人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



どうもー。



さて今日は日曜日の話。




タイトル通り…





【風張林道】に行ってきました!!

IMG_2235.jpg





やばい、やばいと何かと噂の風張林道。





今まで自分の中のベストはラピュタ峠。

IMG_1780_20141129112900f3b.jpg



次点で御岳山(林道)。


015.jpg




御岳山はだいぶ前に行ったので、今は足つき無しで登れるんじゃないかと思ってるんですが、最後の神社までの裏道が極悪すぎますね。





あとは登山客が多いので迷惑になるのであまり行く気になりません。





そんなこんなで今日はついに初勝負となる風張林道。





当初は風張林道行って、鋸山・大ダワ峠を行こうと思ってたんですが前日の疲れと夕方から予定が入っていたので短縮して風張林道のみにしました。





今日は変則メンバー。



エースと多摩のチームの方一人という初めての3人です。





まずは武蔵五日市駅に集合して、そのまま役場を目指します。




いつもの道なんですが、メンバーが新鮮だといつもと違って楽しい。





役場に着いたら、道を右に。


いつもの都民の森と違うのはここですね。







右に曲がってしばらく進むと細い道に。



分岐があって悩んでいると、その場にいた他のローディさんが道を教えてくれました。感謝感謝。


IMG_2242.jpg






意気揚々と進み始めると前の前にすごい坂。


もうテンションが上がります。


IMG_2243.jpg



今日はゆっくりなのでつらいことはありません。



楽しみながらこの坂を登っていると…





「違う、違う!!」




と言うアクションをする先ほど道を教えてくれたローディさん達。



どうやら道を間違えた用です。




これみんな間違えるようで。w






楽しそうな坂だからと言って、○の付いた路面の方は間違いなので注意しましょうね。







細い民家や畑がある道を進んでいくと、もうそれは冒険の様でワクワク感が止まりませんね。




しばらく走ると突然折り返す様に風張林道の入口がやってきます。






もう見た目からしてデンジャラス。




しかしいつの間にか激坂ハンターになった3人の前ではそれは美味しそうなご馳走でしかない。




目を輝かせながら…





「マイペースでの登るなら激坂も怖くない」





と再び意気揚々と登り始めました。










確かにキツイ。


でも登れないほどじゃない。むしろ人も来ないし、言うほど路面も悪くないから話しながらのんびり登る分にはかなり楽しい激坂な気がします。




キノコセンターが近づくとさらにその激坂っぷりは猛威を奮い襲いかかって来ますが何のその。


全員マイペースなのでハアハア言いながらも楽しく登りました。





なんでどこの激坂もキノコセンターがあって、キノコセンター付近はあんな激しい坂になるんでしょうね。







しかし、キノコセンターを過ぎると確かに路面が悪いのが分かるほどに。

IMG_2235.jpg




そんな道を走ると天空が近づいてくる感じがすごい。





和田峠や御岳山は激坂ですがこういう感じが少ないんです。


簡単に言うと登ったあとのご褒美が無い。




登っても景色とか見れませんし、登ってる途中もほとんど景色見えないですから。



ここはまさにプチ美ヶ原。





もう噂には聞いていましたが、パノラマビューまでもう少し。


その気持ちが脚に力を宿し、さらに天空へと近づいてきます。








キターァァッァァアアアァァッッァァ!!!!!





