人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


どうもー。



エビ中の舞台



【エクストラショットノンホイップキャラメルプディングマキアート】


IMG_2087_201503161041119a4.jpg

IMG_2099.jpg






見てきました。







はっきり言って素晴らしいの一言でした。


まず脚本、演出が素晴らしかった。




良くあれだけ8人を輝かせられる内容に仕上げたなというぐらい良かった。





そして演者さん達みんなとても良かった。




あんなに本気で笑ったのは久々だし、複雑に交錯する笑いのネタをあれだけうまく結びつけていくのには脱帽だった。





舞台が演劇部と言う設定で、ももクロとモロ被りじゃ…とか思ってしまってすみません。



舞台自体あまり見る経験もやった経験も無いのですが、昔から知り合いが劇団に入ってたりでちょいちょい見に行ったりはしていました。



そして自分自身も高校生の頃、劇をやった経験が多少はあります。






うちの高校は何故だか高校三年生の文化になると全クラスが演劇をします。





経験者関係なく、ほぼ全員素人達が受験生なのに一夏かけて必死に文化祭に向けて劇を作り競い合います。


自分は一年と三年の時にやり、本当にみんなに迷惑ばかりかけてばかりでした。




高校生の頃を思い返すと良い思い出より、消し去りたい過去や謝りたい事ばかりで思わず蓋をしたくなります。





ただそんな高校生生活をやってきたせいか、劇を作り上げるって本当にすごい事だなと常々思います。

何かを作り上げるって事がそもそも全般的に簡単な事じゃない。




今まで誘われたりして見てきた作品は喜劇と呼ばれるものが多く、感動したりするものよりは見て笑うと言うものが多かった。



今回のエビ中も内容的には終始笑い続ける内容で、エビ中ファンならずとも大いに楽しめる事間違いなしでした。




特にぽーちゃんとりななんが素晴らしかった。



ぽーちゃんは普段あんなにテンパったりしてるのに、役になった瞬間から素晴らしい演技でした。


コミカルな演技だったので、より普段のベースが生きていた気がします。


特に顔芸が素晴らしかった。笑



ぽーちゃんとりななんが上手く場の空気を作った上に、他の子達が生きている。


そんな感じがしました。


一番場をしきっていたのはひなたなんでしょうけど。




りななんのように普段ライブで見せる顔と全く違うキャラから、安本さんのようにそのまんまのキャラまで。


本人達のイメージに合わせたと言ってましたから、素の彼女達はあんな感じなのかもしれません。


りななんの振り切れ方にはかなり笑わせてもらいました。


あれが素のりななんだとすると確かにすごい圧かも。笑






映像化されることも決まったので、絶対に買いたい久々の作品です。





前回の蟻も良かったんですが、今回はあんなどころじゃありません。


見ていて、こりゃ2015年というかエビ中が売れない訳がないと強く思いました。





まだこんなにも才能を秘めていたのかと思うぐらい素晴らしい片鱗を見せてくれたと思います。


浅い鑑賞数ですが、今まで見てきた喜劇系の中では群を抜いて面白かったです。



本当に良いものがみれました。





興味がある方は映像化されるようなので、是非買って見てみてください。


アンジャッシュ系の勘違いと行き違いの連続の笑いに思わず笑ってしまうでしょう。



今日はこんなところで。



ではまたー。









最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/197-3e6be333