人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



どうもー。



本日はこんなものを替えてみました。







【SHIMANO RD7900 テンション&ガイドプーリーセット】


IMG_1893.jpg















いちおう新しいRD9000ってのも出てるんですが、


11速用で10速に互換性があるのかわからなかったのでRD7900にしました。




たぶん大丈夫なんでしょうけどね。



RD9000の方が肉抜きされていてミニ四駆世代の自分にはとても速そうに見えます。









このプーリーさん。





巷では替えたら…




「ギアが一枚軽くなった」だの「巡航スピードが数km上がった」だの言われています。

















「デュラエースのチェーンに交換したら速くなった!!」











がギャグ的なのか?本当なのか?お馴染みのうちのチームw







これは率先して替えてみるしかない!!





と言うことでたいした金額でも無いので替えてみることに。











まずはこのプーリー。





デュラエースはボールベアリングですが、105はボールベアリングではありません。


※アルテグラは確か片側のみボールベアリング。





社外品だとセラミックだの、アルミだの、見た目がかっこいいのはいっぱいあります。





ではなぜSHIMANOなのか?















それは皆さんご存じの特許があるから。











特許って言い響きですよねー。



もうこんないろんな人に書き尽くされた内容をブログで書いても仕方が無いんですが


まあお付き合いください。





SHIMANOはこのプーリー部分に特許を持っているらしく、多少のがたつきがあえてするように作られています。



このがたつきが変速性能を向上させているようです。






後は値段が3000円ちょいなので安いのもGOOD。










交換は簡単。ネジ外して入れ替えておしまい。




IMG_1895.jpg




IMG_1894.jpg



ただし、向きには注意。





矢印が書いてあるので、内側から見て回転方向に矢印が回っているから大丈夫かと思ったら



走ってるとカラカラ異音が…






慌てて家に帰って、外側から見て矢印が回転方向になるように付け直したら問題が無くなりました。





こういうとこを適当にやっちゃーダメって事ね。



O型の悪い所ですよ。













さて、交換して数百km走ってみた感想です。



















「完全にこれ誤差の範囲だろ!!w」
















一番回転する部分ですから、間違い無く抵抗は少ない方が良いのは当たり前です。



ただね、これ替えて速くなったっていうのにはちょっと無理がある気がします。







期待していた変速性能も、正直これに替えたから劇的に良くなるんじゃなくて


ちゃんと整備・調整している方がよっぽど変速性能良いだろって話ですよ。






替えた直後ですら明確な違いが分からない。









まあそんなとこなんでしょうけど。



それはやる前から分かっていたこと。






しかし、人間はパーツ交換程度で性能が上がるレベルよりも


その日の調子やモチベーションの方によっぽど左右されると思ってます。






何が言いたいかって?





プラシーボ効果絶大って話ですよ。








もしこれを変えた事で、プラシーボ効果が働き結果スピードが上がるならば


それは紛れもなく数km上がったと言えるんじゃないだろうか。




その効果がいつまで続くかは知らないけど。






パワプロ的に言うならば、絶不調の紫色の顔がこれに替えたことで


絶好調のピンクの顔になると思ったら効果絶大ですよね。










まあ替えたの理由はもう一つあって。







10000km走った直後ぐらいですかね。



どこからかキーキーというか、キュッキュというか異音が鳴るようになったんです。




自分はすぐにBB30を疑いました。前科がありますからね。






CAAD10の宿命なのかなーと思って、一度全バラししてオーバーホールにかけないと


いけない時期に来ているのかもと思いました。




偶然同じぐらいの距離を乗っているエースも変速の際に同じような音が出るようになって


二人でこれはBB30のせいじゃないと新しく自転車を買う予定の自転車屋さんに持ち込んでみました。






さすがプロです。






すぐに「これはたぶんプーリーですよ。油させば一発でOKです。」




その言葉通り油さしたらあっという間に音は鳴りやみました。





普段から清掃して注意していたつもりでしたが、シールドベアリングでないので


いつの間にか油切れを起こしてしまってたみたいです。





この時チェーンは豆に交換したり、油さしたりしてるけど


プーリーは交換もしたこと無いし、油も希にさしてるだけだなーと。





一番動いている箇所なのだから、消耗は一番早いはず。







そんな経緯で今回交換してみたのが一番の理由ですね。



こうやってブログのネタにもなるしw






結論は…





①スピードが上がる・変速性能が上がるなどの過度な期待は禁物



②消耗品なので適度な時期で交換した方が良い。








と言った感じでしょうか。


個人的にはプーリーよりもやはりデュラのチェーン!w






速くなるかは別として、これは本当に漕いでいて気持ちが良いです。






いろんなパーツが出ていてこうやっていじるのもロードの楽しみの一つですよね。






百聞は一漕にしかず。と言うことで3000円ちょいで替えられるので


だいぶ走って一度もメンテナンスしたこと無いなって人は、一度変えてみても良いかもしれませんね。







ではまたー。





最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





どうもー。




今日は先日見つけたこんなアイテム。






【自転車用ブラックボックスカメラ Rideye】


index.jpg


【Rideye】




なんでもうちょっと早く見つけられなかったかなーと言う感じ。




まさに自分が欲しかった自転車に付けれるドライブレコーダーです。






まずは機能をざっと。





・サイズ 98mm x 31mm x 40mm

・材質 アルミ+粉末塗装(防水)