IMG_2241.jpg



IMG_2238.jpg




もう最高の景色。そして空が近い。


IMG_2239.jpg






このご褒美感は癖になりそうです。





ただ天気悪い日とか寒い日は地獄に変わりそうだけどw





やっぱり自分は速くはなりたいけど、こういうのが好きでロードバイクに乗ってるんだと思ったね。



山があったら迂回したいままだったら絶対に気づけなかった、新世界がここにはある。






この達成感を味わったらもうもとには戻れない。




それはレースも同じだけど。







絶景を横目にゴールまでの残り少しを再び漕ぎ始めます。





そこから先はあっという間に頂上の風張峠頂上へ。






そこでチームの方とは分かれてチームの方は鶴峠へ。




自分たちは都民の森側から下山しました。




前日の疲れがあるからと言いつつも、鶴峠を走って約2000mアップ以上走っちゃうチームの方はやはりすごいです。







僕はと言うと、都民の森でご褒美のコーラとけんちん汁を飲んでしばし談笑した後に下山したんですが、脚が突然動かなくなっていつものヘロヘロモードに。w





エースに「どうしたの?」と言われるほど、突然の失速。





お決まりの体力の無さで命からがら武蔵五日市駅にたどり着きましたとさ。






車で来ていて助かりました。





さて次回は延期、延期になっていた…






【ヤビツ峠】です。





限界突破第2段とういうことで…




決戦ヤビツ峠 再びです。




ヤビツ





Mt富士ヒルクライムに向けて鍛錬、鍛錬。






ではまたー。




最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。



初の白石峠~後編~でございます。


IMG_2228.jpg






序盤の激坂区間は思ったより激坂じゃありませんでした。


和田峠や、最近夜練で百草園坂等に通って20%級の坂を登っているせいか坂がつらくて登れないと言うことはありませんでした。






ただ問題はそのペース。








どんな坂だって自分の能力の何%で走るかによって、つらさは激変します。





現在の自分は90%~100%で走っているので、もうそりゃつらいの何のって。





100%の力は人間7秒しか出せないと言いますから、正味90%前半ってとこでしょうか。





だいたい白石峠の一つの目安が30分程度と言いますから、持って10分…頑張って15分。




つらいと言われている序盤をこの鬼ペースで走って、後半はいかにタレないで乗り切れるかが今日のポイント。





チームの速い方がスタート時に自分の後ろにいたのは確認してますが、同じタイミングでスタートしたかは分かりません。




地獄の10分は逃げ切る。と言う思いで一心不乱に坂に食らいつきます。





そのおかげなのか、はたまたスタートが遅かったのか。




序盤は気配を感じず、とにかくバンバン人を抜いて進めました。








しかし諸刃の剣のこのアタック。









案の定半分を目の前にして急激に失速。





目の前が真っ白になってしまうほど、突然体に力が入らなくなって顔が上げられなくなります。






「まだ残り4km以上あるのに…」




標識を見て我に返ったのは半分どころか、1/3しか持たなかった現実。





同時に斜度は緩くなり、苦手な緩い区間に突入。





久しぶりに見る白い世界がやってきます。





項垂れて、とにかくその脚を止めないことに精一杯になっていると、後ろからさわやかな笑顔でチームで一番速い方が抜いていきました。




自分の無力感もさることながら、この白い世界が意識を朦朧とさせてその状況を悔しいだとか、負けないだとか思う余裕すら奪いさります。




無謀な作戦で走ってしまったのは初めから分かっていたことでしたが、こうやって自分の限界に直面してその限界を突破できなければ到底ついて行ける相手では無いのは分かっていたので開始早々アタックをしました。




しかし蓋を開けてみれば限界に直面して限界を超えることは出来ず、その高い現実と自分の無力さの前で呆然としているような。そんな状況だったのだと思います。






目の前に起きている状況すら良く理解出来ずに、ただ目の前の坂を登ることしか考える余裕は無く、上がってきたペダルをひたすら下に踏み込むことしか考えられなくなっていました。






なんて自分は無力なのだろう…






そんな弱気になってしまうほどもう虫の息でした。










それでも、その状態で2kmほど走るとさらに斜度は緩くなりいよいよゴールが近づいてきました。








キングオブヒルクライムの時もそう。




どんな状況でもしばらく泳げば、次第に浮上してくる。






白い世界から脱出した自分は、最後のラストスパートを前に息を吹き返してダンシングでガンガン進みます。





もう到底追いつくことは無理でしょうが、今の自分の実力はしっかり確認しておかなければとラストスパート。




ゴールに到着した頃にはまたヘロヘロでした。






タイムは手元のガーミンのラップタイムでは【29分03秒】






とりあえず白石峠における一つの壁は越えられた用です。





チームの彼は24分台だったようで…もう次元が違いますね。






しかもその後もう一本登って同じく24分台だったそうです。






プロが22分台で登ること考えたらすごいです。


単独でそのタイムであれば、競い合う人がいればそれぐらいまでタイムが上がる可能性は大いにありますね。





自分ももっと精進せねば。






その後は全員合流して展望台まで上がりお昼ご飯。


IMG_2232.jpg






意外と上は寒かったので室内で食べられるのは有り難かったです。





IMG_2231.jpg




頂上付近でみんなで記念撮影。



IMG_2244.jpg






お昼を食べた後はグリーンラインを通って岐路に着きます。


しかし中には人生初めての峠で今日白石峠に来てる方や、初心者の方もいて既にもうボロボロ。



グリーンラインを通って帰るか、そのまま平地まで下るかで議論した後に、グリーンラインで帰ることに。



久しぶりのグリーンラインでしたが気持ちよかった。





あれだけ白石で全力で燃え尽きたから、力尽きてないか心配だったけど意外と回復が早い。



これも今までの自分と比べるとびっくりする変化です。




タバタの効果ってこういうとこにも出てるのかもしれません。


以前ならもう脚は完全に売り切れてヘロヘロでしたが、この日はまだまだ全然行けそうでした。





途中で道を誤り299号線まで降りてきてしまい、半分ぐらいでグリーンラインは終了。



そのまま299号線を下って岐路に着きました。





自分の未熟さが見えた今回のライド。





これは今まで以上に鍛え直さないとと感じた一日でした。



とりあえずメニューだのいろいろ組んでましたが、オンシーズンなのもあるのでとにかく坂をより多く登るメニューに切り替えようと決意しました。




そんな土曜日でした。





日曜日につづく




最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。




先週の土日は自分なりにガンガン走りました。


IMG_2232.jpg




とりあえず土曜日から。





久々の天気の良い週末。



ポカポカ陽気で暑いぐらいでした。




そんな中、土曜日は多摩のチームで白石峠・奥武蔵グリーンラインに行ってきました。



初の白石峠です。





この日は女性含む10人程度でライド。


集合場所に朝の7時半に集まって、軽く自己紹介。


IMG_2248.jpg



初参加の方も多くて、楽しいライドになりそう。





そしてうちのチームに最近入ってきた、一番速いと言われる方も今日はいます。




白石峠で初バトルになる事は間違いありません。



まぁその方の他の峠のタイム聞いてる限り、全然相手にならないタイムなんですが自分なりに100%全力で行こうと思ってました。




まずは川越方面を目指して、物見山を経由して白石峠に向かいます。







やっぱりトレイン組んでるとかなり楽。






ほぼ脚を使わない状況で川越に到着。


IMG_2247.jpg




久々に川越来ましたが、小江戸の街並みは良いですね。


IMG_2218[1]

