人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


どうもー。



味の素スタジアムで開催された東京クリテリウムに参加してきました。


IMG_1876.jpg




がっ…ここで力を出しきりすぎたのか、帰ってから三日間高熱で寝込んでました笑







前日は会社の忘年会。





酒をしれっと早めに控えて、0時前の2次会終わりに脱走。



早めに寝たつもりだがやっぱり1時くらいにはなってたと思う。





5時30分に起床して準備開始。



7時受付開始だったので、それまでに着けばいいやと6時20分にエース、Yと待ち合わせて出発。




やはり朝早い時に地元のメンツで集まるのは楽でいい。

二人どちらの家も自転車で10秒くらいだから笑





ちんたら自走で味スタに。





そういえば味スタ来るの中学生以来かもしれません。こんなに近いのに。


サッカー見ないと来る機会あんまないですよね。






受付を済ますとすぐに試走出来たので、エースとすぐにコースへ。


Yはこの日サポートで来てくれたので、出場はしません。





一周走ってみて、何とも言えない感じ。





まずスタート直後のカーブがなかなかトリッキー。

そしてゴール前にクランクがあるせいで、ゴールスプリントするような状況なるのだろうか。






クリテリウムというものに出場した事がないので、何もわからないまま試走終了。





その後エントリークラス向けの講習会に参加したのだが、後ろの方にいたせいかたださっきと同じように試走しただけで終わってしまった。

前の方はなんか注意点とか話してたみたいなんですけどね。





不安が全く拭えないまま開会式。





そして自分が出場するビギナⅠクラスは一番初めなので、他のクラスのレースを見ることもできないままスタート位置。





言葉では寒い寒いと言っていた。実際寒かったし。でもそうじゃないのはわかってた。



自分は緊張に弱い。始まればそんなこと関係なくなるのはわかってたんだけど、身体がガタガタ震えて止まらなかった。



いつもレース前はこんな感じ。



でもいつも以上だった。いつもはヒルクライムレースだからどちらかというと自分との勝負という感じですが、この日は今ここにいる40人近い人達と勝負するわけで。



たぶん負ける気でいないから、緊張するしガタガタ震えてるんだと思いました。


勝ちたいと思ってるからなんだと。




初めから勝つ気ないならきっとこんな事にはならない。



少しでも良い結果を出したり、今の自分の実力を試したくて出るんだと思ったら震えが止まりました。





そしてスタート。





案の定、スタート直後のカーブはかなりキツイ。


それが集団になると更に怖い。



インになんて付けずにアウト側を走ります。





そうするとガバッとインから抜かれていくわけですよ。





こりゃ考えなきゃいけないなと思いました。





カーブを抜けて味の素スタジアムの外周に入るとローリングスタートなのに既に速い。





これは不味いんじゃないかと思うぐらいに。





同時に後方からスタートした事を大きく後悔しました。





集団が横に広がって、前に出れない。


まさに弱虫ペダルで見たような話だ笑





ちょっと焦りましたが、まだローリングスタート中だから始まったら大丈夫だろうと。




1周回って再び味の素スタジアムの外周に戻ってくると、先導車からGOサインが出ます。




その瞬間突然生き物が変わったように、集団が急加速。


スピードにして自分の手元のサイコンで47~48km/hぐらい。





スピードは出せる方だから、急加速には付いていけたんですが、このままこのスピードだったらどうしようっていう。



でもそんな事よりとにかく前に出ないと。





脚はなるべく残しておきながら、とにかくポジションを上げないとレースが終わると瞬時に思いました。


そこから様子を見ながらとにかく少しずつ前に、前に。





ただ何度上げても中途半端な位置ではスタート直後のカーブの後にインから抜かれてしまうんです。


先頭2~3人の後ろを8~10人ぐらいが横に広がって集団となってるので、怖くてインに入れない。


加えてそのカーブの後にある小さなクランクが厄介で、そこで付いた順位から踏んで前に出ようにもコースが狭いのでインが閉まり前に強制的に出れない。




するとその後の味の素スタジアム外周に入ってからスピードを上げないといけません。


この区間に入ると周りもスピードが上がるので2倍疲れる。





でもグダグダ言ってられない。






心拍数は既に190超えてますが、とにかく踏んで少しでもポジションを上げます。



6か7周目に入った時についにチャンスが現れ、前が開いたので一気に2番手まで駆け上がる。





そこからは我慢との戦いだった。





多少の抜きつ抜かれつはありつつも、良いポジションを手に入れた事でカーブが怖くなくなってとにかく出来る限り先頭に食らいついた。


後でガーミン見たら最大心拍数203なんてなってた。


もうこの時点で限界は突破してたのは分かってました。


むしろ120%出せてる。出来過ぎな結果なんだからやれるとこまでやろうと。



ラスト一周まであまり記憶がない。



酸素が足りなかったなーなんて後から振り返ると思う。なんと言うか記憶が白い笑



ラスト一周。ここで後ろからアタック組が何人か飛び出していく。


とても飛び出せず、しばらく傍観した後
、我に返る。





だいぶぼっーとしてたんだなと。





負けたくない一心で頭をフル回転。最後にかけるためにいったん第二集団を追いかける。





これが辛かった。





頭の中でかもめ☆チャンスの1ページが頭に浮かんでいて、この集団に追いつけなきゃレースが終わる。


そんなシーンが頭をよぎって必死に踏んだ。


外周ゾーンをしばらく第二集団で息を整えてゴールスプリントに向けてスタート!