・重量 185g

・ビデオ FULL HD 1080p MOV format, H.264 encoding, 30 FPS

・レンズ 170度広角レンズ

・オーディオ 512Kbps PCM

・内蔵容量 8GB (1.25hrs) / 32GB (5hrs)

・バッテリー 15時間

・接続 Micro USB

・センサー 衝突センサー







ここまではそんなに既存のカメラ達と比べて大きくすごいと思うのはバッテリーぐらいですかね。




僕の使ってるSHIMANO CM-1000もそうですが、だいたい撮影時間2時間程度でバッテリーは無くなってしまいますから。







この製品の自分が思う特質すべき点は






・自転車用のブラックボックス

衝突時センサーが反応して、自動で録画される。





・ループ録画

1.5時間分保存して古いものから上書きしていく。







この2点がまさにドラレコに必須項目であり、アクションカメラとはまたひと味違った点ですよね。





現行のものでこの二つの機能が付いているものを自分は他に知りません。







ただ気になる点も。





自分は持ってないので、他の人の動画を見る限りマウントの問題なんでしょうけどやはりブレが酷い。




そもそもアクションカメラで撮影した動画って、酔いやすいものが多い。


ただGOPROやSHIMANOなどはそこに特化させているだけあったかなり見やすいです。





もう一点はKICKSTARTERで資金を募り製品化してるのもあって、当然ながら国内での扱いなんてものは皆無です。



海外へ直接オーダーしなければならないので、英語等何も分からないと多少ハードルが高いかも知れません。



調べると真っ先に輸入代行しているサイトも見つかりますが、当然多少割高。


そう言った点でも国内ですぐに流行る事はないでしょう。



ちなみに本国価格では 8GB 189.99$(フロント&リアセット 359.99$) / 32GB 234.99$ (フロント&リアセット 449.99$)

※2015/1/30 現在






ただ需要があれば他社か製品化してくるのも世の中の常です。


自転車の事故がどんどん増えている日本で、これから自己防衛で自転車にもドラレコ搭載する人は間違いなく増えるでしょう。




一般の自転車はあり得なくても、ロードバイクに乗る人で付けたいと思う人は多いはずです。






たかが自転車と言いますが、そのたかが自転車に何十万も使っている人が


3~4万で買える自己防衛策にお金を使わないと思う方がね。






偶然知り合いがこれをもう既に手に入れてまして。


リンク貼っても良いとのことなので、さらに詳しいレビューはこちらからどうぞ。



yukku++【プレオーダーしていた自転車用ドライブレコーダーの Rideye が届いたのでレビュー】







こうやって便利なものが出てくるとなんかとてもワクワクします。





開発出来るほどスキルは無いので、自分でどうとかは思わないんですが


こういったものを調べたりするのは大好きなんだなと再確認。




限定にはあまり興味は無いんですが、新製品とかそう言った類のものに弱かったりします。








ロードバイクの楽しみって、こうやって多種多様な楽しみ方が出来るとこにありますよね。



SHIMANOがあるから買わないと思うんだけど、すごく欲しくなって来ちゃいますね。






ではまたー。






最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。



今日はこんな物を見つけました。







【スギノエンジニアリング リムセメントリムーバー】



guts-cycle_sgn-rc-remover.jpg











なんじゃこりゃという方も多いともいます。








チューブラータイヤを使ってる人は分かると思いますが



チューブラーはリムの上にタイヤが乗っているだけの状態なので



リムセメントやチューブラーテープを使ってリムにタイヤを固定させる必要があります。







一番初めはただ取り付ければ良いだけなので良いのですが、問題は交換時。





前に使用したセメントやテープが残ってしまって新しく取り付ける際に難儀します。







リムセメントはそのまま多少なら下地で床代わりになるとか言う人もいるみたいですが


ちゃんときれいに除去したいですよね。





これがアルミリムならば薬剤使って金たわしのような物でゴシゴシ擦って取れば良いんですが


カーボンだと薬剤を使えない場合が多々。


加えてゴシゴシ金たわしで擦ることも出来ません。




チューブラーテープはひたすら指で剥いて行くような作業らしく、指の皮が剥けたなんて人も多数。









なぜらしくかって??








それはまだ取り替えた事が無いからだよ。













だいたい一年ぐらいと言われているチューブラーテープの替え時。







いずれくるその儀式にガクガク震えていたのですが








これがあれば大丈夫!!











