人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



どうもー。


ブルベ300km挑戦後編です。





孤独とはこういう事を言うのでしょうか?

普段あまり寂しいとかそういうことを思うことが無い自分もさすがにこの日は応えました。




真っ暗闇の中余裕もなく、とにかく前に進むしかありませんでした。




「やっぱり自転車って人生の縮図だな」



あらためて感じることです。



この状況を打破出来るのは紛れもなく自分だけで、自分で始めた事です。

誰も助けてなんてくれません。


諦めて引き返せば人生のようにずっと悔いが残る。


どんなに辛くても人に迷惑をかけるような状況でなければ進むしか道は開けないのだと悟りましたw






人間腹をくくれば強いもんです。






さっきまであれだけ心細かったのに。




さっきまであれだけ体力を使い果たしてもう漕げなかったのに。







その足で宇都宮に向けてただひたすら平均速度を上げていきます。





あれだけ苦しかった道が少し心に余裕を持つだけでだいぶ楽になりましたね。


加えて深夜に入って車の量が心なしか減ってきたのもあって、一つ気にする要素が減ったのも大きかったですね。







午前3時。ついに宇都宮に到着です。





土曜日の夜というのもあって午前3時にもかかわらず賑わう宇都宮駅。



みんな酔っぱらって街中を楽しそうに歩きながら帰路にでも着くんでしょうか?



餃子の像の前で写真撮りたかったんですけど、どうも自分が知っている宇都宮じゃないw

逆なのか、駅口が違うのか。



仕方ないから適当にロータリーの写真を撮って再び出発。


IMG_1734[1]






ここまで125km。


まだまだ半分も来ていません。






ここからはノープラン。







4号線は怖いですけど、一定で走る分は結構これ以上ない道だったので

再び4号線に戻り福島方面へ行けるところまで行くことに。






深夜3時を過ぎても緊張感からか全く眠くなりません。







今回本当に助かったと思ったのは、何気なしに買い換えていたフロントライト。


ちょっと高かったんですけど夜走ることも多いので、ノリで買ってたんですね。







この明るいフロントライトがなかったらやばかった。

IMG_1735[1]





ただひたすらこのライトに照らされた路面情報だけを頼りに走って来たわけですから。

IMG_1732[1]




その後はどこまで行ったのかよく分かりません。

ただ北に向かっているのと、田舎の方に向かっているせいでしょうか?


どんどん寒さは厳しさを増してついに気温は5℃。





耐えられなくもないんですが、帰りのことも考えるとかなり不安だったので

140km地点でUターン。






それがここ。



ここどこでしょうか?w



IMG_1735[1]





折り返し地点となるとやっぱり少しは元気がでますね。



こうやっていろんな事で疲れては、元気になり、疲れては、元気になりを繰り返して進みます。

元気になるのなんてちょっとの時間だけです。


きっとレースの時の声援もこんな感じ。だから誰かを応援することに無意味なんて事はないと

自ら体験して思う。





にしても来た道が長い。


ここまで止まってちゃんとご飯を一回も食べずに来ているので、どこかで補給したいと


宇都宮から思ってたんですがこれまた手頃なとこがないんですよね。






結局かなり長い時間ご飯食べれるとこを探す結果に。


補給食も底をついていたので割と焦りながらどこかにあったはずの吉野家を目指します。


もう頭がおかしくなっていたのと、誰もいない真っ暗な道なのを良いことに









「よーしーのーやーーー」







と叫びながらw




朝5時ぐらいですかね?


見覚えのある看板が見えてきてやっとご飯。






早朝なので長距離のトラックドライバーさんが何人かいる店内に入ると、なにやってんの?ばりな目で見られました。


そりゃ5時ぐらいならこれから出発するローディさんはたくさんいるでしょうが、こんな見るからにボロボロで生気の抜けた人はそういません。






とりあえず肉だとカルビ焼肉定食頼みましたが、だいぶ食べれなくなってますね。


体が食べ物を受け付けなくなってましたが無理やりとにかく詰め込む。







急いで食べたら時間が惜しいのですぐに出発!