息を整えるのに飛び出すのが遅くなってしまったのが失敗だった。





ゴールスプリントなら自信あったのに。





そんな得意分野での自信を打ち砕くようにゴール手前に差し掛かると先頭は間も無くゴールする所だった。





どうやっても追いつけない距離。





それが今の自分の実力でした。






得意分野を生かすためには、最低限最後まで食らいつくだけのスタミナが必要なんだなと痛感しました。



それでも得意分野だと豪語するならやってやろうと、抜ける限りの人を抜いてゴール。









ゴールした後はやっぱり悔しい。




目の前に見えていたトップ。



結局全ては言い訳のたらればの世界。



でも届きそうで、埋められなかった3秒。


結構本気で悔しかった。



ロードやるようになって知った自分の性格。


実は負けず嫌い。







今日はこの辺でー笑








最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村







2014.12.27 三浦半島一周
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



どうもー。



クリテリウムが迫ってきて、落車へのビビリなのか、楽しみからなのかドキドキしております。



IMG_1859.jpg




さてそんな中、最終調整も兼ねてエース、Yとの三人で三浦半島一周してきました。





自走だと200km超えてしまい時間的にもキツイので、平塚まで車載。






朝6時に集合して出発。







さすがにこの時期寒いですが、今年は暖かいからなのか、寒さに強くなったのか言うほど寒さがキツくありません。



この前の奥多摩下りに比べたら天国だなと思いながら、海岸付近の駐車場に車を停めてスタート!



まずは横須賀までアップがてら自分が先頭で引きます。


やっぱりこの海沿いは走りやすい。









気付けばグングンスピードが上がります。






江ノ島を過ぎると道が狭くなるのでペースダウン。



油断していたら砂だまりに前輪を取られて前輪が軽くドリフトw


あぶねーあぶねー。



ちょうど一昨日走った道です。


こんなスパンで来るとはね。







逗子駅を目指すのに日曜日に食べれなかった、ゆうき食堂の前をまた通過。







今日も食べれません笑







チームメンバーがアップしてた写真がすごい美味しそうだったので、いつか絶対に来ます!






そして多少迷いながら横須賀到着。






横須賀からはYと先頭をバトンタッチ。




どれぐらいのペースになるかと思ったら、ムラはあるもののなかなか速い。


のほほんとしてるYですが、意外と内に秘めてる闘志は自分と似てるのかもしれません。






前に他のローディを見つけるとやる気スイッチが入り、抜かしてしばらくするとやる気スイッチが切れますw






それでもほとんど抜かれる事なく、グングン進んでいく姿に地元チーム全体としてのレベルアップが垣間見れました。












最近Hはみかけません…笑




まぁやる気ないだけですけどね。







彼も他にやる事満載なので、自転車なんて乗ってる暇ないんでしょう。







予定より早い12時前に城ヶ島到着。


IMG_1854.jpg







城ヶ島入り口には有料道路のゲートがあるので、お金を払うと思ってたんですが、自転車や徒歩はタダみたい。


IMG_1855.jpg






なんか得した気分。





ゲートを越えて橋を渡り、下るとそこは城ヶ島。



IMG_1858.jpg





島と行っても江ノ島のような小さな島なんですが、なんでこんな島ってテンション上がるんでしょうね。


ウキウキで今日の昼食予定のしぶき亭へ。




三浦半島一周やるのに調べてみたら、すごいロード乗りに優しいお店と書いてあったので行ってみました。




お値段、味は普通ですが着いた所からおもてなし感がすごい。





店の雰囲気はフェリー乗り場とかにあるごはん食べるとこみたいな感じ。






着いた瞬間からロード停めるように馬を新たに用意してくれるし、丼が来るまでつまめる物なんかサービスでくれたり。





2、3人ならば味だけで良い店はあるかもしれない。





ただそういう場所はそもそも無茶苦茶混んでるし、何より駐輪場がない。

そして値段もかなり高い。美味しいんだけどね。





前回エースと入ったお店は味は美味しかったですが価格も2500円前後。

豪華ですが駐輪場もなくて大変でした。






しぶき亭さんはお店も広いし、駐輪場もあってたくさん停めれるし、集団で行く場合は重宝する事間違いなし。






ちなみにお値段は1000円以下。






アットホームな雰囲気がとても良かったです。





昼食取った後は海を眺めながら、しばらくぼけっーとのんびり。


海の先に富士山が見える絶景。







寒すぎず、良い天気なので全員眠くなってしまい後半に支障が…笑






13時過ぎには出発して、また平塚方面を目指します。



一年前、エースと二人で自宅から三浦半島を周り箱根で一泊する160kmのコースを走った日を思い出した。





あの日と同じコース。







あの時の自分は三崎港に着いた時点で、もうヘロヘロで全く漕げないぐらい消耗していた。






三崎港からの鎌倉までの緩いアップダウンが地獄のように感じた。







伸び悩みを感じていたから、この日は良い気分転換になった。







なんでって?








