はあまり天気が良くないせいか

ソロツーの時以外あまり暑さを実感してません。





なんで一人の日はあんなに灼熱になるんでしょうね。

夜練習の時の方が蒸してやばい日が多いぐらいです。





さてさて、またまた溜まっているブログですが


今日は先週の土曜日にやっと念願かなって行けた…









【奥武蔵グリーンライン】

IMG_1624.jpg








について書きたいと思います。













なぜ、念願かって?





それは決まって予定していた日が雨で流れに流れ続けて

この日が三度目の正直だったからですね。




ちなみに同様の和田峠は雨、通行止め等でもう4回ぐらい中止、もしくは目の前で引き返しているので

一番縁が無い場所ですw






前日までまた中止かもしれないしなーと思いながらたいして調べもせずに決行。






とりあえず鎌北湖まで行けば何とかなるだろうと。





奥武蔵グリーンラインって何かちゃんとルートの定義が無いようで

僕が調べたもっとも一般的っぽいものは12の峠を結ぶルートでしたが

14の峠なんてのもありましたね。



まあ特にこだわりも無ければ、親切な方達が自分のブログ等に地図をアップしていてくれたのもあって

12の峠を進む一般的なものに今回はチャレンジしてみることにしました。








鎌北湖まではおよそ1時間30ぐらいですかね。




朝からめずらしく寝坊してしまって、エースとの待ち合わせ時間にエースからの電話で起きる体たらく。






目的地までの往復が3時間もかかるとなかなか頻繁に通うのは難しいですね。







秩父って楽しそうな山がいっぱいあるんですけど、問題は交通の便ですかね。






走行時間4時間+移動時間1~2時間ぐらいでサクッと終われる楽しいルートを今探してるんですが

なかなかそんな良い条件の場所はありません。




東京のど真ん中らへんに住んでるので、どこに出るにも高速までそこそこ時間かかっちゃうんですよね。



秩父は加えて高速に乗る意味が全く無く、下道オンリーなのもね。







と言うわけで鎌北湖に到着。

IMG_1618.jpg





人工湖と言うことですが、何かのどかで駐車場もいっぱいあるしとっても良い感じでした。



IMG_1619.jpg







駐車場に車を置いて、着替えたり何やり準備。




車載セット買ってから本当に車であちこち移動が増えました。





本当に便利。



自走だと必ず家の周りを走って行かなければ行けないのが苦痛でしたが

車載するようになってからは格段に行動範囲が広がりましたね。






道もあまり分かっていませんがとりあえず探りながらスタートw




それっぽいロード乗りの人の後ろを追いかけるように進みます。







走り始めてすぐなかなかの坂がやってきました。



同時にこの道が愛される理由がすぐ分かりました。







交通量の少ない林道。そして適度なアップダウン。





8時ぐらいだったせいか他にローディさんもほとんどいなくて

エースと完全にピクニック気分で会話しながら楽しく走れました。


IMG_1620.jpg





コース的にも初めはなかなかキツイ坂ですが、それ以降は大した坂も無く


ただ淡々と林道の中を進みながら1つずつ峠を越えていきます。



IMG_1622.jpg














片道30km程度なのであっという間に終了です。


IMG_1627.jpg





そのままたいして休むこともなく今来た道を再びUターン。







途中いつかは登りたいと常々思っている白石峠がありましたが、この日はスルー。





白石峠の入口は速そうな大学生やおじさん達で賑わっていました。





帰りは定峰峠から刈場坂峠までは上り基調でそこそこ坂ですが

その後は下りがメインの為スイスイ進みます。


IMG_1629.jpg




気付けばのんびりピクニック気分で走りましたが4時間足らずで往復出来ました。









本当にこれが家からそこそこの距離だったら定番化して通うのにな…






なんて思えるとても楽しい道でした。





途中何カ所か分かりづらい分岐ポイントはあるものの、ほぼ一本道で信号は全くないので

なかなかおすすめの道です。


IMG_1621.jpg





ではまたー。








最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

どうもー。


最近はいろいろ忙しくてブログの更新が間に合いません。

順番に書いて行きたいと思います。






今日はお盆休み最終日の8/17日に行った…





【Mt富士ヒルクライム】

IMG_1599.jpg


について。では行ってみよー!