だと良いな。








なんにしても説明見る限り使い方は簡単。








電動ドライバー等の工具にリムセメントリムーバーをセット。





後は除去したい部分に回転させて当てると、このリムーバーが削れながら一緒にテープ等を除去してくれるみたいです。







仕事柄工具を使うことが多いので、良い道具は良い仕事をするのはよーく分かっています。



四の五のやるぐらいなら初めから良い道具使った方が間違いありません。






もし取替時に苦戦するようであれば一度使ってみてはいかがでしょうか。







ではまたー。








最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


どうもー。




先日ついに29歳になりました。


30歳へのカウントダウンが…





そして来年からはレースに出ると30歳以上のカテゴリーになるので


25歳~29歳みたいなありがちなカテゴリーは今年が最後になりますね。





ロードバイクは年齢がある程度までは上がるほど、アマチュアは速くなる傾向になる気がするので


激戦の30台になる前に今年はガンガン鍛えておきたいところです。






誕生日の1/24日はまったりと過ごし、翌日の25日(日)はチームのメンバーと和田峠に行ってきました。


IMG_1967[1]


IMG_1968[1]


新しく入ったチームにエースを連れて行く事になっていたので、ちょっとワクワクしてたんですが


当日の朝、エースから体調不良と連絡があり、結局チームメンバー4人でのライド。





朝9時に聖蹟桜ヶ丘の駅まで集合。



一人今回が初参加の方がいて、大学生ですが聞いてみるとまだロード歴が2ヶ月とのこと。





自分が2ヶ月の時に和田峠なんて連れてかれた終いには、絶対に騙されたと思いますねw










いつも通り浅川CRをただひたすら進み高尾まで。





そこからは八王子城跡地の方面から和田峠を目指します。









凍結が心配でしたが、金曜日の夜にエースとドライブがてら和田の入口まで車で行って


確認済みなので途中までは最低でも上れるとふんで和田峠に行きました。






ついてみると案の定全然大丈夫。





下ってきた方に話を聞いても、道は全く問題ないと。





しばらく談笑したり、トイレに行ったりして上る気分にゆっくりしていきます。






この時間が結構大事で、へなちょこの自分にはいきなり山は上れません。



すごい辛いのは目に見えているので覚悟が必要なわけで…w





気合いを入れないとそれこそ本気でなんて上れません。


絶対に途中で心が折れて、手を抜いてしまうので大切な時間です。










覚悟を決めていざ出陣!!!









4人で頂上を目指します。







今回はちゃんとタイムトライアルする気満々だったので、我先にスタート。









年始に上ったときは25分という病み上がりとは言え不甲斐ない結果だったので



今回はベストの18分11秒の更新を目標に、「レッツ!ハァハァ!!」








表和田峠は序盤は多少緩くて、直後一気にきつくなり、最後まで駆け上がります。








この序盤をどう使うかがいつも悩むんですよね。




早く行くべきか、中盤以降に備えて無理せざるべきか。






途中に脚を休める箇所がないのも辛いとこなんです。



でも慣れてくるとやんわり緩くなって、休める箇所が何箇所があるのに気付きます。





ただこの休めるポイントは、脚力がある程度付いてきた人しか休むポイントにはならない気がする。





慣れもあるんでしょうけど、何度か上っている内に気付いたこのポイントでリフレッシュ。








初めて上ったときがベストタイムなんですが、その時は辛い九十九折りのとこほど


インからダンシングでガンガン攻めました。







なので今回は通常のペースを上げて、辛い箇所は休むダンシング中心に無理せずペースダウン。



そんな作戦で行きました。






それにしても自分の心拍数はどうなってしまったのだろう。







センサーが電池切れ気味で数値がおかしいのかと思い、電池を新しい物にしてきましたが相変わらず。








ある時を境に最大心拍数がうなぎ登り。



200を越えてからは和田峠ぐらいの峠ならば190付近固定でずっと上れる始末。






192が最大心拍数だった頃からしたらあり得ない数値ですよね。






190後半までなら意識的に平気で入れられるし。







この日も最後は190後半でボチボチもがいてゴール。













タイムは17分30秒。












前回から40秒ほどの記録更新です。








大磯クリテリウムが終わってこの一週間。



燃え尽きて終い、全くロードに乗る気がしませんでした。





そのくせ食欲はとどまることを知らず、バクバク食べていたのに、筋肉が落ちたからなんですかね?


体重はマイナス3kg




ロードバイクに乗り始めて、過去最高に絞れている61kg。






まあ人生最高は今と変わらない身長175cmで47kgだった高校一年の夏w


野球部で夏休みに練習漬けで、これでもかって体重が落ちたというか増やしたくても増えなかった。



お昼ご飯とかコンビニのおにぎり12~13個にパン2つぐらい食べてたんですけどね。





その後夏休み明けて、秋の新人戦でエースになれなかった、自分に納得が出来ず辞めてしまうわけですけど。





昔から本気になると糞生意気で負けず嫌いなんだなと今になって思います。




スポーツで本気になると負けず嫌いになるみたいで。



そんな自分の性格を理解したのはここ最近だったりw


そして気持ちが切れると一瞬で冷める。


気をつけないと。






若い頃はずっと50~55kgの間を彷徨っていたので、あの頃の体重に戻れたら


山とかすごい速かったんだろうなーと思う。





まあ筋肉量的にも今ぐらいがオールラウンダーやりたいならベストなんでしょうけど。



クライマーなりたいなら後4kgぐらいは落としても平気そう。







続々とゴールしてくるメンバー達。







しかし2ヶ月の彼はまだ来ません。






途中で嫌になったりはしてないだろうか?