一年前に地獄と感じた道をスイスイ走れてるから。




ちゃんと成長出来てるんだって。


一年と言う月日は無駄じゃなかったんだって。


そう思えたから。







しかも、この日はメニューを課していたのでなおさら。



効果があるのか知りませんが、自分が定期的に行うメニューですね。






【アウタートップ縛り】








その名の通り平地も下りも上りもアウタートップに固定。


自分なりに集団で走る際、単独で走るよりペースが遅いと感じた時に楽をしないようにやってるメニューです。



三浦半島はアップダウンが適度にあって7~8%程度の坂がちょいちょいあるので、すごい良い練習になってる気がします。


効果は体感ですが踏める力は付いてる気はするんですよね。





今まではっきり言って12-27T使っていて、アウターに掛けた際は上4段はいらないとすら思ってました。


だって使うことほぼなかったんです。重すぎて踏めないから。



ただこれやるようになってから少しずつですが、踏めるようになってます。


クリテリウムに向けてスプリントの練習してる時なんかはアウタートップもちゃんと使う用になりましたしね。





そんな全員の成長に浸っていましたが、もう鎌倉。





ここから最後はエースの出番です。



なぜ最後はエースの出番かと言うと、江ノ島からゴール地点まで仮5kmTTを行うため。




当然一般道ですから、安全には十分注意して信号を守るため仮です。





江ノ島が近づいてくると、自然と緊張感が。



もう一つこの5kmTTには本当は意味がありました。


なぜ過去形かはこのあと。





プランはこう。





エースを風除けに5kmエースは全力で漕ぎます。



その際通過キロ数や、伝達事項は後ろから自分が叫びます。




残り1kmを切ったらエースは全力でアタック。




ラスト200mで自分発車。ゴールラインを目指して全速で漕ぎます。


全て車の様子みながらね。







もうお分かりでしょう。


クリテリウム、エースと二人でラスト5kmで逃げる予定でした。



なぜ過去形かと言えば、グループが別になったから笑



その練習をと思って今日はこのコースにしたんですよね。



まぁ良い機会なんでやります。




Yにこれから5kmTTをやること。

可能なら付いて来てくれと伝えて、いざスタート。



さすがエースです。


グングン加速して42~43km辺りをキープして進んでいきます。


途中2回ほど信号に引っ掛かりましたが、なかなか良いペース。


後半はさすがにタレて38km付近でしたが、自分一人でやった時は36km維持ですら地獄のようだったのでやっぱり速い。



普段力を温存して走るタイプなので、あんな一瞬で汗だくになるエースを初めて見ました。




残り1kmでエースが全速力。



ラスト200mを過ぎた辺り(ここでガーミンさんが総距離100kmに達してしまい、小数点の表示が消えてしまいわからなくなる笑)で全速力。




56kmくらいでしょうか?



加速したところでフィニッシュ。



ガーミンのラップタイム見てみると5500mって表示されてる笑

信号等も止まって、500m余分に走って8:02分。




なかなか頑張れたんではないでしょうか。



ヘロヘロになったエースと合流して、しばらく談笑してるとYもやってきます。



これでクリテリウムへの準備は終了。



後は本番に向けて休息とイメージトレーニング。


もし、最後まで付いて行ってこのスピードが出せたならそこそこ良い勝負出来るだろうと信じて頑張りたいと思います。



今日はこの辺でー。







最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



2014.12.24 エビクリ2014
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。




今日は久々にアイドルの話でも。



いちおう自転車ブログがメインなんですがたまにはね。






とりあえずエビクリ行ってきました。



有明コロシアム初でした。




本当に驚かされるのは、かほりこの成長。



3人の転校が発表されてからもうそろそろ一年経つんですね。


かほりこの転入が決まって、バタバタしながらも8人の新生エビ中として書く抜けた一年でした。



初めこそポンコツだった二人も驚くほどのスピードで成長して今や他のメンバーとなんら遜色はありません。




先日の横アリを見たとき、少し前までは周りを伺いながらダンスしたり、歌っていた二人が一万人と言う人の前で堂々と楽しむ姿に何か心を打たれるものがありました。



広い世界で何人の人が半年ちょい後に一万人の前で踊って歌うなんて事が出来るでしょうか?

しかも中学生ですよ。



その上既にパフォーマンスとは言え、楽しそうにきゃっきゃ騒いでるわけです。


末恐ろしいです。






話戻って、今年のエビクリは1日目はまさかのしっとり主体。


エビ中バンド初お披露目で生音でしっとりと聴かせる曲中心にやってくれました。



だいぶ席によって音質の違いがあったみたいで、自分は2階席の着席の真後ろだったからか割と良かったです。

音質の良し悪しはマイクの入り以外は気になりませんでした。



個人的にエビ中バンドのアレンジはすごい好きでした。



ただ生音が合う曲合わない曲はっきりしてたように感じました。





やっぱりベタなのはわかってますが、アンコールの恋で涙腺がゆるむ、ゆるむ。


なんかいろんな事思い出しちゃうんですよね。






二日目は


一日目と打って変わってセンターステージ。



いかに一日目に人が入っていなかったかを露呈してしまうぐらい、センターステージだと人がわんさか。



有コロの半分しか使ってなかった一日目と、全方位使った二日目だと熱気すら別もんでした。



一日目は北半キュリスマスと言うことでしっとりめ中心でしたが、二日目は南半キュリスマスなので盛り上げる曲中心。


と言っても不思議な選曲でしたけどね。二日間とも結構最近の曲より古めの曲やってた印象。





一日目も悪くなかったんですが、二日目の方がなんか楽しめましたね。





やっぱりエビ中は多幸感が武器のアイドルだと思ってるので、そのあふれ出すような多幸感が二日目の

方があったように思えたのが大きかったのかもしれません。





人それぞれ好みはあるでしょうが、自分はそんなエビ中の多幸感が一番良く出ている曲は





【サクラ・ゴーラウンド】





だと思ってるんです。







あの曲がかかるとなんかいつもコップから幸せがあふれ出てきて満たされていくような

ハッピーな気持ちになるんですよね。





感動したり、盛り上がったり…人それぞれ求めている物なんて様々あると思いますけど

ここまでエビ中のライブに通いたくなる自分の理由はそこです。





とにかくなんだか暖かい気持ちになる。


そんな曲が多いのでエビ中が好きです。







もう一曲この日気になったのが…






【ラブリースマイリーベイビー】









いつからでしょうね。この曲がこんなにも楽しい曲で、会場中が一体感に包まれるようになったのは。


この日はこの曲の時が自分のピークだった気がします。


すごい楽しかったし、なんかすごい充実感があったw







あっという間過ぎた二日間でした。




しかし二日間ともアンコール無し。






物足りない気もするけど、いつもアンコールはあって当たり前だと思っているので新鮮だった。




本当はこれで良いような気がする。






ダブルアンコールが偶発的に起きて、アンコールの声が止められなくなって再び出てくるときのような

心から望んだアンコールの時はすごい嬉しい。



時間の関係とかいろいろあるとは思うけど、もし全力でアンコールと叫ばなければアンコールが始まらないなら

もっとすごい事になるような気がするし。





アンコールしない事が悪いとは言ってない。



でも最近ももクロもエビ中も見に行くと、みんな座ったままでアンコールしてる人と座ってる人半々ぐらいなんですよね。

みんなで必死にアンコールかけてる時ってやっぱり良かったライブが多い。






だからたまにはこうやって日常になってしまったアンコールをすっぱりやらないのはやらないで

まあいいかと思ってしまった。



とにかく楽しい二日間でした。




このまま今週はももクリにシフトチェンジしていきたいと思います!!