富士山をロードバイクで登る際はルートが主に3つあります。



一番一般的で初心者にも優しい

【スバルライン】




キングオブヒルクライムと名高い

【スカイライン】




2つに比べて距離は短いが凄まじい激坂の


【あざみライン】




全てレースが開催されるコースで、それぞれがとても楽しいルートみたいですね。

全部は登ったことないんですけど笑






富士山のヒルクライムと言っても当然頂上までは登れません。


道路が整備されている五合目までしか登れません。



しかし五合目とは言え決して楽ではなく、スカイラインとスバルラインは25km近くひたすら登るわけです。


辛くないわけありません。





自分が初めて登ったのはスカイラインでした。

IMG_0636.gif




まだロードに乗り始めたばかりだったので、本当に壁だと思いました。



でも登った達成感も人一倍で、あれが一つの始まりだったのかもしれません。





今回は二つ目のルート【スバルライン】を登った時の話。



今回の参加メンバーは前回スカイラインを登ったメンバーのエースとYです。


スカイラインの辛さを共に分かち合った3人でまた次のルート登るって良いですよね。






早朝から車にロードを車載して出発。



朝の早い時間もありますが、高速を使ってあっという間です。


東京から午後には帰れる手軽さもスバルラインの魅力ですね。




富士吉田ICを降りてすぐの

【県立北麗駐車場】

と言う所に車を停めます。


IMG_1586.jpg



料金は1000円でしたかね?






スバルラインからはそこそこ距離ありますが登山客もここに車を停めて、ここからバスで五合目を目指します。


ロードバイクで富士山を登る場合はマイカー規制期間がオススメです。


マイカーが入れないので圧倒的に車の量が少ないみたいです。



まぁバスがバンバン走ってましたけど笑







あっという間に入り口です。

IMG_1597.jpg





確か3ルートある中で唯一有料なのがスバルライン。

自転車の料金200円を払ってゲートイン!




今回はタイムを測りたかったので、各自自分のペースで登ることに。



目標は1時間30分切り。







美ヶ原を1時間30分切れたのだから余裕だろうと思ってました。




いざ!五合目を目指してスタート!