今回すごい体感できたのが補給するものによって本当に効果が現れる感じが違う。





ウィダー系は飲んだら割とすぐに体力回復しますね。



チョコとかお菓子系はもうちょっと後に。



ご飯系は正直体力回復した感じ全くしませんw



疲れ果ててからじゃ消化うまくできないのかもしれません。







でもこれからは日も出てきて暖かくなる一方なので後は惰性でもいいから無理せずに。







完全に日も登り反対車線にはこれからどこかへ向かうローディさん達がいっぱい。


挨拶をしながら一人ぼっちから解放されたんだとなんか嬉しくなって泣きそうになった。







あらためていつも一緒に走ってくれる仲間やロードを通じて知り合った人たちがいかにありがたい存在かを痛感しました。


どんなことも1人は楽しくないし辛い。






楽しい事も辛い事も悲しい事も、当たり前の事だけど共有して助け合える人がいる方が何倍も良い。




そんな当たり前の事が長かった夜が明けて日が射して来るのと重なって満たされるような気持ちだった。








200km到達。


あと残りは100km。いくら気持ちは満たされていようと体力は満たされない。


ヘロヘロがさらに追い討ちをかけてくる。








その瞬間…








パシュンッ!!








と音がした。










パンクだ…








慌ててロードを止めると、ものすごいデカイビスが見事に刺さってました笑








200km来てこれかい。しかもタイヤ25Cに変えたばかりなのに。


こんだけ綺麗に刺さってたらタイヤ平気だろうかと恐怖の中、パンク修理。






幸い大事には至らず。のんびりやってたので15分くらいロスしましたが復活!


こういう時CO2ボンベはやはり便利です。






ここから先はすみません。正直記憶が薄い。


ただひたすら漕いでいた記憶しかない。



行きと道がいつのまにか変わって上野に着いてたしね。






高校時代の同級生が言ってた。


「上がってきたペダルをただ下に踏み降ろすだけ」




まさにその状態。


上がってきたペダルをひたすら下に踏み込む。





東京湾一周200kmの時はこんなに疲れなかった。

むしろ余裕で走っていたのに。





まぁあれから9ヶ月。




あの時の達成時間とほぼ同じ時間で単独300kmを真夜中にやるとなれば状況は全く違うだろう。





吉祥寺の街が見えてきた時、不思議な安堵感とこの旅がまだ終わらない何とも言えない気持ちに。





そう。自宅は目前。しかし距離はまだ285km。



15km足りませんw





というわけで最後の力を振り絞りいつものホームよみうり決定!





もうこの時の巡行速度は20km前後。




それでもフィナーレに向かいまるで一人でのパレードランのように、いつも通りなれた道を走る。





ゴール。



・距離 300.94km
・タイム 15:39:20
・平均速度 19.22km/h
・カロリー 4976kcal





いろいろ考えたくて出たロングライドでしたが、そんな余裕は全くなかった。




のんびり漕いでいろいろ考えるどころか自転車が嫌いにすら思えた一日だった。




体力の無い自分にはここまでロングライドになると苦痛でしか無いかも。




いずれ東京~大阪間を24時間以内に走破を目指したいと思っていて

まずは東京~名古屋間24時間以内走破の前哨戦にと思っていただけに

意外な結果に正直驚いている。






名古屋まで行くとなるとざっくり距離は400km。

加えて箱根を越えていかなければならない。




道の感じは250ccのバイクで下道オンリーで何度か行っているので分かっているが

ただひたすら続く道でバイクでも10時間近くは休憩込みでかかる。



連続走行の一つの分岐点が12時間にあるのが今回分かった事。

12時間を境にガクッとペースが落ちるし、休み無く漕ぐのはそれなりに慣れが必要なレベルになる。



また新しい課題が出来た気がする。




長く走り続けられる力もやっぱり能力ですね。



とにかく疲れました。このまま自転車嫌いにならないようにしないとw



ではまたー。








最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/138-b6b47ef1