ではまたー。






最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
2014.12.22 逗子まで
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





どうもー。





日曜日はエビクリの前にチーム練で逗子まで行ってきました。






多摩ニュータウンの方が集合場所だったので、コースが新鮮。


尾根幹をまたいでその後境川CRをずっと下って行ったんですが、すごい走りやすい道でした。






なんか学生時代を思い出す。



将来にたいして何のビジョンも見えずただただ堕落した毎日を過ごしていた。





週に何度も当てのないドライブで走ったコースが頭にありすぎたので、それ以外の道で江ノ島方面に向かうルートは新鮮過ぎました。







真夜中に車やバイクに乗り、友人とだったり一人だったり。




何が見つかるわけでもないのに、繰り返し江ノ島を訪れては浜辺で夜の海を眺めたり、友達といろんな事を語り合った。



あの頃の自分がもしまだあそこにいるなら言ってやりたい。



「最高とは言えない未来だったけど、今はすごく楽しいよ」と。





やっぱり江ノ島方面ってなんか特別。



チーム練だから、なかなか良いペースでガンガン走ってるんだけど不思議といろんな事が頭に浮かぶ。



あの頃散々通った江ノ島分、全部自転車だったら相当良い練習だったんだけどな笑



そんな日曜日。




ではまたー。





最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





どうもー。



クリテリウムも直前に迫ってきました。

ここまで練習らしい、練習はインターバルしかしていません。




まあそもそも巡航速度の遅い自分が、最後までついて行ける確立の方が低いんですが


万が一最後まで集団に残れた際に、少しでも抜け出せるようにと始めた付け焼き刃。




なんでこんな付け焼き刃始めたって、そりゃ今まで2年間近く乗ってきて


スプリント力なんて必要になるシチュエーションなんてありませんでしたからね。








当然一度も練習なんてしたことないわけです。






何も知らずに挑むよりは、いろいろ調べてみたり、練習で実践してみようと。





全力で漕ぐだけなのでインターバル練習とはなかなか言えないかも知れませんが


それでも素人なりにいろいろ気付くこといっぱいありますね。





フォームがぐちゃぐちゃでロスばかりだったり、ギア選択はどうしたらいいのか分からず雰囲気でギア選択していたり。





あらためていろいろ調べてみたり、実践してみたりすると新しい発見があって面白いですね。





例えば現在使用しているギア比は



・F 50-34T R 12-27T







半年前に3本ローラーで最高速103km出てたと一人喜んでいましたが


ギアのある乗り物なら当たり前の数値なんですよね。





まず現時点で自分がローラー台で出せる最高ケイデンスは190回転ちょい。



軽めのギアで回してもこれ以上はどうしても出ませんでした。





3本ローラーは負荷付きの物を使っているんですが、実走感が薄くなるので


ほとんど負荷無しで使用しています。






そうなると楽すぎるので、基本的にギアはアウタートップ(50-12T)に固定です。




52-12Tの190回転ちょいの速度は103km程度なので、この機材で出せる限界数値はやる前から分かってたわけです。




190回転って本当にそんな回せてるのかと自分でも疑いしかないんですが


いちおうガーミンさんのデータには残ってるわけです。




なので今後3本ローラーでの最高速をもし更新したければ





・ギア数の変更


・ケイデンスアップ







のどちらかに当然なります。





ケイデンスアップは既に190回転回している時点で自分には現実味がありません。

これ以上ケイデンス上げるって結構厳しい。





まあペダリングスキル上げれば250回転とか行くみたいですけど


それは軽いギアでの話ではないかと思ってしまいます。






そうなるとギア数を12T→11Tに上げる方が最高速アップには現実的だと思いました。





まあこれはローラー台での話。







こうやって考えると、今自分が出せる(踏める)ギア丁数とケイデンスからおおよその速度を予測します。


これに対して目標の速度に至る為のギア数とケイデンスとの差を見る事で自分の現実が見えてきます。






どれぐらいの丁数であれば踏めて、その丁数でどれだけケイデンスを回せるか。




夜な夜なこんな事を考えながら、ギアを一段上げたり下げたり、ケイデンス上げたり下げたりしながら


自分にとってどこがベストなのか探してます。





こんな事やってますが平地無風の最高速度は、一度Hと競い合ったときに出した57km/h。




そう。全く対したことがないのですw






とりあえず60km出せば、ゴールスプリントでエントリークラスならまず見劣りすることはないという


ネットの言葉を信じて60km/hを目指します。





大前提は最後まで残れていればですが。






現実はついて行けない+落車が怖すぎて集団に入れない。




の感じで終わりそうな気がしますけどね。



後1週間。




落車の車載動画ばかり見過ぎて、だいぶビビってる方が大きいですが

初めてのクリテリウム。




楽しく終われれば良いなと思いながら、よみうりV坂を全速力でとりあえず上る毎日。


やる前から負けることは考えたくないですからね。


とにかくやれるだけはしっかりやらないと。




ではまたー。




最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



どうもー。




どんどんブログの更新が追いつかなくなってきますw


まあ読んでる人も対していないんですが、何とか定期的に更新できるように頑張ってるつもりです。


はい。










今日は先週日曜日にエースと二人で行った






【奥多摩 桧原街道】




の話。







では行ってみよー!!!











