人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





どうもー。



今日はだいぶ遅れましたが、毎年恒例となった夏のファミリー遠足略してファミえん2015in長岡と言うことで、エビ中を見に初めての長岡上陸してきました。









新潟って全然行かないので実はこれが2回目。






そんなに遠くは無いけど、近くもない無いし、特に行きたい場所も無いので今まで行く機会が全然ありませんでした。





毎年恒例となったエビ中の夏のイベントファミえん。






一昨年の河口湖ステラシアター、去年の山中湖きららと毎回ちょっとした遠足気分で行く旅行チックなライブがたまらなく良いです。




ちょっと足を伸ばしたライブってのと、大自然の中行われる(河口湖は半野外、他は野外ステージ)ライブ、そして夏ってのが合間って毎回終わった後は何とも言えない切ない気持ちになります。









今年は新潟でちょっと遠いのでいろいろ大変でした。






当日は朝早めに出発。






天気は生憎の雨模様で先が思いやられる感じ。




【エビ中=雨】の構図は昔からなのだけど、最近はめっきり雨が降らないので久々に野外で土砂降りの予感。





でも新潟に付いたら少しずつ雨が止んで、ライブが始まった瞬間には晴れ間すら見え始める。




やはり最近のエビ中は何か持ってるなと思った。











ファミえんはスタンディングなのもあって、端っこの方だけどいちおう最前を陣取れた。





2年ともほぼ最前が取れる辺りもファミえんの良いところかもしれません。






ライブはやっぱり楽しかった。







前山田ゾーンが特に。







だんだん日が暮れていく感じも良い感じ。




ひなたがツインテールに戻って、まんま昔の感じに戻っていたのが逆に新鮮だった。



最近グッと大人っぽくなったなと思っていたから、ツインテールにしても感じは全然違うだろうと思っていたから。







しかしダメだね。







最近だいぶやられてる証拠だ。





楽しい場所に来ているはずなのに、週明けの仕事のことが頭をよぎって完全に楽しめない。




やること、やらなきゃいけないことに忙殺されているせいかいろいろ不安や心配事が頭から離れない。





休みは休み。仕事は仕事って感じでオンオフしっかり切り替えたいんだけど、最近はちょっと無理。







モヤモヤを抱えていたらライブは後半戦で、あっという間にライブが終わってしまった。





出席番号の歌その2とかすごいおもしろかっただけに、ライブが終わった事実がボディーブローのようにジワジワ効いてくる。






この日の宿は長岡で取れなかった為、燕三条まで行きましたよ。






夕飯を食べていなかったのでホテル近くの居酒屋で夕食にしたんだけど、これがまた美味い。





値段は東京の居酒屋ぐらいの値段なのに、味と量が段違い。





なんかこう考えると東京って本当に寂しい街なんだなと思う。






東京出身の自分はなおさら。







帰る場所がある人達が羨ましく思う。





上京に憧れ続けている。そして田舎があると言うことにも。






2日目は帰りのこともあるので弥彦神社だけ探索。





とても有名なところみたいで、結構人であふれかえってた。




DSC00120.jpg

DSC00121.jpg

DSC00124.jpg

DSC00123.jpg

DSC00125.jpg





凜とした感じがありつつも、不思議な感じはない。




DSC00126.jpg

DSC00127.jpg

DSC00128.jpg

DSC00131.jpg

DSC00130.jpg





ご神体の弥彦山を登って、一段落。




途中はロープウェイに乗ったとは言え、軽い登山でした。






もう帰らなきゃいけない寂しさが一気にやってくる。




今年もとても楽しい遠足だったな。





新潟はとても良いところでまた来たいと思える場所でした。






帰り道に走った弥彦スカイラインにはローディがいっぱいいて一気に自転車乗りたくなったけど。






アイドルを好きでいると、こうやって自分では縁が無かった場所に行く機会が出来るのが良い所。




知らなかった、知り得なかった良いところがこの日本にすらまだまだたくさんあるんだと毎回思う。







海外にはほとんど行ったことが無いけど、こうやって国内でもまだまだ楽しめているうちは、どうしても移動時間や日数がかかってしまう場所には行く気にならない。




トイレが行きたいときに行けないのもあるけどw












次のライブは氣志團万博。






氣志團万博も3年目だけど毎回楽しいから、すごい楽しみ。




あれも遠足みたいなもんだしね。






では今日はこの辺でー。









最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





どうもー。



おやおや。これはなんでしょう?









ん?












これは…










そうです。やってきました。




S-WorksのNEWシューズです。





なんやかんやまだ全然見てないから、かなり早いタイミングで手に入れられたんじゃないかと思います。




発表と同時にスペシャライズド東京で予約してまして。



赤が先行で入ってきたみたいですね。




といっても3足だけ入ってきたと言ってましたけど。




色はあまりこだわりがなく、むしろワイドを買いたいがためにみんなブラックを買うだろうと思ってたので、あえてレッドにしました。




と言うかいちおうブラックとレッド、そしてブラックのワイドをお願いしてて、履いてみてから決める予定だったんです。



とりあえずレッドだけ先に入荷したと連絡があって、履いてみたら特に問題も無さそうなので買ってしまいました。





ブログのネタにもなるしね。




全国的にもレッドだけが先行で入荷してる感じ。




レッドはカタログらより全然カッコよかった。









前作のS-Worksシューズは試走で一回、試着で数回しか履いたことがないのであまり比較できないんですが、評判通り足先は前作より余裕があります。







ワイドにしなくても、もしかしたら人によっては大丈夫かも。




カカトのカップは結構しっかりしてます。






ただシッカリしてる分、口が狭くてワイヤーを全部外さないと足が入らない。




始め小さすぎてサイズ合ってないのかと思ったんですが、履いてみるとむしろ脚先に心地よい余裕がある程度なのでそういうわけではないみたい。








裏は無茶苦茶硬そうな感じは無し。













先っぽはすぐに削れてレッドは悲惨な事になりそう笑



それ考えたらブラック一択だったかもなー。










履き心地はなかなか良いです。




でも前作の方が良いような気がしてならない笑




結構硬くてガッチリしてるので、使って馴染んできたらどうなるか楽しみです。




とりあえずまたしばらくしたら使用のインプレは書きたいと思います。




ではまたー。






最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。




今日はこんなことになってしまった話。














SPEEDPLAYを買って早9ヶ月。



走行距離にして約6000km。





ついに金属のリングのプレートの部分がご臨終なさいました。












多少は最近違和感は感じていたんです。





緩むの早いし、音もするなーと。







昨夜よみうりV坂練習の帰り道、信号で止まってクリートを外そうとした瞬間「パリーン!!!」と音がして割れました。






だいたい皆さん一年ぐらいの寿命のようです。





そう考えるとSPEEDPLAYってランニングコスト高いなーとしみじみ。





SPDペダルは比較から外れるとして…





シマノのクリートは消耗が激しいので、SPEEDPLAYにした節もあるんですよね。




ただ、いざコスト計算してみると意外と同じくらいなのかも。むしろ高い?





まずはSPEEDPLAYの必要部品は…






の二つが消耗品。



鬼高いですねー。




約9000円ぐらい






次にシマノは…







基本的にはこいつのみ。




ただ結構ガツガツ削れるので速い人だと年間3個ぐらいは使うんじゃ無いでしょうか?




約1500×3個=4500円ぐらい?