登って数分すれば、後ろに二人の姿はもう見えません。



しばらく登って気付くのはやはり圧倒的に楽。



去年から成長した自分がいるとは言え、スカイラインを登った時のあまりに辛かった記憶を思い返すとね。




そうなるとこりゃブロンズどころかシルバー狙えるんじゃないのとウキウキ登る。



しかしスカイラインは前半飛ばし過ぎて、後半凄まじく垂れてしまったのでペース配分に気を配ります。





スカイラインの規制区間からの辛くなる坂のイメージが強すぎて前半だいぶ抑えてました。

今思えばたいしたコース図も確認せずに出発したのが仇になった気がします。



それでも辛い事には変わらないんですが、美ヶ原ぐらい自分の力を出し切った時と比べると余力は残しすぎた気がします。



スバルラインの良い所はかなり細かく五合目までの残り距離を示す看板があるので、とてもわかりやすいです。






それにしても20kmを超える距離になるとまぁー長い。


いつまで登るのだろうと思ってしまう。



普通の山ならどんなにキツくてもたいてい10kmもしくは1時間も登れば終わりですが、そこは日本一の山です。長い。


30分走ってもまだ1/3かと思うとね。








ただここで気付いてしまうんですよね。








30分走れば単純計算でゴールタイムの予測が出来ます。



30分走ってちょうど総距離の1/3をちょっと
下回っていました。


完全に目標タイムに届いてません。



それでも最後に辛くなる予測を考えたらセーブしないととペースを変えずに様子を見ます。

あくまで目標は1時間30分を切ることだったので1秒でも切れば良いわけですから。






さらに30分漕いだ所で、どう考えても予測より目標に5分近く足りない。



焦って漕ぐと結果は良くないようで、溜まって来た疲れからか思うように後半ペースをあげれません。



結局たいしてペースを上げれないままラスト10分に。


するとなんと平坦と下りが笑





しくじった!と思っても遅かった。






必死にそこからもがいてペースアップしましたがゴールタイムは…











1時間31分…










まさか、あとちょっとでクリアで失敗とは。





最後まで辛くなる坂なんてなかった。むしろ下りがあるなんて。



何がシルバーだ。



自分のヘタレ具合と勘違い野郎具合にひどく五合目で落ち込みました。





自分の実力を実感して見る富士山の景色はあまり良い景色ではなかった。

IMG_1603.jpg


まぁ観光客で半端なくごった返してたから、あまり気持ちのいい環境でもなかったんですけど。






自分の力が及ばなかった時はこうも曇った景色なんですかね。








美ヶ原の空はあんなに綺麗に感じたのに。








今回は中華カーボンホイールも導入してたので、言い訳は出来ません。



また毎日練習するしかない。






必ずリベンジしに来よう。





そう誓い、悔しさに打ち拉がれているとエースが10分いかないぐらいでやって来ました。


やはり速い。






こっちはホイールでドーピングしてるようなものなのに、エースはいつも通りの装備でやって来ました。


抜かす気で途中から来たのに抜けなかったと悔しがってましたが、たぶんホイール入れ替えたら立場逆転してるよ。




Yも2時間を切ってやって来ました。


スカイラインを4時間かかった去年を考えると絶賛成長中のY。


マシンをリドレーのフェニックスに乗り換えて苦手な登りでもメキメキ力を付けてます。








9月末にあるキングオブヒルクライムMt富士まであと一ヶ月を切ろうとしています。



去年3時間近くかかったスカイラインをどこまで削れるか。



今日の悔しさはそこで晴らします。




でも楽しかった。




やはり富士山ってなんか特別。


富士山は冬は走れないので、走れるうちにどんどん走っておきたいですよね。




さぁて残るはあざみラインだけだ。




こうやって登る山や目標があるうちは楽しさが尽きません。





ではまたー。






最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



どうもー。



【真夏のデスライド~伊香保温泉~】




ラストの後編です。

IMG_1569.jpg




ヒルクライムレースも終わり、ついに伊香保温泉です。

今回は別の意味で辛かった。




暑さとの戦いだと思っていたのに、結果は雨と寒さとの戦い。

雨のせいでペースも上げず、休みも多かったのでここまで10時間近くかかってしまいました。


加えてびしょ濡れ、泥だらけ。






これでホテル行くのすごい気まずい…







しかしそんな不安を一掃させてくれるとても良いホテルでした。




今回泊まったのは


【伊香保温泉 ホテル 天坊さん】
IMG_1576.jpg


IMG_1577.jpg


とても丁寧な対応で有難かったです。






着いて早々ホースで洗車させてもらい、拭きあげるタオルまで用意してもらいました。

自転車はロビーに止めさせてもらえたので、その辺も安心です。

翌日は空気入れまで貸して頂きました。




伊香保温泉は2年目ですが良いホテルばかりです。



今年も良いホテルに泊まらせてもらいました。





到着後はお風呂入って、ジャージ類をコインランドリーで洗濯して高校野球見ながら夕ご飯までお昼寝。



夕ご飯はバイキングで好きなものをお腹いっぱい食べました。



お風呂も良かったな。

やっぱりロードバイクと温泉はセットですよ。

IMG_1578.jpg








翌朝はちょっと遅めのスタート。





