人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



どうもー。



ずっと届いてはいたんですが、新しいバイクで使ってみる予定だったので、放置されていたカーボンサドル。

【前回の記事はこちらから】

IMG_2054.jpg






たぶんGW過ぎにでもならないと新しいバイクは納車されそうにもないので、CAAD10に装着してみました。







使ってみた結果はとにかく硬い。そして思いっきり骨に当たってる感じがします。





とりあえず、買う前から分かっていましたがこのサドルは快適性ゼロです。


ただ思ったよりは何とか乗れてる気がします。





こうなるとサドルにたいして何を求めていくか?って事になりますよね。




このサドルの長所は当然軽量なところです。



通常の1万前半のサドルであれば200g強。軽くても150g近くはします。



それが100g以下のわけですから、軽さは群を抜いています。




そして見た目も当然カーボンなので、好みには寄りますが高そうな感じがプンプン。


しかし5000円以下という安物w







短所はもちろんその乗り心地。



お尻の形により、合う合わないはあると思いますが、だいたいの人が快適性を犠牲にする事になるでしょう。


サドルは俗に沼と称されますが、その通りで人それぞれ千差万別。



ある人には快適でも、ある人にはひどいもんだったりします。なので難しい。




しかしある程度の人が割と快適と感じるサドルはやはり実在しますし、100点とはいかなくても大勢の人が高得点を取れる

サドルはあります。




そんな中でこのサドルは大半の人が不快感を示すこと間違いない。





とりあえず40kmほどの走行を2回しましたが、もれなくお尻が痛いですね。





ただ快適性や乗り心地と言った物を割とどうでも良いと思っている自分なので、普通に人に比べたらまだ我慢できている方

かもしれません。




そもそもサドルを100g程度軽量化することでどれだけ効果があるのか?



そう言ったところに自転車業界のオカルト的なところがあると思うんですよね。





100g軽量化しただけじゃ、軽量化によって得る効果なんて無いに等しい。





もし軽量化される事で上りが楽になるかもって思う方がいるなら止めた方が良いです。


自分もそんな理由で買ったわけではありません。









ではサドルを軽量化することで何を得たかったのか?









一つはブログのネタですw



まあそれは嘘とは言えないです。だって5000円でいろいろ書けるし、試せるならおもしろいと思ってしまったんですもの。w








本題はここから。





自分がこのサドルに求めたのはダンシングです。










ダンシングとはどういう事か?





その名の通りダンシングの際の振り心地です。



シッティングで黙々と上るタイプの人にはたいして関係ないと思います。




しかし、自分の用にダンシングを頻繁に使い、リズムの中で上っていくタイプだとその差は歴然。


振ったときの感触が全然違うんです。





重いと自分には気持ち悪いので、今回超軽量と言われるサドルを導入してみました。




今まで使っていたのはスパイダーツインテールで150g前後。


50g前後軽量化したわけです。







使ってみて思うのはあまりに軽すぎるサドルは振る感覚が無く、今までと比べるとまさに空気のよう。


これが良いのか、悪いのかはもう少し使って判断しようと思ってますが、現段階では微妙かも。




空気と言うことは左右に振る感覚がほとんど無いに等しいです。



厳密にはちゃんと感覚は当然あるんですよ?





要はリズムの問題なので、軽すぎれば良いってもんじゃないのが分かりました。

ダンシングしていて全然気持ちよくないんです。


スパイダーツインテールも無茶苦茶気持ち良いかと言われたらそんなに気持ちよくありません。




何となく自分の中でサドルの重量に関しては少しずつですが、答えが見えてきた気がします。











・軽すぎても、重すぎてもダメ。


→150gでやや気持ち軽くて、200オーバーでダンシングした感じが重い。

160g~180gぐらいが自分の気持ちいい重さな気がしてます。形状とかもあるのかもしれませんが、その重さのサドルを使っ

たことが無いので何とも言えませんが。。。







・軽量化のために快適性は犠牲にする物じゃない。


→軽量化させる為に快適性を損なうのは無駄の方が大きい気がします。

どう考えても快適>軽量の図式が成り立つので、快適で軽量ならば軽いに越したことは無いのかもしれませんが、軽量化の

ために快適性を犠牲にするのは本末転倒です。






後は見た目で選ぶ場合は、その人の好みなので一概に何とも言えません。

何よりも見た目が大事って人もいますからね。





そう考えるとスパイダーツインテールってかなり良いサドルなんだなーとあらためて実感します。


奇抜な見た目は見た目重視の人も満たせますし、軽量化もそこら辺のサドルよりは軽いです。


加えて、大当たりは人それぞれあるので難しいですが、ある程度セッティング出せばハズレが少ないのがこのサドル。





類似品や偽物が多いのが問題のこのサドルですが、正規品を使ってる結構多くの人が一様に…






「いろいろ使って合うのが見つからず、結局このサドルに戻る」







そんな話をします。




自分にとって大当たりを引くまでは、スパイダーツインテールがあればそれなりに快適な生活が送れるとも取れます。


逆にこれが大当たりになることは少ないようです。




サドルに求める物は人それぞれあると思いますが、いろんな条件を高バランスで持ってるのがこのサドルなのかもしれません。







カーボンサドルはもうしばらく使って…





・カーボンに変えた事によって振動等の快適性は上がるのか?



・たわむ、沈む等クッション性が無いので、それが漕ぎ味等にどれくらい影響するのか?






を試して結論出したいと思います。






今日はこの辺で。




ではまたー。








最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/199-29450346