IMG_2227.jpg




そのまま一つ目の坂、物見山へ。



大東文化大の前にある初めて来る山でしたが、緩やかに登る道が気持ち良かった。


ってか今日の天気と合わせて、この辺りのアップダウンが無茶苦茶良い道で気持ちが良かったです。





トレインの後ろで散々脚を温存させてもらってるうちにもう白石峠付近に。





一気に緊張感といつものウジウジモードに。



絶対ツライだろうなー。





しばらくすると良く人のブログで見かける入口の風景を発見。

IMG_2228.jpg





ここからバトルスタートです。



各々のタイミングでスタートと言うことで、呼吸を落ち着かせてスタート。






コースレイアウトはやんわりしか頭に入ってません。



序盤きつくて、後半緩くなるとしか分かりません。





自分の得意なフィールドは斜度の坂。




勝てないと分かっている勝負ですが、ちゃんと全力は出して行きたかったので、迷わず開始と同時にアタック。





序盤で追いつかれた場合は早々に手が抜けるし、後半まで行けるならそのまま出来る限り漕げば良い。





開始と同時に温存した脚をフル回転させて一気に駆け上がります。





既に心拍数は190オーバー。





どこまで持つか…どこまで騙し騙し持たせられるか。




開始早々から悲鳴を上げる心臓。




地獄の始まりでした。







つづく。






最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。



タイトル通りです。





まだ確定では無いですが、ツールド美ヶ原出れそうなので、とりあえずエントリーしました。


IMG_1514.jpg







これで今シーズンのレース予定は…




・5/23、24 箱根ヒルクライム


・6/13、14 Mt富士ヒルクライム


・6/27、28 ツールド美ヶ原






とりあえず本丸はMt富士ヒルクライム。





箱根は初めて走るターンパイクだし、前哨戦。






ツールド美ヶ原は去年の自分とのバトル。




一年でどれだけ成長できたか分かる良い指標になってくれると良いな。





美ヶ原が入るとなんかやる気が変わる。





あの素晴らしい景色を目指してまた登れるんだと思うとワクワクが止まらないからかもしれない。



IMG_1513.jpg



しかも去年同様、BRIDGENAILC・Cメンバー4人全員参加です。





めずらしく全員揃います。






今年の見所はYの躍進。




生まれながら才能に溢れているが全く練習しない(仕事で出来ない)でおなじみのH。





そのHをYがどれだけ追い込むか、または引き離すかが見所。






ちなみに前回の順位は




自分(1時間28分)→エース(1時間37分)→H(1時間49分)→Y(2時間4分)





この差がどれだけ開くのか、縮まるのか。




おもしろいですね。




Yは現在通勤で毎日なのか、週数回なのかは分かりませんが、40km前後の道のりを走ってます。




休日はたまにしか走ってないみたいですが、月間の走行距離はかなりのものです。




ってかたぶん一番多い気がする。





この差でHは最下位に転落するのか?




はたまたこっそり練習していて一位に躍り出るか?




楽しみですね。





そして最近NEWバイクにして伸び悩んでいたエースも、ついに先日の練習で覚醒?




