人気ブログランキングへ
どうもー。



今日はしばらく使ってみた…



ワコールのCW-Xの話。




実は買って早々転けて膝に小さな穴あけちゃったんです。

ショックでしたね。だって17000円ぐらい確かしましたから。


まぁ自分がいけないんですけど、CW-Xを買うに至った一つの理由…





【無償修理】





を早々に試す事になりました。




詳しくはいろんなブログに書いてあるので調べてくださいね。



問題は今回の穴が修理出来ないとワコール側が指定してる、縫い目から5mm以内に穴があること。





ダメ元で送ってみます。




過去にはかなり酷いのでも無償修理してくれたみたいですが、あまりに酷い物や修理件数がすごいあったんでしょうか?


今はかなり限定的での修理になりました。





まずは問い合わせしてそこに書いてある通り、送料こっち持ちで送ります。





するとすぐに返信が。








「申し訳ありませんが修理お受け出来ません。」







やはりそうですよね…








しかしすごく丁寧な対応と送料はあちら持ちで送り返してくれました。



人柱になったので言っておきます。


修理不可項目に少しでもかかる場合、出来ない可能性の方が高いです。


過去の事例のブログでダメ元で送るのは送料分こちらも無駄ですし、ワコールさん側も手間とらしてしまいますね。





ワコールさんの方針的に、元の性能を発揮出来ない修理は受けない。


とあるみたいなので当たり前ですが、手間をかけて申し訳ないと思いつつ返送されて来た物を受け取ります。




結局、街の衣類修理屋さんで¥1,800円かけて裏から当て布して厳重に縫ってもらいました。





まぁ正直縫う前と後であまり差は感じられないんですけどねw







さて、前置き長くなりましたが肝心のロードバイクとCW-Xの相性はどうなのー?




と言う事です。





まず僕が購入したCW-Xと言う商品は明確に自転車用ではありません。

使えなくはないですが、専用設計されたわけじゃないです。





使ってまず感じたのが…









「お尻が痛い…」






使用方法としては





パンツ→CW-X→レーパン

or


CW-X直履き→レーパン




で使ってみました。



ちなみにCW-X使用方のメーカー推奨は直履きです。

これはランニング想定してですけどね。





パンツ履こうがCW-Xの縫目がお尻に擦れて痛い。


結構ロングライドだと厳しい気がします。


もうひとつ気になるのが、脚の締め付けによる可動域です。




プラシーボなのが、実際にそうなのか?




体感でしかないんですが、使った感じMAX時よりパフォーマンスが少し落ちる気がします。

締め付けられることで脚が動かしにくいのが原因だと思うんですよね。


メリットはやはり疲れが残りにくく、次の日が非常に楽です。



裏を返せばパフォーマンス落ちると言ってるんだからそれだけ楽してるとも言えるんですけどね。



なので回復走でのリカバリーする日なんかは重宝してます。





自分の中では



・パフォーマンスを求めるような日は他の薄いタイツ。

・リカバリーする日はCW-X



と言った具合で使い分けています。



全ての人に当てはまるとは思いませんが、結構良い値段するので、自分のように使用することによってパフォーマンスアップを期待するならばあまり効果はないと思います。


むしろ引き締めて可動域を制限することで疲労が溜まりにくい方が個人的には体感としてはあります。





加えてかなり生地が厚いので、夏の使用には間違いなく向かないと思います。





以上が使って見た個人的な感想です。




コンプレッション系のウェアっていろんなもの出てますが、あまり手放しで良いと思えるものがありません。


まぁ良い部分もある反面、着た感じの煩わしさなど負の面も大きいです。



これがサポーター的な使用方法ならCW-Xは効果が高いのかもしれませんが、故障など全くない自分には残念ながら効果の程を試し用がありません。



やはりウェアっていかに快適に着れるかのが自分にとっては重要ですね。


当然空気抵抗も考えないと、いくら着心地良くてもあまりにゆったりして空気抵抗増えるようでは意味がありません。


では今日はこの辺でー。







関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/101-4be24ca4