人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。





3連休の雑記。




2日目の日曜日はいつものメンバーで高尾方面へ行ってきました。



ちょっと遅めのスタートだったので酒は当然抜けてますが、疲労感がハンパない。




やはり前日あれだけ出し切ると2日目はもう既に満身創痍。


やっぱりプロってすごい。


ツールなんてもっと過酷な状況で何日間も連続でやるんだから信じられない。





既に疲れていたので、エースに先頭任せてずっと引いてもらいました。






それでも大垂水峠に着く頃にはもう疲れが…







今日のメインはこの先にあるので、大人しくゆっくり上りました。


エースとYは自分のペースであっという間にいなくなりましたね。






頂上の石碑の前で合流して、楽しい下りの先には…





いつもの和田峠です。






ここまで通行止め4連敗中の和田峠。






今日も何も調べずに来ましたが…













やはりアウト!!笑


IMG_1802.jpg









というか今日は知ってたんですけどね。


昨日の奥多摩の都民の森で、誰かが通行止めの話をしているのが聞こえちゃいました。



まぁ、分かっていながら何度も来るのも悪くない。何より今日のメインディッシュはここではないのだから!!







今日のメインディッシュは…










「ラピュタ坂」









最近新しいチームの方に教えてもらった極悪の激坂です。


自分的に過去最高は御岳山の山道だと思ってます。




東京で車両が普通に通れる道でなかなかあれより酷いとこは距離が短い100mくらいならまだしも、長い坂じゃないだろうと思いながら半信半疑で向かうことに。




ラピュタ坂は和田峠(相模側)から登る道の途中の脇道を入っていくとあります。


なので登ってきた道をUターンして下りながら入口を探す事に。



その途中でこんなの見つけちゃいました。


IMG_1803.jpg



まじまじと見ている自分にエース達が不思議そうに






「なんかあった?」




と聞いてきたので





「なんて書いてあるか読んでみて?」



と聞いてみます。







「普通に、川をきれいに。でしょ」






と言うので





「違うよ。川きいを れに だよ」



と言ったら呆れられました笑







そういえばラピュタ坂はなんでこの名前が付いたのかよく分からないみたいです。


自分はどうもラピュタ坂への入口を間違えたらしく、一本奥の細い道で入っていきました。



そこにスタジオと看板があって、入口にはなんだか分かりませんが見た目は民家のスタジオがあります。

なんのスタジオなのかはわかりませんけど。




このスタジオがジブリ関連の何かをやっているスタジオだからラピュタ坂なのか?