一日目は雨で灼熱を体験出来なかったので、二日目は覚悟してたんですがめっちゃ涼しい笑


今年は真夏のデスライドとはならないみたいですね。

IMG_1580.jpg


去年は熊谷を走っている時に気温37℃を超えていたようで、本当に辛かったです。


その記憶を振り返りながら一年経って成長したのをみんな実感しながらドンドン進んでいきます。



気付けばあっという間に帰路に着きました。






一年間と言う時間はあっという間に過ぎたように感じた時間でしたが、確実に自分達を成長させてくれていたようです。


あんなに辛かった去年が嘘のように一日目こそ慣れない雨のロングライドで多少の疲労感はあったものの、二日間終わってみれば気持ちの良い旅行でした。



こりゃ来年はさらに過酷にしないと面白くなさそう笑


来年は諏訪湖でも目指そうかな。





そんな真夏のびしょ濡れライドでした。



ではまたー。









最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
どうもー。



【真夏のデスライド伊香保温泉】



中編です。








伊香保温泉前の山に差し掛かり、ひとまず雨雲をやり過ごす為に道の駅で作戦会議。




そこでバトルがスタート。



自ずと今回の伊香保までの道のりがチーム内ランキング対象になると言う話に。





うちのチーム自分が勝手に作ったルールでランキング対象同士が集まって了解された時に入れ替え戦が行われます。
まあ4人しかいないんですけどw



今回は4人全員いるので条件は成立。

暗黙にバトルが始まります。




現在のランキングは

一位自分、二位エース、三位H、四位Y。

とエースとHが入れ替わってから動いていません。




そんなこんなで懐かしい伊香保ヒルクライムスタート。




序盤エースと自分は着ていた合羽を抜いだりで止まったので、Hが一人逃げる形になります。

Yは既に眠いと戦う気がありません笑



200~300mほどHが先行したところからスタート。



エースと共にジワジワとその差を計算しながら詰めて行きます。このいやらしさがロードの好きなとこですね。








ちょうど中間地点でHを吸収したところで、くだらない嘘の戦いが始まります笑



自分「やっぱり疲れが蓄積されてて維持するのがやっとだわ」



エース「俺、今日はマイペースで行くから」


H「もう辛くてついてけないわ」





3人共に言葉による謎の駆け引きが始まりました。






しばらくするとHが突然加速します。



自分の作戦は最後までアタックかけた奴にベッタリくっつくだったので、すかさずチェック。




後ろを振り返るとエースが


エース「俺はマイペースだから勝手にどうぞ」


的な顔をしていたので、エースを置いてHに張り付きます。



しばらく二人による無言の戦いが続きます



自分「キツイわー。これ誰かアタックかけたらヤバいね」


H「うるさい。黙れ」


自分「笑」







そんな会話をしていると、お寺?も過ぎてレースも終盤。

ラストのアップダウンに差し掛かった所でエースが無言の追走でアタック。


あっという間に抜いて行きました。




自分「Hどうする?あれ行っちゃったよ?」


H「…返事がない。ただの屍のようだ。」




いいかげんくだらない騙し合いも終わりかなとエースをチェック。







ポイントは読み通りの場所。





勝負はラストの下りからの登りのポイント。





そのまま一気にアタックをかけます。






全力で下り、全力で登り終えて後ろを振り返るとエースの姿はもうありませんでした。


作戦通り!


と走っているとおかしなことになかなかゴールが見えてきません。







さらに下り始めた時に仕掛けるポイントを間違えた事に気付き、辛いのに再びアタックをかけるハメに。


結局抜かれることはなかったんですが、ちょっとヒヤッとしましたね。






ゴール地点で待っているとしばらくしてエースが登場。さらにHも到着。



勝負の結果、ランキングに変動はなし。


いつも通りYを待ちながらしばし談笑しようかとも思ったんですが、もう一回下ってYの後ろを走ろうとなる。






小雨が降り始めた中、どこまで来てるかなと今来た道を走ると…











もうゴール目前まで来ていた。










最近のYの進化は目覚ましい。


ほとんど乗らなかった生活から、通勤を自転車通勤に変えただけで速さがガラッと変わった。

まぁ往復30km前後走ってるわけだからなかなかの距離ですよね。




雨が再び降って来たので伊香保温泉は目の前でしたが、しばらくビジターセンターの木陰で雨宿り。



やはり山はほぼ気持ちが折れた瞬間に勝負は決まるなんて話に。





継続的に辛さが続いて


「もうダメかな」


と心が折れた瞬間終わる。









圧倒的なスピードで相手が走り始めた瞬間


「これはついていけない」


と心が折れた瞬間終わる。




自分の中では諦めたらそこで試合終了と同じですよ笑






レースだと心の折り方ってすごい重要なんだろうなーとか、レースに出た事もないのに思うわけです。




ただ自分のベストを尽くすより、競い合う相手の心をいかにポッキリ効率よく折れるかってレースにおいて勝つって意味じゃ重要でしょう。




自分は話しかけて心を折るタイプのようで、チームメイトから相当ウザがられてます笑


弱ったふりをしながらケツからペースを上げさせ、疲れてきた所で嘘でも良いから余裕そうな口ぶりでペースを一気に上げて抜き去り心を折る。



かなり性格が悪い笑




まぁね。さすがに仲間内だからできる冗談かなり込めてますよ?



