人気ブログランキングへ
どうもー。


最近はいろいろ忙しくてブログの更新が間に合いません。

順番に書いて行きたいと思います。






今日はお盆休み最終日の8/17日に行った…





【Mt富士ヒルクライム】

IMG_1599.jpg


について。では行ってみよー!




富士山をロードバイクで登る際はルートが主に3つあります。



一番一般的で初心者にも優しい

【スバルライン】




キングオブヒルクライムと名高い

【スカイライン】




2つに比べて距離は短いが凄まじい激坂の


【あざみライン】




全てレースが開催されるコースで、それぞれがとても楽しいルートみたいですね。

全部は登ったことないんですけど笑






富士山のヒルクライムと言っても当然頂上までは登れません。


道路が整備されている五合目までしか登れません。



しかし五合目とは言え決して楽ではなく、スカイラインとスバルラインは25km近くひたすら登るわけです。


辛くないわけありません。





自分が初めて登ったのはスカイラインでした。

IMG_0636.gif




まだロードに乗り始めたばかりだったので、本当に壁だと思いました。



でも登った達成感も人一倍で、あれが一つの始まりだったのかもしれません。





今回は二つ目のルート【スバルライン】を登った時の話。



今回の参加メンバーは前回スカイラインを登ったメンバーのエースとYです。


スカイラインの辛さを共に分かち合った3人でまた次のルート登るって良いですよね。






早朝から車にロードを車載して出発。



朝の早い時間もありますが、高速を使ってあっという間です。


東京から午後には帰れる手軽さもスバルラインの魅力ですね。




富士吉田ICを降りてすぐの

【県立北麗駐車場】

と言う所に車を停めます。


IMG_1586.jpg



料金は1000円でしたかね?






スバルラインからはそこそこ距離ありますが登山客もここに車を停めて、ここからバスで五合目を目指します。


ロードバイクで富士山を登る場合はマイカー規制期間がオススメです。


マイカーが入れないので圧倒的に車の量が少ないみたいです。



まぁバスがバンバン走ってましたけど笑







あっという間に入り口です。

IMG_1597.jpg





確か3ルートある中で唯一有料なのがスバルライン。

自転車の料金200円を払ってゲートイン!




今回はタイムを測りたかったので、各自自分のペースで登ることに。



目標は1時間30分切り。







美ヶ原を1時間30分切れたのだから余裕だろうと思ってました。




いざ!五合目を目指してスタート!





登って数分すれば、後ろに二人の姿はもう見えません。



しばらく登って気付くのはやはり圧倒的に楽。



去年から成長した自分がいるとは言え、スカイラインを登った時のあまりに辛かった記憶を思い返すとね。




そうなるとこりゃブロンズどころかシルバー狙えるんじゃないのとウキウキ登る。



しかしスカイラインは前半飛ばし過ぎて、後半凄まじく垂れてしまったのでペース配分に気を配ります。





スカイラインの規制区間からの辛くなる坂のイメージが強すぎて前半だいぶ抑えてました。

今思えばたいしたコース図も確認せずに出発したのが仇になった気がします。



それでも辛い事には変わらないんですが、美ヶ原ぐらい自分の力を出し切った時と比べると余力は残しすぎた気がします。



スバルラインの良い所はかなり細かく五合目までの残り距離を示す看板があるので、とてもわかりやすいです。






それにしても20kmを超える距離になるとまぁー長い。


いつまで登るのだろうと思ってしまう。



普通の山ならどんなにキツくてもたいてい10kmもしくは1時間も登れば終わりですが、そこは日本一の山です。長い。


30分走ってもまだ1/3かと思うとね。








ただここで気付いてしまうんですよね。








30分走れば単純計算でゴールタイムの予測が出来ます。



30分走ってちょうど総距離の1/3をちょっと
下回っていました。


完全に目標タイムに届いてません。



それでも最後に辛くなる予測を考えたらセーブしないととペースを変えずに様子を見ます。

あくまで目標は1時間30分を切ることだったので1秒でも切れば良いわけですから。






さらに30分漕いだ所で、どう考えても予測より目標に5分近く足りない。



焦って漕ぐと結果は良くないようで、溜まって来た疲れからか思うように後半ペースをあげれません。



結局たいしてペースを上げれないままラスト10分に。


するとなんと平坦と下りが笑





しくじった!と思っても遅かった。






必死にそこからもがいてペースアップしましたがゴールタイムは…











1時間31分…










まさか、あとちょっとでクリアで失敗とは。





最後まで辛くなる坂なんてなかった。むしろ下りがあるなんて。



何がシルバーだ。



自分のヘタレ具合と勘違い野郎具合にひどく五合目で落ち込みました。





自分の実力を実感して見る富士山の景色はあまり良い景色ではなかった。

IMG_1603.jpg


まぁ観光客で半端なくごった返してたから、あまり気持ちのいい環境でもなかったんですけど。






自分の力が及ばなかった時はこうも曇った景色なんですかね。








美ヶ原の空はあんなに綺麗に感じたのに。








今回は中華カーボンホイールも導入してたので、言い訳は出来ません。



また毎日練習するしかない。






必ずリベンジしに来よう。





そう誓い、悔しさに打ち拉がれているとエースが10分いかないぐらいでやって来ました。


やはり速い。






こっちはホイールでドーピングしてるようなものなのに、エースはいつも通りの装備でやって来ました。


抜かす気で途中から来たのに抜けなかったと悔しがってましたが、たぶんホイール入れ替えたら立場逆転してるよ。




Yも2時間を切ってやって来ました。


スカイラインを4時間かかった去年を考えると絶賛成長中のY。


マシンをリドレーのフェニックスに乗り換えて苦手な登りでもメキメキ力を付けてます。








9月末にあるキングオブヒルクライムMt富士まであと一ヶ月を切ろうとしています。



去年3時間近くかかったスカイラインをどこまで削れるか。



今日の悔しさはそこで晴らします。




でも楽しかった。




やはり富士山ってなんか特別。


富士山は冬は走れないので、走れるうちにどんどん走っておきたいですよね。




さぁて残るはあざみラインだけだ。




こうやって登る山や目標があるうちは楽しさが尽きません。





ではまたー。






最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/123-58c1acc8