乗り方が分かってきたと一人ですごい喜んでいたので、うかうかしていられません。





しかし美ヶ原はコース的に激坂中心から、後半下りなのでレイアウト的にかなり有利。





坂がきつめなほど体力さえ無くならなければこっちにアドバンテージがあります。





一番心配なのは実は本丸のMt富士ヒルクライム。






このゆったりずっと登るというシチュエーションが一番苦手で、タイムが伸びず、逆にこういったコースが得意のエースに引き離される可能性が高い。





なので最近は黙々と尾根幹や連光寺坂など、ゆったり目の坂をなるべく速く走る練習ばかりしています。






さて4人なったとなるとちょっと悩むのは、どうやって車載しようw





結構カツカツなんですよね。






去年はこんな感じで4台車載しましたが…


DSCF1289.jpg





もうハンドルとか干渉してやばいので、ハンドルぐるんと上に上げたり、下げたりしないといけません。




去年みたいに信じられないレベルの豪雨が降っても恐ろしいし。





まあ考えていても仕方ないので、2台体制か車載か考えないと。






梅雨の時期の大会なので雨はほぼ間違いなく降ると思って間違いないですし。






楽しみが増えた反面その辺も考え直さないとですね。





ではまたー。




最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。



今日は出来るだけサクッと。




まだ新しいバイクも来てないのに(いったいいつ来るや!注文したのは12月頭ぐらいだった気がする)いつかはヒルクライム専用のバイクを作りたいなと妄想している。



まあ基本的にそんな専用車なんていらねーだろってのが当たり前の話なのは分かってますよ。




でもそう思わしてくれる一台があるからそんなことを考えてしまいます。





【TNI Podium】


IMG_1774.jpg





去年のサイクルモードで試乗させてもらってからずっとそのイメージが頭に焼き付いている。


【サイクルモード2014~試乗編~】





今月号の自転車雑誌にも登場してますね。







まあこれでまだ何を買ったかは話していないNEWバイクから、こいつは外れるわけですけど。





あまり聞き慣れないメーカーだと思いますが、パーツなどでは結構ポンプとか有名ですよね。


低価格ながらコストパフォーマンスの高い物を作っているイメージです。




今まで軽量モデル(ヒルクライムモデル)と言われているモデルは何車種か試乗しましたが、後にも先にもこいつ以外は頭にはそんなに残ってません。





ブランド力でかっこいいバイク乗りたいとかそう言う人には見た目も黒一色で地味だし、買う気は一切起きないかも知れません。





でもこの圧倒的な漕ぎ出しの軽さは今までのどれよりも強烈に脳内に焼き付いていて、ヒルクライムするなら絶対にこれが良いとすら一回乗っただけで思わせてしまうのはすごい事だと思う。




これに中華カーボンホイール(前後1000gちょい)をはかせて、コンポはとりあえず安く抑えるために新型105。


ハンドルはカーボンの安い軽量モデルに、先日買った安いカーボンサドルを付けてもう完成。


IMG_1550[1]

IMG_2057.jpg




TNI Podiumフレームセット (定価180,000円税抜)ですがおよそ実売は170,000万円程度で買えます。




フレーム170,000円+コンポ105セット約50,000円+中華カーボンハンドル約20,000円+ステム約5,000円+(ホイール・サドル・ペダルは持ってるため除く)=245,000円



やばいこれは買ってしまう。w



変な計算するんじゃなかった。





TNI Podiumの公表フレーム重量は855g。


まあハッピー計測も考慮してフレーム込みで1300gとしましょう。





それにパーツ類足すとおよそ…

※フレーム+コンポ+ハンドル+ステム+サドル+ホイール+ペダル+シートポスト+BB(ワイヤー等その他は除く)







5.3kg






とりあえずざっくり過ぎなのでその他諸々足しても6kgちょいになると思うんですが、頭がハッピー過ぎですかね。






ああ。ダメだ。







こんなの見たらまた欲しくなってしまう。w





さすがに25万は高額すぎるので早々出せませんが、フレームが万が一特価で安売りとかしてたら絶対に買ってしまう。



恐ろしい。







今日はそんな恐ろしい皮算用をしてしまった所でさようなら。






















※TNI Podiumが特価で売られている情報をお持ちの方はコメントまでお願いします。笑



最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
2015.04.20 長い一日
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