そんな感じで初心者4人で井の中の蛙のかわいい争いをしています。


速い人なんてたくさんいますので、抜かれることばかりですがその時は都合良く見て見ぬ振りをしています笑




そんな話をしていると雨も止み、いよいよ伊香保温泉に到着です。





続く






最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
どうもー。






さて、行って来ました。









【真夏のデスライド伊香保温泉】



IMG_0767[1]

※写真は去年の。








一年とは早いもので、去年伊香保温泉に行ったあの日から一年経ちました。




去年、伊香保温泉に行きたいと初めに言い出したYが行けなくなってしまったので、今年もやるかと行って来ました。









灼熱の二日目の記憶は色濃く。今年も暑い、そして熱い夏になるなと予感しましたが…












なんと雨!!笑










一週間前の天気予報で雨だったのでキャンセルも考えましたが、3日前の天気予報で晴れに変わったので平気かなと…




しかし前日に雨に変わり見事に裏切られました。笑




もう後戻りは出来ません。







幸い雨はお昼過ぎからと言うことだったので、出発を4時に早めて出発!

IMG_1565.jpg







前半戦は雲行きこそ怪しいですが、騙し騙しで雨も何とか持ちこたえてくれました。


時よりぱらつく事はあっても本降りにはならなかったので祈るような気持ちで伊香保温泉を目指します。

IMG_1568.jpg












そんな中、荒川サイクリングロードを走っていると突然タイヤから




「シュワン、シュワン」




とドラゴンボールのスーパーサイヤ人になった時のような音が笑









パンクです。









正直出先でほぼパンクなんかしないからちょっとびっくりしましたよ。



パンクなんて空気圧管理してたらならないと思ってましたからね。





慌てて自転車から下りてささっと原因調査。




残念ながら耐パンクベルトを貫通して何か鋭利なものが刺さった模様。




まぁ地味にショックですよね…。




今使っているのは





【Continental Grand Prix 4000S2】

IMG_1045.jpg




そろそろ5000km近く走ってますがまだまだタイヤも残っています。

ちなみに3本ローラーで1000km以上走ってますが、たいしてタイヤが減らないタフなやつです。







パンクも全くなった事がなく、勝手に絶対的な信頼を置いてました。







そんなコンチさんがまさか耐パンクベルトを貫通してやられるとは。


サイドカットならまだしも、特にヤバそうな物や段差もなくて普通の平らな場所だったのでさらにショック。





まぁパンクなんてもんは運ですから。割り切るしかありません。






さっさと異物確認して、チューブ交換してCO2ボンベで空気入れます。



ただちょっと心配なのは今回の旅でCO2ボンベ2本しかないことが判明したんですよね。

自分が2本。エースが2本持ってると思ってたのに、エースが忘れて2本しかありません。




加えてCO2ボンベって応急処置的なので、空気がすぐに抜けてしまい2日間ある場合などは2日目は再度空気を入れる必要があります。




そうなるとボンベは実質残り0本なので誰か他にパンクした場合対処できません。



不安を感じながらもパンク修理を終えて、とにかく熊谷を目指すことに。













しかし熊谷に着いた頃にはまだ午前中なのに雨が…。










自転車屋さん探そうにも、まだ時間も早いし、既にもう濡れ始めてるしでどうしようもない感じに。



覚悟を決めて、リュックに合羽を付けて荷物は雨から凌ぎ、他はずぶ濡れで自転車屋さんには寄らずに進むことに。



しかし焦りからか、ここから道を間違えてグダグダモードに。





そうなるともうずぶ濡れな訳ですし、一周回って楽しくなって来ちゃいましたw




自転車の事も道の事も何も気にせず、暑くなくて逆に去年より数倍楽と言わんばかりにみんなできゃっきゃっ言いながら利根川サイクリングロードを走ります。








当然こんな雨ですから全く人もいません笑







いい歳をした大人4人が、雨の中きゃっきゃっ言いながらずぶ濡れで

ただただ、のんびり漕ぎながら伊香保温泉を目指すわけです。





かなり変人な感じが伝わってきます。





加えて利根川サイクリングロード沿いにある公園で休んでいる最中、蛇口の水の方が断然暖かい事に気付き




温泉だー!!!!!