とか



そこを進んでいくと川を挟んで向かいの道路が見えるんですが


その風景がラピュタのトロッコかなんかに乗りながら争ってるシーンによく似てるような気もしたりw



勝手に3人でなぜラピュタ坂というのかを想像して楽しんでました。







しばらくスルスルーとそれなりの斜度の道を漕いでいくとついに今回のメインディッシュ



「ラピュタ坂」の登場です。



IMG_1780_20141129112900f3b.jpg



やはり写真ってまだまだ現実世界をちゃんと写せないなと思いますね。

写真にしちゃうと決まって坂の斜度は平らに見えがちです。




とりあえずもう入口から凶悪な臭いがプンプンします。



御岳山もこういう感じで入口は地獄のような坂なんですよね。



ただ御岳山は比較的に入口から徐々に多少はマシになっていきますが


ここはずっとこんな調子でさらにきつくなります。




もう前に過重かけなきゃウィリーするし、かけ過ぎると今度は後ろが空転して転けそうになるしで極悪。


ただ御岳山で多少は耐性が出来ているので、あの時掴んだコツでゆっくりじんわり登っていきます。



最後尾からのスタートだったんですが、既にYが挫折して歩いていましたw





この坂のもう一つ凶悪な点は路面状態が非常に悪い。



落ち葉も濡れて酷いことになってるし、道もガタガタ。





タケノコセンターまでゆっくり登ってきた所で、落ち葉にタイヤを取られあわや転けそうになり

足を付いてしまいました。




もうこの時点で終了ですよ。





ラピュタ坂に負けました。


当然途中からなんてビンディングはめて漕ぎ出すのは不可能です。




ちょうどタケノコセンターに平らな道があるのでそこでもう一度体勢立て直して漕ぎ出すことも出来たんですが、もういっぱいいっぱい。



何より一度足を付いたので、もうなんかこれ以上登りたくないw




リベンジを誓いラピュタ坂を3人で後にしました。





「ラピュタ坂の頂上でバルスと叫ぶ」事は出来ませんでした。




しかもまた下りが怖いって言うね。




何とか下りきり、そのまま再び大垂水峠を通って帰路に。





しかし帰りは今まで経験したことがないほどにフラフラになりました。






全く力が入らず、とにかく前に進む事だけで精一杯。


行き以上にエースとYに置いていかれ、普通の格好をしたお兄ちゃんにも抜かれていく始末。







大垂水峠はなんだかあまり相性が良くないみたい。


前も風邪気味なのをおしてやってきて、ヘロヘロになった。





たぶん今回も前日の疲労と補給不足でハンガーノックになってしまったみたいです。



とにかく前にゆっくりと進むことしか出来なかった。



ここまで力が入らないのは初めてかもしれない。




大垂水峠を越えて、高尾駅の先にあるいつものマックで遅めの昼食を摂る方向へ

急遽予定を変更してとにかくひたすらにマックを目指した。


マックまでの道のりが永遠に感じました。




こういう日のマックは格別だ。


マックとコーラ大好き人間にとっては、この上なく染みる。



補給後は休憩したのもあって多少はマシになったのでそのまま裏道ばかり走って家路につきました。




夜はボジョレー会。



帰ってすぐ、フラフラなまま着替えて先輩の家に。



何ともハードな2日間だった。



ではまたー。



最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



どうもー。





3連休ガンガン走ってきましたよ。

と言っても2日間しか走ってないんですけどね。









1日目の土曜日はチームで奥多摩の桧原ルートを走り、都民の森を経由して風張峠まで行ってきました。



早朝に待ち合わせ場所に行くと、今日は少数精鋭の4人。


前回が15人ぐらいいた事考えると、だいぶ少なくなりましたね笑






自分も参加させてもらったばかりですが、どんどん人数が増えていってます。


でも初心者が多いチームなので、ガチの山だと参加率が悪くなるのかもしれません笑






そりゃあんな辛い思い普通はしたくないですよね。


自分も出来れば辛いの嫌です。


山があったら迂回したいブログですしね。





でもやっぱり山ほど簡単に達成感に満ち溢れた事って人生にそうそうないんですよ。



そして登ってる最中は二度と登るかと思うのに何度も登っちゃうわけです。



そんなチームでの奥多摩ですが、この日は





「都民の森TTでバトルしましょう」






とボスからみんなへコメントがあったのでワクワク。





集合場所からゆっくり出発して奥多摩へ。






いつも車載で武蔵五日市まで行くせいか、自走は新鮮。


いかに楽していつも行ってたかよくわかりました。







もうこの時点で結構疲れ気味。



五日市待ち合わせの人を一人追加して、都民の森に向けて出発。



天気が良くて気持ちいい。



ちょっと前まで、休みと言えば雨だったからすごい嬉しいです。




役場に着いた所でメンバーの一人が体の不調により離脱。

5人から4人になったメンバーで都民の森を目指します。




序盤からハイスピードで既に心拍数は180オーバー。

こりゃ最後まで持たないだろうなとわかりつつも、前回197と最大心拍数を更新してるせいか完全に感覚がズレ始めてきてる。


180オーバーは1時間持たない事は分かっていたんですが、流れに身を任せ最後まで。



案の定最後は力を失い気合い。



それでもフラット、上ハン、下ハンと持つ位置を変えながら、無理やり上半身を使い最後まで行きました。


最終カーブを曲がったらいつも通り、一人ゴールスプリント。







これがキツイ。







でも最後に全力で漕ぐのだけはいつもやめられない。






結果は1時間1分14秒。






やはり1時間の壁が自分には厚い。


前回の1時間3分よりも2分近く縮めた事を考えれば上出来なんだろうが、もう伸び代がないようにも感じてしまう。



始めたばかりの頃はすぐに10分単位で短縮出来てたせいか、何ヶ月もトレーニングした結果の1分と考えると途方もなく見える。


誰でもある水準からは1分縮めることが相当大変だよ。とはよく聞くんですけどね。




この日はこのまま都民の森駐車場でしばらく日向ぼっこして、風張峠を登り終了。


帰りは下り途中のうどん屋さんでうどん食べて、元来た道を帰り家路に着きました。


その後の夜は忘年会。







なんだかとても長い1日でした。




ではまたー。



最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村








にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



どうもー。





年末に急遽決まったレース。






東京クリテリウムチャレンジ 〜味の素スタジアムステージ〜

サイト








今シーズンは初めて美ヶ原でレースに参加して、富士山でレース納めする予定でした。





やっぱり出る以上もっと結果出したいですし、今年やっとレースに参加できたとは言え


速い人だらけで自分の実力の無さを痛感しました。




来年に向けてよみうりV坂メニューを復活させて、冬にベースアップをしようと目論んでおりました。






しかし年末に初のクリテリウムに参加となれば、このまま山ばかり登っていてもいい物やら



クリテリウムってそもそもどんな練習すればいいんですかね?笑




いかんせん、初参加なので勝手が全く分かりませんよ。








とりあえずしばらく止めていたクレアチンを復活させます。









今はサプリメント系は毎回練習後に飲むプロテインだけなんですが


ちょっと前まではこのクレアチンというのを飲んでいました。





どんな物かはいくらでも詳しく書いてあるサイがあるのでgoogle先生にでも聞いてくださいね。





今飲んでいるプロテインがザバスのアクアホエイプロテイン。



これがまた効果あるんだかさっぱりな感じ。






むしろここ最近の筋肉増加量だけ見てると、一切増えてないので


効果ないんじゃないかと疑っているw







でもこのプロテインの良いところは抜群に飲みやすいので


普通のスポーツドリンク感覚で飲めて、美味しいのが良い。



ソイとかバニラ・チョコ味のホエイとかもう不味くて本当に無理でした。



なのでいろいろあってこれに行き着いています。









