人気ブログランキングへ
はい。どうも。

今週は雨と他の予定のせいで全然走れていません。



なので今週は身体のメンテナンスと割り切って全然走っていません。

むしろちょっといろいろ新しい事試してます。

まあその辺の細かいとこはまた後日にでも。



さて。今日はちょっと使ってみたGARMIN EDGE510Jの感想でも書きますかね。






前にも書いてますが、まず高いですけどすごいおもしろいです。


さすがにパワーメーターつけるほどの財力は無いので

パワーメーターはつけてませんが

その他の標準機能だけで十分楽しいです。

簡単にまずはメリット・デメリットを上げてみます。


メリット

・スピード・ケイデンス・心拍数・勾配・タイム・距離・ラップなどなど(書ききれない)それぞれ最大や平均などが一つで管理出来て
表示方法などは様々な状態にカスタマイズ出来る。

・コースやポイントなどを設定して簡易ナビとしても使える。

・Garmin Connectを使用して様々なデータを管理したり、目標設定したり、他のユーザーと共有したり出来る。

・Live Track機能を使ってリアルタイムで走行している場所を共有できたり、浮気監視機能として使えるw


まあまあ皆さん書いている通りありがちな感想ですよ。書かれなくても知ってるわ!!

なんて声も聞こえてきそうですね。その辺はあくまで個人的な感想なんでつっこまずに参考程度にしてください。


続いて


デメリット


・勾配や高度がかなり荒れる(あくまで目安程度なのかもしれませんけどね)

・最大ケイデンスが誤作動でとんでもない数字が自分は出がち

・8時間ぐらい使ってるとたまに一瞬フリーズすることがある(ページを切り替えればなおる
)






今のところ使い始めなんでこんなぐらいですかね。

気になるのは上から2つですか。



勾配や高度は本当に上がったり下がったり忙しないときは行ったり、来たり目測でほぼ平地なのに

あっちこっち数字が動く事がちょいちょいあります。




まあどこまで精度求めるかによると思いますけど、そもそもこの手の商品で絶対なんて事は無いと思ってます。

あくまで目安。そう思えばなかなか使い勝手は良いと思います。


目安程度ならある意味それまで使っていたThe アナログなこいつの方が視覚的にはおもしろいし、安いし、これでも良いかもしれませんね。




無題



【シリカ 勾配計】







ケイデンスの誤作動に関してはネオジム磁石使っている自分のせいもあるかもしれません。

スピードもはじめは誤差がたまにあったので、調整したら問題無くなりましたし。




Garmin側もこの件に関しては回答で



「使い方によっては誤差が出てしまう事があるので、その場合はそういった動作をしないでください」


と回答しています。

例 突然逆回転させるなどで起こる


フリーズに関しては、他の方も話している通り容量自体があまりないのでデータが貯まってくると誤作動を起こしたりすることもあるみたいですね。




そんな感じです。


コースに関してはルートを設定してそれをみながら行くなんてのは使いづらくて仕方ないです。

はっきり言ってスマートフォンあればそれ見ながら行くほうがよっぽど使いやすいです。



ただ、先にコースをパソコンから設定して取り込んでおけば

ルートから外れたりした場合は知らせてくれるので、それぐらいの使い方がちょうどいい気がします。


ポイント何点か設定して向かっている方向など確認したりで、後は頭の中にルート叩き込んで行けばOKだとおもいます。

本当にわからなくなればスマートフォンで地図見れば良いわけですし、個人的には510J程度の機能があればナビ的なものは問題は無いかなと思います。


自分は結構無駄なお金の使い方をしてしまう方なので、ココまで来るまでに

安い方、安い方に釣られて結構いろんな物を買って使ってきました。


初心者だからとはじめはスピードのみのサイコンを買って…

次はケイデンスが欲しくなりケイデンス付きのモデル買い換えて…

心拍計が欲しくなって心拍計れる時計買って…

勾配計買ってみたり…



最後はデータをしっかり管理したくなってGARMIN EDGE510Jに辿り着くわけですが。



はっきり言ってはじめから高くてもこれ買えば一個で済みましたよw

でも高いからなかなか手が出なかったんですよ。

それは皆さんそうですよね。




ただ初心者ほど早い段階で取り入れた方が良いと初心者の僕は思いますw




正直鍛えてるのもありますよ?



初心者だから飛躍的に伸びてるのもありますよ?






それを差し引いても数字で管理しながら走れるようになるって、予想以上に長距離走ったり、山を登る際は

如実に差が出ます。



前回も書きましたけど、初心者ほど自分のペース配分やトレーニングする上でのゾーンの管理なんて意味わからないと思うんですよ。

経験者はそれらを当然経験から、無くても感覚でだいたい把握できるわけです。



初心者は感覚で把握なんて当然できません。


今の自分の実力にたいして



・どれぐらいのペースで走れば良いのか?



・トレーニングに際して、どの程度強度をかければより効率的なのか?





当然わかりません。


自分だってわかりません。だって初心者ですからw




誰も教えてくれる人が廻りにいなくて、初心者だけで走っている自分みたいな人なら

それこそ常に手探りで何もわからず、走っていることになります。



それがある程度数字を管理できる環境を導入して、どういったペースやケイデンスで走れば良いかを

多少調べればさらに楽に速く走れるようになります。


と言うか自分はなったと思います。




元々ペース配分が苦手で前半で無駄な体力やオーバーペースで後半グズグズな自分でしたが

ペース管理、ケイデンス管理、カロリー消費量から補給等の管理を

データでするようになってから一定のペースを長時間

目に見えて維持できるようになりました。




特に心拍計はもっと早く使えば良かったと後悔しています。


とにかく後々買う予定があるならすぐ買っちゃたほうが良いですね。



何よりより楽に走れると言うことは、より楽しく走れるって事ですから。



初めてロングライドしてペース配分もわからずに、バテて後半がグズグズじゃあ

ただの辛い思い出にしかならないですしね。



当然嫌なことや、辛い事なんて人間そう長く続かないんですよ。



ただ勘違いして欲しくないのは買ったからって楽に走れる訳じゃ無いですよ?

より楽に、速く、長時間走れるようになるための手助けをしてくれるツールになると言うことです。

結局は走らなきゃ走れるようにはならないんですよね。


でも今持ってる力を効率的に引き出してくれるツールには当然なるので

自分は心拍計とか使うようになった日から、ロングライドもある程度の一定ペースで完走出来るようになったんですけどね。

当然結果的にその方がタイムもいいわけです。



逆にケイデンスの方が導入したとき意味あるのかなって感じでしたw








話は長く、そして脱線してしまいましたがw

個人的なEDGE510J本体の感想と使用感の感想でした。










よろしければ最後にぽちっとしていただけたら幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/20-3a039461