他のメンバーとそんな話をしていると、さわやかな笑顔で上ってきました。









「いやー辛かったです。次は脚付かずに上れるようになりたいです!!」







ゴール直後なのに、そう笑顔で話す彼をみて僕らは…











「あーこの子完全にこっち側の(変態)人だー」








と思ったのでした。









たぶんロードを好きになるし、速くなる。








うちのチームは若い子ほどこういう変態的な子か



自分のような内に秘めた負けず嫌いの塊みたいな子が多い気がする。









いろんな年齢の人達がいるのってこういう出会いがたくさんあるから楽しい。




それが自分の刺激にもなるし、向上心に繋がっています。





チームの仲間をみているとまだロード歴1年以内とか、長くても自分と同じ2年前後の人ばかりの初心者チームです。



それなのにみんな速い。




自分の始めたばかりの頃と比べると、自分がいかに遅いか分かる。



こないだのクリテリウムもピュアビギナークラスで惨敗で、結構ショックだった。







1週間ぼんやりと過ごしてみてあらためて思うのは俺は遅い。



才能も基本的な身体能力の高さも無い。




ここまで一般的なホビーローディー(本格的にはやってない趣味の人)の中で

それなりにやれているのはとにかく走った事実しかない。




これが最近レースに出るようになって、ホビーローディーの中でもより本格的に速さを求めて

乗る人達の中に進もうとしている。




標準での身体能力もセンスも無い自分はやはり今まで以上に努力するしか道はない。




そんな風に考えるようになった。





やってダメならその時また考えればいい。



そう言う意味でいつも新しい刺激がもらえるこのチームに入って良かったなと思う。





ではまたー。




最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



どうもー。



だいぶ寒くなってきて夜の練習をサボり気味です。

なんかちょっとだけ燃え尽きてしまいました。






先日、クリテリウムリベンジと言うことで…







【大磯クリテリウム】


IMG_1932.jpg


IMG_1933.jpg



に参加してきました。






前回参加した東京クリテリウムはビギナー6位と言うことですごい悔しかった。


今回はカテゴリーを一番下のピュアビギナーにして、ガチで表彰台を狙ってみようかと。






そんなこんなで申し込みしてみました。





チームのメンバーも申し込み、せっかくだからと前泊で参加。


会場は大磯プリンスホテルの目の前なので、プリンスホテルに前泊。






自分だけ土曜日仕事だったので、仕事終わってから急いで向かうことに。



20時30分に到着した時にはもうメンバーはベロベロでした笑




夕方に到着してから飲みっぱなしだったみたいで。



合流してからはペースを落としながら0時近くまでガヤガヤと自転車談義に花が咲きました。



翌朝は6時に起床して、7時過ぎに出発。


前泊だとゆっくりでいいですね。




しかも大磯プリンスホテルの方が自転車用にスタンドまで作って用意してくれました。


料金もそこまで高くないので、今後大磯クリテリウム出る方は前泊おすすめですよ。







受付すまして試走。






何もないストレートだからどこまでスピード上がるかなと不安に。


カーブは言うほどキツくないので、落車とかは大丈夫そう。





とにかく不安と興奮の両方に揺れながらスタートラインへ。


前回の反省から、気負いする事なく最前列へ。


前に出るにも体力使うと学んだので。



落車も怖いですしね。







スタート。







ピュアビギナーは10周の内、5周はレースに慣れさすためにローリングスタート。


だから実質走るのはめちゃくちゃ短いんですよね。





チームメイトが3番手ぐらいに付けたので、こちらはその後ろにピッタリと付きます。



まずは良いポジション取れた。





何周かする内に先導車のペースが徐々に上がっていきます。



東京クリテリウムの後、体調を崩し調子を落としてましたが、割と走れてる。




ペースも大丈夫そうだ。




そう思ったら今回はいけるんじゃないかと思い始めた。






ただそんなふざけた余裕はすぐに消え去る。



この時チラッと見た心拍数は190だった。






感じている余裕と心拍数が全く一致しない。


それでも感じている余裕を信じて、そのままのペース。


まだローリングスタートすらあけてないのに。





5周回が終わり、ついにレースがスタート。


案の定開始直後は凄まじいスピード。



とりあえず3番手に付けてたので、前の2人を必死に追います。


これが速い。



また前回同様、ここで千切れたらレースが終わると思って必死に追いかけます。


後でレース映像見たら、自分の後ろにズラっーとトレインが出来ていて、自分が脚を使って先頭まで引っ張った感じになってました。






すでにこの時点で心拍数が203に。







これは完全にヤバい奴だと思いましたが、もうどうしようもありません。



とにかく他の選手をチェックしながら、最後ゴールに絡みそうな人を確認します。




一人明らかにゴールに絡むだろうと言う人を見つけたので、それからはその人にべったり。




後は我慢比べ。絶対に最後まで食らいつくぞと。








しかしそんな気持ちも7周目には打ち砕かれます。



あまりのペースについて行けない。



加えて吐きそうだし、突然ウンチ漏れそうだし笑


本気でリタイアするか考えました。





気持ちで負けたら終わると、多少下がってもいいから絶対に諦めたらダメだと、順位を落としながらも先頭からは目を離さないようにしました。


あそこから目を離したらその時点で負けだと思ったから。


そこからは前回同様地獄だった。






吐きそうになりながら、必死に折れそうな心を奮い立たせてました。




ラスト1周を告げる鐘が鳴った時にはもう限界。


それでもかなり離れた先頭を追いかける為に最後のアタック。








頭で考えてたのはランナーズハイ。







過去ランニング中、何度か入った事のあるランナーズハイの事が意識の薄れかけた頭にボンヤリ。