っでクレアチン。






クレアチンは特別な物が入っているわけではないんですが


個人的にはまさにドーピング。





クレアチンはタンパク質の一種なんですが、身体の中に蓄積出来ます。


肉や魚などからも摂取出来る物なんですが、一日に摂取する目安の5g程度を


摂取しようと思うと、肉なら1kg近く食べる必要があるみたいです。






クレアチンを摂取する目的はいろいろあるんですが


一番は筋肉持久力の増加。





50m走などの短距離走のような物を走る時の栄養源になるわけです。





結果、筋肉の持久力が上がったり、瞬間的にパワーが出せたりします。






基本的にはタンパク質なので副作用と呼べるような大きな物はありません。





個人的にもプラシーボだと思っても、明らかに持久力の向上というか


辛くても飲まないときより断然踏めるので、一時期はずっと飲んでました。






蓄積させるタイプの物なので、体内に蓄積出来る量は決まっています。


ローディング期を越えて、メンテナンス期に入ってからは一日3~5g程度を


定期的に摂取すれば効果は持続するわけです。




プロテインは筋肉を作る材料なのにたいして、クレアチンは筋肉を作るわけではありません。


栄養源になっていつも以上に高負荷状態で筋肉を使えるので、飲んでいる結果


いつも以上に追い込めて筋肉が付くイメージでしょうか。





なので割と1週間ぐらい飲んですぐに効果が体感出来るみたいですね。







しかし中には、副作用はないですが内臓に負荷をかけてダメージを与えるという人もいて


長期間の摂取はおすすめ出来ないなんて言う人も。






自分がまさにそれで、外的な故障にはめっぽう強いんですが


元々内臓系、特に腎臓とか腸とかちょっと弱かったり。






お酒も全然分解してくれないので、すごく弱いです。








そのせいか飲み始めてから半年ぐらいすると、やけに下半身に疲労感が残って


むくむような違和感で熟睡出来なくなりました。



夜中に何度もむくみの違和感で起きてしまうんですよね。





ちょうどその時に会社の健康診断があり、血液検査をすると再検査コースへ。





クレアニチンという数値がわずかですが正常値よりオーバーしていました。





このクレアニチン。調べてみるとクレアチンを使った後の副産物らしく…


この数値が高い=腎臓に問題ありとなるそうです。






大きな問題はなかったのですが、慢性腎不全と疑いもあると言うことで


しばらく経過観察。






その間当然日常の運動は今まで通りしていましたが、クレアチンの摂取は止めていました。




しばらく経って再検査してみると数値も正常値いっぱいいっぱいにおさまり


クレアチン摂取も止めていたので、段々とむくみや疲労感はなくなっていきました。






あくまで自分の体験ですよ?なんの信憑性もないので、そのまま鵜呑みにはしないでくださいね。


クレアチンが原因かどうかも分かってないですから。





そんなこんなでそれから飲まずにいましたが、やはり明らかに体力というか…

最後の詰めが甘くなった感じが否めません。





もう一踏ん張り出来ないというか。




こうなってくるともうドーピングみたいなもんです。








一定期間決めてレースなどに合わせて飲んで、しっかり休息期間を設けて摂取し続けることが


自分の中で一つの答えになりました。





シーズンも終わりずっと止めたままで、このままシーズン明けるまでは飲まないつもりでした。


しかしクリテリウムの為にもう一度1ヶ月かけて蓄積し直しです。






9月ぐらいから飲んでなかったので十分休息期間はおけたんじゃないかと思います。





自分のレベルなんてグズグズなので、たぶんレース序盤で千切られて終わると思いますが


万が一ですよ?最後まで残れた場合、絶対にクレアチンあり無しじゃ差が出ると思ってます。






よくロードレースはマラソンした後に100m走やるようなもんだと言われますが


まさに短いとは言え自分にはそれに匹敵する辛さだと思うわけですよ。






何キロぐらいで巡航するのか分かりませんが



仮に40km/hで巡航するとして、その速さで10km強走るわけです。



その後にラストゴールスプリントで60km/h前後まで全速で漕ぐとなると、たぶん今の限界越えます。





集団内にいること前提ですが、たぶん上記に書いたぐらいが自分の120%出せたとした限界レベルなので


これ以上速かった場合は早々に千切れます。






とにかくクリテリウムに出たことがないので分からないんですよw







だいたいみんなどれぐらいで走れるもんなのか?



集団はいったい何kmで巡航するのか?







自分の中で決めている事があって、集団先頭について行けない場合は


早々にペース落として諦めようと思っています。














なんでって?




















落車が怖いからw








トップ争って落車なら本望ですが、中盤以下で落車は極力避けたい。


とにかく最近周りの知り合いが交通事故や落車しましたなんて話ばかりなので


かなりビビってます。




なのでスタートしてから必死に食らいつく予定ですが、レベル違いだった場合は


安全走行に切り替えて落車に巻き込まれないように頑張りたいですw






クレアチンの効果は人それぞれ向き不向きもあるのかも知れませんが

実体験では効果があると思っています。



ただ科学的な根拠や目に見える数値で立証しているわけではないので

興味ある方は自分で調べてみてくださいね。






ではまたー。








最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
2014.11.18 ブレーキ交換
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



どうもー。








今日は練習お休みでこんなことしてました。







じゃん♫








アルテグラのブレーキです。







ひょんな事からいただける事になりまして。


本当に太っ腹です。



買えばなかなか良い値段しちゃいますからね。





ブレーキは良いものに越した事はないですからね。


ただ105とアルテグラって実際差はあるんですかね。


そこんとこはよくわかりません。







とは言えせっかくいただいたのですから、早速取り付け開始!






ブレーキ交換はかなり楽ちんです。



基本的には外して付けるだけ。





まずはブレーキワイヤーを外して、その後は六角レンチでネジ外します。










はい。外れましたー。











ちょちょいと清掃して、アルテグラのブレーキを取り付けます。



リアは短いネジで。


フロントは長いのを使うんですがいただいたものに付いていたのは長すぎるので、105に付いていたものをそのまま使います。



ここまで5分ほどの作業。




その後はブレーキシューとリムの間隔調整して10分ほどで完了!









ワイヤーそのまま使うならあっという間に交換出来ちゃいますね。







105は完全なブラックでしたが、アルテグラはやんわりグレーっぽいのでカッコいいです。



使ってみた感じが楽しみです。






ではまたー。




最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
2014.11.16 名栗湖
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



どうもー。





日曜日は朝から最近参加させてもらってるチームのグループライドに行ってきました。


前日仕事の飲み会で、22時には帰ってきたのに朝から二日酔いで激しい頭痛。



大丈夫かなと出発したら、さすがの冬の朝です。


寒さで吹っ飛びました。



チームの待ち合わせのコンビニに行くと、まぁたくさん人がいる。






びっくりしてたら別のチームもいた模様w





しかも偶然そこにマイミクさんいて、挨拶だけさせてもらいました。

こっちが一方的に顔を知ってるから向こうは気づいてないと思ったら、向こうも気づいてくれてました。


紫のバーテープの力はあなどれない。






まぁ、こんな色のバーテープ付けてる人はそんなにいないですからね。







今日は総勢16名だったかな?