どうもー。





土曜日は天気が良くて絶好のロードバイク日和だったんですが、あいにくの仕事。






こういうとき隔週で土曜日出勤なことを憎みます。



休みの日ばかり雨が降るからなおさらね。







土曜日は仕事を終えて、そのまま新宿へ。




専門時代のクラスメイトと先生とで飲み会。




スキルアップのために仕事しながら夜間通う生活から卒業して、もう3年近く経つのに今でもこうやって定期的に集まれる仲間がいるのは有り難いですね。



夜間なので年齢もバラバラ。



下は18歳ぐらいから上は60近くまで。






そのバラバラの年齢みんなが同級生で、今まで通ってきた学校という枠の中で一番成長出来た場所だったと思う。


たいてい学校は同じ歳の人が集まる空間でしかないけど、夜間の学校はそもそも昼間働いている人がメイン。


考え方も能力も姿勢も昼間とは全く違って、出来る人がすごく多かった。






それが刺激になっていたのは間違いない。





本当に自分には昼間は合ってなかったと一番最後にして思った。


高校、大学、フリーターと来て、働き始めてから夜間の専門だったけど、もっと早くから夜間の方がいろいろ成長出来たかもと今だからすごく感じる。


どのみち甘酸っぱい青春も、同学年の友人も出来なかったからね。w






誤解無いように言いますけど、友達が出来なかったんじゃないんです。







一生付き合って行こうと思うような友達はほとんど出来なかったって話です。







高校の同級生数人ぐらいかな。今でも付き合ってるのは。



それ以外は高校や大学等を卒業したらほとんど連絡を取らなくなった。






大学は卒業って言っちゃいけないな。w



一生付き合える友人に出会えるのってそれだけで財産だなと思う。




良く高校・大学でそう言う仲間を作るんだろうけど、自分は自分から連絡を取れる人がいない。






地元の友人のように「今日飲み行かない?」と気兼ねなく、声をかけれるようなね。



まあそこまで気にしてないんだけど。





でも今そう言う人がいる人は大事にした方が言いよって言う月並みな話。








楽しく飲んで帰ったらやっぱり1時近く。





日曜日は昼間から草野球の試合があったので、早朝練習で奥多摩まで行こうと思ってたけど無理そうな感じ。




とりあえず目覚ましかけずに起きた時間に考えようと就寝。










7時過ぎに起床。







やはり早朝練習どころでは無かった。w



予定を変更していつも通り尾根幹を追い込み気味で走る。






ローディだらけで休日昼間の尾根幹は好きじゃないんですが、こういう日は良い。




速い人に引きずられる、もしくは前に人が見えたらガンガン追うことで結構追い込めます。





自分一人だとやっぱり楽しちゃうから、自分なりに廻りの人に迷惑はかけずにペースメーカーになってもらう。





奥多摩早朝練の120kmには遠く及ばず、50km程度の練習で終了。






それでも結構良いペースで尾根幹走りきったのでかなり疲れた。







それにしても、昼間の尾根幹はすごいね。





ローディで溢れかえってる。




同時に残念なことに信号無視で行ってしまう人の多いこと。




ちゃんと信号守っても結局追いついて風貌を見ると、結構良い確立で外国人の方だったりするんだけど。





人にとやかく言えるようなあれじゃないので、何も言いませんがちょっと残念には感じてしまいますね。






練習後は草野球へ。





公式戦だったんだけど、蓋を開けてみれば相手が来なくて不戦勝。w





まあ、草野球だと良くあることです。




仕方ないので、ランナー無しのグラウンドで実践形式のフリーバッティング。


練習をほとんどしないチームなので新鮮で楽しかった。





しかしこういうときばかり調子が良いのがむかつくね。w




6打数3安打1ホーマー



ホームランせいの当たりなんて打ったの何年振りだって話ですよ。



しかも良い感じに右に左に来た球を打ち返せてたのでそれも収穫。





まあフリーバッティングだからでしょうけど。







草野球が終わったら、今度は神宮球場へダッシュ!!!!





せっかく走りに行って無くて時間に余裕があるんだから目一杯遊ぼうと、なかなか来れなかった今度は野球観戦に。



IMG_2218[1]






今年初の野球観戦、そして神宮。



かなり乱打戦の逆転に次ぐ逆転でヒヤヒヤと興奮ですごいおもしろかった。



IMG_2222[1]









今期最長の5時間20分の熱戦を制して、ヤクルトの勝利。




今年のヤクルトはひと味違います。





まあ自分は翌日の仕事の事もあるので、10回終わった22時で退散したんだけどさ。







なんかもう一日を本当に満喫した。







一日って言うか一日半って感じでしょうか。





さて月曜日からは草野球後恒例の筋肉痛に悩まされるでしょうから、しばらく練習はお休み。




天気が良くなったら本格的に今週はガンガン走りたいと思います。




ではまたー。






最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。



今週はほとんど走ってません。有言実行w


何もなくて楽な反面、やっぱり仕事終わりの時間が暇ですね。





久々にGarageBandで曲作りして遊んでました。




うん。やっぱりセンスがない。



あれだけバンドやってたのにもう何も出来なくなってしまったんだなとしみじみ感じました。






木曜日は仲間達と微妙に恒例になりつつある…





【夜の多摩ヒルクライム】


IMG_2194[1]



をやってきました。





最近はエースも忙しくて自分の時間で練習してるので、いつも一人でよみうりやら尾根幹走ってます。





そんな生活にも飽きてきたんですが、仲間がちょっと走ればもっといろんな坂があるよと教えてくれました。







そして多摩ヒルクライム(自分が呼びやすい用に言ってるだけ)と称して、今まで2回ほど夜練してます。







稲城近辺は坂だらけなのでおもしろい坂が多いと聞いていましたが、こんなにエグイ坂がたくさんあるとは思いませんでした。





知ってる定番の坂もコースに組み込みながら夜の3時間ぐらいで50km~60km走れて、かなり追い込めます。







最大の魅力はなんと言ってもその斜度。






20%近い鬼のような激坂が多数あり、もうそれを経験してしまえば10%なんて普通の坂にしか見えません。






とりあえず何箇所かご紹介を。



って言うか自分もこないだ教えてもらったばかりで紹介とか厚かましいんですけどね。



今回教えていただいたお仲間にはこの場を借りて感謝です。



ありがとうございます。




※名称はいろいろ呼び方があるのであくまで私個人の呼び方です。






まずは定番



【よみうりV通り】





・750mと言う短い距離ですが、10%級の坂が突然やってくる。交通量も割と少なく道も綺麗で、春先は桜が満開になる。
ジャイアンツの2軍練習場が頂上にあるので休みの昼間ともなると巨人ファンで歩道はいっぱいでたまに応援してもらえる。







【尾根幹】






・平均斜度は低いものの緩やかに登り続ける全長16kmに及ぶアップダウンのコース。プロもオフシーズには練習で流す事もある多摩方面のローディにとっては定番の道。






【いろは坂】





・聖蹟桜ヶ丘の駅すぐ近くに突如現れるつづら折りの坂。平均斜度は7%ほどとさほど高くはないが、つづら折りの坂が峠を登ってる雰囲気を演出してくれ、夜は街並みの夜景がとても綺麗に見える。




【夕日の丘公園坂(都立桜ヶ丘公園夕日の丘)】






・映画耳をすませばのモデルともなった稲城周辺が一望出来る丘。平均斜度は8%ですがご褒美の夜景は周辺では随一。




【連光寺坂】





・今回の多摩ヒルクライムの中で一番最長の2.4kmの坂。平均3.4%で緩やかに登っていくこの坂は有名で周辺のローディの練習スポットとして定番となっている。




【百草園坂・表】





・地獄の坂。住宅街に突如現れる激坂。最大斜度はインのインでGARMIN計測で21%。滅多にお目にかかれない20%越えの坂が体験できる希なポイント。



【百草園坂・裏】





・表を登ったらそのまま道なりに進み坂を下ってさらに登り直す。表ほどの辛さではないが、表を登った直後だとなかなか足に堪える。



【百草園脇ガスト向かいの三沢坂】





・ここはなんて呼んだらいいか分からない普通の住宅街の坂。なのに鬼の最大勾配21%付近。正直距離もそこそこ長いままずっと激坂が続くので一番ツライと思う。なんであんな狭い住宅街にこんな坂がと思ってしまう。平均斜度11.6%。





