人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





どうもー。



たいして2回に分けるほどの内容でもないんですが、長くなったので前後編に。





とりあえず前回は自分なりのポジション解釈を書きました。





さて本題は、ステム長とハンドル落差。





この二つに関しては、プロのポジションを見ていても、ほぼより遠く、より低くと言った感じであまり特徴的なポジションをしている人が少ない気がします。





ステム長に関しては単純にステムを長いものに交換すれば良いんでしょうけど、初心者気質が抜けてないのか、ステム長いの乗りづらくないですか?





自分の周りの人を見ていると、ステムはみんな確かに長めを使ってます。





そのポジションでキツくないのかと聞いても、特に問題は無いようです。




自分の感覚的にポジションがキツイから短くしたいと言うよりも、前に送ることでパワーが出しにくい感じがあります。




特にヒルクライムの時の自分の一番力が出せるポジションはフラット部分の中心に人差し指と中指で引っかけて、体を捻るように左右で引きながら力をかけます。




他の人がどんな風に登ってるかあまり聞いたことがないので完全な我流ですが、これが一番楽に長時間パワーが出せる自分なりの登り方です。




なのでハンドルがより前にある状況は引く幅が長くなるせいかパワーを出しづらく、よりハンドルとお腹と太ももが近い位置にあるほどブレが少なく固定して漕げます。



まあ近さも限度はありますけどね。





この話をしてもあまり納得してもらえる人がいないので、たぶん自分だけの間違った漕ぎ方なんでしょうけど。





そして、ハンドル落差はとにかく低いほうがいい。



プロもスペーサーだけじゃ飽き足らず、その下のカバーまで外してハンドル落差とったりしてますよね。


あれって、無い状態でも平気なんでしょうか?


自分も取っ払ってハンドルさらに下げたいんですが、メンテナンス的な事考えるとあそこにカバーがないのはまずいよなーといつも思って尻込みしてしまいます。


可変ステムなんてのもありますが、あれもどうでしょう?


ロードであまり使ってる人見ないのと、まずプロは使ってる話しを聞いた事がたりません。


ポジション後編とか言いながら、特にオチがない今回。




自分なりにサドルやクリート位置等のセッティング論はあるものの、ハンドル落差とステム長さについてはいまいちパッとしないのでブログネタにして人の意見が聞いてみたかっただけって言うね。




内容が無いようですので、今日は逃げるようにこの辺で。



ではまたー。



最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/214-cb20074b