こんな大勢で走ることないから本当にワクワク。





しかもみんなロード歴3年以内ぐらいなので気楽です。

初心者から中級者までレベルはかなりバラバラでしたがポイント決めながら走れば意外と普通に走行会になるもんです。






しかもこのチーム特に知り合い同士もいなくて、ネットで集まった人達で構成されてるので内輪ノリもない。

まだ出来立てのチームなのですごく居心地が良いんです。






ガチガチのレースチームに入って吐くぐらい引きずり回されるのも良いんですけどね。


自分だけでレベルアップ出来なくなったらそれは考えます。


まだまだ自分より速い人は五万といるので。





こないだもよみうりV坂で負けました。

勝手に競争心持ってただけなんですが、何往復もする内にジワジワと離されました。




結構これが悔しい。



勝負ごとから逃げてきた人生だっただけで、最近は負けず嫌いなんだと気付きました。






でもよみうりV坂の夜は速い人が多いから好きですね。







話戻ってこの日は小沢峠を越えて名栗湖を目指すルート。


どっちも初めてなのでワクワクです。

でもボスいわく、初心者コースらしい。






序盤はとにかく狭山湖に向けてサイクリングロードをのんびり。

その後は狭山湖をぐるっと回り、目的地を青梅瑞穂方面に向けて市街地の平地をガンガン。





さすが集団。何グループかに分かれてるとは言え、凄まじく楽です。

こりゃだいぶ足を温存できるなと鼻歌まじりに高速移動。



二つ目の待ち合わせのコンビニに着き、全員合流したらついに小沢峠を目指します。





パンクなどもあり、自分が直したのもあってここからは最後尾でゆっくり様子を見ながらの走行。


しばらく走ると緩やかな山が始まる。


一緒にいた速い方がペースを上げたので、ここから峠が始まるんだと気付いて急いで追走。







いやーキツイ。








山自体はたいした事ないんです。

初心者にはキツイかなってぐらいの大垂水峠程度の感じ。


ただこのペースで走られると辛くてリバースしそう。





距離は短いんですが、最後に10%程度の坂がやってきます。

必死に漕ぎすぎて、今まで見たことない最大心拍数197という数字を見てしまいました。

もちろん最高記録ですw






やっぱり誰かに引きずり回されるって、自分の限界超えられるわ。


その後は下り基調から名栗湖手前でまた一気に駆け上がります。







そして名栗湖!









