人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





どうもー。



SPEEDPLAYインプレの後編です。







前回までは準備編。むしろこっちの方が大変でしたね。

今日は本題の使用感について。








とりあえず無謀とは分かっていたんですが、1回平日夜練習で40km走って


細かい位置の調整をしたら、ぶっつけ本番先日の勝手にブルベ300kmでいきなり試しました。








まず300kmと言う未知の距離。そして夜通しという未知の時間。





未知だらけですが、その辺は楽観的にスタート。






そういえば前回書き忘れましたが、こんな物買ってちゃんと取り付けてます。




【keep on kovers Z.3】


IMG_1731[1]






社外品のカバーですね。




純正ではコーヒーショップってカバー出してますが、これは穴あきカバーじゃないので

ずっと付けっぱなしってわけにはいきません。




このカバーの良いところは穴あきなので、付けたままずっと使えるんですね。






そしてこいつ何世代も改良を加えられた最新型。




今までのこのkeep on koversの欠点は



・耐久性が無い


・固定力が弱く知らぬ間にいなくなっている。




なんてのがあるみたいです。






keep on kovers→keep on kovers Z→keep on kovers Z.3


に進化していくネーミングに、にやりとしてしまいます。




調整が終わったのでカバーはめて、いざ出陣。







やはり固定感はSPDに比べると抜群にありますね。


そして自分は膝に優しくとかどうでも良いので、可動範囲0にしてばっちり固定セッティング。


SLの方がやっぱり面で踏んでる感はありますかね。






そしてしばらく使って思うことですが、思ったよりはめやすくないかも知れません。





表裏がないのではめやすいと思ったんですが、言うほどすんなりはめられない。



むしろシマノ使っていたときの方が慣れてるのもありますが、楽だったかも知れません。







結局あれだけヘロヘロになった300kmでも膝が痛くなることはありませんでした。





使い心地はSPEEDPLAYだから劇的に良くなるって事は感じられませんでしたけど。





SPDとは比べものにならないぐらい固定感あるので、当然良いですが


SLと比べるなら性能差に大きな差は感じられませんでしたね。






SPEEDPLAYじゃなきゃダメな事ってその設定の自由度だとあらためて思う。





設定を煮詰められるからこそ、より快適な状況でペダリング出来るし、膝にも優しい。






この差が現段階で自分が感じるSPEEDPLAYの良さなのかなと勝手に思ってみたり。

見当違いならすみません。




軽さとか、ペダルの回転性能みたいな事を言う人もいますが自分には体感できるほどありませんでした。




ここからは好みの問題でしょうけど、踏み心地だけで言ったらSLの方が好きですし。




踏んだ感じはSPDに毛が生えた程度に感じます。






【踏んでいる踏み面の感覚的に感じる広さが大きいほどより大きな力を伝えられる】




だとするならばSL何でしょうけど、SPEEDPLAYはその辺の性能差は感じられません。





それよりもSPEEDPLAYにすることによる、高さの変化によるサドル高変更の方が違和感の方が満載です。



そのままでも気持ち悪いし、みんなが言うとおり多少下げても違和感がある。




結局クリートの設定いろいろやりましたが、サドル高を1~2mmぐらい超微妙に下げて

サドル前後を前に多少出してあげたら落ち着きました。






とりあえずごちゃごちゃ書きましたが、自分が思う最大のメリットはその調整幅にあると思うので


今後ちょいちょい様子見ながらいろいろいじって楽しみたいと思います。








ではまたー。








最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/142-bacb11ed