もうここ最近エースやYなど地元のみんなで走りに行くときはほぼ自走はありません。


この日も自走をめんどくさがって車載で武蔵五日市駅までGO。




輪行も悪くないんですが、行きから輪行って結構億劫。




車載は手軽で行動範囲がグンッと広がるので、かなり重宝している。






自走だと時間考えたりすると行ける範囲だいぶ限られてしまいますからね。








武蔵五日市駅に到着したら、いつも通りささっと準備して出発。






エースはこの日からNEWバイクになったのですごい楽しそう。



エースの新しいバイクは






【ANCHOR RL8】





黒と黄色のカラーがとてもかっこいいです。





早く自分も新しいバイク欲しいです。


まあCAAD10に不満があるわけじゃないんですけど。






この日エースはポジションなどがまだ定まっていないので、走りながら様子を見るみたいで。





正直助かりました。前日の疲れが残ってる状況で、飛ばされるとかなりきつかったです。



まあそう言っておきながらペース速かったりするから、怖いんですけどw










いつも通り役場先の交差点からタイム計測スタート。






エースがペースを上げることも想定していたんですが、本当にスローペース。







前回のチーム練習の時とは打って変わって、景色を楽しみながら悠々とサイクリング出来ました。






しかしさすがに慣れた道とは言え、最後は決して楽ではない。






ただ最大心拍数を更新してから、心拍はインフレ状態で前みたいにきつさがだいぶなくなっている。


180を越えたらしんどかったのも、前に比べると多少は楽に感じれます。





問題は脚力。





脚がパンパンになって付いてこないのがよく分かる。





まあみんなそうでしょうが、心拍が限界で漕げなくなるのって全力で漕ぐときぐらいで


基本的には脚から終わっていきますよね?




この日はスピードの割に脚の消耗が早くて、前日の疲れを引きずっているのが伝わってくるわけですよ。





体力の無い自分の宿命です。







瞬間的にパワーは出せても持続しなかったり、疲労回復が遅かったり。





プロの用に何日にも渡ってレースがあれば、確実に一日目でリタイアでしょう。







それでも最後は恒例の一人ゴールスプリント。





最後のカーブを曲がったら行けるところまで全力で漕ぎます。








結局最後までは行けず、ゴール前で力尽きるわけですけどw



それでもエースの姿は見えなくなりました。







こう考えると多少でも全力で漕ぐことで開く差ってすごいですよね。













そんなこんなで都民の森駐車場に到着!!!


















しかし誰もいないw






IMG_1825_20141216195705d9b.jpg







テントも無くなってるし…











エースが一人寂しくポツンと座りますw




やっぱりこの時期って乗る人少ないんですかね?








山はゴールした後に飲むコーラが格別。



最近はこの一杯の為に上っていると言っても過言ではありません。







真冬ですが、結構汗かいてしまったのでコーラが旨い。






タイムは





【1:09:05】






だいぶのんびりペース。







汗が冷えて来たので、早めに下ることに。





















しかしここからが地獄でした…




















極寒…

















その言葉通り寒すぎてもう何が起きているのか分からない。









汗が一瞬で冷えて、指や足先の間隔は無くなり、一秒でも早くここから逃げ出したくなる程。





今までロード乗ってきてこんな辛いかったのは初めてかもしれません。









この日自分の中で新たな教訓が出来ました。









【冬の上りは距離10kmまで!!】











奥多摩の桧原ルートは平坦併せて武蔵五日市駅まで片道約30kmあります。







平地に降りてきてしまえば、真冬だろうが寒さはそれなりなので我慢できますが


山はそう甘くはありませんでした。






10km程度の上りならば、帰りも10kmなので耐えられるレベルですが



30km共なるとさすがに度を超えています。







ノーマルの装備だけでは無理だと言うのがよく分かりました。







インナーの着替えも、防風装備も持たずにこの時期に奥多摩に行くのは結構気合いがいる。










0℃装備だったので平気かと思ってましたが、0℃じゃ無理ですね。




0℃装備の上からさらにウィンドブレーカー等が必要です。


併せて替えのインナーとグローブも。



ビショビショになったインナーとグローブは殺人的です。





久々に一刻も早くロードから降りてコタツに入りたいと思うライドでした。





真冬でもガンガン走ってたから寒さを甘く見てましたね。



そんな週末ライド。



レースまで後2週間。







ではまたー。




最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





どうもー。



IMG_1835[1]




先週は土・日休みの2連休だったので





土曜日はチームで



【和田峠】





日曜日はエースと二人で



【奥多摩桧原ルート】





に行ってきました。













まずは土曜日!!