まだまだこんな近くに楽しいとこいっぱいあったんですね。

自分一人じゃたぶん知ることはなかったでしょう。





その後は飯能方面まで下って、台湾料理屋さんで昼食。


この人数一気に入れるお店って貴重ですよね。


その後は夕方から予定があったので一人先に離脱させていただき、飯能から輪行で帰路に着きました。


やっぱりみんなで走るのって本当に楽しい。


来週もあるみたいだから楽しみ。



そして年内はキングオブヒルクライムでレース納めの予定でしたが…


チームの方から誘われた流れもあって、年末も年末の12/27日味の素スタジアムで行われるクリテリウムに参加することになりました。


初のクリテリウムです。


どうなることやら笑



ではまたー。





最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。




では前回書いたとおり…


サイクルモード2014での試乗感想でも書きたいと思います。





狭い半室内コースでたかだか1周回走っただけの

初心者の感想ですので、戯れ言程度にお願いしますね。






今年のサイクルモードは去年と違い、屋外にも出れるコースが設定してあり


その屋外がなかなかなのスプリントポイント。






意外とそこ走るときは全然人がいなかったので、結構踏めました。





ただ、事故ってる人も見たので、やはり安全面というか


初心者と中級者ぐらいのコース分けは必要なんじゃないだろうかと思ってしまった。




コース内をチェーンが外れて、押して歩く人なんかもいたので…。



パッとしか見れなかったけど、たぶん本当にチェーンが内側に落ちただけ。

それすら直せないとなると、本当にロードバイクに乗ったことがないんだろうなって思った。




無理な追い越しをする人もいれば、横並びでコース塞いで、ゆっくり走る人がいたりと


まあ、去年同様気をつけて手信号や、目視使いながら事故らないようにだけ気を付けて乗りました。









では早速行きます。





・BH AEROLIGHT RC

IMG_1768.jpg


たぶんこのモデルです。実はTTモデル初めてだったりします。



TTモデルのイメージ通り堅めの乗り味、漕ぎ味。


加速まではもっさりするほどではないですが、決して漕ぎ味が軽いとか、加速が良いとは言えない感じ。


ただスピードが乗り出してくると、このままどこまででも加速していきそうだなと思えるぐらい


伸びしろが当たり前ですがありますね。






CAAD10は加速から30km/hまでは割とすんなりいくんですが、伸びが減退していく感じ。

この後サ-ヴェロ乗りましたが、やはり乗り味はかなりサーヴェロに近いです。

ギアの調子が悪くて、いまいちギアチェンジするのに気が引けたのが残念でしたね。





ただ個人的にはBHの良さって反応速度というか、踏んだらグンっと返ってくるあの加速感。



TTモデルだったのもありますが、BH買うならやはりあれが体感出来るモデルが良いです。


サーヴェロと似てると書きましたが、サーヴェロよりもこの加速感はBHの方があります。

サーヴェロは本当に遅れてくる感じですからね。







・BOMA REFALE



買おうか少し迷っていた時期もあったBOMAのREFALEです。

埼玉サイクルエキスポ2014で試乗した、たぶんC-1というモデルが前にインプレにも書きましたが

良かったんです。帰って値段見て12万と知って二度驚きました。


あの時もBHの後に確かBOMA乗った気がします。



今回はその一個上のグレードになるのかな?REFALEに試乗しました。



感想から先に言うとがっかりでした。


エースと同じ車種に同時に試乗したのですが、まるっきり同じ感想でした。




C-1の時に感じた、全体的に特徴はないかもしれませんがバランスの良かった感じがなく

振動は伝わる、踏んでも気持ちよく加速しない、なんだか疲れる。


といった感じ。評判がすごく良かっただけに自分たちが悪いか、タイヤがおかしいんじゃないのかと

疑ってしまうぐらい。


この車種だけは是非もう一度乗る機会があれば乗りたいです。





・TNI Podium

IMG_1774.jpg


順番待ちでたまたまあったから試乗した1台。

同じ車種がこれまた偶然2台今すぐ乗れたのでエースと二人で乗りました。



持った感じは言うほど軽い気はしませんでした。

まあコンポとかホイール込みで重量なんていくらでも変わるんですけどね。



試乗コースに入って乗り始めた瞬間、エースと思わず顔を見合わせて笑ってしまいました。


自然にですよ。たぶん乗った瞬間お互いに同じ事を思ったからでしょう。




「凄まじい軽い漕ぎ出し感」



エースの感想は、振動吸収はそれ程でもないけど、加速感の軽さがやばいと。


普段がたがたのCAAD10に乗ってあまり振動気にしない自分にとっては全く気にならないレベル。



っていうかむしろすごい静か。


にしても全く同じ感想で、漕ぎ出しがやばすぎる。





そのまま加速していくと高速はどうもあまり伸びないみたいw





といってもあの加速感と比べてるからだけな気がします。



自分の中では今まで乗ったバイクの中で、漕ぎ出しの軽さなら一番かも。


プリンスとかみたいに持っても軽いし、全体的に軽い乗り味とはまた一線違う感じ。




エースとの共通の感想は



「ヒルクライムメインで乗るならこれが一番良いかもしれない」



ただ上級者になって踏めるパワーが大きくなると、軽い乗り味よりも堅さで推進力に替えていく方が速いのかなとも思う。


でも自分ぐらいのレベルなら間違いなく山でこれ乗ったら速くなるなと思いました。


今回の試乗マイベスト1はTNIのPodiumで決まり!!