と水浴びならぬお湯もどき浴びが始まる始末w




もう真夏のデスライドなんて言ってたのが嘘なくらい、寒さとの戦いになってきました。




そして予想以上に雨に打たれるというのは疲れるんですよね。





暑いのとは別の疲労感がありますが、やはり人間は1年あれば成長するもんです。



去年とは比べものにならないほど体力と脚力がついた証拠でしょう。




誰一人だれることなく伊香保温泉を目指します。




そしてずぶ濡れになりながら、やっとこさ伊香保温泉手前まで来た道の駅でしばらく時間を潰すと

ようやく一時的ですが雨が止みました。






さあ。ここから去年脚をついたりで満足いくように登れなかった山です







果たして今年はどうなるのでしょうか。






続く。








最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村






どうもー。


今日はちょっと前に書いてアップ忘れてたやつ。






中華ホイールを買ったのでとりあえず走りに行って乗り味を調べなければと、仕事終わりにいつものよみうりV坂へ。




台風が迫っているので、凄まじい強風の向かい風です。

なかなか条件がこうも悪いと判断しにくいのでこの日は本当に試走程度。



漕ぎ味はとにかく軽い。


乗り心地に関しては、かなりソフトな乗り心地になったけど劇的とは言えないかな。









乗り心地をほとんど気にしない自分にも変化
がわかるぐらいクリンチャーよりマイルドな
乗り心地ですが、この乗り心地が欲しいから
絶対にチューブラー!と言うほどではない。



でもロングライドとかしたらだいぶ疲労度が違うのだろうか?



にしてもパンクリスクとか考えたら乗り心地だけで選ぶ事はないレベルかな。





問題はその漕ぎ味。



まさにシュッと軽い漕ぎ出しには驚く。



試しにRS81も同じ条件(タイヤ、スプロケなど全て付けた状態)で計ってみた。



中華カーボン 720g+1200g=1920g

RS81 1100g+1600g=2700g


約800g違う計算になる。



よくマイナス100g=1万円なんて自転車業界では言いますが、中華カーボンホイール8万だったのでまさにその通り。



以前ローラ台で100g違うホイールを前輪交換するだけで戦闘能力の変化が凄まじいなんてブログを書きました。


それからすると前後400gずつ変わるってヤバイんじゃないかと。




ただ実際の乗り味は漕ぎ出しの軽さはありますけど、単純に8倍とはいかないですね笑




平地はやっぱりRS81のが楽。


なんて言うんでしょう。



加速は速いんですけど、減速も早い。



惰性で進まないから常に漕いでる感じとも言えます。



こんなもんなのかなーとよみうりに向かいます。





よみうりに着いたらしばし深呼吸。


ここまでチンタラ来たから全く息は上がってないんですけど、TTをやるってのは覚悟がいる。




迫り来るあまりの辛さに立ち向かい、なおスピードを緩めずさらなる苦痛に向かうのは軽い気持ちでは無理。


少なくとも自分には無理。




今までのベストは2分11秒。




頂上で倒れこむほどもがいて出したタイム。



あれ以来その記録は破れないし、あそこまで追い込む事もなかなか出来ないし、したくもない。



しかし今日はやらねばならぬ。




テクニックやペース配分とか気にせず、今日は力でねじ伏せよう。



向かい風も相変わらず凄いしね。




スタートから全力ダンシングでもがいて、最後まで行く。垂れても気にせず歯を食いしばる。


というわけでスタート!




開始からフル加速のダンシング。






ヤバイ。何このホイール!






山になった瞬間別物だ!!!





まるで氷の上を滑るみたいに進んでいく。




序盤のストレートを30kmオーバーで40kmに迫る勢いで加速して行きます。


初めのストレートをそのまま登り切り、右コーナーにさしかかるとさすがに息が続かない。


1/3を終えて残りは地獄。


ただひたすら辛さとの戦い。



こうなってくると辛い事には変わらないので、ホイールが軽いとかギア普段より何段重いの踏めるとか全く関係ない。



とにかく苦痛に顔を歪めながらも持てるパワーでもがく。


途中何度も諦めて力を緩めてしまいたくなるけども、必死に食らいつく。


坂を登り切ってラストの短いストレートを最後の力を振り絞ってゴール。


タイムだけ確認してその場に座り込む。














タイムは2分6秒!!














記録更新!!!














でも辛くてそれどころじゃない!笑




しばらく一人路肩に座り込みます。


その間も続々と他のローディさんが登って行きます。




冬はほとんどいなかったけど、さすがに夏はたくさん登ってますね。




ジワジワとなんか実感。




人と競うようなたいそうなレベルには到底ない。

本当にガチでやってる人は凄まじく速いしね。




でもやっぱり、自分はこの瞬間の為にロードに乗ってるんだと思う。









昨日の自分より少しでも速く。









それを達成出来た時が本当に気持ちいい。




ポタリングも好きだけど、それ以上にレースのが好きなんだと思いましたね。






だいぶ話脱線しました。笑








中華カーボンホイール。こやつはすごい。





登りに特化させる選択をして買うならば、最低でも一段は自分のレベルを上げてくれると思う。



平地は今の所はそんなに高評価ではないというか、特段すごい良くなった気もしない程度。

漕ぎ出しは軽いけれどね。





登り限定としてでもこのぐらいの金額なら十分価値があると感じたホイールでした。



また詳しくはしばらく乗ってから書きたいと思います。



ではまたー。





最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


どうも。





タイトル通り。いろいろ悩んだ末に買いました…



【中華カーボンチューブラーホイール】




IMG_1550[1]






