人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


どうもー。



味の素スタジアムで開催された東京クリテリウムに参加してきました。


IMG_1876.jpg




がっ…ここで力を出しきりすぎたのか、帰ってから三日間高熱で寝込んでました笑







前日は会社の忘年会。





酒をしれっと早めに控えて、0時前の2次会終わりに脱走。



早めに寝たつもりだがやっぱり1時くらいにはなってたと思う。





5時30分に起床して準備開始。



7時受付開始だったので、それまでに着けばいいやと6時20分にエース、Yと待ち合わせて出発。




やはり朝早い時に地元のメンツで集まるのは楽でいい。

二人どちらの家も自転車で10秒くらいだから笑





ちんたら自走で味スタに。





そういえば味スタ来るの中学生以来かもしれません。こんなに近いのに。


サッカー見ないと来る機会あんまないですよね。






受付を済ますとすぐに試走出来たので、エースとすぐにコースへ。


Yはこの日サポートで来てくれたので、出場はしません。





一周走ってみて、何とも言えない感じ。





まずスタート直後のカーブがなかなかトリッキー。

そしてゴール前にクランクがあるせいで、ゴールスプリントするような状況なるのだろうか。






クリテリウムというものに出場した事がないので、何もわからないまま試走終了。





その後エントリークラス向けの講習会に参加したのだが、後ろの方にいたせいかたださっきと同じように試走しただけで終わってしまった。

前の方はなんか注意点とか話してたみたいなんですけどね。





不安が全く拭えないまま開会式。





そして自分が出場するビギナⅠクラスは一番初めなので、他のクラスのレースを見ることもできないままスタート位置。





言葉では寒い寒いと言っていた。実際寒かったし。でもそうじゃないのはわかってた。



自分は緊張に弱い。始まればそんなこと関係なくなるのはわかってたんだけど、身体がガタガタ震えて止まらなかった。



いつもレース前はこんな感じ。



でもいつも以上だった。いつもはヒルクライムレースだからどちらかというと自分との勝負という感じですが、この日は今ここにいる40人近い人達と勝負するわけで。



たぶん負ける気でいないから、緊張するしガタガタ震えてるんだと思いました。


勝ちたいと思ってるからなんだと。




初めから勝つ気ないならきっとこんな事にはならない。



少しでも良い結果を出したり、今の自分の実力を試したくて出るんだと思ったら震えが止まりました。





そしてスタート。





案の定、スタート直後のカーブはかなりキツイ。


それが集団になると更に怖い。



インになんて付けずにアウト側を走ります。





そうするとガバッとインから抜かれていくわけですよ。





こりゃ考えなきゃいけないなと思いました。





カーブを抜けて味の素スタジアムの外周に入るとローリングスタートなのに既に速い。





これは不味いんじゃないかと思うぐらいに。





同時に後方からスタートした事を大きく後悔しました。





集団が横に広がって、前に出れない。


まさに弱虫ペダルで見たような話だ笑





ちょっと焦りましたが、まだローリングスタート中だから始まったら大丈夫だろうと。




1周回って再び味の素スタジアムの外周に戻ってくると、先導車からGOサインが出ます。




その瞬間突然生き物が変わったように、集団が急加速。


スピードにして自分の手元のサイコンで47~48km/hぐらい。





スピードは出せる方だから、急加速には付いていけたんですが、このままこのスピードだったらどうしようっていう。



でもそんな事よりとにかく前に出ないと。





脚はなるべく残しておきながら、とにかくポジションを上げないとレースが終わると瞬時に思いました。


そこから様子を見ながらとにかく少しずつ前に、前に。





ただ何度上げても中途半端な位置ではスタート直後のカーブの後にインから抜かれてしまうんです。


先頭2~3人の後ろを8~10人ぐらいが横に広がって集団となってるので、怖くてインに入れない。


加えてそのカーブの後にある小さなクランクが厄介で、そこで付いた順位から踏んで前に出ようにもコースが狭いのでインが閉まり前に強制的に出れない。




するとその後の味の素スタジアム外周に入ってからスピードを上げないといけません。


この区間に入ると周りもスピードが上がるので2倍疲れる。





でもグダグダ言ってられない。






心拍数は既に190超えてますが、とにかく踏んで少しでもポジションを上げます。



6か7周目に入った時についにチャンスが現れ、前が開いたので一気に2番手まで駆け上がる。





そこからは我慢との戦いだった。





多少の抜きつ抜かれつはありつつも、良いポジションを手に入れた事でカーブが怖くなくなってとにかく出来る限り先頭に食らいついた。


後でガーミン見たら最大心拍数203なんてなってた。


もうこの時点で限界は突破してたのは分かってました。


むしろ120%出せてる。出来過ぎな結果なんだからやれるとこまでやろうと。



ラスト一周まであまり記憶がない。



酸素が足りなかったなーなんて後から振り返ると思う。なんと言うか記憶が白い笑



ラスト一周。ここで後ろからアタック組が何人か飛び出していく。


とても飛び出せず、しばらく傍観した後
、我に返る。





だいぶぼっーとしてたんだなと。





負けたくない一心で頭をフル回転。最後にかけるためにいったん第二集団を追いかける。





これが辛かった。





頭の中でかもめ☆チャンスの1ページが頭に浮かんでいて、この集団に追いつけなきゃレースが終わる。


そんなシーンが頭をよぎって必死に踏んだ。


外周ゾーンをしばらく第二集団で息を整えてゴールスプリントに向けてスタート!


息を整えるのに飛び出すのが遅くなってしまったのが失敗だった。





ゴールスプリントなら自信あったのに。





そんな得意分野での自信を打ち砕くようにゴール手前に差し掛かると先頭は間も無くゴールする所だった。





どうやっても追いつけない距離。





それが今の自分の実力でした。






得意分野を生かすためには、最低限最後まで食らいつくだけのスタミナが必要なんだなと痛感しました。



それでも得意分野だと豪語するならやってやろうと、抜ける限りの人を抜いてゴール。









ゴールした後はやっぱり悔しい。




目の前に見えていたトップ。



結局全ては言い訳のたらればの世界。



でも届きそうで、埋められなかった3秒。


結構本気で悔しかった。



ロードやるようになって知った自分の性格。


実は負けず嫌い。







今日はこの辺でー笑








最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村







Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/160-4ace81bb