人気ブログランキングへ
どうもー。


今日はちょっと前に書いてアップ忘れてたやつ。






中華ホイールを買ったのでとりあえず走りに行って乗り味を調べなければと、仕事終わりにいつものよみうりV坂へ。




台風が迫っているので、凄まじい強風の向かい風です。

なかなか条件がこうも悪いと判断しにくいのでこの日は本当に試走程度。



漕ぎ味はとにかく軽い。


乗り心地に関しては、かなりソフトな乗り心地になったけど劇的とは言えないかな。









乗り心地をほとんど気にしない自分にも変化
がわかるぐらいクリンチャーよりマイルドな
乗り心地ですが、この乗り心地が欲しいから
絶対にチューブラー!と言うほどではない。



でもロングライドとかしたらだいぶ疲労度が違うのだろうか?



にしてもパンクリスクとか考えたら乗り心地だけで選ぶ事はないレベルかな。





問題はその漕ぎ味。



まさにシュッと軽い漕ぎ出しには驚く。



試しにRS81も同じ条件(タイヤ、スプロケなど全て付けた状態)で計ってみた。



中華カーボン 720g+1200g=1920g

RS81 1100g+1600g=2700g


約800g違う計算になる。



よくマイナス100g=1万円なんて自転車業界では言いますが、中華カーボンホイール8万だったのでまさにその通り。



以前ローラ台で100g違うホイールを前輪交換するだけで戦闘能力の変化が凄まじいなんてブログを書きました。


それからすると前後400gずつ変わるってヤバイんじゃないかと。




ただ実際の乗り味は漕ぎ出しの軽さはありますけど、単純に8倍とはいかないですね笑




平地はやっぱりRS81のが楽。


なんて言うんでしょう。



加速は速いんですけど、減速も早い。



惰性で進まないから常に漕いでる感じとも言えます。



こんなもんなのかなーとよみうりに向かいます。





よみうりに着いたらしばし深呼吸。


ここまでチンタラ来たから全く息は上がってないんですけど、TTをやるってのは覚悟がいる。




迫り来るあまりの辛さに立ち向かい、なおスピードを緩めずさらなる苦痛に向かうのは軽い気持ちでは無理。


少なくとも自分には無理。




今までのベストは2分11秒。




頂上で倒れこむほどもがいて出したタイム。



あれ以来その記録は破れないし、あそこまで追い込む事もなかなか出来ないし、したくもない。



しかし今日はやらねばならぬ。




テクニックやペース配分とか気にせず、今日は力でねじ伏せよう。



向かい風も相変わらず凄いしね。




スタートから全力ダンシングでもがいて、最後まで行く。垂れても気にせず歯を食いしばる。


というわけでスタート!




開始からフル加速のダンシング。






ヤバイ。何このホイール!






山になった瞬間別物だ!!!





まるで氷の上を滑るみたいに進んでいく。




序盤のストレートを30kmオーバーで40kmに迫る勢いで加速して行きます。


初めのストレートをそのまま登り切り、右コーナーにさしかかるとさすがに息が続かない。


1/3を終えて残りは地獄。


ただひたすら辛さとの戦い。



こうなってくると辛い事には変わらないので、ホイールが軽いとかギア普段より何段重いの踏めるとか全く関係ない。



とにかく苦痛に顔を歪めながらも持てるパワーでもがく。


途中何度も諦めて力を緩めてしまいたくなるけども、必死に食らいつく。


坂を登り切ってラストの短いストレートを最後の力を振り絞ってゴール。


タイムだけ確認してその場に座り込む。














タイムは2分6秒!!














記録更新!!!














でも辛くてそれどころじゃない!笑




しばらく一人路肩に座り込みます。


その間も続々と他のローディさんが登って行きます。




冬はほとんどいなかったけど、さすがに夏はたくさん登ってますね。




ジワジワとなんか実感。




人と競うようなたいそうなレベルには到底ない。

本当にガチでやってる人は凄まじく速いしね。




でもやっぱり、自分はこの瞬間の為にロードに乗ってるんだと思う。









昨日の自分より少しでも速く。









それを達成出来た時が本当に気持ちいい。




ポタリングも好きだけど、それ以上にレースのが好きなんだと思いましたね。






だいぶ話脱線しました。笑








中華カーボンホイール。こやつはすごい。





登りに特化させる選択をして買うならば、最低でも一段は自分のレベルを上げてくれると思う。



平地は今の所はそんなに高評価ではないというか、特段すごい良くなった気もしない程度。

漕ぎ出しは軽いけれどね。





登り限定としてでもこのぐらいの金額なら十分価値があると感じたホイールでした。



また詳しくはしばらく乗ってから書きたいと思います。



ではまたー。





最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/119-9a92ea61