まず事の経緯は



キングオブヒルクライムMt富士山に向けて何かしらパワーアップしたい!!




そうなるとフレームは2015年度モデルが出そろった年明けぐらいの購入予定だからホイールしかない!!



チューブラーかはたまたクリンチャーか悩みました。




と言うかチューブラー初めてなのでかなりビビってました。






クリンチャーは使い慣れているし、買うなら安定のデュラホイールなので心配はないんですが


カーボンチューブラーの軽さは一度体感してみたい。






そんな思いから思い切って手を出しました。




そもそも万能とかもうどうでも良くて、山岳決戦用ホイールと自分の中で決めたときから答えは決まってました。





買うとなればどこで買うかです。




メーカー物完組か…はたまた手組か…



初めはここで買おうと思ってました。





割と評判とか良さげだったので



LWC Wheelさん




しかしいろいろ調べていると、皆さん必ず行き着く…





メカニコさんに行き着きますw






最終的には価格ですよねー。とりあえず試してみたいってのが大きかったので価格は重要。



だってね。チューブラー導入するとなったら最低でも


【ホイール・タイヤ・リムテープ・ブレーキシュー】


が必要になるわけですよ。



ホイール価格+15000~20000円ぐらいは良いタイヤ履かせようと思ったらします。




すんません。って事でちょっとでもケチれればメカニコさんに。




後メカニコさん選んだ理由はその豊富なラインナップ。




リムの高さや形状・質からハブ・スポークの種類まで選び放題。

なんかこのカスタマイズ感が良い!!




ハブが選べることが大きかった。


IMG_1552[1]







ってな感じで我が家にやってきたホイール。


形式はメカニコさんのMSL24WNTってやつにしました。











しかし大失態。








ブログのネタ用も兼ねて奮発して買ったのに、興奮して写真取り忘れるわ、重さ計り忘れるわ。


酷いもんですよw




本当に雑な性格です。はい。すみません。




ってなわけでタイヤ・スプロケ・リムテープ等装着した状態で計測します。




まずタイヤは大定番の



【VITTORIA CORSA CXⅢ】


IMG_1551[1]



にしました。先日Wiggleでお買い物したあれですね。





やっぱり初めは定番の商品履かせるに限ります。





では行きます。ちなみにリアは重すぎて計測不能だったので普通の体重計で。なのでだいぶ適当です。


IMG_1553[1]

IMG_1554[1]



フロント 720g

リア 1200g


です。



ここから全て公称値ですがタイヤ(片方250g)・スプロケ(246g)・リムテープ(約40g)を引くと…





フロント 450g

リア 684g

合計 1134g

と言う結果になりました。メカニコさんのHP上では1102gとなってるので概ねその通りです。





懸念していた作業自体も前日半日3BARほど空気を入れてタイヤを伸ばしておき



リムテープをぐるっと一周付けてすんなりタイヤもはまりました。





センター出しもふんどし見ながら調整しては、回して確認を繰り返してまあ出来たんじゃないでしょうか。



テレビ見ながらでスプロケの清掃と併せて2時間ほどで完了となりました。




IMG_1535[1]