・Cervero R3



去年に引き続きサーヴェロです。


一時期サーヴェロばかり街中で見ましたが、最近は少しその数が減った気がします。

特に湘南とか海沿い行くとサーヴェロいっぱいなイメージありますねw



乗り味はやはりイメージ通り。



加速はもっさりしていて、遅れてやってくるスピード感。


この感じが好きな人は好きなんだろうけど、自分は踏んだ瞬間グンっと加速するバイクが好きなので


あまり好みではありません。



でも何度乗っても入力した力以上に後半はスッーと伸びていく感じがありますね。


TTの用に一定の高速スピードで走り続けるようなシチュエーションはすごい楽なんだろうなと思います。



だからこそ山で乗ってみたいですね。


このバイクが山道をどんな風に登るのか興味あります。


軽けりゃ速い分けじゃないってのは何となく最近感じていることなので。






・YONEX CARBONEX

IMG_1776.jpg




今回のお目当て。試乗があったらいいなぐらいで考えていたら、本気の8台投入だったw

午前中に見たときすごい並んでいたので、午後一に回したんですが

午後一もあまり変わらないぐらい並んでました。



ただ前回も書きましたが、大きいサイズに試乗したので乗る人がおらず

少し並んだだけで、エースと同時に乗れました。




まず持って軽い。漕いで軽い。


その軽さは大いに発揮してますね。でも漕ぎ味の軽さに関してはTNIが本当にずば抜けていたので

それよりは劣りますが。



癖があまりなくて、本当に万能なイメージです。漕ぎ出し、加速・伸び共に優等生で

本当にオールラウンダーといった感じ。



乗り味は全然違うんですが、大まかなイメージだとアンカーのように何でもこなせる優等生タイプのイメージですね。


ただ爆発的な加速感のような物はなくて、踏めば進むみたいなバイクとは違います。




これがしなり系の速さと剛性感たっぷりのバイクの大きな違いだと


素人ながらの感触でいつも思ってることなんですけどね。



コルナゴやビアンキのオルトレ乗ったときもこんなイメージでした。



乗り心地が良くて、楽にペダリング出来るから速いというか。


そんな乗り味が好きな人にはたまらないバイクの一つだろうなと感じました。




エースはこの日乗った中で一番良いと言っていましたね。



自分はもっと踏んだ瞬間ドカンと進むバイクが好きなので、乗れて良かったです。









なんかすごいざっくり適当に書いてしまった気がする。


でも細かい感想なんて素人ですし、この短い時間では無理ですよね。




本当にちょっと乗った瞬間の個人的な感想です。






でも自分が素人だとか関係なく、乗った瞬間明らかな違いは分かると思います。


それを自分なりにどう感じたかってだけな気がします。





一緒に行った友人Hのように何が何だか違いが自分にはさっぱり分からん。


なんて人もいると思いますが、やっぱり乗ってみるってすごい大事だと自分は思う。




どんなに格好良くても、想像していた乗り味と違うとやっぱりがっくり来る。


逆に今まで全く興味なかったバイクが、乗ってみた事により興味が出たり。






今日の自分だとTNIのPodiumなんてまさにそれですよね。





そういう機会がこうやってあることを有り難いなと思いつつ、帰路に着きました。


ではまたー。





最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。



先日11/8日の土曜日サイクルモード2014に行ってきました。







巷では、有名メーカーがどんどん撤退してもうオワコン感満載なんて言ってますが

それでも多数のメーカーが出展してくれていて個人的にはすごい楽しめました。




とりあえずサイクルモード2014全体の雑記と試乗のインプレは長くなりそうなので分けたいと思います。






今回は地元の仲間4人で車で行ってきました。


往復で2000円近くなんやかんや電車だとかかるので、車のが断然お得です。







会場と同時にデ・ローザコーナーぬダッシュしたので全体の写真とか撮り忘れました。


しかし今回は有名メーカーがあまりいないせいか、デ・ローザとピナレロは案の定凄まじい事に。

デ・ローザは開始早々午前の部の受付終了でまた乗れず。

つくづくIDOLには縁がないらしい。


IMG_1779.jpg



一時期は買おうかとも迷っていたけど、今回も乗れなかったし、まるで縁がないのでいつのまにか購入候補から外れましたよね。






YとHがピナレロに向かったので、自分ももう一度プリンス乗ろうかと思ったんですがやっぱりすごい列。

IMG_1772.jpg
IMG_1771.jpg
IMG_1773.jpg




二人は並びましたが、エースと目の前のBHに並びました。

お目当てのプリンスはこないだサイクルフェスタで乗れてしまいましたし。




なんたってBHは購入候補の一つですしね。



しかし買いたいモデルの試乗車がありませんでした。


IMG_1770.jpg
IMG_1769.jpg
IMG_1768.jpg
IMG_1767.jpg
IMG_1766.jpg





仕方ないので、すぐに乗れそうなTTに。





BH自体は前に何度も乗ってるのでだいたいの感じは記憶にありますし。

BHが終わり、ピナレロ覗くとやはりまだまだ並んでます。






仕方ないのでぶらぶら。

IMG_1775.jpg





ウィリエールの試乗がないのが残念。






続いて、これまた若干気になってるBomaに。


Bomaは割とすぐ乗れましたね。


写真は撮り忘れました。








その後ぶらぶらしてたらTNIのPodiumを発見。


IMG_1774.jpg




ちょっと気になったのと、偶然2台空いててエースとすぐに乗れたので試乗してみることに。

インプレで詳しく話しますが、びっくりした。




エースと共に乗った瞬間、あまりの良さに衝撃。

細かくいろいろありますが、自分は今回のベストはTNIのPodiumです。







次はサーヴェロ。


これまた前回も乗りましたが、あらためて乗ってみます。

写真また撮り忘れましたw


基本弱虫ペダルで誰か乗ってるメーカー混みすぎ笑

ラピエールとかすぐ乗れる感じだった。






サーヴェロ後は今回の本題ヨネックス。

IMG_1776.jpg
IMG_1777.jpg



ヨネックスさすがに力入ってます。


遊びや中途半端じゃなく、本気で自転車界に入ってきてるのがヒシヒシと伝わります。


それがわかるだけでも乗りたくなる。






みんなやっぱり興味あるみたいで、かなり並んでたんですがエースとデカイサイズだったせいですんなり乗車。


身長高めで良かった。まぁ自分はちょっと無理矢理乗った感ありましたけど。

ヨネックス。とても良いです。





参入が発表された際は、やれヨネックスってメーカー名がダサいから売れないだの散々な言われようでした。


でもこれから間違いなく実力を証明してファンを増やしてくでしょうね。


自分も買ってしまいたいが、さすがにあのフレーム価格と好きな乗り味と逆方面に良いバイクだったので今回は見送りかな。



結局試乗は確かこれだけのはず。





みんな並び疲れて、今回はちょっと少なめだったかもしれませんが、ヨネックスに乗れたので大満足です。



後はいろんな出展のブースを歩いて見て回りました。



すると噂には聞いていた、マホガニー製の自転車を発見。

IMG_1780.jpg


一度は現物見て見たかったら嬉しいな。


本当かどうかわかりませんが、木が実用面除けば一番速いなんて噂がありますよね。



保存や手入れが非常に大変なので、なかなか一般的にならないのと

木材に力をかけて時間を書けながら曲げて作る工法にしても、とても量産出来る代物ではないのが分かります。


お値段も200万ぐらいした気がしますw



ただギターやってた身からすると、マホガニーってすごい軽いイメージですし

確かにロードバイクを作るのなら向いているかも知れませんね。






その後疲れ果てて昼食を中のブースでみんなで食べました。

価格はなかなか良いお値段するんですが、こういう出店みたいな物にはめずらしく美味しい。



タコライス・唐揚げ・海鮮丼・カレーをみんなで食べたんですがみんな大満足。




自分以外こういった出展みたいな物嫌いなメンバーだったんですが、みんな楽しめたようで何より。

でもさすがに午後には飽きたようで、お昼過ぎには退散しました。


たぶん一人だったら一日みてた気がする。


というかもっといろいろ見たいし、乗りたい物もあったしね。




サイクルモードに関わらず、こういった展示会のような物って

マイナーブランドにこそより旨味があるのはどこも一緒だと思う。


思うように宣伝出来ないメーカーや、ブランド力で劣ってしまうようなメーカーにとっては

この上ない場所ですよね。




見る側からしても普段見ることが出来ない物や、新しい物を発見できるのは嬉しいです。



そんな一日でした。