【明星大学坂】




・明星大学入り口の交差点から明星大学までひたすら一本道で登る坂。10%程度の坂だが初めから終わりまで500m真っ直ぐな坂なので、坂の頂上が遙か先にあるような気がして気持ちが萎える。ここも住宅街にある坂。





おまけ




【ラピュタ坂】







・自転車生涯で唯一登ることが出来なかった坂。平均斜度20%の最大30%近いと言われている極悪な坂。

表世界のボスを和田峠(バラモス)とするなら完全な裏世界(ゾーマ)的な坂。和田峠の本当に裏にあるのもこの設定の整合性が取れていて良いw

八幡神社付近を含めた1.8km程度をラピュタ坂と言う人もいるが、自分的にはあんな緩いとこは含めず750m一本勝負がラピュタ坂だと思っている。道が悪く、道との戦いも含めてラピュタ峠。よみうりV坂が倍のつらさ(平均斜度20%)で続くと思えば良い。


山があったら迂回したいブログ最後の的だと思ってる。


あざみラインもあるか。




ざっとこんなとこでしょうか?



正直まだまだ派生でいろいろありますし、知らない場所もいっぱいあるみたいなんですがおもしろかったと事と、もともと知っていた定番の所をチョイスしてみました。



大半が住宅街なので、その辺はいろいろ自己責任で注意してください。





たまには多摩の坂を走るなんてのもどうですか?



IMG_2218[1]

画質が汚いw





今日はこの辺でー。





ではまたー。









最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。



先週の土曜日は尾根幹に行ったと言う話をしましたが、実はその前に所用後ふらっと立川のなるしまフレンドに立ち寄っていました。




エースの所用に付き合う形で立川方面に来たので、ついでになるしま行ったって感じですね。






そんな流れでなるしまに着くと、なんとスペシャライズドの試乗会やってるじゃないですか。






乗ってみませんかー?






なんて言ってくれるもんだから、私服だったけど,いざ試乗。





正直ずっと乗りたかったんですよね。S-Works Tarmac。




だって乗りたいバイク候補にずっとあるんですが、試乗できる機会は今まで無いし、価格もフレーム45万じゃおいそれとは買えません。



仲間内にはなぜかS-Worksがイメージに合うと言われ続けているのもあって、ずっと気になってたんですよ。





将来買う候補に入っていたので、一度乗って感じを掴んどきたかったのもありますね。






私服だったので何にも用意してなかったんですが至れり尽くせりで、ヘルメット(EVADE)からシューズ(S-Works)・グローブまで全て貸していただけました。





コースなどは指定されてなかったので、とりあえずなるしまフレンドからモノレール沿いを数km走る事に。







まずは持った感想は軽い。





肉厚な感じのフレームからは想像出来ないほど、持って軽さを感じられました。



そりゃ軽量謳ってるフレームに比べたらそれなりですが、こんなにも軽いのかと言う第一印象。




そして乗った感想はとても乗り心地が良いです。



前作SL4が硬い、硬いと評判だったので突き上げ共にスパルタンな感じを想像していたのですが、イメージと全然違います。




そして漕いだ感じも思ったほど硬くない。



そして乾いた感じと言うよりは、ウェット気味のちょうどバランスの取れた中間程度。





何か想像とだいぶ違います。






モノレール沿いを一気に踏み込んで加速していくんですが、思ったほど反応が無い。



ダイレクトにガツンと来るイメージだったんですが、どちらかと言うと大人しく、支えてくれるような乗り心地。




スピード自体は感触とは裏腹に結構出ていて、トータルのバランスで優等生的な位置づけのバイクだなと思いました。



ダイレクトに反応するわけでも、遅れて加速感がやってくるでも無く、100の入力をきっちり100で受け止めて返してくれる感じ。



今使ってるホイールのレーゼロにすごく近い印象でした。





特別味付けが強烈ではなくて、でも絶対に踏み切れる事は無い。




自分の実力程度じゃ良さが分からないだろう感じ。




一般のアマチュアローディの出力でどれだけの人が、フレームが柔らかくてよれただの、力が逃げただの言えるほど踏めてる人がいるんでしょうか?



レーゼロ共にハイアマチュアになって高出力になればなるほど、こういうしっかり作られているかどうかの差が出る気がするんですよ。




大きな味付けは感じられませんが、そう言う差を感じました。







ただ一つ言えることがある。







「俺はもっとパリッと乾いている乗り味が好みだと。」














踏んだ瞬間カツンと言う感じで、【グゥゥーーン】と言う加速ではなくて、【ドンッドドンッドドドドンッ】と言うような反応が早いバイクが好き(表現が長嶋茂雄感)



車体が乾いた感じがすごく好き。





ただこれってホイールによるところも大きいので、今回みたいにディープとかはいているとウェットな感触になりがち。



もっと乾いた感じのホイールで乗ったら印象が全然違うのかもしれません。




今回Tarmac2015に乗ってみてより明確に自分の好みが分かったのと同時に、2015年モデルのTarmacが自分の好みとは逆方向に味付けをされてしまったのだと分かりました。




だって逆方向が好きなエースは大絶賛してましたから。w





今のアンカーRL8がイメージと裏腹に硬いんですよ。



エースは硬さよりもウィップ感って言うんですかね?