ランナーズハイに入れば1周丸々ゴールスプリントが出来る。




過去の経験からもうそれしか先頭に追いつく術はないと思いました。



登って行く階段の先に突如それ以上の先が無いような感じ。


突然ストンと足元に何もなくなって落ちるような。


あの感覚だけを追い求めて、さながら漫画の主人公にでもなった気分で







「入れ、入れ、入れ、入れ」







とうわ言のように思いながらどんどんペースを上げます。



しかし現実は甘くありません。






ラスト1周一つ目のカーブで一名落車。




その瞬間、一気に現実世界に引き戻されました。





入りかけたランナーズハイは一回リセット。


気持ちと連動してる所が大きいせいか、一度ブツンと切れてしまった感情はもう戻りません。






後はもう意地で漕ぐしかなかった。







落車により分断された先頭集団とそれ以下の差はさらに広がってしまい致命的。

すでに追いつける差じゃなかったんですけどね。





この時点で12~13番手に順位を落としてしまっていては先頭に絡めるわけもありません。


ジワリと順位を上げて、ゴールスプリントで抜けるだけ抜いてゴール。





結果は7位。





圧倒的な実力差だった。





馬鹿みたいにランナーズハイとか思ってた自分と裏腹にトップ集団はそれなりに余裕が見えた。





ゴールした後は目の前は酸素が足りなくて白くなってるし、ぐるぐる回ってる。



相変わらず気持ち悪くて吐きそうだし、もう漕ぐ力も残ってなかった。



あり得ない遅いスピードでゴール後のコースを周回。







こんなにも出し切ったのに全く歯が立たなかった。






正直レース後は何も考えてる余裕はなかった。







ゴール後は集合場所までなんとか走り、ゼッケンやセンサーを返した後、歩くのすらキツくて近くに倒れこんで動けなくなった。




寝転がっても全身が辛くて、吐きそうで、多少うめきながらゴロゴロしばらく転がってた。





悔しい気持ちすら無かった。






圧倒的な実力差。










無力感だけが押し寄せてくる。









後でリザルトを見てみると、5周のローリングスタートを含んでトップの平均速度は36.0km/h後半。





いったい何がピュアビギナー何だろう笑






このカテゴリーが一番低いのに、これ以上遅い自分はどうすれば良いんでしょうか。





参加したピュアビギナー2グループのトップタイムは15分11秒。


ピュアビギナー1グループは15分40秒。


速い方を引いてしまったらしい。







自分の無力差に何も言えなくなった。


表彰台とか言ってた自分が本当に恥ずかしくなった。






ここまでボロボロになって埋められない差。

それがエリートクラスならまだいい。



一番低いカテゴリーのピュアビギナーなのだから。





調子を最近落としてたとは言え、ロードに乗り始めて2年間自分なりに必死に練習してきた。


1万km以上練習してきて、自分の能力じゃ1番下のカテゴリーですらぶっちぎられてしまうのかと。



ちょっと燃え尽きてしまった。





勝ちたい気持ちと弱い自分。



ダメならもっとやればいい。


分かっていても、すぐには動けなかった。









最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。


IMG_1900.jpg



またしばらく空いてしまいました。






年末のインフル疑惑で調子をだいぶ落として、探り探り走っていましたが


一向に良くなりません。







そんな中、ずっと先延ばしになっていた…







【東京湾1周2015】







をエースとYの3人で走ってきました。








去年初めて走ったこのコース。


詳しくは過去のブログ見てください。


【東京湾1周 2014】



気持ちが良い景色と、冬向きのほぼ平地オンリーの海沿いというのもあって


去年走り終えた瞬間から毎年の冬の定番にしようと決めていました。





また200kmオーバーという距離も一つ目標になる数字でとても良いです。







去年は200kmと言う未知の距離に初挑戦したのもあって早朝にスタートしましたが


今年は少しだけ遅めの6時30分に出発。






まずはお馴染みの矢野口駅を目指して、そこから多摩川を1号線まで走ります。



走り慣れた道を3人でのんびり。





時間が経つにつれて段々陽気も暖かくなってきたので、絶好の自転車日和です。




1号線に入ったら海沿いをひたすら南下します。



IMG_1901.jpg






この日はブルベをやっていたみたいで、反射材の付いた工事用のベストを走る人がいっぱい。




多摩川からずっと同じルートだったので時に抜いたり、抜かれたり。




ブルベを楽しむ何十人もの人達と同じルートを走る不思議な一日でした。








個人的には勝手に一人でやったオーバーナイトのブルベ300kmがあまりにきつかったので


ブルベやる人を尊敬してしまう傾向にw






この日も






「すごいな。すごい長い距離走るんだろうなあ」






なんて思っていたんですが、家に帰るとマイミクさんが同じようにブルベ集団を見かけ距離を聞いてたみたいで。




どうもブルベ200kmだったらしいです。






そうなるとこっちもブルベみたいなもんだなと家に帰って一人で思いました。








そんなこんなで走っていましたが、久里浜目前で予定していたフェリーに間に合わない事が判明。



ちょっとダラダラ走りすぎましたね。




今日はLSDだからーとか言いながら遊びすぎました。




IMG_1903.jpg




フェリーは1時間に一本なので仕方なく、フェリー内で取る予定だった昼食をフェリー乗り場のレストランで食べることに。


IMG_1902.jpg


でもかなりボリュームあって美味しかったから結構こっちの方が良かったなとか思ってたり。






フェリー内で昼食だったらコンビニ弁当の予定でしたし。



IMG_1904.jpg
IMG_1905.jpg





40分のフェリーを楽しみ、1年ぶりの千葉、金谷港に!!