朝9時に聖蹟桜ヶ丘の駅前に集合だったので、割とゆっくりめの起床で助かりました。





慣れた鶴川街道を南下して多摩サイを通って、1時間ほどで集合場所へ。





なんか近いイメージですけど、意外と距離あるんですよね。







この日は10人ちょい。






急遽組まれた予定の割になかなかの参加人数ですね。



噂によると最近チームの登録人数60人近いらしいw





すごい拡大ですね。いつも企画していただいている代表さん含め、感謝しかありません。








この日の和田峠は初です。




と言うかいつも【裏・和田峠】の方に行っては通行止めで撃沈していたので


高尾側から上る【表・和田峠】は全然眼中になかったんですよね。








今回の企画者の方の道案内で、サイクリングロードや裏道バンバンであっという間に和田峠入口へ。



境川CRを初めて走ったんですが、なかなか面白い道でした。




いつも高尾に向かう際は20号線をひた走る以外なかったので、なんか新鮮。






そんな和田峠入口付近に近づくと、参加者みんなの空気が変わってきました。


明らかにやる気がみなぎっているというかw





その時まではピクニック気分で来ていたんですが、今日はバトルなんだと悟りました。





何となく自分の中でもピンっと空気が変わります。






走り始めるまでのこの空気感が苦手。





走り始めればあーだこうだ考えずに、目の前の坂に夢中になるんですけど





スタートする前は






「きっと苦しいんだろうな。」





とかネガティブな事ばかり考えてしまいます。





自分は山が好きでは無いと思うのは上る前にいつもこうやって少なからず嫌々しながら


上り始めるからでしょう。



それでも上り始めたら夢中で、上り切った後にやってくる達成感のせいでまた山に上ってしまうわけですけど。









スタート地点のバス停で、少し準備タイム。

IMG_1831[1]



何度も和田峠に来ているマスターから軽くどんな坂なのか説明を聞きます。





なんの情報も入れてこなかったので、とりあえず辛いけど短いぐらいしか知らなかった自分にはいい情報でした。







準備が出来たのでみんなで一斉にスタート!!!





まずはマスターともう一方が飛び出していきました。






自分の中でこの日は何も考えてなかったので、どうしたらいいか分からず。






すると何度も顔を合わせているので、もう顔なじみのチームメイトの方が





「追いかけたらどうですか?」






と促してくれたのでスルスルと集団を抜けて先頭の2人に追いつきます。








追いついて100m程マスターと3人で走っていると、マスターが








「先に行ってください」








と言うのでこれまたとりあえず先に出ます。







正直、この先どんなキツイ坂が待っているか分からないのでペース配分とか心配してたんですが


流れで先頭に来てしまった以上ここからは中途半端は無しだと勝手に思い始めフルパワーに切り替えます。
















案の定、超辛い。




















序盤こそ緩やかな坂ですが、数百メートルも走れば目の前に12%以上の坂がやってきます。






この時点で心拍数は185。




とてもじゃないですが、既に限界付近でいつ力尽きてタレ初めてもおかしくありません。






それでも容赦なく勾配はどんどんきつくなっていき15%~18%の間をうろちょろするようになってきました。







さすが…和田峠…噂に恥じないめちゃくちゃキツイ峠だ。







力尽きてしまいそうだったんですが、ここは性格。






やっぱり出来るなら負けたくない。それがレースではないファンライドだとしても。





そして初めての坂だからこそ、ちゃんとタイムが計りたい!!!






結局負けず嫌いなんです。



後はロードだけは言い訳したくない。




それは誰かとの勝ち負けよりも、自分との勝ち負けで。



登り切った後にまだまだやれたし、とか自分に言い訳したくない。






その一心でペダルを緩めず心拍数は190オーバーの世界へw







ここからはもうただの我慢大会。






自分の限界と意地のぶつかり合い。






結局190~193の間を行ったり来たりしながら気づけばゴール。




ガーミンがバグってなければ190キープで上れることを証明する結果に。









先日最大心拍数を大きく197と大きく更新してから、多少のインフレ感が否めません。





今まで190に入ればその時点で数十秒後には一気にタレていたんですが


今は割と何とかなるもんです。







ゴール地点が分からず、気付いたら最後ゴールしてしまったので最後にもがけなかったのが残念。




でも本当に辛い坂でした。



IMG_1833[1]







正直舐めてました。ごめんなさい。







ラピュタ坂の次に辛い坂でしたよ。




御岳山の山道も結構しんどいんですが、あそこは最近上ってないのでちょっと比べられません。









タイムは






【18分11秒】





しばらくはその場に座り込んで俯いていました。



190の代償はやっぱり侮れない。







うなだれていると続々とみんながやってきます。







2番手に来た方がちょっともう異次元でしたね。







それ以外の方がもう死にそうな顔で最後のラストスパートでゴールしていく中


その方だけはニコニコしながら登ってきて、






ゴール後はすぐに他の方のゴールの瞬間の写真撮影をしていました。




しかもこの方大量の荷物(カメラ等)+自転車(シクロクロスベースで積載たっぷりの12kgぐらい)


