人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村










どうもー。



最近いろいろとなんかモヤモヤ。




そんなモヤモヤを晴らすべく!


一回一人でじっくり考える時間を作ろうと言うことで



最長距離更新も兼ねてロングライドしてきました。





どうせやるなら、いろいろ一緒に出来た方が良いでしょと言うことで









【一人孤独に悩む時間+最長距離更新+ブルベ300kmに挑戦+初の北上+初の深夜夜通し走行】








と言った具合で一石二鳥ならぬ一石五鳥体勢で行くことにw







18日の土曜日の夜、この日はあいにく仕事だったので昼間はサクッと仕事。



仕事終わりですぐに就寝して0時出発を目論んでいたんですが、そう上手くはいきません。












全く寝れない…










そりゃそうだ。いつも0時に過ぎに寝ている生活なのだからそんな都合良く寝れません。





21時にもうめんどくさくなって、予定を前倒して出発!!




どうせ今回のロングライドに観光要素もどこかに行きたい要素も何もない。









ただ…



自分を見つめ直しながら、ブルベ300kmに挑戦し、タイムと戦い、初めての北上と夜通し走行をやれれば良いわけです。








ってなわけでスタート。




の前に装備確認。





今回はまず格好に悩みました。



普段夜走ってる時に試しましたが、冬装備はさすがに暑いし、当然夏装備+インナーじゃ寒い。







秋装備を持っていない自分には結構ちょうど良い格好が分からなくて


冬用のインナー+夏ジャージ+ウィンドブレーカーなんて言う軽装で出てきてしまいました。


途中までは良かったんですけどね。北に向かうと言うことを甘く見てました。








加えて他の装備は


輪行バッグ、雨具、ツール系一式、補給食(ウィダー6本、スニッカーズ系3本)






果たしてこんなんで走りきれるのか分かりませんが、とりあえず出発!!










まずは環七目指して東へ。





今回の目的地はざっくり宇都宮方面と言うだけ。



300km完走することが目標なのでなるべくシンプルなルートにするために



ルートは環七→国道4号線で150kmぐらい走る。



と言うまあ適当なプラン。





環七~国道4号線までは本当にあっという間。

夜の走行は普段から走って慣れているのでスイスイ進んで足立区に。



懐かしの足立区。バンドやってた頃はよく来たなー。





ここからただひたすら4号線を北上。




道に迷うとかまあないですね。




多少のアップダウンはある物のほぼ平坦の走りやすい道です。




そんな道をひたすら後10時間以上走るのかと思うとちょっとぞっとします。







途中道が陥没気味で何度もタイヤを取られて転けそうになる。

ちょっと転けたらシャレにならないです。




加えてまだポジションが全く出ていない新導入されたSPEEDPLAY使ってるので


その辺が結構ストレスになったり。






ひたすら休むことなく北上していくと春日部に。






ここまで60km程。まだ1/3も到達していないのかと思うと何とも言えない。

そしてこの日はなんだか疲れ方が尋常じゃない。




たかだかまだ60kmしか走ってないのに、既に相当疲れが見えていて明らかに調子が悪いのはすぐに分かりました。






しかしmixiとかで300km行ってきますとか宣言しちゃってるもんだからもう後には引けないw

故障しているわけではないし、もう我慢の世界。




今となっては宣言しておいて良かったと思う。



自分だけなら間違いなくこの時点で引き返していたことは間違いないだろうから。






調子の悪さを誤魔化すようにただひたすら黙々と漕ぎながら補給食をムシャムシャ食べながら休まず走る。


さすがにいい大人なので本当にやばいときはいくら何でも分かる。





その時は潔く電車で帰るつもりで宇都宮を目指します。






春日部を過ぎて少ししてからでしょうか?




田舎の一桁国道を舐めていたことに大いに気付かされました。




今まで若い頃散々ドライブしていて知った気でいましたが、あくまでそれは車の話。


田舎言っても関東の平野ですからいつも通っていた道だと普通に思ってました。










ロードバイクで走ってみると気付かされるのは…
















外灯が全然無くて、真っ暗な道。











路面は石や引かれた動物の死骸、その他踏んだらやばそうな物がバンバン落ちています。


その横をさながら高速道路と化した大型トラックが凄まじい勢いで走り抜けていく。





自分の認識の甘さを痛感しました。






一瞬でも気を抜いたら死ぬ。





神経を路面と後ろから来る車にずっと集中させて走り続ける事は今まで経験したことが無いほどに体力を奪っていきます。


そして軽装で来てしまった自分へ怒りを向けるような寒さ。


漕ぐのを止めて休憩なんてしてしまったら身体が冷えて寒くて耐えられなくなりました。




休むことも出来ず、とにかく高回転で身体を温めて冷えないように。


同時に持ってきた補給食をハンガーノックにならないように定期的に食べる。





その全てを同時に行いながら走るライドは過酷そのものでした。












「辛い…」











ぽつりと思わず一人なのに呟いてしまった。


ロードバイクに乗っていてこんなに辛い事は無かった。


そしてこんなに楽しく無いのも初めて。







自分を見つめ直すどころじゃない。





ただ目の前に広がる瞬間的に変わっていく状況を処理しながら走る。

生きるために必死な自分がそこにはいるだけでした。









続く…









最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/137-f46a2e11