千葉に着くと本当に何もないので(失礼)とにかくもう帰宅モードに去年同様なります。



まあ去年はYが既に死んでたから、ゴールすることに必死でしたけど。





今年は全員が余裕の成長ぶり。







そんな余裕のせいで寄り道で個人的には思いで深い富津岬に行ってきました。


IMG_1898.jpg


IMG_1899.jpg





何もないとかさっき言ってしまいましたが、千葉は好きな場所です。





富津岬の展望台からの朝焼けはずっと心の中にあるし、氣志團万博に来たりとか



結構来る頻度高いんです。




都心部は東京都変わらないので、内房が好きです。





外房はあまり行く機会がありません。





富津岬を楽しんだ後は、ただひたすら北上。









工業地帯なのであまり道は良くないし、空気も悪いのでささっと行きたかったんですが…














ここでまさかの膝痛…












ちょっとびっくりしました。





怪我に強いと自負しているだけに、あまり痛みとかなった事が無いので。



300km走った時もここまで酷くはならなかったんですが、これが老化というものでしょうか。







最後は膝痛との戦いの100kmでした。







ダンシングすると痛むので、なるべくシッティングで漕ぐんですが


普段ダンシング多様する乗り方なのですごく乗りづらい。





そしてケツが痛い。








時間に余裕があったら荒川CR北上して帰ろうなんて言ってた前半が嘘のようです。








それでも漕げば確実に進む。




そんな自転車がやはり好きです。






予定より寄り道したりしまくったので、時間がかかってしまいましたが


何とか無事にゴール。






去年ほどの達成感はありませんが、来年も是非やりたいと思えるライドでした。


距離 234.6km
時間 10:30:34
平均速度 22.3km/h
カロリー 3800kcal







ではまたー。





最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


どうもー。




年末にインフルエンザ疑惑の熱出して寝込んでたせいで一年の振り返りをどこかでしようと思ってたのに、書いてる時点ではすっかりもう7日です。




遅くなってしまいましたが、さてざっくりと振り返りましょうかね。






去年は確か年始に未知の最長距離更新、東京湾一周200kmライドから始まった気がします。




・東京湾一周してみました。

IMG_1072.jpg



なんやかんや元旦に御岳山行ったような気もするんですけどね。


200kmというロードに乗り始めばかりの頃は途方も無い距離に感じましたが、チーム3人で無事に乗り切りました。





その後2014年の目標を決めます。



・初レース参戦

・キャノンボール挑戦



・今年のざっくり目標




片方は達成しましたが、下は今でも遥か遠くにある気がします。むしろやる気がないw



そして雪で走れない期間を挟み、ロードに乗り始めた頃Yと二人で行った懐かしの…



犬吠埼


・懐かしの犬吠埼


IMG_7042.jpg




この時は珍しく地元のメンバー4人全員揃ったんですよね。






その後も江ノ島まで60km走ろうってのを企画して失敗したり


・江ノ島RUN

IMG_1265.jpg



ももクロちゃんの国立に行ったり


・国立競技場大会

fc2blog_2014031623385419c.jpg




瑞季、なっちゃん、ひろのさんの転校。そしてかほりこの転入による最初で最後の11人のエビ中を見に武道館行ったり。


・武道館




激坂御岳山山道に挑戦したり。

・激坂御岳山

IMG_1299[1]




奥多摩に頻繁に通うようになったり。

・都民の森TT

IMG_1305[1]



そんな感じでどんどん走る量は増えていきました。



ライブも書いてる以外にも相当行きました。





そして仕事の都合で外出が出来ない魔の5月がやってきました。


・ローラー月間


IMG_1376.jpg



ひたすら家で3本ローラーを回す日々は本当に辛かった。


嫌で嫌で仕方なかったですが、月間500kmを目標に必死に漕ぎました。





それもこれも6月に行われた、初レースツールド美ヶ原の為!

