人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


どうもー。




先日ついに29歳になりました。


30歳へのカウントダウンが…





そして来年からはレースに出ると30歳以上のカテゴリーになるので


25歳~29歳みたいなありがちなカテゴリーは今年が最後になりますね。





ロードバイクは年齢がある程度までは上がるほど、アマチュアは速くなる傾向になる気がするので


激戦の30台になる前に今年はガンガン鍛えておきたいところです。






誕生日の1/24日はまったりと過ごし、翌日の25日(日)はチームのメンバーと和田峠に行ってきました。


IMG_1967[1]


IMG_1968[1]


新しく入ったチームにエースを連れて行く事になっていたので、ちょっとワクワクしてたんですが


当日の朝、エースから体調不良と連絡があり、結局チームメンバー4人でのライド。





朝9時に聖蹟桜ヶ丘の駅まで集合。



一人今回が初参加の方がいて、大学生ですが聞いてみるとまだロード歴が2ヶ月とのこと。





自分が2ヶ月の時に和田峠なんて連れてかれた終いには、絶対に騙されたと思いますねw










いつも通り浅川CRをただひたすら進み高尾まで。





そこからは八王子城跡地の方面から和田峠を目指します。









凍結が心配でしたが、金曜日の夜にエースとドライブがてら和田の入口まで車で行って


確認済みなので途中までは最低でも上れるとふんで和田峠に行きました。






ついてみると案の定全然大丈夫。





下ってきた方に話を聞いても、道は全く問題ないと。





しばらく談笑したり、トイレに行ったりして上る気分にゆっくりしていきます。






この時間が結構大事で、へなちょこの自分にはいきなり山は上れません。



すごい辛いのは目に見えているので覚悟が必要なわけで…w





気合いを入れないとそれこそ本気でなんて上れません。


絶対に途中で心が折れて、手を抜いてしまうので大切な時間です。










覚悟を決めていざ出陣!!!









4人で頂上を目指します。







今回はちゃんとタイムトライアルする気満々だったので、我先にスタート。









年始に上ったときは25分という病み上がりとは言え不甲斐ない結果だったので



今回はベストの18分11秒の更新を目標に、「レッツ!ハァハァ!!」








表和田峠は序盤は多少緩くて、直後一気にきつくなり、最後まで駆け上がります。








この序盤をどう使うかがいつも悩むんですよね。




早く行くべきか、中盤以降に備えて無理せざるべきか。






途中に脚を休める箇所がないのも辛いとこなんです。



でも慣れてくるとやんわり緩くなって、休める箇所が何箇所があるのに気付きます。





ただこの休めるポイントは、脚力がある程度付いてきた人しか休むポイントにはならない気がする。





慣れもあるんでしょうけど、何度か上っている内に気付いたこのポイントでリフレッシュ。








初めて上ったときがベストタイムなんですが、その時は辛い九十九折りのとこほど


インからダンシングでガンガン攻めました。







なので今回は通常のペースを上げて、辛い箇所は休むダンシング中心に無理せずペースダウン。



そんな作戦で行きました。






それにしても自分の心拍数はどうなってしまったのだろう。







センサーが電池切れ気味で数値がおかしいのかと思い、電池を新しい物にしてきましたが相変わらず。








ある時を境に最大心拍数がうなぎ登り。



200を越えてからは和田峠ぐらいの峠ならば190付近固定でずっと上れる始末。






192が最大心拍数だった頃からしたらあり得ない数値ですよね。






190後半までなら意識的に平気で入れられるし。







この日も最後は190後半でボチボチもがいてゴール。













タイムは17分30秒。












前回から40秒ほどの記録更新です。








大磯クリテリウムが終わってこの一週間。



燃え尽きて終い、全くロードに乗る気がしませんでした。





そのくせ食欲はとどまることを知らず、バクバク食べていたのに、筋肉が落ちたからなんですかね?


体重はマイナス3kg




ロードバイクに乗り始めて、過去最高に絞れている61kg。






まあ人生最高は今と変わらない身長175cmで47kgだった高校一年の夏w


野球部で夏休みに練習漬けで、これでもかって体重が落ちたというか増やしたくても増えなかった。



お昼ご飯とかコンビニのおにぎり12~13個にパン2つぐらい食べてたんですけどね。





その後夏休み明けて、秋の新人戦でエースになれなかった、自分に納得が出来ず辞めてしまうわけですけど。





昔から本気になると糞生意気で負けず嫌いなんだなと今になって思います。




スポーツで本気になると負けず嫌いになるみたいで。



そんな自分の性格を理解したのはここ最近だったりw


そして気持ちが切れると一瞬で冷める。


気をつけないと。






若い頃はずっと50~55kgの間を彷徨っていたので、あの頃の体重に戻れたら


山とかすごい速かったんだろうなーと思う。





まあ筋肉量的にも今ぐらいがオールラウンダーやりたいならベストなんでしょうけど。



クライマーなりたいなら後4kgぐらいは落としても平気そう。







続々とゴールしてくるメンバー達。







しかし2ヶ月の彼はまだ来ません。






途中で嫌になったりはしてないだろうか?


他のメンバーとそんな話をしていると、さわやかな笑顔で上ってきました。









「いやー辛かったです。次は脚付かずに上れるようになりたいです!!」







ゴール直後なのに、そう笑顔で話す彼をみて僕らは…











「あーこの子完全にこっち側の(変態)人だー」








と思ったのでした。









たぶんロードを好きになるし、速くなる。








うちのチームは若い子ほどこういう変態的な子か



自分のような内に秘めた負けず嫌いの塊みたいな子が多い気がする。









いろんな年齢の人達がいるのってこういう出会いがたくさんあるから楽しい。




それが自分の刺激にもなるし、向上心に繋がっています。





チームの仲間をみているとまだロード歴1年以内とか、長くても自分と同じ2年前後の人ばかりの初心者チームです。



それなのにみんな速い。




自分の始めたばかりの頃と比べると、自分がいかに遅いか分かる。



こないだのクリテリウムもピュアビギナークラスで惨敗で、結構ショックだった。







1週間ぼんやりと過ごしてみてあらためて思うのは俺は遅い。



才能も基本的な身体能力の高さも無い。




ここまで一般的なホビーローディー(本格的にはやってない趣味の人)の中で

それなりにやれているのはとにかく走った事実しかない。




これが最近レースに出るようになって、ホビーローディーの中でもより本格的に速さを求めて

乗る人達の中に進もうとしている。




標準での身体能力もセンスも無い自分はやはり今まで以上に努力するしか道はない。




そんな風に考えるようになった。





やってダメならその時また考えればいい。



そう言う意味でいつも新しい刺激がもらえるこのチームに入って良かったなと思う。





ではまたー。




最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/166-73564756