これだけ考えるとSPEEDPLAYの方がやっぱり高い。






けれどSPEEDPLAYの魅力はカバー付けたまま普通に漕いだり、歩いたりできるとこ。






この魅力は正直自分にはかなりでかい。






そしてサードパーティー製のカバーは現在こんな感じ。










まだまだガンガン現役です。





そうなるとクリートだけを10ヶ月に1回買う計算になるのかな。




それでも十分お高い金額ですけど、その便利さには変えられない魅力があります。






昔は折れたリングだけ別売りもしてたみたいなんですが、現在は残念ながらセット販売のみ。





幸いCAAD10とトランソニック両方にSPEEDPLAY付けているので、一つクリートが余っていた為今のところは新しいのに変えて問題はありません。




長く使っていくことを考えると、コストと言う選択肢からは逃れることは出来なさそうです。





でも今のところは変わらずペロキャン(SPEEDPLAY)と付き合って行くつもり。




どんなシチュエーションでも無難に合格点をたたき出すこのペダル以上のペダルは無いから。




ただもう少し価格リーズナブルにしたら絶対天下取れるのに惜しいなと思う。




値段が本体共にシマノ並なら、確実にシマノより一般ユーザーはこの使い勝手を選ぶと思うんだよね。





プロとか競技志向の人は自分好みがあるので、やれシマノだ、やれLOOKだ、TIMEだとあると思う。





でもホビーユーザーは全部乗せが理想なのだ。




走ることに問題が無くて、歩くことにも問題が無くて、調整幅が広いから膝の痛みとかにも対応出来て。





レースや高強度の練習ばかりしている人と違い、ポタリングや輪行で歩き回ったりするシチュエーションも多いですしね。





でも結局全部乗せが魅力でSPEEDPLAY使ってるってことは、同じよな機能で強度がさらに高い物が出てきたらそっちに乗り換える可能性は大いにある。





こうやって考えると特許取ってなかったら後追いでいくらでも需要の隙間を狙って同じような物作れる。




ただ壊れない物を作ると言うことは、売り切りで商売が成り立たないとも言える。




だからあえて消耗品は壊れるように作って、ある程度経ったら寿命で買い換えさせるのは世の常ですよね。





でももう少しぐらいは丈夫に作って欲しいものです。





今日はこの辺でー。









最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
... 続きを読む
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



どうもー。



ついに平日の夜練習復活しました。




昨日はまずおなじみの尾根幹に40km程仕事終わりに走ってきましたよ。







内容はタイトル通りですが、全然切れてないと思っていた体が、いざ実走になるとなかなか動く。




と言うか高強度で走ってなかった証拠なのかもしれません。




先日の奥武蔵グリーンラインも慣らし走行程度の強度だったし、タイヤツルツルも合間って、あまり強度上げては走ってなかったんです。





何となくきっかけはその日の夜に行ったグランディヴェルな気がします。





店にあるローラー台を話しながら1時間近く漕いでいたと思うんです。



距離は10kmで、徐々に斜度が上がって5%程度の坂になる設定のコースで漕いでいたんですが、これが地味にきつかった。




話しながら数値的には200~300Wぐらいの数字を維持しながら走りました。




久々に長い時間一定の負荷でヒルクライムのような感じで漕いだ気がします。






オフシーズンと謳って軽めのメニューでローラー台乗り続けて鈍った体には良い刺激になりました。






尾根幹を走る感覚自体はまだ鈍っているというか、あまり体が軽い感じはなくて、むしろちょっと重いぐらい。




しかしそのスピードやパワーに驚くばかりでした。





この1ヶ月半のトレーニング効果なのか、はたまたIRC ASPITE PRO 24Cのおかげか?




でも間違いなくスピードの乗り方が違います。





やっとあとちょっとで単独40km/h巡航が長時間続けられるようになりそうなぐらいまで平地力が伸びてきました。




単独巡航が苦手な自分には、速度が上がるのは大きな収穫。




これは新しいタイヤのおかげかもしれません。






そして前回滑って計れなかった、最高出力は1097Wと1100W目前まで来ていました。




これは引き続きちょくちょく計ってみたいと思います。





何となくネット等で見てる限り、アマチュアで目標とする最高出力は1400~1500Wぐらいだと思っているのでその辺目指して。





アマで速いと言われてる人達はだいたいこれぐらいはしっかり出せてるんですよね。






もちろん最高出力なのであてにはなりません。





実際は平均出力とかのが大事でしょうし。






でも大は小を兼ねるというか、最高出力が無い人が平均出力だけあるというのは何か違う気がするんです。





それだけ踏める脚力があるから、平均も高いと言う方がうなずけます。





まあその辺は追々上げていくと言うことで。










話戻りまして、常々思っていたことがあります。





自分の周りにはローラー台で練習するにあたって…






・とにかく乗るだけ(なのでそれなりで長時間乗ってる人が多い)




・メニューを組んで乗る(高強度の場合が多いため短時間の人が多い)







とざっくりローラー台での練習を分けることが出来ます。






自分は当然後者。長い時間ローラー台は苦痛で乗れません。








はたしてゆっくりで良いから長く乗るのと、短時間でがっつり乗るのはどちらの方が効果があるのだろうか?





長時間がっつりが一番良いって言うのは無しでw






暇だし、ダンシングできないし、お尻が痛くなるから長時間は苦手ですが、負荷がLSD程度(心拍数140ぐらい)で良いなら一時間ぐらいなら確かに乗れます。




これがタバタのような高強度のインターバルになれば、アップ走の段階から結構負荷をあげて準備するので30分が限界。




むしろタバタを終わったあとに普通に漕げるぜ!!って人はタバタが出来ていない証拠とも言われています。




文字通りタバタ後は完全に廃人になっているので、そのあとは惰性で5分ちょいクールダウン兼ねて漕ぎますが、終わったあとはその場で座り込みたくなるほど辛いです。





タバタの利点はその圧倒的な時間の短縮性。




平日夜練習を外の実走で行うと、だいたい2時間は40km漕いで帰ってくるのにかかるんです。(走行時間は1時間30分程度)





19時に仕事が終わってから出発しても帰りは21時。




これがローラー台の30分練習なら19時30分には終わるわけですから、同じ一日の練習と考えたら1時間30分も有意義な時間が出来るわけです。





両方にメリット・デメリットあるわけですけど、もし自分ぐらいのレベルであれば、低負荷でも長時間乗る方が効果があるとしたら?




はっきり言って信号につかまりまくる実走よりも、ローラー台でずっと漕ぎ続けている方がやはり効果が高いし、時間の使い方は格段に良いことになります。






それでも実走出来るときは実走にこだわってきたのは、やっぱり外を走った方が気持ちが良いのとダンシングがあるから。





ダンシングを多用する自分にとってローラー台はダンシングを封じられるためやっぱり実走とはだいぶ違います。




加えてプロになりたくて練習してるわけではなく、あくまで楽しいからロードバイクに乗ってるのに、ローラー台って正直本末転倒なんですよね。




みんなとやるときに楽しくやりたい(弱いとボコボコにされるので)から、家で一人の時は無心で修行のように1対3(コンピューター)でひたすらスマブラをやっていた時を思い出します。




あれもコンボや立ち回りを徹底的に反復で体に覚え込まそうとやった苦肉の修行でしたねw




超絶つまらなかった。99機にしてひたすらやり続けてました。




あまりにひどすぎて夢の中でもやってる始末。




すごいつまらなかったけど、おかげでだいぶ戦えるようになったんだよなー。






すみません。また恒例の脱線しました。






趣味である以上楽しみながら、有効に時間を使いたいと思うのは当たり前なので、練習メニューの効果についてずっと疑問を感じていました。




ある程度【漕ぐ時間=練習成果】なのもうなずけますが、これが実走とローラー台でどちらの方が効果が高いかと言われると難しい。




プロでも実走にこだわる人とローラー台のが効率が良いからローラー台中心という人が分かれる話なのでもう好みの問題なのでしょうか?