そう言う方面の乗り味が欲しくて買ったんですが、自分が乗ってもあれは硬い気がする。





ウェットで硬い感じ。苦手な分野だな。




試乗したサーヴェロとかそんな感じ。




でも次買ったバイクがその乗り味っぽくて怖いんですけど。



乗ったこと無いのに買っちゃったからなー。







そうなるとグラファイトデザインとか、しなりに定評のあるメーカーもすごく乗って見たくなります。





まあそんなこと言ってるとブースに戻ってきてアルミのS-Works Allezを見せてもらったんですけど、結局自分の求める乗り味の理想型を上げたらアルミの最上級なんじゃないの?と思ってしまいますけどね。




現在CAAD10で感じるのは踏んだ感触が柔らかい。




もっとっもっと硬さが欲しい。





初めはそんなことなかったと思うんです。





それはCAAD10が14000km乗ってきてへたったからなのか、BB30潰してアダプターかましたからなのか、自分が成長したからなのかは分かりません。



ただ一般的に言われている特徴を考えると現在販売されているアルミの最上級って選択はあながち間違ってはいない気がするんですよね。



まあ自転車本体についてはそんな感じ。





一番涎が出たのは実はシューズだったり。



S-Worksのシューズ履かしてもらったんだけど、履き心地がハンパない。




そしてBOAダイヤルの楽さ。





もうこりゃ買うしかないと、なるしまフレンド店内に入ってみたら、やはり価格もハンパないw



多少安くなっても3万前半。






EVADE買うときだっ手あんなに悩んでやっとの思いで買ったのに、この価格じゃさすがに買おうと即決では手が出ない。




でもしばらくしたら絶対買っちゃうと思う。





あの履き心地は最高だった。踏み心地も。






グローブも最高だったので、グローブも買っちゃいそう。






どんどんS-Worksに浸食されていきそうです。w





ではまたー。







最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。



意気消沈中の私です。






練習する気は無いですが、ブログアップする気は満々ですよ。w





こういう機会に今までいろいろ溜めて置いた小ネタを放出していきます。


たいした内容じゃないのですし、先週までで結構高頻度でブログアップしてるのでネタもそれなりですけどね。





今日はちょっと前に注文して完成していたこいつ…






【BRIDGENAIL C.Cチームジャージ】



IMG_2197[1]


IMG_2198[1]



ずっと頓挫しては作り直して、頓挫しては作り直しての繰り返しだったチームジャージの完成です。







初めは冗談で名乗っていたこの胡散臭いチーム名(BRIDGENAIL C.C)もこうなってしまうともう冗談では無くなってしまいましたな。



むしろネタ元を知ってる人はこんなふざけたチーム名で良いのかと思いますが、まあエースとYが良いなら良いんじゃないでしょうか。





こっちはもうお任せします。






それにしてもセンスが無い自分のデザイン案のせいで、デザインを作っては頓挫してを繰り返してきましたが、Yがやる気を出してデザインを考えたらものの2ヶ月ほどで完成しました。



さすがYさんです。




まずはこのジャージが出来るまでの遍歴でもw







チームジャージを作ろうと言いだしたのは確か去年の1月頃。



何の案も無く、チームジャージあったら格好良くない?と言う安易な所から出発。





すぐにジャージ作成が可能な業者を調べると、どこもかしこも有名どころは5枚以上~とか10枚以上~なんてオーダーばかり。



こちとら幽霊部員のHを入れても4人しかいないわけですから、少ない枚数から作成出来ないと話になりません。






加えてデザイン作成料だの取られるから、一人頭が少ないとかなり割高に…



その時点で頓挫しかけましたが、一枚あたりの単価は多少高いですが基本的にデザインを手書きでも作ればデザイン料無料のちどりざくらさんを見つけてとりあえず話はスタートラインに立てたのでした。




テンプレートの用紙を使い何案か自分なりにデザインを考えてみます。




その前にロゴ。





ロゴがなきゃ、やはりチームとは言えない気がしたので取り急ぎBRIDGEと言う事で橋をイメージしてロゴを作りました。


BRIDGE-ロゴ




Yが鳥が欲しい。鷲とかみたいなと言うので、昔から個人的になじみ深い鳩を入れてみることに。





そしてそれを元にデザインセンスの無い自分が配色を何パターンか作りまず第一案が完成しました。
※用紙はちどりざくらさんのを使わせていただいています。




BRIDGENAIL-ユニフォーム緑・紫-ver-2
BRIDGENAIL-ユニフォーム桃・緑
BRIDGENAIL-ユニフォーム桃・紫
BRIDGENAIL-ユニフォーム赤・黄
BRIDGENAIL-ユニフォーム橙・青
NEW2-BRIDGE.jpg
BRIDGENAIL-ユニフォーム青・橙
BRIDGENAIL-ユニフォーム黒・緑
BRIDGENAIL-ユニフォーム黄・紫
BRIDGENAIL-ユニフォーム