と言う鬼畜装備でこの速さと余裕です。







3番手のマスターも重い荷物を背負ってのゴールなので、ベストな状態で挑んだ自分は


相当なアドバンテージをもらってのゴールだったんだと気付きました。







それでもみんながみんなゴールした後は倒れ込むような辛さながら、何とも言えない満足げな表情。



やっぱりみんなで走るのは楽しいと感じれるライドにこの日もなりました。











ただ帰りに自分が起点となり、後ろの方が落車してしまいました。





幸い身体は大事に至らず、ロードもハンガーの一部が折れてしまう自体になりましたが


何とか自走出来る程度で最悪の事態は免れました。






落車自体経験が無くて、初めての事だったので結構ショックでした。




集団で走る難しさや、いろいろな小さなミスが重なったとは言え、いろいろ考えさせられる一日になりました。





楽しむ為に自分たちにはロードバイクに乗っているわけで


何より一番にまずは日常の生活があるわけです。





今まで一人や二人でしか走ってこなかったせいか、このチームに参加させてもらうようになって


感じることがいっぱいあります。





みんなで走る楽しさはもちろんですが、プラスの部分だけではありません。





集団で走る技術や難しさ、各々のレベルによるバラツキやコース設定。



ご飯を食べるところを探すのすら集団では容易ではありません。





日程調整から参加者への連絡等。本当に代表の方や企画してくれている達には感謝の気持ちしかありません。



自分であればきっとこんな大変なことまとめられません。





それでもやっぱりみんなでこうやって走れる瞬間は本当に楽しい。





微力ながら自分ももっとみんなで楽しめる用に力添えが出来れば良いなと思う。





まずは落車された方が車体共に無事にまた戻ってきてくれる事を願うばかり。

いつも良くして頂いている方なのでとても心配です。


今日はこの辺で。




ではまたー。





最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。







先日の日曜日はエースとYとの3人で箱根行ってきました。

IMG_1825.jpg



前日にまた忘年会だったので、朝が辛い。





小田原まで車載予定だったので、早い時間からお酒からウーロン茶にシフトして


0時過ぎには寝たんですけどね。





7時と言えど、この時期は猛烈に寒い。


まだ氷点下に気温がなっていないだけマシなのかもしれない。






車のフロントガラスは凍っていて、しばらく溶けるまで待ってました。








こんな寒さだとビビってしまい、真冬装備を装着して出発。



後に暑すぎて後悔するんですけどね。







行きはスイスイ。高速であっという間に小田原に到着。


もう車載して高速も慣れっ子です。





ささっと準備して出発。




小田原城の近くのコインパーキングに駐めるので、小田原城のトイレに寄ってから出発。








前回箱根旧街道を上ったときと違って、小田原スタートなので割とすぐに箱根がやってきます。





熱海からだと多少アップダウンで準備運動になるのでそのまま意気揚々と行けるんですが

小田原からだと若干距離が短いせいか、何となく心の準備がね。





いつもの橋を渡った所で一度止まり、計測スタート!!