自分の中での答えはその時の状況によると言う曖昧な答えなので何とも言えないのが難しい。





自分の体や練習メニューのバイオグラフのような感じで、タイミング良く効果的なメニューを選べたら最高だと思ってます。





以前3本ローラー台だけで1ヶ月みっちり漕いだ時はタイムも変わらず何も効果は感じられませんでした。






今回も同じように3本ローラー台中心でしたが、それなりに効果が実感できてますしたぶんタイムも良くなってると思います。





そこにある差がなんなのかと言われれば、年間を通していろんなメニューを交互に組んでいたかそれしかやっていなかったかぐらいの差しか無いんですよね。





何のデータがあるわけでも無く、感覚での話でしか無いので根拠はありません。





それでも自分の中での一つ練習メニューを組む経験にはなっています。






今日は着地点があるわけでは無く、永久にウダウダ書けそうなので何も解決しないままここらで逃げるように終わりたいと思いますw





他の人の経験や、メニューの組み方や効果の体感等いろいろ聞いてみたいですね。





ではまたー。



最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。




今日は奥武蔵グリーンラインにこんなとこに行ってきた話。










【グランディヴェル】



《グランディヴェル》







なぜ唐突にこんなとこに来たかと言うと、今までフィッティングやペダリング効率やら全く気にしないで乗ってきました。





我流でここまで来たわけです。





しかし最近パイオニアのパワーメーターを導入して実走してみると、そのペダリング効率は40%後半。




3本ローラーで意識しながら漕いだときはそれなりに良かったせいか、いざ実走してみるとあまりに悪くてショックでしたね。




パイオニアのペダリングモニターはあくまで参考なのであまりあてにしてはいけないとは言われてますが、この数値はちょっと。




真円が理想的ですが、人間が漕いでいる以上はそれは無理。




概ね80%が人間が求める上限数値と言われてます。




なのでその数値と比較すると約半分。





自分の力の伝達効率は理想の半分ロスしてるわけですよ。





回転型よりトルク型のが速く漕げる気がするとか思ってるのも実はそう言うとこなのかも。




我流でずっとやってきて、客観的に誰かに見てもらったりしたことが全くに近いほどありません。




なので常々誰かに一度見てもらいたいとは思ってました。






そんなこんなあっていろいろ調べていたらこのお店を見つけたわけです。






初回体験が3000円でそんなに高くなかったのと、Facebook見た感じ楽しそうな雰囲気だったので一度行ってみることに。





予約時間が一番遅い20時30分だったせいか、お客さんは自分一人。





ちょっと早めの20時に着いちゃったから少し気まずいながらもお店に入りました。





まずは申し込みして、軽く歴や普段走ってる内容などを話します。





その後はローラー台使いながら、実際に見た感じとモニターに表示されるデータを見ながらいろいろとアドバイスしてもらいました。




なんか自分がおしゃべりなのと、聞いた事にちゃんと答えてくれるのもあってかなり長い時間しゃべってばかりでしたけどw




結果1時間の予定が20時に入って、店を出た時は22時30分になっていました。




フィッティングもやっているので、良ければフィッティングを次回やってもらいたくて、まずは初回体験を受けたんですが、意外に今のポジションで大きく問題ないみたい。




カカトがちょっと上がりすぎなのでサドルを少し下げてインソールで調整してみてはどうか?とアドバイスを貰いました。




視覚的なデータで自分の傾向が分かりやすかったのも面白かった。




プロの方も含めて、トライアスロンやってる方や初心者までいろんな人が来ると言う話や、パワーメーターの出力の話など本当にいろんな話をしましたね。





話してる中で興味があったのはFTP250Wぐらいあれば体格次第だけど、十分その出力でプロになってる人がいるという話。




なんかプロというと最低FTP350W~400Wぐらいは必要なイメージでした。






あと最近最高出力についての自分なりにすごい疑問がある。




よくプロでも最高出力は1000Wぐらいの人がザラにいるという話があるけど実際はどうなんだろう。




もちろんトッププロやスプリンターはもっと出力ありますけどね。





ネット見てると1000W出せたって人たくさんいる気がするんだけど。




たぶん瞬間最高出力だと思うけど、瞬間とは別物?




プロの言ってる1000Wは10秒維持とかそう言うレベルなのかな。




FTP250W、瞬間最高出力1000Wのプロ選手はプロとして活躍できるのだろうか?




そんな事を考えてました。









あっという間の初回体験でしたが面白かったですね。







あとは年会費含めてお金の問題だな。





今自宅でもできる事は…





・家にローラー台があって漕げる環境はある。




・パワーメーターもあるし、ペダリングモニターもあるので可視化は容易。




・加えてZWIFTなどをパソコン買い換えて導入すれば映像と走ってる雰囲気出すのもできる。










と言った感じが今の環境。





行かないとできない事は。





・トレーナーが付いてくれて客観的に誰かに見てもらいアドバイスがもらえる



・固定ローラー台を使って自由にコースを作成でき、自動でコースの斜度に合わせて負荷連動で走る事ができる。



・お店に来ているプロや実業団所属の人と走行会などで走ったり、交流出来る可能性がある。






まぁざっくりこんなとこか。







このメリットの為に…




年会費5000円+登録料1800円(初回のみ)+都度使用量3800円(トレーナー付)なのでだいたい月に4500円。





ちょっと安いジムに月一回通う感じ。






それを高いと取るか、安いと取るか。







そしてお店が千駄ヶ谷なので地味に遠い。






練習なんて物はどれだけ追い込んでやるもやらないも自分次第。





一人だって練習出来る環境があればいくらでもやれる。






より良い環境で練習したいかどうかなだけ。








でもすごい面白かったんだよなー。







悩むけど結局通ってそうw







良さそうと思うものはとりあえずトライすると言うのが自分流。





1年やってみてダメなら行かなきゃ良いだけだしね。







今年で通ってた整体やめるつもりだから、正直資金はどうとでもなる。









にしてもいったい自分はどこに向かってるのかな。







たまにふと何度も思う。






漠然と20代前半に想像して、なろうとしてた30歳とは大きく違うね。





良くも悪くも結婚したいと思っていた元カノがいなくなってから全てが変わった気がする。





28歳で結婚して、30歳で一人目の子供。そんな風に思ってた。





きっとそんな未来だったらこうやってロードバイクに必死になってる自分も、アイドルが好きになる事も絶対になかったと思う。



自分は運命論者だからそれが良い悪いではなくて、人は運命の中を生かされ翻弄されているだけだと思ってる。




だから物事には必ず意味ができる。





それが彼女がいなくなり趣味に生きるしかなかったと言う現実を思い知らせる為だけの意味かもしれないし、こうやって自転車やアイドルを通してたくさんの人に出会えた事かもしれない。