とにかく水玉激推しで、どうしても6色(赤・青・黄・ピンク・緑・紫)と言う個人的な要望の色を入れたいが為に配色のバランスがもう奇天烈。




見事に仲間にスルーされたのでした。w





仕方ないと次は紫に絞って、もういっその事パクってやるとちょっとギャグっぽくデザインをお借りして作って見ることに。



NEW-BRIDGE-案1



元ネタが分かる人もいるでしょうが、さすがに完成されたデザインです。


綺麗にまとまってる。






しかしこのギャグもパクって見たと仲間に告げると、一気にスルー。





そしてしばらく暗黒の時間が流れました。




半年ほど経った頃Yが突然デザインを送ってきます。



「こんな感じの配色のジャージが良い」

plan1-送信




もうチームジャージの存在なんて忘れていた頃です。







しかし今度は自分とYがあまり反応を示さずにスルー。



再び暗黒の時間が流れました。







時は1年以上経ち、Yが再び案を手書きで持ってきます。


その画像はないんですが、それがミニ四駆の烈&豪のワールド編のような感じで第2ミニ四駆世代の自分たちには響きチームジャージ熱は再燃。




とりあえず新しいロゴをYがデザインしてきてくれました。




IMG_1920.jpg



すごいモンハンっぽいんですがチーム名からロゴのイメージを作ってきました。





その後大まかなデザインをYが作成し、細かなデザインと色の配色を3人で決めてチームジャージのデザインが完成。



IMG_2008.jpg





この時いつの間にかオーダーするメーカーがVALETTEさんに変わってました。

※ちどりざくらさん。散々上で画像使ったのにごめんなさい。





気づけばあれよあれよ言う間にチームジャージが完成。


IMG_2197[1]

IMG_2198[1]




と言うわけです。




ちょっと不思議な配色にしたのであまり人とかぶらなそうな所。



そして背中のデザインがお気に入りです。






背中のデザインは以前、Yが疲れ果てて意識が薄い中、たまたま前を走っていた人のジャージの背中の模様が白線を引いた道のデザインだったんです。


その時もう錯覚でこのままこの背中の道を走っていけそうな気がするとYが呟いていて、エースと二人後ろで大爆笑した日の思い出が元になっています。




そんな1年越しのチームジャージ。




とりあえずチームとしてもデビュー戦は富士ヒルクライムです。





もしこのジャージを見かけたらそっと…





「背中の道走っても良いですか?」




と声でもかけてください。





それでは今日はこの辺でー。



最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。




今日はこんな話。





【プロロードレースのディスクブレーキ使用を順次解禁へ UCIが発表】
リンク先 cyclowired.jp







ついに本格的にディスクブレーキの使用が解禁の方向へ梶を切られましたね。






個人的に近い将来規格が変わり、今までのものが古いものへと追いやられ、飛躍的に技術革新するものの中にディスク化とコンポのワイヤレス化があると思ってます。






どちらもフレームやホイールに影響してくる部分なので、その恩恵って他のパーツ異常なんじゃないの?と思ってました。







まずディスク化。







これはディスクが当然になれば専用フォークが当たり前になって、まず今までの構造と大きく変わります。




そしてホイールもリムでブレーキする必要が無くなるので軽量化等、今まで強度を考えてきた部分が緩く考えられるんじゃ無いだろうかと思ってます。







ディスク化に共通してるのは無理矢理バンドとか使って付かない事も無いでしょうけど、専用フォークや専用ホイール(ハブ?)の仕様が大前提だろうと言うこと。





上に今のものが古いものに追いやられると書いたのはそう言った意味から。






規格が合わなければ使えないのであれば、それはもう旧規格。



別に速さ等を追い求めないのであればそれで良いでしょう。






ただ純粋に一番良いものが使いたいのであれば、必然的に変わってくるんじゃないでしょうか。







まあ現段階ではディスク化はロードレース界では支持する人も半分半分みたいですね。


重さやフォークを専用フォークにしてキャリパーが付くことで剛性感や感覚が大きく変わるそうで。





その変化を良いと思ってない人も多いみたいです。







いずれにせよ一般的に標準装備になって、それに付随して技術革新が進むのはまだまだ先でしょう。




こちとら後3年はディスク認可して、それが標準装備として流通するまでかかると踏んで新しいロードバイク買っちゃってますから、早々の進化は困ります。w






現状ディスク使用の車両はたくさん出ていて、エンデューロモデルなんかにはもうほぼ標準で付いてますからね。





ディスク化によるブレーキ性能アップの恩恵ではなくて、それに付随する他の部分の進化(軽量化や剛性アップ・形状変化等)した時と、コンポのワイヤレス化がされた時が次の買い時だと思ってます。







何にせよこういうニュースはワクワクしますね。



後は速く自転車版のドラレコをどこかが出してくれないかな。






あれはこれからの日本ではもっと普及したり、一般的になっていくものだと思うんですけどね。




国内で買えるものはちょっとニーズと違うんだよな。






ループ録画・長時間撮影(10時間程度)・衝突時自動保存センサー



これだけあれば画質とか落としても問題ないんだよね。ブレだけひどくなきゃ。




なかなかその辺が日本だと上手くいかないね。



よりがんばり過ぎちゃうって言うか。




作りをシンプルにして価格を落として、数売ることでペイする方が世の中的には良いことだと思うんだけど。



どうしてもより良いもの作って価格上がりがちだもんね。




今日はこの辺でー。



最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村