・ツールド美ヶ原2014


IMG_1513.jpg



車で4台車載して挑んだ人生初レース。

体調不良になり過酷かと思いましたが、レースが始まったら本当に楽しいしかなかった。





自分の人生の新しい扉が開いた気分だった。





こんな世界があるのかと。


間違いなく今後のロード人生を変える1日になった。




再び一カ月のローラー台生活を挟み…

・今月のローラー台メニュー




夏は恒例の真夏のデスライド。

・真夏の旅行ライド~伊香保温泉~

IMG_1568.jpg



一昨年と変わらず伊香保温泉を目指したんですけど、今年は様子がガラッと変わりました。



雨の中の160kmライド。



一昨年が死にそうなほどの灼熱魔境熊谷だったのに対して、同じルートなのに今回は雨の中寒さに耐えながら走る。


毎回この夏の旅行は何かしらやってくれますね。今年は仕事で行けそうにないのが残念です。





夏も終わりいよいよ一昨年のリベンジ、キングオブヒルクライムに向けて走り始めます。

仮想キングオブヒルクライムと言うことで、距離30kmを上る大弛峠と富士山のスバルラインへ。


・大弛峠

IMG_1651.jpg



・富士スバルライン


IMG_1597.jpg



準備万端で挑んだキングオブヒルクライムMt富士山。

・キングオブヒルクライム富士山に参加してきました。

IMG_1674.jpg



一昨年のタイム3時間近くから大幅に記録更新を狙い必死に上りました。


結果は2時間をギリギリ切って、自分なりの目標タイムを越えることが出来ました。





キングオブヒルクライムも終わり、今年のレースも終わり。


後は早々に来年に向けてトレーニング開始。





平日夜のよみうりV坂、尾根幹に始まり、休日は奥多摩、箱根などと山を中心にとにかく走りました。




後は最長距離更新の為一人で宇都宮までの300kmライドも決行しました。

・初挑戦、勝手にブルベ300km

IMG_1732[1]