良いばかりとは限らないし、悪いばかりだとも限らない。




それを楽しんでいたいし、目の前の事は一生懸命やりたい。





基本は楽しんでるだけだけどね。






どんなに真面目で人が羨む人生を歩んでたって、楽しくないならそんなの嘘だと思うから。





ちょっと最後は脱線してしまいましたが、今日はこんなところで。




ではまたー。





最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。



やっと仕事で身動きの取れなかった1ヶ月半が終わったので、日曜日は一人で奥武蔵グリーンラインに行ってきました。


DSC00103.jpg






9時までは身動きが取れなかったので、9時を待って出発。



そして夕方から用事があったので、自走はせずに車載でとりあえず鎌北湖まで。






奥武蔵グリーンラインは特に道の定義があるわけでは無いらしいのですが、一般的なコースは12の峠の組合せからなる全長30kmほどのコースのことを言います。




このスタート地点をどこに置くかは人それぞれなんですが、自分は鎌北湖側から行く場合が多いです。




逆の定峰峠側から鎌北湖を目指すのでも同じなんですが、駐車場とかもあるし、トイレもあるのでこっちの方が便利なんです。





難点は白石峠を走るには、ちょっとプラスアルファになる感じですかね。




白石峠はたいてい無視してるのであまり関係なんですけどね。







と言うわけでとりあえず鎌北到着。



DSC00114.jpg



DSC00099.jpg



釣りをしている人はいっぱいいますが静かで良い所です。






ここを拠点に30km先の定峰峠を目指して走ります。






定峰からは折り返して鎌北湖まで同じ道を戻ってくる往復全長60km獲得標高約1900mの楽しいライドです。





奥武蔵グリーンラインの素晴らしいところは、この片道30kmの区間全て林道なので信号なんて一つも無いところですね。





そして黙々と上り続けるというよりはアップダウンの連続で、8%~11%ぐらいを中心に上り下りが繰り返されます。






車通りも言うほど多くないので走りやすく、見通しが悪いので下りを飛ばしたり、危険予測さえ怠らなければこんなに練習に適した道はありません。






自分も自宅から近ければ通うんですが、いかんせん下道で1時間30分近くかかるのでなかなかの距離なんですよね。





自走にしちゃうと150km近くで獲得標高も2000m越えちゃうのでかなりヘビーな内容になります。






なのでたいてい車載でグリーンライン往復してサクッと帰るのがちょうど良い。





今回はちょっと遅い時間なので道が混んでましたが、早朝に出れば1時間ちょっとで着きそうな気もしますし。






そんなグリーンラインを一人で満喫してきました。







とりあえず鎌北湖出発してグリーンラインへ。




まず一個目の関門はここ。


DSC00113.jpg




基本一本道なんですが、要所要所にそれっぽい分かれ道が出てきます。




この数カ所のポイントだけ間違えなければ問題ないんですが、まあ知らないとややこしい道です。





基本は県民の森を目指す+峠と名の付く方が正解のパターンが多いです(絶対では無いのであしからず)







とりあえずこの写真の道を左折してグリーンラインに突入していきます。






この日のグリーンラインの状況はウェット。




道は濡れていて、泥も結構流れ出てきてるので決して良い状況ではありません。





鎌北湖側からのスタートは序盤から一気に10~12%近い上りがガンガン攻めて来ます。




まあ特に雨降ってるわけでもないし、天気は晴れているけど暑さはさほど暑くない理想的な状況なので走りやすそうだなと進んでいきます。





グリーンラインの良いところは林道のようになってるせいか、普段の道と比べるとかなり涼しいです。



逆に春先や秋口は舐めてかかると寒くて死にます。






ちなみにこの日埼玉(秩父)の最高気温は32℃となっていましたが、ガーミンの平均気温は23℃でした。






スタートしてすぐに異変に気付きます。





ダンシングしてガンガン上っていこうとしたら…








「タイヤが滑って空転して進まない…」









マジですかい。そりゃこの日から新品のIRC ASPITE PROに変えたのでまだ皮剥けて無いのかもしれませんけども。




さすがネットでウェットに弱いとみんなが言うだけのことはあるかもしれません。






もうツルツル。新品だから仕方ないのもあるんでしょうけど。





ダンシングを封じられて軽いギアでトルクを抑えながら進むことで心臓に負担はかかりますがペースはそれなりに維持して上りました。






しかしちょいちょいあるグレーチングでもガンガン滑って後ろのタイヤがサイドに小刻みにスライドするので怖い怖い。




このタイヤ雨になることが分かってる時は絶対に履きたくないなと心から思いました。







結局全行程最後までやんわり滑ってたので、新品で皮が剥けて無いから滑りやすいわけでも無さそうです(でもだいぶ良くなって後半はグレーチングと最大パワーで踏んだときしか滑らなかった)





DRYバージョンを買って使ったのですが、WETバージョンが併売されている意味がよく分かった気がしますw






それにしても相変わらず地味にキツイ。





特に一人だと自然とペースが上がっていっちゃうので辛い。




前半戦を終えて定峰峠に着く頃には結構ヘトヘトでした。





DSC00102.jpg





鎌北湖側からだと折り返しの後半戦の方が前半戦より3割減ぐらいで楽になるので、前半を中心に漕いでみました。







しかしあらためて思うのは全然調子が戻ってない感じがする。





体は切れてないし、結構荷物持っていたのもあるとは思いますが何となくスピードに乗らないし思い感じがある。





あと一ヶ月でもっと絞らないと、この三ヶ月間何も成長していない結果になってしまいそう。





そんなことを考えながらコーラで補給。



来る前に散々ご飯食べて来たので、お昼ご飯はパス予定ですが水分補給はしっかりします。







そのまま定峰峠を上り切ったら、そのままさらに上を目指して堂平天文台まで上がります。





さっき休憩したのにまたしばしここで休憩。



DSC00105.jpg



結構高くまで上ってきたせいか景色が良い。


DSC00104.jpg


頂上には天文台。



ここで休憩したり、軽くご飯も食べれるので奥武蔵グリーンラインに来た際は昼食ってのも良いかもしれません。





それ以外は茶屋が数件あるぐらいでめぼしいところも無いですからね。




DSC00103.jpg









最後の給水と自販機でポカリ買おうとしたらこんなに大きな蛾が。



DSC00106.jpg




蛾は嫌いなんですけど、蛾のフォルムってなんでこんなに洗礼されていてかっこいいんでしょうね。



戦闘機とかこの形で作れちゃいそうな程かっこいいです。蛾は嫌いですけど。








復路はゆっくり写真撮りながら行こうと思ったので、今まで全く気にしたことが無かった峠をちゃんと数えながらのんびりポタリングモードで行くことに。



DSC00108.jpg

DSC00109.jpg

DSC00110.jpg













三個で見失う大失態により撮るのを諦めましたw




顔振峠とかどこにあったんだろう。。。。













グリーンラインと言えば自分の中ではこの岩。


DSC00101.jpg




本当にすごい大きさの岩がグリーンラインの道沿いにあります。いつ落ちてきてもおかしく無いですよね。








途中に廃墟と化した茶屋のような物の跡があるんですが残念な看板です。





DSC00111.jpg





DSC00112.jpg








禁険につき注意の模様。グリーンライン通る人はみんな気になるみたい。








結構戻ってきて路面も乾いてきたので、だいぶ走りやすくなってきました。






復路は後半下り中心になるので助かります。





ガンガン濡れてたら滑りまくってそれこそ落車しかねないですからね。







そのままゆったりと下って鎌北湖に戻ってきました。






休憩等挟んだら約4時間ってとこですかね?





