人気ブログランキングへ
2014.10.16 タイヤ交換
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村









どうもー。


今日はタイヤについて。








ブログ書いてるのに何の写真も撮らずに勢いで取替してしまったこやつ…








【Continental Grand Prix 4000S2 700×25C】

IMG_1695.jpg










そうです。4000S2からまた新しい4000S2に変えただけです。






ついでに前回のを先にインプレしちゃいます。







走行距離は5000km走りました。


その間パンクは一回のみ。




ただそのパンクが耐パンクベルトがあるであろう、センターを貫通していたのでちょっとショックでしたね。


しかも特に釘とか大きな物を踏んだ形跡も無く、突然ものすごい勢いで空気が抜け始め


タイヤ外して確認すると何かが貫通した小さな穴が出来ていました。






ただこのタイヤ耐久力悪いわけでは決してありません。






むしろ耐久力や転がり、グリップ力など自分が今まで使ってきた中では断トツに良いです。






この5000kmの中の1000kmは3本ローラー含みです。




正直まだまだ取替のサインの○ぽっちも消えてないような状況なので


目測ですが8000km~10000kmぐらいは使えたんじゃないかと思うぐらいです。







ローラー台で使いすぎたのでさすがに台形になってしまい取替たんですが


普通に使ってる分には転がりももっと良かったんじゃないかと思います。





まあ早め早めの取替が好きな自分には5000km持ってくれれば余裕で合格点。


ってなわけでもう一度新しいの買いました。


リピートするって事は良い物って証拠。








しかし今回は少し違います。








何が違うって??







今回は23Cではなくて初めての25Cを買ってみました。




ただ残念なのは25Cは黒しか何ので可愛い緑色がいなくなってしまいました。

IMG_1045.jpg







昨今、巷では25Cブームでツール出場選手なんか調べてみると、ほとんどの選手が25Cをはいてるそうな。



プロ達がそんだけ使うって事は何かある証拠でしょう?



特定の選手だけが使っているなら契約上とかもあるかも知れないですけどね。






まずは買う前に調べた25C化のメリットとデメリット







メリット


・太くなることで多少のパンクリスクが下がる

・転がり抵抗が下がる






デメリット


・重量が重くなる

・種類が少ないので、多少選択肢が減る







ざっとこんな感じ。











今回買うために注目したのは…



・転がり抵抗


・重量




の2点。







転がり抵抗はもちろん25Cにする意味ですね。




今まで当然タイヤが細い方が抵抗は少ない物だと思っていましたが、どうも違うようです。






路面にどれだけタイヤが接地しているかで抵抗の量は変わるわけで


細い方が当然接地する面積は少ない=転がり抵抗が少ないだと思っていました。






タイヤの転がり抵抗はタイヤの変形量によって変わるところが大きく


小さいタイヤはそれだけタイヤが変形します。



この時の変形量を見ると23Cよりも25Cの方が太い分変形量が小さく


結果路面接地面積は少なくなるようです。






デメリットの重量増は平地ではほとんど意味がありません。


そして今まで使っていた23Cのカラーバージョンに比べて前後で20gしか重さ変わらないんですよね。




果たしてこの20g体感で分かる人がどれだけいるんだよって話です。




何百gも変わるなら考えたんですが、20gならたいした差はないので気にせず買ってみました。






ただここで失態を上げるとするならば、自転車ブログを書いている身としてはあり得ない


証拠を撮り忘れたってことですかねw





重さ計り忘れてしまったので、あくまでメーカー公表値で比べています。すみません。







っで取替てからもう300km近くは走りましたので簡単な感想でも。





正直あまり期待してなかったんですが、平地が明らかに楽で速い。





プラシーボだとは思っているんですが、それでも明らかに楽なんです。






まあね、今まで使っていたタイヤがローラー台のせいで凄まじく台形になってるのもあるんで


単純な23C→25Cへの効果ではないと思うんですよ。







ただグイグイスピード上がるから無茶苦茶楽しい。




自分が成長したからなのか、25Cの効果かはもう体感でしかないので明確な根拠は出せませんが

プラシーボだろうと気持ちいいなら嘘でも良いw







次は坂道。




重量はたいして増えてませんが、いちおう確認。







何本かいつものコースを走っては速度やケイデンス・タイムなんか計ってみました。





言い忘れましたが、平地も同様に日にち変えて何回も走った感想なので


その日の調子とかで左右はされてないと思います。




何本も走って感じるのは平地の気持ちよさと裏腹に何とも言えない感じ。





速度やケイデンス・タイムはほとんど変わりません。


今まで通りなんですが一つだけ、坂を上っていく気持ちよさだけが抜けてしまったような気がするのです。






だから正直同じような内容なのに辛い。上っていて辛さだけ感覚が違う気がするんです。














山はリズムなんて言いますが、そのリズムが違うんでしょうか?









中華カーボンホイールはいているときも実はこの違和感があります。







ただこっちはあまりに軽いので楽さが先行して、辛いとは思いません。


気持ちよく上れる感じが薄い感じがするだけです。





まあ自分の体感なんて一番当てにならないので、これも慣れだろうとしばらく乗っていますが


今のところまだまだ違和感バリバリです。




そんな抽象的なインプレ。





データで出している所は他のブログにいくらでもあるのでそっち見てくださいw



あまりに投げやりなブログですね。









人間の慣れや先入観って怖い物があるから、きっと本当に全ての人が分かるようなものって

そんなにはない気がする。



特にこういうパーツ類って。






プーリーなんかもっとも足る例で、回転性能上げたら速くなりますよーーって言ってますが


その具体的な数値見たことありますか?







100km走って何十m差がつきますとか、そんな世界。



ロードバイクのパーツはそんな物がごろごろ。





一般で使っている人のどこにコンマ何秒の差の為に高いパーツや自転車を買わなければならない人がいるだのだろう?






10秒速くなるために高い物を買うなら10秒速くなるために自分を鍛えた方がよっぽど良いだろう。








趣味でやる以上の正義は自己満足だ。



より自分が満足出来ればいい。それがプラシーボだろうが自分が買ったことに満足出来るならそれが正義。






でも平地は絶対楽だと思うんだよなーw


自分の思いこみではなくてね。






そんなざっくりインプレでした。

IMG_1694.jpg




ではまたー。









最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/135-05422899