人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村






どうもー。


IMG_1694.jpg



NEWバイクが2月入荷予定ですが、一向にショップから連絡が来る気配がありません。







このまま行くと3月になって、本格的に今シーズンがスタートしても

CAAD10の出番になりそうです。






CAAD10くんがやってきて2年経ち走行距離は1万3000kmを越えましたが、特に問題はありません。









BB30の異音問題も、乗り始め序盤に思い切ってFSAのアダプターをぶち込んで


接着剤で止めてしまってからは問題無さそうです。








買ったショップの店員さんに…





「CAAD10は軽量アルミなので、正直アルミが薄いので破損に気をつけてください。」




「フレーム等には極力何か取り付けたりしないでくださいね。」





と半ば脅されて、ビクビクしながら乗っていました。








結局チェーンを何度もインナー側に落としたり、立てかけておいたら倒れてたり。




それなりにフレームにダメージも与えたでしょうが、問題なく走っています。





消耗品類はさすがにちょいちょいガタも来ていていろいろ変えました。





チェーン・プーリー・ワイヤー・シュー等





そしてBB30交換時に105クランク、ホイール交換時にスプロケ、頂き物でアルテグラブレーキ



と少しずついじりながらここまで2年間走ってきました。





その間オーバーホールも満足にはしていません。



定期的にあちこちいじってたので、特にオーバーホールでまとめてって感じにはなりませんでした。



何よりオーバーホール中に乗る物が無くなるのが厳しかった。




でももうそろそろオーバーホールしてやらなきゃなんですよね。











2年間本当に楽しかった。




CAAD10が再びロードバイクに乗る楽しみを教えてくれて、




山に海に平地に。




時には車の上に車載され、高速道路を前も見えないほどの豪雨の中走った事もありました。









これからも乗るでしょうけど、メインの機材が変わると言うことはそれだけ乗る機会が減ると言うこと。







たぶんローラー台でメインに乗ることになるでしょう。











でも事故もなくここまで乗ってこられた事に本当に感謝してる。








一度熱海に行ったとき、事故りそうになったことがあった。







湯河原へ箱根からの長いダウンヒルを走っている際、カーブで前から来た車と正面衝突しそうになった。







左カーブを普通に左車線の左寄りを走って曲がっていると、前から車線を大きくはみ出てこちらの車線を走る形で


対向車が突然現れた。







たぶん真ん中走ってたら事故ってたと思う。







とっさに後ろブレーキをかけて横滑りの状態に。









思い描いた通りに滑ってくれて最後は無意識だったから運が良かっただけだけど



急ブレーキからインのインに無理矢理車体が入ってくれて車とすれ違えた。






本当にギリギリと言うほどではなく、割と余裕はあったものの今までで一番怖かった瞬間だった。








自分の危機管理の甘さを痛感した。





ブラインドのカーブを、対向車がはみ出してこない保証など無い。



あんな完全に反対車線走ってくるとは想像すらしなかったけどw







そう言った自分の見通しの甘さが危うく事故に繋がりかけた。






その前にも一度ひやっとしたことがあったので、あの道は怖くてあれ以来走っていない。





オカルトな話になってしまうが、あの時のバイクコントロールが自分の腕だとは到底思えない。



そんなに技術が無いから。






まあ中学生の頃は折りたたみ自転車で散々ドリフトしたり、ジャックナイフしたり



それなりに遊んできてるからそう言う事をとっさにやろうと思える土壌は出来てるかも知れないけど。









ただ自分が思い描いたようにバイクが動き、思い描いた用にラインを進んでくれる感じは



まさにCAAD10に自分が救われたような気がした。









新しいバイクに乗り換えておいて何言ってるんだと言う人もいるかもしれない。



それはごもっともだ。







でも少しでも速くなりたいと願ったとき、重さや性能で見ればCAAD10より良いバイクはたくさんある。






だから今回新しいバイクに乗り換える事に決めた。










それでもCAAD10に乗れて良かったと思うし、もしロードバイクをこれから始めようとしている人がいて



いきなりカーボンは怖いなと思う人がいるなら是非CAAD10に乗ってもらいたい。








自分のCAAD10は本国生産から台湾生産に切り替わった後のモデルで、CAAD9を知っている人からすると


全然物が違うらしい。






それでも2013年当時はこのアルミの最上級・カーボンキラーと言われたモデルが定価16万9000円と言う



価格で買えたことに驚きを隠せない。







カーボンは高くて手が出ない人も、少し背伸びすればアルミの最上級と名高いCAAD10が買えたのだから。





CAAD10 2015年モデルの価格は20万。









この価格ともなるとGIANTや他のメーカーからエントリーグレード以上のカーボンモデルが登場し


CAAD10のコストパフォーマンス感は陰を潜める。








よほどCAAD10の事を好きでない人以外は…






「どうせ20万出すならカーボン買おうかな」







と思うのが普通だろう。




何せ少し背伸びすればSUPER SIX EVO 105 (24万円)が買えてしまうのだから。










他のバイクに試乗程度しかしたことがないし、SUPER SIXは乗ったことすら無いので適当なことしか言えない。





でも自分が今まで乗ってきて思うのは速いバイク=楽しいバイクではないし、楽しいバイク=遅いバイクでも無い言うこと。






各モデルに特徴があって、それだから面白い。







自分はCAAD10の前にFELT F95に乗っていた。





クロスバイクからF95に乗り換えてロードデビューしたのだけれど、あっという間に乗らなくなった。




それまでのクロスのほうが乗っていたかもしれない。







理由は簡単。







面白くなかったからだ。







相性があるとは思うけど、F95は自分には合わなかった。



乗ってる時間は苦痛に感じることの方が多かったし、ワクワク感がなかった。





満たされたのは抜群に見た目が気に入っていたF95を所有している所有感のみだったのかもしれない。









それから自転車に乗らなくなって、何年も時が過ぎた。










ひょんな事から再びロードバイクを買おうと思い、CADD10を購入。





初めて乗って一漕ぎした瞬間文字通り世界が変わった。






自分がロードバイクに求めてたのは、この何度も踏み込みたくなるペダルの感覚なのだと。







そして今に至るw













求める物や、楽しみ方は人それぞれだ。





たぶん今F95に乗ったらそれなりに楽しい気がする。





なんでって?





かなり硬かったんだろうね。たぶん踏み込む力が無かったから苦痛だったんじゃ無いかと


今になってたまにちょっと乗ると思う。





加速感とかすごいシュって来る感じあるし。





ちょいと割高になってしまったCAAD10。まあ自分が買ったときが特別安かったとも言えるんだけど。




それでもロードバイクと言う乗り物に興味を持った人は是非乗って欲しい。




厳密に自分が思うCAAD10のおもしろさは



・反応性・加速感




入力した情報を100%高反応ですぐに返してくれる。



それが気持ちよくてまた漕ぎたくなるし、曲がりたくなる。



そんなエントリーバイクを探している人に自分はおすすめしたい。




逆に



・ロングライドしたい、快適に乗りたい、積載とガンガンしたい。





なんて人はもっと他に良いバイクがあるのでそちらをおすすめします。





まあ今日はだいぶ話が長くなりましたが、2月に入荷すると言われていた新車ですが


全く2月に来る気配がありません。





まだ来ないのかよ。



と思う反面



まだCAAD10に乗ってられるんだ。



と思うと不思議と嬉しくなるから、複雑な気持ちですね。





次もまたこんな風に思えるバイクと出会えたら良いな。







ではまたー。







最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/186-afef0696