試乗のインプレは次回にでも。



ではまたー。






最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





どうもー。





先月はなんだかんだ300kmが効いて月間800km走りました。





とりあえず冬にだんだん近づき、どう今年の冬を過ごすか悩んでいます。



マシンは新しく入れ替えるので、機材面での強化はする予定。







問題は自分自身。







誰かのブログだったかを読んでいて






「速くなりたきゃ、初心者はああだこうだ言う前にとりあえず10000km走れ。」






なんてものを見た気がするんですが、あながち間違ってないのかなとも思う。






当然効率とかいろいろあるとは思いますが、何もわからない内に考えてるぐらいならとりあえず走る方が良いと言うのは全く効果が無い事はないですからね。



初心者が自分でいろいろ調べながらだろうと、的確なメニューを組んで自分を追い込むことはそうそう出来ることじゃないですし。







周りにメニューを組んでくれたり、管理してくれるトレーナー的な人がいてくれるならもっと効率の良く鍛える事は出来るだろうけどね。







何が言いたいってその10000km走って、最近めっきり頭打ちした感がある。



そういう意味ではやっと初心者から卒業出来たのかもしれない。



とりあえず今まではがむしゃらにただ漕いでいれば速くなっていた気がするんですが、最近どんどん実感が薄くなっている気がするんです。



当たり前ですがトレーニング効果がすぐに実感出来るなんて事はありえません。


積み重ねて半年毎ぐらいでやんわり実感する。







先日新しい人達と走る機会があり、今まで決まった仲間内でしか走っていなかった自分にとって新たな世界を見るキッカケになった。


走りながら人の走りを見たり、話をしていると、いかに自分がもともとセンスがないかがよくわかる。






まもなくロード歴は2年になる。






そのグループライドに参加していた人達は1年ちょいぐらいから3年ぐらいの人達が多かったと思う。


1年の時点ですごい速い人や、初めから30km巡航していた人など、自分と比べると速い人ばかり。



初めたばかりの自分の巡航速度は20km/h前半。


初めて行った奥多摩では同じタイミングで始めたエースにぶっちぎりで引き離され、何度も足を付いて休まなければ到底登れないような状況だった。





小田原への120kmロングライドではもう漕げないと、巡航速度は17km/hまで落ちた。





ブログのタイトル通り山が嫌いで、山があったら本当に迂回したかった。



エースに山で置いてかれる事が悔しくて、必死によみうりV坂を毎日登っていた。




ようやくエースに勝てたのは1年を過ぎた頃。




毎日苦しくて、大嫌いだったよみうりV坂の無限ループがやっと報われた気がして本当に嬉しかったな。






初めて会う人達と走って話して、あらためてそんな事を思い出した。

同時に自分には元から持ってる能力が低い事も思い出しました。







やらなきゃ圧倒的に遅いという事をw







加えてがむしゃらにやるだけじゃもう伸び代も無くなってきている気がしてるんですよね。







来年でまもなく2年。







この冬をダラダラと過ごしたくないという気持ちがある。


来年の春、機材と共に自分もパワーアップしていたい。




前置きが信じられないくらい長くなったw




冬におすすめのトレーニング方法を誰か教えてください笑




LSDをやる人が多いみたいですが、あんまりLSDって効果実感出来たことないんですよね。


冬はみんなLSDみたいな風潮ありますが、それってオンシーズンズタボロになるぐらい身体を酷使するようなプロレベルの人のみ必要なイメージなんです。


野球選手と同じで、身体を休める目的も兼ねてオフシーズンが存在してると思うんですよ。







じゃあ自分はどうなのか?








プロのように過酷な状況に置かれてるわけじゃない。


そんなアマの自分にオフシーズンなんて物は必要ないと思ってる。


一年間やって疲労感が抜けずに、後半体力が持たなかった。


そんな状況に果たしてプロでもない自分がなるだろうか?



そんな事を考えているとLSDの必要性があまりないような気持ちになる。



もし実践して効果を実感してるようなトレーニングメニューあったら是非教えてください。






ではまたー。




最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





どうもー。



SPEEDPLAYインプレの後編です。







前回までは準備編。むしろこっちの方が大変でしたね。

今日は本題の使用感について。








とりあえず無謀とは分かっていたんですが、1回平日夜練習で40km走って


細かい位置の調整をしたら、ぶっつけ本番先日の勝手にブルベ300kmでいきなり試しました。








まず300kmと言う未知の距離。そして夜通しという未知の時間。





未知だらけですが、その辺は楽観的にスタート。






そういえば前回書き忘れましたが、こんな物買ってちゃんと取り付けてます。




【keep on kovers Z.3】


IMG_1731[1]






社外品のカバーですね。




純正ではコーヒーショップってカバー出してますが、これは穴あきカバーじゃないので

ずっと付けっぱなしってわけにはいきません。




このカバーの良いところは穴あきなので、付けたままずっと使えるんですね。






そしてこいつ何世代も改良を加えられた最新型。




今までのこのkeep on koversの欠点は



・耐久性が無い


・固定力が弱く知らぬ間にいなくなっている。




なんてのがあるみたいです。






keep on kovers→keep on kovers Z→keep on kovers Z.3


に進化していくネーミングに、にやりとしてしまいます。




調整が終わったのでカバーはめて、いざ出陣。







やはり固定感はSPDに比べると抜群にありますね。


そして自分は膝に優しくとかどうでも良いので、可動範囲0にしてばっちり固定セッティング。


SLの方がやっぱり面で踏んでる感はありますかね。






そしてしばらく使って思うことですが、思ったよりはめやすくないかも知れません。





表裏がないのではめやすいと思ったんですが、言うほどすんなりはめられない。



むしろシマノ使っていたときの方が慣れてるのもありますが、楽だったかも知れません。







結局あれだけヘロヘロになった300kmでも膝が痛くなることはありませんでした。





使い心地はSPEEDPLAYだから劇的に良くなるって事は感じられませんでしたけど。





SPDとは比べものにならないぐらい固定感あるので、当然良いですが


SLと比べるなら性能差に大きな差は感じられませんでしたね。






SPEEDPLAYじゃなきゃダメな事ってその設定の自由度だとあらためて思う。





設定を煮詰められるからこそ、より快適な状況でペダリング出来るし、膝にも優しい。






この差が現段階で自分が感じるSPEEDPLAYの良さなのかなと勝手に思ってみたり。

見当違いならすみません。




軽さとか、ペダルの回転性能みたいな事を言う人もいますが自分には体感できるほどありませんでした。




ここからは好みの問題でしょうけど、踏み心地だけで言ったらSLの方が好きですし。




踏んだ感じはSPDに毛が生えた程度に感じます。






【踏んでいる踏み面の感覚的に感じる広さが大きいほどより大きな力を伝えられる】




だとするならばSL何でしょうけど、SPEEDPLAYはその辺の性能差は感じられません。





それよりもSPEEDPLAYにすることによる、高さの変化によるサドル高変更の方が違和感の方が満載です。



そのままでも気持ち悪いし、みんなが言うとおり多少下げても違和感がある。




結局クリートの設定いろいろやりましたが、サドル高を1~2mmぐらい超微妙に下げて

サドル前後を前に多少出してあげたら落ち着きました。






とりあえずごちゃごちゃ書きましたが、自分が思う最大のメリットはその調整幅にあると思うので


今後ちょいちょい様子見ながらいろいろいじって楽しみたいと思います。








ではまたー。








最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



どうもー。




やっとしばらく使って慣れてきた感があるので

この辺で先日購入したSPEEDPLAYのインプレでも。









・購入まで



とりあえず今まで使っていたのはSPD。



MTB用に主に使われていますが、そのまま歩けるので

ガチンコのレース志向でない人にはちょうどいい。






と言うかすごくいい!!