その間ずっと走り続けられる道というのはなかなか無いのでやっぱり貴重な道。





片道だけでカロリーも1000kcalぐらい消費できるので、効率はなかなか良いと思う。





速い人はもっと早い時間でクリアするんでしょうけど、下りとか見通し悪い箇所がたくさんあったり、お世辞にも路面は石だらけで良い状態とは言えないので急いで漕ぐことはオススメしません。





見通しの良い上り坂だけ頑張ってあとは流すぐらいがちょうど良いと思います。




なかなか良い練習になりました。





17日の今日もせっかくお盆休み最終日で残っていたのに雨で走れないのが本当に残念。





予報では北関東は雨降らなそうだから、あまり行かない北に一人で車載して走りに行こうと思ってたんですけどね。



筑波山とか言ったこと無いし、行ってみたかったので。







残念ながら予報が変わり、全国的に雨になりあえなく断念しました。










今週からはまた尾根幹中心にガンガン夜練して感覚を戻していきたいと思います。






ではまたー。







最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村







どうもー。




今日は初心者向けになるかは分かりませんが、タイヤ・チューブ交換の記事でも書こうと思います。



IMG_2565.jpg






最近新しくいろんな人と知り合う機会があります。




多摩のチームに所属しているのが大きいかもしれません。



どんどん登録員数は増えて、気付けば100人を越えているような状況です。






そんな中で…





「パンクした際に修理の仕方が分からない。」



「タイヤ交換をやってみるのだけど失敗したり、時間がすごいかかって出先で困る」





そんな風に困っている人を見かけます。





パンク修理って自転車の自分でやる作業の第一歩なのですが、意外と上手くできなかったり、失敗して新品のチューブを無駄にしてしまったりして出先のパンクが怖くて長距離走れないなんて初心者もいると思います。





自分がそうでした。笑






雑誌を見たりしながらいろいろやり方を覚えてやってみたんですが、硬くて上手くはめられなかったり。




失敗ばかりでパンク修理自体投げ出して店に頼めば良いやと思っていた時期もありました。






しかしいつも良いところに自転車屋があるとは限りません。





山の中でパンクしたりしたらさあ大変。





そんな自分もこのやり方を覚えてやるようになってから、噛み込んでの失敗は無いし、硬くてはめられないなんて事も無くなりました。





ちなみにこのやり方。レバーは取り外す時だけではめる時はレバーは使わないで出来るので、無理矢理やって噛み込むことが少ないんです。外す時にレバーを使わない方法もあるんですけどね。





と言うわけで前置きが長くなりましたが、自分なりのやりやすいタイヤ交換いってみたいと思います。












1. タイヤ・チューブを外す





DSC00071.jpg




当たり前の事ですが、タイヤ交換なのでまずは外さなければいけません。




素手だけでも外せるんですが、なかなか疲れるし力を使うので外す際はレバーを使います。




レバーは定番のこいつを使ってます。








定番品なので使いやすいし、安いので良いですね。





まずは空気を全部抜いて、バルブの対角線上にレバーを入れます。



DSC00072.jpg





そしたら一本目をスポークに引っかけて、その横に2本目、3本目と入れていきます。


DSC00073.jpg


DSC00074.jpg




3本目が入ると2本目がゆるくなって抜けます。




DSC00075.jpg




そしたら2本目を3本目をまたいださらに横に。これを繰り返していくとタイヤが徐々に外れてきます。






一通り終わるとタイヤが片側だけ全て外れると思います。



DSC00076.jpg




そのあとはチューブをまたバルブの対角線から引き抜いて外していきます。


DSC00077.jpg





最後はバルブのネジも外して、チューブをホイールから完全に取り外しちゃいましょう。



DSC00079.jpg



DSC00080.jpg






この時出先でパンク修理の場合、何が原因でパンクしたのかを確かめるために、どの位置が原因でパンクしているのかを確認します。



DSC00081.jpg



と言うのもパンクの原因が異物が刺さってなどの場合、新しいチューブに変えてもその原因を取り除いたり、パンク原因を特定しなければまたすぐパンクする可能性があるからです。



パンクの位置を特定したら、そのチューブの場所と着いていたタイヤの場所を照らし合わせてタイヤ自体もチェックします。



DSC00082.jpg





タイヤに亀裂や穴が空いていたり、異物が刺さっている場合はここで原因を取り除きます。




穴や亀裂が予想以上に大きい場合、そこから空気を入れた時にチューブがはみ出てパンクしたり、再びそこから異物(小石等)が入ってパンクする可能性があるため塞ぎます。






応急処置の場合ガムテープやテレホンカードのような硬くて曲がるような物で塞ぐことも出来ますが、こんな物が売られているので買って持っておくと相当便利です。







確認が終わったらその後のパターンは2つあると思います。




・タイヤを交換するか、タイヤはそのままでパンク修理だけか




タイヤを交換しない場合はこのあとチューブ交換もしくは、チューブ修理になるわけですが今日はタイヤ交換パターンで書きます。






片側外れたタイヤを外すのはもう簡単。力でグイグイ外していきましょう。







2・タイヤを取り付ける




完全にタイヤが外れたら新しいタイヤを用意します。





この際、向きが指定されているタイヤがあるので注意が必要です。

※矢印等で進行方向が指定されている。





まずは片側だけを力で同じようにはめていきます。


DSC00082.jpg



どう取り付けても良いのですが、ロードバイクの常識的にはバルブの位置にメーカーのロゴマークなどを持ってくるのが定説となってるのでバルブとロゴの位置を合わせます。(違うと問題があるわけではない)



