人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



どうもー。



奥多摩桧原ライド後編です。








各々のタイミングでスタート。



自分は撮影する為に少し遅れてスタートしたんですが、これが波乱の幕開けでした。




開始早々、マイペースで上る気ではいたんですが、明らかにおかしい。




結構必死で漕いでるんですが、全く追いつく気配がありません。



すぐにバトルが思惑どおり始まっていて、かなりのハイペースで前は走ってるのだとわかりました。









このまま自分のペースを守るべきか、多少無理しても追いつくべきか?










しばらく悩みましたが桧原ルートは距離が長く、いつもダレがちなのであまり無理せずに追いかけることに。





頑張ってるつもりだったんですが、一向に追いつきません。



個人的にも2月のタバタ生活の成果や、久しぶりの奥多摩なのでタイム計測する気ではいましたが、それどころじゃない。


このままじゃ撮影どころではないw






明らかにみんなハイペースだろうとは思いましたが、ここまで追いつけないと焦ります。







いちおう自分も勝負してるわけですしね。






それでも、緩やかな区間は自分にとって不得意な区間なので徐々に斜度がきつくなるまでは我慢します。






自分が得意なのはキツくなってからなので、焦りを感じながらもチャンスを伺いながらジッと耐えます。


この辺が勝手にロードレースっぽくて好きだったりw




何事もなりきりって大切ですし…









するとさすがにハイペースだったのでしょう。


しばらくすると少しずつ差が縮まりポロポロて落ちてくる人が現れ始めます。






ここからが勝負です。



極端にペースを上げないようにジワジワとペースを上げて先頭を追いかけます。






少しずつ抜いては抜かれてを繰り返しながら気付けば先頭に。



と言うか工事が多すぎて、停止してるうちに全員合流みたいなら流れになってました笑








仕切り直して人里の交差点を過ぎたら、一気に全力疾走。



ちょうど前に知らない人がいて、その人と勝負みたいになれたのでそのペースに合わせて加速します。








ここからがなかなかキツかった。



前の人は初めこそローペースでしたが、途中から一気に加速。


実力の違いは明らかでした。









久しぶりに、あっという間にぶっちぎられました。




ちょっとのタイミングで見えなくなるほどに離されてしまい、かなり落ち込みました。







自分なりにかなり精一杯漕いでいたので、それを楽勝と言わんばかりに加速していく前の人を見てその差にショックを隠しきれませんでした。








山は残酷だ。








差は歴然としていて、自分なんかいないが如くいなくなってしまった。


本当にハッキリしてる。






それでも記録更新を目指して必死に漕ぎます。








それなりに追い込むことが出来ました。


最後のカーブを曲がってからはお決まりの一人ゴールスプリント。







工事などで散々止まったので参考記録ですが、ついに1時間を切って59分と言う記録に。



嬉しかったんですが、ぶっちぎりで負けてるだけに素直に喜べません。







あれだけ遠い壁だった1時間切り。






それを達成出来たのに負けた悔しさから全然喜べませんでした。



こんな時は何も考えられなくてボッーとベンチに座ったまま。









しばらくすると続々とゴールしてきます。



驚きだったのは、最年少の彼が2位でゴールしてきたこと。







彼はまだロードを初めて数ヶ月。



本当に目覚ましい成長です。





同時に自分もさらに頑張らないと。そんな気持ちにもさせられました。



抜かされるのは時間の問題でしょう。






彼の成長速度と自分の成長の遅さを比較すればあっという間に彼の方が速くなるでしょう。


ただそれを当然と肯定したくないから、やっぱりやるしかない。


とにかく走るしかないんですよね。







気付けば続々とゴールしていました。








各々の持てる力で上った奥多摩。



その顔はどこか満足気な顔つきでした。






ボスが凄かったです。


前輪の調子があまり良くなくてスローパンクしながらも気合いで上ってきたようで。





自分ならたぶん諦めてしまっていたと思います。


さすがの経験値です。


上手いこと様子を見ながら上ってきたようで、見習いたい所ですね。





駐車場に到着後は天気も悪いし、寒さから風張峠行く予定でしたが、断念して都民の森で簡単な昼食を摂って下山することに。




帰り道は雨とは呼べない程度の時よりポツポツと降る雨と、寒さに凍えながら適度な車間をとって武蔵五日市駅まで下ります。





真冬に上って、正直死にたくなるような極寒の下りを味わった前回に比べればだいぶマシな下りでした。


あの時までは冬でも、雪が降ってなきゃガンガン奥多摩上ろうと思ってました。





しかしあまりの寒さに二度と冬に来ないと決意してから初めてのちゃんとした奥多摩桧原ルートです。



とりあえず奥多摩は昼間の気温が10℃越えてからでないと、耐えられるレベルじゃないのが分かりました。




武蔵五日市付近で10℃以上であれば、都民の森付近は3℃程度なので真冬装備とインナーの着替えだけを持っていれば、耐えられないほどではありません。





下山後は、ファミリーマートでしばし談笑。




自分はこういう緩い時間が好きだったり。






その後は夕方から雨の予報だったので、各自15時過ぎには解散の流れとなりました。





チームで初めての企画で至らないところも多かったですが、何よりたくさんの人が集まってくれたことがとても嬉しかったです。



今週からはどんどんチームのライド予定があるので楽しみです。




本格的に自転車シーズン到来ですね。






ではまたー。







最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/201-25b6d79d