歩き回れるし、固定感は緩いのと踏み面は小さい感じがして

パワーロスはSLに比べるとあるような気はしますが

日常使う便利さが勝ってしまうわけです。



だって輪行の時なんてすごい便利ですよ。


走り回れるし、特に滑ったりもしないし。






SLも持っていますが、全然SLは使いませんでした。


固定感とか良いのは分かってるんですが、どうしても気付けばSPDに戻っちゃう。

それだけ楽ちんなんです。普段使うなら一番だと思う。




じゃあなぜSPEEDPLAYを買うのか??


それはまあ使ってみたいというすごく単純な動機でして…



やっぱりプロがあれだけ使ってるのをみると使ってみたくなるじゃないですか。



後はSL用のシューズが使われずに勿体なかったのもありますけどね。







・購入動機




①興味本位

②SPDよりも効率化を期待して

③膝に優しいから(痛くなった事無いけどw)

④実は歩きやすいんじゃ無いか?

⑤スタート時にはめやすそう






①興味本位

これは上に書いた通りですね。一度使ってみたかったからです。


②効率化

SPDの欠点はやはり固定感のなさなのかなと。踏み面に関してはSPEEDPLAYも結構な小ささなのであれですが

プロが使う以上効率が悪いわけ無いなと言う安易な感じ。


③膝に優しい

SPEEDPLAYのメリットはその設定の自由度の高さ。膝が痛い人とかいろんな設定できるから対処出来る幅があるとこですよね。

まあーしかしながら丈夫に産んでくれた親に感謝ですけど、怪我とか故障ってほとんど無いんですよね。

膝もほとんど痛くなったこと無いので、これに関してのメリットは個人的には薄いかも。多少無理なポジションでも

何とかなっちゃうからなー。


④歩きやすさ


歩きやすさについてはいろんな意見がありますが。基本的には歩きづらいor滑ると言った意見がSPEEDPLAYへの一般的な見解のようです。

しかし個人的には、付けっぱなしに出来るカバーが発売された今はそうでも無いんじゃないかと思ってるんですよね。


⑤はめやすさ


SLやSPDは向きがあるのでスタート時に向きを合わさないとはめられません。しかしSPEEDPLAYは表裏が無いので

はめやすいと言うことでこれも期待。











・購入



今回はグリーンの限定カラーを買ったので多少割高でした。

購入は国内では圧倒的な安さのBicisanaさんで。

しかし在庫が無くて結局半月近く待ちました。

グリーン買ったせいもありますが、その辺気にしない人は安く買えて良いですね。






・到着・取付




さて届いたSPEEDPLAY。


何とも良いカラーです。自分のCAAD10にはぴったりなカラーですね。

IMG_1729_2014110117000376d.jpg
IMG_1730_20141101170004c3e.jpg












先に書きます。ここからが地獄でした。








到着したSPEEDPLAYを取り付けて準備完了。


固定ローラー台にセットしていざ!!!!









っが…はまらない。







どんなに力を入れようが、踏みつけようが一向にはまる気配がありません。





慌ててネットを調べてみると、どうもこういう仕様のようで…


みんな悪戦苦闘しているのが出てくるわ、出てくるわ。





1時間苦戦してはまらず半ば嫌気がさしてきました。



どうも何度もはめて、外してを繰り返して新品のクリートを馴染ませながら潰さないと

上手く着脱出来ないみたいです。







しばらく調べていると…



①ペダルを外した状態で床に置き、真上からシューズを履いてはめる。

②はまったらシューズを垂直に立てて、もう片方の足で思いっきりペダルの軸部分をを踏む。


以下これの繰り返し。




と言う方法を発見。



あれだけはまらなかったんですが、確かにこの方法ならば着脱は何とか出来る。



この方法を数十回繰り返します。








ある程度はまるようになってきたので、クランクに取り付けようと思うと…








強く蹴りすぎた代償でしょうか?






ねじ山が潰れている…







終わった…俺のSPEEDPLAYが一度も使用せずに終わった…






もう半ば半泣きで無理矢理クランクにねじ込む。



案の定固定はされた物の、既存のねじ山を削るように入っていったので

もう他のペダルがすんなり入ることは無くなりました。




しかも結局たいしてペダルがはまるわけでもない。





テンションガタ落ちです。








気を取り直して、またしばらくネットを見ていると





①ブレーキをフルにかけた状態で3時~5時の間ぐらいで思い切り踏み込む




と言う方法を発見。





やってみると。何とかはまります。





この方法がベストだった…






皆さん。いくらはまらないからと言って手荒な真似はしてはいけません。



絶対に後悔しますよw






後になって気付いたんですが、ローラー台だと力が上手く入ってないのかなかなかはめづらいんです。

普通に路上でやった方がはめやすいです。



同じようにやっても路上の方が割と簡単にはまります。





掴まる所を見つけてこの方法を使って路上でやることをおすすめします。




コツはブレーキを目一杯かけながら3時の位置で差し込むようにする。

差込のペダリングするのと同じ要領です。


下に踏みつけようとすると上手くいかないかも知れません。






とりあえずはめられるようになったら、2~3時間市街地を走りながら


信号の度に付け外しをします。



たぶんこれぐらいで普段使用するのに問題ないぐらいははまるようになると思います。




次回は本題の使用感について書きたいと思います。




ではまたー。






最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村