この日は先頭でのスタートだったので、何となく嫌な感じ。




序盤は様子見ながら、誰かのペースに合わせて走る方が得意なのでこの日は走りづらいったらありゃしない。







箱根旧街道は序盤から一気に上り始めるので、この辺は心拍が上がりすぎないように注意しながら進みます。


エースはいつもの自分のように真後ろにべったり。




特にプレッシャーみたいのは感じてるわけじゃないんですが、先頭はやっぱり苦手。




真後ろに誰かいようとも、自分の前にもう一人いてくれれば良いリズムで走れるんですけどね。







まあ中盤以降はいつも、自分のペースで走り始めるので、この日は初めから中盤だと思えば良いかと


心拍数のみ気にしながら黙々と登ります。






ここ最近の傾向として、序盤にオーバーペースで走ってしまい、後半タレる事が続いているので


斜度がきつくなるポイントはがっつりペースを落として、無駄な体力を使わないで走ってみます。






するとどこでも一定ペースのエースが痺れを切らしたのか、後ろから抜きにかかってきました。


じわりじわりと離されますが、今日は急な坂は無理をしないと決めていたので無理には追いません。






ただ距離を離されてしまうと、精神的にも肉体的にもきつくなるので


キツめの坂が終わったら差を詰めて、再び先頭に出ます。




先頭に出た理由は、エースのペースだと自分とってはオーバーペースで後半タレるのが目に見えていたので

早めのチェックです。







そんな追い抜きの探り合いをしていると、何度目かの先行をしていたエースが突然のペースダウン。




しばらく後ろに張り付いていたんですが、どうやら気持ち悪いようで止まってしまいました。






先に行ってくれとの事だったので、ここにて今回のバトルは終了。



七曲がりの手前ぐらいから一人旅です。







こうなると何となくモチベーションは上がらず、それなりで進むしかありません。







加えてこの前サドルを70mm近く下げたせいか、腰やら膝やらに負担がすごいかかっているみたい。





特に痛みとかは無いんですけど、こうやって怪我するのかなと思うほど逃げ場のない力が


その腰や膝に集中しているような、そんな感じがします。






慣れてないからだとずっと思いながら、このポジションで走ってきましたが


正直このポジションにしてからあまりロードに乗るのが楽しくない。





理想的なポジションなのかもしれませんが、乗っている本人の感想は


今までの超前乗りポジションの方がずっと楽だし、楽しい。






多少は走り込まないと分からないだろうと、ここまで200km近くはこのポジションで走ってきましたが


いつになってもしっくり来るどころか、違和感やこのままでは痛みや怪我に繋がるんじゃないだろうかと思うほど。







シッティングで漕ぐのが辛いからダンシング基調になる。なんて言うか悪循環。



平地はそれなりに前傾姿勢になるせいか、速く走れる気もするんですけどね。






今後前乗りポジションに戻すことは間違いないと思います。


いきなり70mm下げはやり過ぎだったんでしょうね。






とりあえずシートポストはそのままオフセットがあるタイプの物で、一番前までサドルを出してみようと思います。










そんなこんなで一人で黙々と上り続け、やっとゴール。



それでもタイムは前回より少しだけ速い【47分14秒】。





箱根旧街道TTのみんなのタイムを見るといつもへこみます。





結構速い人ばかりで、40分を切ってるのが当たり前ぐらいの世界なんですよね。






でもだからこそ努力する甲斐があります。











芦ノ湖で2人を待っていると、まずはエースが到着。


その直後にYも到着。







エースは結局腰に巻いたサポーターをきつく締めすぎていたのが原因だったようで

サポーター緩くしてしばらく休んだら治ったみたい。



あのまま走られていたら、今度こそ負けていたかも。




それにしても絶賛育ち盛りのYですよ。





いつの間にかほとんど差が無いところまで速くなってます。




以前は30分遅れとかが当たり前だったのですが、今はほとんど差がありません。









自分もいろいろパワーアップしないと。最近伸び悩んでいるので結構焦りがあります。






その後は大観山を上って湯河原方面に下り、海沿いを走って小田原に戻ってきました。





前回ぶりの大観山ですが、やっぱり景色が良い。


IMG_1803_201412091647353c2.jpg




そしてこんな高さまで自分たちが上ってきたんだと実感するには最高のロケーションですね。

下に見えるのは芦ノ湖なので、海はさらに800m以上下にあります。





箱根は個人的に辛いですけど、山に上ったことが無い人ほど上って欲しい山ですね。





自分の原点もここです。






箱根がなかったらきっと自転車の世界に入ることはなかったでしょう。





本当に辛くて、半分は歩いてしまったけど


あの時感じた何とも言えない達成感は今でもちゃんと自分の中にあって





それが自分のロードに乗る原点になったと言っても過言ではないと思います。





箱根を上る度にそんな乗り始めた頃の気持ちを思い出します。







自分は平地よりも山の方がたくさんの思い出があります。



と言うか山の方が思い出に残る。











エースにボロ負けして圧倒的な差を見せつけられた奥多摩。



悔しくて、一人で何度も上ったよみうりV坂。



初めてエースに勝てた奥多摩。



圧倒的な長さと辛さに打ち砕かれた富士山。



無我夢中で上って、初めてレースの楽しさを知れた美ヶ原。



リベンジと意気込んで、一年越しでエントリーして目標タイムをクリア出来た富士山。


























何度行っても通行止めで一切上らさせてくれない和田峠w



























こうやって見ても山は嫌いで迂回したいはずなのに、山での思いばかり。


いつからかこんなにも山を好きになっていたのだと最近知りました。






相変わらず上ってる最中は辛いことばかりで、山なんてみんな削り取って平地にしてやりたいと思ってますがw




でもやっぱり山に上ってしまうのはなんなんでしょうね。



それが山の怖いところです。






ではまたー。






最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村






どうもー。




月末のクリテリウムに備えてチューブとリムテープの交換をしました。







今使っているホイールはRS81 C35なので元々はシマノのリムテープが付いていました。






買ってからほとんど問題なさそうだったんですが、シュワルベのリムテープに変えてみたのがたぶん半年ぐらい前でしょうか?





シマノのリムテープは取り替えた時にあまり外見に変化はなかったんですが


シュワルベのリムテープはこんなになりました。

IMG_1811.jpg



IMG_1812.jpg



穴の形状に沿ってベッコリ陥没してます。


これがリム打ちパンクの原因になるみたいですね。






ここ最近パンクが頻発してましたが、全部釘とかビス踏んでなので直接は関係ないでしょうけど。



まずは重さでも比べます。



シュワルベ 27g


IMG_1817.jpg





シマノ 15g

IMG_1818.jpg
IMG_1816.jpg







結構地味ですけど、差がありますね。







続いて今回のチューブはいつも通りの…





パナレーサー R'AIR



IMG_1815.jpg









重さはやっぱり公表の数値より重い。

IMG_1820.jpg
IMG_1819.jpg







だいたいいつも重いです。





ロード乗ってるとチューブ交換は日常的な作業ですが、こうやっといろんなメーカー比べて見ると面白いです。




今日はそんなさっぱりした感じで終わり。



ではまたー。














最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





どうもー。



ついに師走です。






クリテリウムまで一ヶ月を切りましたが、何となく調子上がらず。


そんでもってこのタイミングでポジション変更。






前乗り大好きな自分。




シートポストもトライアスロンなどでよく使用される、前にオフセット(この場合オフセットと言うのだろうか…)されたものを使っていました。





ひょんなことからアンカーのフィッティングの数値ですが標準参考ポジションを出してもらえたので、出た数値と見比べる。






ステム長やシートポスト高さなど多少の誤差はありますが、ほぼ数値通り。


大きく間違ってないようですが、問題のサドル。










「後ろに70mm下げるだと…!?」









通常BB中心から、サドル先端(垂直に下ろした位置)までの距離が60mm必要な所、まさかの現在の数値はゼロw


サドル先端がBBの中心にちょうどいる状態ですね。


ステムからサドル先端までの距離は70mm下げても良い数値だったんですが、いっぱいいっぱい下げても60mmしかどのみち下がらないのでとりあえず目一杯下げました。








凄まじい違和感w








よく回る感じですけど、すぐ疲れちゃいます。





このタイミングで変えた事が良いとは思えませんが、今後の事も考えてとにかくこれで頑張ります。


とりあえず120km日曜日にエースと荒川CRを走ってきましたが、特に痛みなどはないのであとは慣れるだけだ。

遅くなって、スタミナ無くなった感はすごいけど。








《クリテリウムに向けて》






12月に入ったのでクリテリウムに向けて練習しています。


調べれば調べるほど、そもそも集団についていける気がしませんけどw






40kmオーバーで10km以上走るのはさすがに無理だな。


途中で千切れても、出来る限り食らいつきたいので練習に励みます。


まぁ安全第一はブレませんけど。








今日から取り組んでるメニューが


・インターバル

・スプリントフォーム



まぁね。完全に最後まで残る気満々のメニューですよねw




そもそも体力ないからスプリント以前にそこまでついていけるように耐乳酸値と巡航速度少しでも上げる努力しろよとは思うんですけど。


ただね。序盤で千切られても自分の実力だしたいしてショックないですけど、ゴールまで粘れたのに負けたら悔しいじゃないですか。




しかも自分のスプリントフォーム酷いんです。


何が正解か分からず手探りでやってますが、今までがむしゃらにもがくと必ずと言っていいほど前輪や後輪が浮いてズレます。


間違いなく前に上手く体重かけられてなかったり、引き足が強すぎたりしてるんでしょうね。



そのフォームを正すべく、我流+動画でスプリントのフォームなんか見ながら試行錯誤しています。



そして大嫌いなインターバル。


インターバルもどきですけど。





「ホームのよみうりV坂をとにかく全力で行けるとこまで、下ハンダンシングで上る。」





と言う原始的な練習メニューを始めました。





まぁ原始的でも辛い。




夜に一人ではぁはぁ言うおっさんになりかけの人を見つけたら生暖かい目で見守って下さい。




ではまたー。





最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村