位置を合わせるのはパンクの際どこが原因か特定するのにわかりやすいから。







3.チューブを取り付ける




次にチューブです。





チューブは先ほども書いたように、新しい物に交換するか、修理して使うか選ぶわけです。




修理する場合は自転車屋さんで修理してるとこ見た人もたくさんいると思いますが、こんなパッチを使って穴を塞ぎます。






ただ個人的には修理よりもチューブごと替えちゃう方がオススメ。





ちゃんと管理していれば頻繁にパンクはしないので、パンクしたときは替え時言わんばかりに新品にしちゃう方がパンクリスクがグッと減ります。








通常は接着剤を付けたりするんですがめんどくさいので、接着剤不要でシールになってるこのイージーパッチのような物を使った方が楽で荷物がかさばりません。





取り付ける際はチューブにまず軽く空気を入れます。



DSC00083.jpg





出先ではこういった簡易的な空気入れがあると便利。







あくまで簡易的なのでこれだけで最後まで入れるのは不可能に近いです。あとで紹介しますがボンベ派にはこれが小さくて良いです。



ボンベを使わない方はもっとちゃんとしたポンプが必要です。








チューブは形を保てるぐらい空気を入れます。




DSC00084.jpg


入れすぎに注意。最小限で大丈夫です。








空気を入れたらバルブの位置からチューブをはめて、まずはタイヤの中にチューブを入れていきます。



DSC00085.jpg






あくまでタイヤの中なので、ホイールにはめる必要はありません。





タイヤの中にチューブをはめたらいよいよホイールの中にチューブをはめます。


DSC00086.jpg




バルブの対角上位置から両手の親指の腹を使ってタイヤの上からグイグイ押し込む感じで入れるとはめやすいと思います。


DSC00087.jpg



この際左右同時に同じスピード進めるとより良いです。








チューブが全てホイールの溝の中に収まったら、バルブをちょっと引っ張ってもう一度目でチューブがちゃんと漏れなくホイールの中に入っているかを確認します。




こういう一つ一つの確認が失敗のリスクをグンと減らします。





4.タイヤをはめる





最後はタイヤです。




チューブをはめたら同じ要領で今度はタイヤをはめていきます。



チューブの時と同様にバルブの反対側から両手親指の腹を使って偏りが出ない用に左右同時にはめていきます。



DSC00088.jpg




snap_rokirokiz_201584182417.jpg






残り1/4ぐらいになると途端に硬くてはめられなくなってきます。



そうなったところで空気を一度全部抜いてしまいます。






するとさっきまで硬くてはめられ無かったのが嘘のように、また同じ要領ではめられます。



タイヤやホイールの相性によって硬い場合もあるのでその際はもう力技で、はまってるとことはまっていない境目を向こう側に押し込む用に指の腹でひたすら頑張る。







最後バルブの部分がもし上手くビードが乗らないようであれば、バルブを一度引っ張るか押し込んでみてください。









5.最終チェックは念入りに




タイヤが全てはまったら下の写真のような要領で、両側タイヤをずらしてチューブが噛み込んで無いか全てチェックします。


DSC00090.jpg



この時もしチューブがはみ出して大量に見えているようであれば噛み込んで空気を入れた瞬間バーストする可能性が高いです。




なので最終チェックは念入りに。




もし噛み込んでいた場合はチューブをサイド外してもう一度同じ手順で取付直ししてください。







6.空気充填





ここまで来れば終わったも同然。





最後は空気を入れて終了です。



IMG_2571_20150814110647808.jpg





出先で携帯ポンプ使用の場合はここからが大仕事ですけどw






ポンプをおよそ100~500回(ポンプの能力による)ポンピングして空気を入れるわけです。





真夏の炎天下の中とか死んじゃいますよ。でも確実に出来る安心感はあります。




しかし自分はそんなクソめんどくさい事は嫌いなのでこいつの出番。








「CO2ボンベーーーーー」


IMG_2571_201508141137503b5.jpg












もう間違いなく。このTNIのをオススメします。



他のは上手くやらないと失敗する率が本当に高い。このTNIは信頼感が違います。




ボンベ1本しか持ってないのに、ミスった瞬間出先では地獄を見ます。





このCO2ボンベを使えば、バルブをひねって1秒で充填完了。




何百回もポンピングして汗ダラダラにら無くても、1秒で終了。




時間が全然違います。





この味を覚えてしまったらもう戻れません。





ただ簡易的なポンプは何があるかわからないし、ちょっとチューブに空気を入れなきゃいけないので持っていて損は無いです。



と言うか両方持っていれば良いんです。完璧です。









いかがだったでしょうか?




出先のパンクは初心者や慣れない人にとっては恐怖でしかありません。



せっかくの楽しいロードバイクの楽しさが半減してしまいます。




でもパンク修理の方法さえマスターすれば怖い物無し。安心してサイクリングできます。



そしてこのページからCO2ボンベやその他必要な道具を買えばもっと安心w





と言うことでこの辺で今日は終わりたいと思います。




ではまた次回ー。









最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村






どうもー。


今日は新しいタイヤについて。




前にサクッと書きましたが、しばらくNEWタイヤをどうするか悩んだあげく、このタイヤに決めました。





【IRC ASPITE PRO DRY 24C】

IMG_2571.jpg












前回までは王道のコンチのGP4000SⅡを使っていましたが、今回は初のIRCです。



S-WORKS TURBOと最後まで悩ましたが最後はこの価格で軍配。




その辺りは前回のブログでどうぞ。



8/2記事【最近気になってるタイヤ】







GP4000SⅡはとても良いタイヤだったんですが、いろいろ使ってまた戻れたら良いなと淡い期待の元さらに良さそうな物への探求心です。




GP4000SⅡの強みと言えば、そのロングライフとコストパフォーマンス。



10000kmは頑張れば人によっては履けるんじゃ無いかという高寿命と、その他スペックもなかなか良いのに価格はそれなりというまさに万能タイヤでした。





しかし昨今の値上がりに乗っかって価格は上昇。




そしてクリンチャータイヤのさらなる進化によって、そのメリットはだいぶ薄くなってきました。




弱点はサイドカットで、寿命をまっとうする前にサイドカットでご臨終なんて事も多々あるようで。






幸い自分はそう言った事は無かったんですが、よりパンクに強いタイヤってのはそそられます。





その点今回買ったIRCのASPITE PROはスペックだけ見ればまさにGP4000SⅡを進化させたようなタイヤ。


IMG_2565.jpg







サイドまで覆われた耐パンクガード、昨今定番になりつつあるタイヤの太さの変更とワイドリム可の流れに伴うエアロ効果。





そんな主流になりつつある物への対応を全部やってみましたと言う、てんこ盛りなタイヤなんです。





加えて転がり抵抗は低く、重量も軽量というまさにいいとこ取り。





欠点は雨の時のグリップ力と剛性感が高いみたいなので乗り心地があまり良くない点ぐらいですかね。



DSC00054_201508101838180af.jpg




雨のグリップに関してはDRYとWET用のタイヤが出てるので使い分けで対応出来る模様。






タイヤの太さは24Cと26Cと言う何とも言えないチョイスですが、この辺はまさにスペシャのS-WORKS TURBOをバリバリ意識してきたなと言う感じで、前回も書きましたが噂によればIRCが製造してるらしいので基本性能は同じなのかもしれません。




スペシャとIRCが謳ってる性能で明確に違う点はサイドのエアロ・フィンによる空力効果ぐらいでしょうか?