走り心地が実に楽しみです。







最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
どうもー。





ももクロ夏のバカ騒ぎ2014~桃神祭~後編です。






前回まだの方はこちらからどうぞ。


ももクロ夏のバカ騒ぎ2014~桃神祭~前編






雷が止み安全確認が取れたのか、予定より1時間遅れの17時30分からライブが始まった。






基本的に無宗教で全く宗教や神と言った物に興味は無いんだけど


なんか神という物を題材にしたようなテーマだとすごく心が凜とした気持ちになる。





それが神社仏閣だろうと教会だろうと。和洋関係なくそのもの対する神々しさを感じてしまうと

何とも言えない気持ちになる。







前回のGOUNNツアーの時は和歌山まで遠征するついでに偶然通りかかった法隆寺に寄ってからライブを見た。




あのツアーも仏教をテーマにした世界観が自分の中にはまり、OPで既に鳥肌物だった。


法隆寺に寄ってきたせいでその効果が何倍にも感じられた。





今回のOPは神社をバックに桃神様をテーマに日本の夏=祭りをテーマにしたような内容だった。





様々な全国各地の祭りの踊りで文字通りバカ騒ぎだった。






OPで既になんか感極まってちょっと泣きそうだった。



正直ももクロちゃん達のライブに予測不可の感じはもうあまりないし


スタッフ含めたチームももクロの経験値も積み重なっているので

良くも悪くも予定調和の中にちゃんと収まる。





大外れになることも無い変わりに、神ライブになることもなかなか厳しいような気もしている。




それだけ経験値と力が付いてしっかりライブを作り上げる力がこのチームには備わっている証拠なんだろう。






だからこそ紅白・国立と一つずつ夢を叶えてきたここからが勝負なんだろうなとすごい勝手に思う。



おまえ何様だよと言われようが、自分の中でそう思っちゃってるんだからしょうがない。







OPのれにちゃんがとてもかわいくてしばらくぼーっと見てた。




まだ雨が降っていたので、雨越しにモニターを見上げる。








overture







何度聞いてもここからの加速感はすごい。


なまじにでかい会場になればなるほどovertureのコールのうねりがもはや生き物のような気すらする。






和テイストのovertureが終わってももクロちゃんが登場すると雨が止んでいた。






深く話すと安っぽくなるから端折るがこの辺りがももクロちゃん達の不思議な力だ。






久々のアメタジにたじたじするw


いろいろ思い出せずにその場の流れに乗るのが精一杯。





後はアンコールまで結構記憶が薄いw






久々に真夏の暑さの中、全力でコールして楽しんだ。

そりゃその時の興奮は覚えているけど、たいてい楽しかったライブって細かい所の記憶がない。




今回感じたのは6分割されたモニター。





見づらくて仕方なかった。




そんな話も至る所で聞いた。自分もOP映像とか見てるとき見づらくて

結局遠い横のモニターで見ていた。




でもこの取り組みまた絶対やって欲しい。



そう思える箇所が灰とダイヤモンドの中で垣間見えた。








6分割されたモニターの5個を使ってそれぞれの表情を固定で写し続ける。





灰とダイヤモンドの曲とその演出、そしてももクロちゃん達の表情の移り変わり。



それらが全て合間ってとても良かった。




泣きそうな表情の杏果の横に菩薩のようにうっすらとほほえむれにちゃん。






そしてその横のでドヤ顔のあーりんw




こんなにも表情が違うのね。





夏菜子と玉様は左側のモニターだったからごめんなさい。ほとんど見てませんでした。



ほぼれにちゃんと杏果固定だった物で。







そしてアンコール。







廻りはすごい静かだった。








人それぞれやりたいようにやれば良いんだけど


自分はどうせアンコールで出てくるんでしょう?


って感じがあまり好きではない。






予定調和でアンコールしても面白くないので、本当にアンコールしてくれって気持ちで

全力アンコールをする。





結果ここが一番体力を使い、ここで潰れるw








今回は雨で演出や曲の変更があっただろうから、裏はすごいバタバタしてたのかも知れない。


すごいアンコールまでが長く感じた。









終わらないんじゃないかと思ってしまうほど、長く感じられた時間。





徐々に増えていくアンコールを上げる声。





アンコールが始まった瞬間完全に力尽きた。さすがにこれは本末転倒だw









自分の体力を見誤っていたのかも知れない。



昼間に自転車で走ったのが相当効いてる。









あっという間のアンコールだった。








終わってみれば1時間遅れたなんて微塵も感じないぐらい濃い内容で

曲数もいっぱいだった。





きっと合間で衣装替えたり、多少は休んだりする時間も出ずっぱりで

とにかくライブをやってくれてのかなと勝手に思った。






泥のようになってしまった身体に鞭を打ち、帰路に着いたんだけど

どうしてこんなにってほど疲れがハンパない。




それでもこうやって満足感に満たされて入れるのだから良い。








次はGF。





ももクロもエビ中もしゃちも見れるなんてすごいお得。







氣志團も控えてますしね。













ではまたー。





最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村