夜通しの走行や300kmと言う未知の世界。


はっきり言ってなんとか達成しましたが、自転車が嫌いになりかけました。笑




転機が起きたのはエースがジョブチェンジして今までと同じペースでは走れなくなって、フラフラとネットでチームなんかを探してから。



たまたま見つけたチームに参加させてもらうようになり、その縁で今までより飛躍的にレパートリーが増えました。





そんなチームの仲間から誘われる形で、今年はレース終了の予定でしたが年末の味の素スタジアム東京クリテリウムに参加することに。

・味の素スタジアム 東京クリテリウム

IMG_1876.jpg



初のクリテリウムと言うことで何をしていいのか分からず恐怖ばかりでしたが、インターバル中心に夜な夜なよみうりを全力で登り続けました。



迎えた当日は何も分からずとにかく食らいつくのに必死。


あっという間にレース終了。




目の前でトップがゴールする悔しい1日になりました。でも今の実力以上の力は出せたので出来過ぎぐらいの結果でしたね。



その後はインフルになり寝て年末を過ごすことに。





一年間で5000kmを目標に走り続けてきましたが、蓋を開けてみれば7850km走ることが出来ました。

一昨年は5000kmギリギリの達成だったので、変わらず5000kmを目標にしましたがこの一年はたくさん走れました。



ガーミンの達成率157%って数字がちょっと嬉しかったり。


年末無事だったなら8000kmも射程圏内に入っていたので、今年は8000kmを目指して頑張りたいと思います。



そんな拙い当ブログですが、今年も一年よろしくお願いします。




最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。






仕事も始まり、今日から日常に戻りました。


1/18日の大磯クリテリウムに向けて、またインターバルをする日々の始まりです。

正直辛いからちょっと憂鬱だったり笑






今日は東京クリテリウムのこぼれ話。




自分のレースは一番初めのグループでした。


自分のが終わった後は仲間がたくさん出場していたので応援モードに。





自分のレース直後のビギナーグループ2にはエースとチームの仲間が一人出場してました。





エースはあまり勝負気がなかったので勝手にアドバイスで…






「落車怖いなら、残り5周から飛び出せ。エースの巡航速度とスタミナ、そして早すぎる仕掛けならそのまま逃げ切れる可能性もあるよ」






と伝え、行けそうなら行くわ。という事だったのでワクワクしながら見てました。





エースは先日NEWバイクになったのでまだまだ慣れてないとの事でしたが、エースなら良い勝負するだろうと思ってました。








スタートの合図。







新しいバイクだから落車を恐れているとの言葉通り、スタートは後方からスタート。





まぁ単独でも結構良いスピードで走れるから、前半は様子見て行くのだろうと思ってました。





自分が出ていた時には気づきませんでしたが、ビギナークラスとは名ばかりでかなりのハイペース。



周回していく集団を見ていると、こんなにも速いスピードで走ってるのかとちょっとびっくりしました。



後になってガーミンのデータで見ると、40km/h前後で走ってるんですね。


アドレナリン出まくってて必死だったので気づきませんでしたが、どこがビギナークラスなんでしょうw



まず異変に気付いたのはチームの仲間が集団から明らかに千切れ始めたのを見たところから。


いつも一緒に走っていて千切れてる所なんて見たことありませんでした。






そしてエースすら集団に喰らいつけず、明らかに疲れた表情を浮かべて必死に漕いでいます。



レースが終わる頃にはチームの仲間はDNF。


エースは回収用のバイクが後方に迫り、DNF寸前と言う状況。






とても理解できない状況でした。






普段エースについて行く事があれだけ辛いのに、そのエースがまさかDNF寸前だなんて。






結局そのままゴール。






タイムが発表されて確認すると、むしろ数秒ですがこっちのグループよりタイムは遅い。



いかにクリテリウムというレースが過酷で、ポジションが大事か思い知らされました。






落車を恐れて、後方で様子を見たエース。


必死に集団の中に喰らいつき、ポジションを上げようとした自分。







自分の中でこれ以外に実力差なんて考えられませんでした。






集団は生き物で、一人対集団の実力差がこれだけあるということでしょう。






エースは落車を恐れて誰かの後ろや集団には絶対に着こうとしませんでした。


逆に自分はとにかく勝てる可能性を探して、結構必死に集団について行きました。






落車しなかったから良いですが、本当は終わった後すごい怖かったんですよね。


それじゃあいけないのかもしれませんが大きなカーブの所も含めて、自分が思ってる安全マージンは超えていました。





何かが起きれば当然回避できないし、カーブはスリップしない自信はありませんでした。





普段ダウンヒルにしても、自分がコントロール出来る安全マージンは残してるつもりです。





レース中はそんな余裕がなかった。






周りやラインは気にしていましたが前が突然落車したら避けれなかったでしょうし、カーブで他の出場者がインから膨らんできたら避ける術はなかった。





クリテリウムというレース自体そういうものなのかもしれません。





でもそのギリギリが快感に感じてしまったのも事実です。





ヒルクライムとは違う、他者を意識して全神経を集中する感じとか。




今までに経験したことがありませんでした。




まぁ自分のレベルが低いからそこまで集中しないといけなかったとも言えますが。





楽勝だったなんて言う人もいましたが、とてもそんな事自分には言えません。






レース後エースと話しているとうちの地元でにわかに信じられているギャグが。







「チェーンがデュラエースじゃなかったからダメだったね」








さすがエースです。笑



地元の仲間の中でデュラエースのチェーンにしたら速くなったと言うまことしやかに信じられているギャグで総括です。






今回負けたのはチェーンがデュラエースじゃなかったから。そういうことでしょう笑






その後はエントリークラスのグループ1とグループ3にさらに仲間が2人出場しました。





2人は8位と4位という好成績。





人のレースですら見てるとすごいテンション上がりますね。





家に帰って後日どれぐらいランクによって差があるのか、リザルト見ながら調べてみました。




※ローリングスタートの為、実走は1周マイナス。一位のタイムより平均速度計測。


エキスパート(28周)

・37.3km/h


ミドル(18周)

・35.9km/h


ビギナー(10周)

・グループ1 34.4km/h

・グループ2 34.4km/h


エントリー(8周)

・グループ1 32.5km/h

・グループ2 34.0km/h

・グループ3 32.5km/h


40~49歳(12周)

・34.0km/h


50歳以上(12周)

・34.4km/h


レディース(12周)

・30.3km/h



ジュニア(12周)

・33.7km/h



と言った感じ。




意外と比べてみると面白いですね。

エントリー2グループだけがビギナー並みに突出してるのがわかります。


確かこのグループ1人逃げが序盤に発生したグループだった気がします。


最後一周まで一人で相当距離開いて逃げていたのが、最終的には集団に吸収されて逆転されるという見応えのある展開でした。


大きなカーブでの減速一回に、小さなクランク2回の減速、ローリングスタートでのゆったりスタート込みでこの平気速度と考えるとエキスパートとかすごいスピードですね。


レース後にいろいろ反省点も含めてこうやって確認するのは面白いですね。



エントリーなら勝てたかなーとかちょっと思ってしまったり笑


まぁ実際のレースになったら、その中で走って合わせてしまうでしょうから結果は変わらないでしょうけど。



120%の力を集団の中で引き出してもらった出来過ぎの結果ですからね。





そんなこぼれ話でした。






ではまたー。





最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





どうもー。





9連休の長い休みも今日で終わりです。



27日の東京クリテリウムを皮切りに28日東京湾一周とガンガン走るぞ!と意気込んでいたんですが…








27日家に帰ってから発熱。







そのまま39.0℃近い熱で寝込み、結局走り出せたのは新年明けてから。


せっかくの9連休を全く活かせませんでしたね。







そしてまだまだ本調子に戻らず2日にエースと和田峠に行ってきたんですが、全力で漕げる感じが全くしません。






まず力がうまく入らないのと、肺が心拍数上がると喘息のようにゼェゼェなってしまうのがね。





和田峠は道がギリギリ凍るか凍らないかの感じで、何とか登れるような感じだったので誰もいませんでした。





最終日の今日は深夜と早朝のみ仕事があったので、スタートはちょっと遅め。



10時から行く当てもなく、何も考えずにフラフラと漕ぎ出して荒サイ方面へ。




なんかせっかく新年明けて、新しい気持ちで走り始めてるのに全く気分が乗らない。


スピードも全く乗らず、久々にビュンビュン抜かされていく。



30kmも漕ぐと疲れてしまいベンチで一休み。





なんか風邪引いてから自転車に乗るのが全然面白くない。



言うほど体調面は不調じゃないはずなのに。





結局走りながらですら行く当てを見つけられなかったので、荒サイからスカイツリー方面に進路を変えスカイツリーだけ見て帰ってきました。




年末のクリテリウムで悔しい気持ちがいっぱいで、今年はその悔しさを晴らす為に早々に大磯クリテリウムにエントリーしました。






今年は一度は表彰台に上がってみたい。







それを目標に頑張ろうと思ってたんですが、気持ちに体が付いて来ていない。





大磯クリテリウムは1/18日なので、もう間も無くなのにこんなんで大丈夫なんだろうか?



そんな不安な気持ちになりながら今日は走ってました。



とりあえず仕事が始まって、日常が戻ってきて落ち着いたら体調も万全に戻ってくるかな。



いきなりちょっと暗い内容になってしまいましたが。



今年も一年、当ブログ共々よろしくお願い致します。





最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村