このエアロ効果はほとんど体感なんて出来ないレベルでしょうけどね。




まあ何より一番は価格です。




AMAZONの最安価格で買った時は1万円セットで切るわけですから。




・IRC ASPITE PRO 9,500円


・コンチ GP4000SⅡ 10,900円


・S-WORKS TURBO 14,400円





※全て2本セット最安。スペシャは対面のみなので定価。









GP4000SⅡも昔はもっと安かったらしいのですが、現在はそれなりの価格に。




1本あたり700円も違うとなかなか価格差は出ますよね。




スペシャは価格の面で言ったら論外ですから。




でもスペシャ製品にハズレ無しと言った神話が自分の中で出来つつあるので正直高くてもそそられます。





さてまずは見た目の写真と計量からいきたいと思います。





見た目はとてもシンプル。






メイドインジャパンなんて入ってるとこがなんか良い感じ。


IMG_2567.jpg





肝心のエアロ・フィンが始めどれか分からなかったw


IMG_2568.jpg





フィンって言うぐらいだからこんなの想像してたんですけど、実際はただの三角の出っ張りだけなんですね。





snap_rokirokiz_201586182455.jpg



ひどい落書きですなw






左が想像していたフィンですが、実際は右側のような三角の出っ張りでリムとの溝をフラットにして空力を稼ぐ程度のものでフィンというよりは出っ張りって感じですよね。





絵が雑すぎるのはすみません。






写真だとほとんど分かりませんね。



IMG_2568.jpg


IMG_2567.jpg







次は肝心の計量。









公表は205g。実際は…










前後共に210g



IMG_2570.jpg


IMG_2569.jpg







まあ十分誤差の範囲ですけどちょっと重いですね。






結構ネットみてると実際より軽いの多かったから何となく残念。







そしてネットに書いてあった通りはめにくさはなかなかですよ。




まあー固い。




でも自分がやっているタイヤ交換方法では出来ないレベルじゃない。




人によってはレバー使ってやってチューブ噛み込んじゃってる人もいるみたいです。




はめにくさ指数はかなり高めですのでご注意を。






とりあえず今月はまだローラー月間が残ってるので前輪のみ交換。





後ろのGP4000SⅡと見比べてみてるんですが、これ本当に24Cなんですかね?w


IMG_2565.jpg


DSC00054_201508101838180af.jpg






あくまでパッと見た感じですがすごく細く見えて、GP4000SⅡ23Cの方が太く見える不思議。




とりあえず走行感はまだ後回し。





前後変えて外では乗ってないからね。





前のみ変えて空気圧7.5ぐらい入れて日曜日に乗った感じだと、言われてるほど剛性が高い感じはしなかった。




むしろ適度にもっちりしてて突き上げはGP4000SⅡの方があるような気さえしました。





それでも柔らかい系のタイヤと比べたら全然硬いですが、最上級に硬い部類では無いと思います。





そんなとこですかね。





とりあえずまた実際にしばらく走ってみたら感想書きたいと思います。






ではまたー。












最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
... 続きを読む
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。




前回は無駄な過去の回想が入って長くなってしまいました。




今日こそはサクッと終わらしたいと思います。







アルプロンの意外な落とし穴はその相性。




と言うかサプリ系全般に言えることなのかもしれませんが、どんな物でも相性が大事。





エースも愛用してると言うことだったので、アルプロン買ってみたんですが自分には相性が良くなかった。





クレアチンの時のように腎不全になっちゃうとかそんな大げさな物ではなく、そのタンパク質の含有量のせいなのか、とにかく便秘がひどい。





基本的に下痢リアンの自分は一年を通してお腹は緩めなので、便秘なんて物とは無縁です。





しかしアルプロンを摂取し始めてからという物、便秘でお通じが全くありません。





そして極めつけはオナラが超絶臭くなりました。




これはいろいろと生活にも支障が出てくるレベルなので早々にアルプロン摂取を中止。




結局元のザバス アクアホエイプロテインに戻りました。










ただアクアの疑問点はずっと使ってますが、効果どんだけあるんだろうという点。





目に見えてガンガン筋肉が付いていく事が無いので、全く効果が無いんじゃないかとも思ってしまいます。







ただ自分でも不思議なのは、筋肉量とタイムは必ずしも比例していくわけじゃないんだろうなと思うところ。






前回も書きましたが、脚の筋肉は肥大化していくどころか、ある時を境にむしろ締まってるぐらいで大きくはなっていない気がします。




しかし現実的には山のタイムは良くなって、スプリントの速度(ローラー台での)もどんどん上がっていてるわけです。






2月のローラー台月間の際はタバタを中心にウェイトアップをはかろうと筋トレを集中的にやりました。





結果は筋肉としてはやや肥大化したんですが、その後の違和感と体のキレてない感じが嫌で結局筋トレは止めてしまいました。





結論はとにかく筋肉でかくなれば良いってわけでもないんだなと言うのと、飲む物の相性ってすごく大事だなと言うことに行き着きました。




同じような物をサプリ大好き人間のエースも摂取してるんですが、彼には何も問題が無いようです。





クレアチンももしかしたらクレアチン自体と相性が悪いのではなくて、摂取していたメーカーとの相性が良くなかったり、あまり良い成分じゃなかったからという可能性もあるので、大量に余ったクレアチンはエースにあげて様子を見ようと思ってますw







ついでにアルプロンもあげて様子を見ようと思いますw







エースで様子を見ようと思います。w








クレアチンを止めてから体の調子は良いものの、やっぱり最後の粘りというか踏ん張りが薄れた感はどうしてもあって、クレアチン飲めばまたあの感じになるかなと思ってしまうのがまさにドーピングってこういう事だなと思ってしまいますね。




この思いこみこそがプラシーボなのかもしれませんけど。








そんな紆余曲折自分なりにいろいろ試して、とりあえず今はこんな感じで落ち着いてます。









【プロテインはそれなり。重視は回復系。活力系は無視】




この通りです。




運動をする以上筋肉はある程度付けたいし、それがパフォーマンスに影響することは当たり前です。





よく野球でも…



・ウェイトトレーニング、筋肉の動きを妨げてキレが無くなる(古い人の考え方)



・いやいや、そんなわけ無い。ウェイトトレーニングを現代スポーツ科学的では当たり前に必要な事だ(メジャーなどでは一般的)




と言った感じでいまだに価値観が二分してますよね。



野球の用に重さがそんなにデメリットにならないスポーツなら後者で良いんでしょうが、ロードバイクは山を上るためどうしてもパワーウェイトレシオをないがしろにすることは出来ません。



当たり前ですが体重が100kgあって500W出せる人と、体重50kgで250Wの人が同じ5W/kgになるんですから。



無駄に肥大化させた筋肉はいらない共言えます。






まあ大きくさせたことで、体重増加分以上に出力出せるようになるならでかくした方が良いわけですけど。







と言うわけで自分なりにプロテインは現状やった分にたいして不足しない程度に、いちおう摂取するぐらいでちょうど良いと言う結論になりました。







大事なのは回復系。




疲れやすい、そして疲れが残りやすい自分にとっては実は一番これが天敵。




人と比べて疲れるのが早く、回復が遅ければそれだけ質の高い(高負荷)な練習を出来る時間が減ります。



当然その差は練習量として現れるわけです。




ナチュラルに寝たら疲労回復する人は良いんでしょうが、1日追い込んだら次の日は休まなければいけない自分にはその分を少しでも何かで補わないと翌日の仕事にも影響出るし、楽しく自転車に乗れません。




なのでとりあえず現在はいろいろ試し始めた状況ってとこなんです。







どれが効果が体感できて、どれがコストパフォーマンスが良いのか。






特にタバタやった翌日は疲労感が結構残るので、少しでも回復させれば連日結構追い込めるなと考えてしまいます。




そんな中で現在試している、試してみようと思ってるものを。




【グリコ パワープロダクション クエン酸&BCAA グレープフルーツ風味 1袋(12.4g) 10袋】






価格の安さとまずは定番っぽいのという方には良いと思います。



味もちょっとすっぱめのスポーツドリンクと言った感じで飲みやすいですね。





ただ効果は単体だとそれなり。






体感でこれ飲んだから無茶疲労感が抜けたとか、疲れにくくなったとは感じるまでは行きません。






でも疲れが溜まってるなと感じてる時や、運動後に飲んでおくとやはり翌日は少しまともです。




【コエンザイムQ10 SPORT】







割高なのでなかなか手が出ません。



前から気になっていたらなるしまで賞味期限近いせいか半額で売っていたので思わず買ってしまいました。



顆粒になっていて溶かさなくても、口の中に放り込んでちょっと水があれば美味しく飲めるのも良いですね。





単体でも結構効き目を感じるんですが、先のBCAAと一緒に飲んだ翌日は明らかに体の調子が良いです。



疲労感が抜けてかなりすっきり。




でも値段が高いのがねー。








そして最後に現在気になって買ってみたものがこれ。






【グリコ パワープロダクション エキストラ アミノアシッド】






薬事法が変わって、成分が変わってから効果が薄くなったともっぱら評判ですが、ずっと気にはなっていたので買ってみました。



3000円程度で50日分あれば値段もそこそこですしね。





これで効果が体感できれば、成分みながら海外物のもっと安くて似たようなもの探せば良いわけですし。





どのサプリも成分見れば似たような成分でもっと安いのが海外物で溢れてるので、製品に対するブランドの安心感とか気にしないなら海外物の方がより良くて安いものはいっぱいあります。






どのサプリも同じなのはあくまで翌日に体が重いとか、怠いと言った類の疲労感のみにしか効果が無いと言うところ。





物理的に筋肉削って筋肉痛的に体が重いとか、怠い場合は当然ながら激的に体感するような疲労回復感はありません。




それでも目が覚めたからシャキッと起きれる感じはやっぱり全然違うので、朝から気が重いみたいな事で言うなら気分が全然違います。







どんな物も効果が人によって実感できると言う人と、実感出来ないと言う人がいるので一概には言えませんが、体の調子が気になったり整えたいと思っている人は試してみてはいかがでしょうか?




では今日はこの辺でー。




















最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





どうもー。



今日はサプリ系。






プロテインやらクレアチンやらBCAAやらオルギニンやら…





サプリメント系をいろいろ摂取してる方は多いと思います。





そしてこの子達どれだけ効果があるのか明確に数値で出るわけじゃ無いから、どうしても体感でプラシーボになりがち。





何が効果があって、何が効果が薄いのかなかなか判別するのは難しいですよね。






例に習って自分もプロテインから始めて、クレアチン使ったり、BCAA飲んでたりいろいろやってます。





今日はクレアチンを止めたその後と、現在も使ってるサプリを紹介したいと思います。









【自転車を始めるまでの流れ】




ロードバイクを始めたばかりの頃は、それこそ運動らしい運動は草野球程度していませんでした。




高校一年生まで続けていた野球以降は継続的な運動をすることは無かったと思います。





もちろんプロテイン等を摂取したこともなく、ただ好きな物を好きなときに好きなだけ食べていました。



煙草も3日で1箱程度には吸ってましたしね。





それでも20代前半の若さ故の体質か現在と変わらない身長175cmのまま体重は50~55kgを一年かけて行き来するという謎の体質&今になって思えば超羨ましいクライマー体型でした。





175cmの50kgってBMI16.33なんですよ。もう病気ですね。






ちなみに高校1年の野球部時代全盛期は174cmで体重は夢の47kgでしたw




あの頃は死ぬ気でご飯食べまくってたのに全く太れずガリガリになる一方でしたね。




BMIは15.52ですよ。こんな数値あり得るんですかね。






それから大学生、フリーターと歳を重ねても一向に体重は増えることなく25歳を向かえました。






25歳になるちょっと前に転機が訪れます。




彼女に振られ気力を失い、なぜか禁煙を始めて、ついでに断食も始めると一気に体重が15kgも増えた!!





自分でも驚きを隠せませんでしたが、あまりのショックから食べ物が喉を通らないし、食欲が無いという体験を人生で始めてしました。



まず1週間でうどん2杯程度しか食べれない期間が2週間ほど続いて、意図せずに断食w





その後復活してからは、なぜか急に思い立った用に禁煙を始めて、口寂しさからハイチュウとぷっちょを爆食い。





気付けば身長175cm、体重69kgと70kg目前の体型に。





体脂肪率は20%越えて、なかなかの体型に育ってしまいました。






それでも見た目にはちょっと太ったね程度だったのがよく意味が分かりませんが。





そのまましばらく社会人になったばかりで忙しい毎日に対応する事に必死でした。





27歳でロードバイクに再び乗り始めると体質はみるみる変化。






体重こそ現在は63kgとそこまで変わっていませんが、たぶん筋肉と脂肪がかなり入れ替わっているのだと勝手に思ってます。




体脂肪率は14%まで減って、まだまだしぼった体とは到底言えませんが、徐々に体質は改善されている気がします。













【自転車を始めてから】




当初は速く走りたいなんてあまり思っておらず、地元の一緒に始めた仲間内でどこかに旅行がてら行って達成感が味わえれば良いと思ってました。




それでも地元の仲間なので小・中学校からの腐れ縁。




一緒に走れば競いたくもなるし、負けたくない気持ちも生まれます。





そんな中で例に漏れずまずはプロテインに手を出すことに。



その辺はエースがすごい詳しかったので、とりあえずホエイプロテイン買えば良いんじゃないと言うことで、もう短絡的な思考でザバスのホエイプロテインを購入。




これがクソまずい。




美味しい普通のココア味程度なんですけど、運動後にこんなの毎日飲みたくないと早々に挫折。




エースに泣き言を言うと、同じザバスのこんな物をオススメしてくれました。


【ザバス アクア ホエイプロテイン】





プロテインのタンパク質含有量としては微妙なのかもしれませんが、その飲み味はピカイチ。




普通のスポーツドリンクと変わらない感じでガブガブ飲めるので、味が苦手でプロテインを止めてしまった人は超おすすめです。




とりあえずしばらくはずっとこのアクアを飲み続けていました。





まだ自転車をちゃんとやり始めたばかりというのもあるんでしょうけど、グングンと太ももが太くなっていくのを実感できました。





これに味をしめてエースが飲んでるというのもあってさらに飲み始めたのが…



【クレアチン】





クレアチンは半信半疑だったんですが、飲み始めてみるとプラシーボだと言われればそれまでですが、明らかにバテてからの粘りが良くなった気がして、山で辛くなったとこからさらに踏めるそんな感覚が気に入ってしばらく飲んでいました。






しかし飲み続けてからしばらくすると、常に下半身にだるさを抱えるようになりました。





これが原因かは定かではありませんが、血液検査に引っかかってこのまま悪くなると腎不全になると言われて飲むのを止めました。





飲むのを止めてからはとりあえず血液検査も引っかからないし、体調も元通り。





出費がかさむと途中から徳用のでかくて安いクレアチンに変えたのが原因かもしれません。




いちおう純度を謳ってるメーカー物を買ったので安心していたんですが、それが悪かったのかもしれないのでいずれはもう一度試してみたいと思ってます。







クレアチンを止めたあとは、そのまま継続でザバスアクアをスポーツドリンク代わりにガブガブ。






しかしロード歴1年半を過ぎたぐらいから、脚が太くなることは無くなりました。






エースや周りにも「タイムの割に脚細いよねー」なんて言われるぐらい、たいしたことのない太もも。





もうちょっと筋肉付けようと再びタンパク質含有量の多そうなプロテインにトライ。





いろいろ探した結果こんな物に行き着きました。



【アルプロン ホエイプロテイン】






味はまあ美味しい部類。



そもそもたいてい美味しい。自分が過剰に苦手なだけなんですよね。





でもソイプロテインは無茶苦茶粉っぽさがあるので注意してください。



マジでリバースしそうになること数回で諦めました。





アルプロンはしばらく続いていたんですが、まさかの落とし穴が…













今日は長くなったので久しぶりにこの辺で続くと言うことでw






次回続きを書きたいと思います。





ではまたー。












最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
... 続きを読む