人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。




今日はこんな話。





【プロロードレースのディスクブレーキ使用を順次解禁へ UCIが発表】
リンク先 cyclowired.jp







ついに本格的にディスクブレーキの使用が解禁の方向へ梶を切られましたね。






個人的に近い将来規格が変わり、今までのものが古いものへと追いやられ、飛躍的に技術革新するものの中にディスク化とコンポのワイヤレス化があると思ってます。






どちらもフレームやホイールに影響してくる部分なので、その恩恵って他のパーツ異常なんじゃないの?と思ってました。







まずディスク化。







これはディスクが当然になれば専用フォークが当たり前になって、まず今までの構造と大きく変わります。




そしてホイールもリムでブレーキする必要が無くなるので軽量化等、今まで強度を考えてきた部分が緩く考えられるんじゃ無いだろうかと思ってます。







ディスク化に共通してるのは無理矢理バンドとか使って付かない事も無いでしょうけど、専用フォークや専用ホイール(ハブ?)の仕様が大前提だろうと言うこと。





上に今のものが古いものに追いやられると書いたのはそう言った意味から。






規格が合わなければ使えないのであれば、それはもう旧規格。



別に速さ等を追い求めないのであればそれで良いでしょう。






ただ純粋に一番良いものが使いたいのであれば、必然的に変わってくるんじゃないでしょうか。







まあ現段階ではディスク化はロードレース界では支持する人も半分半分みたいですね。


重さやフォークを専用フォークにしてキャリパーが付くことで剛性感や感覚が大きく変わるそうで。





その変化を良いと思ってない人も多いみたいです。







いずれにせよ一般的に標準装備になって、それに付随して技術革新が進むのはまだまだ先でしょう。




こちとら後3年はディスク認可して、それが標準装備として流通するまでかかると踏んで新しいロードバイク買っちゃってますから、早々の進化は困ります。w






現状ディスク使用の車両はたくさん出ていて、エンデューロモデルなんかにはもうほぼ標準で付いてますからね。





ディスク化によるブレーキ性能アップの恩恵ではなくて、それに付随する他の部分の進化(軽量化や剛性アップ・形状変化等)した時と、コンポのワイヤレス化がされた時が次の買い時だと思ってます。







何にせよこういうニュースはワクワクしますね。



後は速く自転車版のドラレコをどこかが出してくれないかな。






あれはこれからの日本ではもっと普及したり、一般的になっていくものだと思うんですけどね。




国内で買えるものはちょっとニーズと違うんだよな。






ループ録画・長時間撮影(10時間程度)・衝突時自動保存センサー



これだけあれば画質とか落としても問題ないんだよね。ブレだけひどくなきゃ。




なかなかその辺が日本だと上手くいかないね。



よりがんばり過ぎちゃうって言うか。




作りをシンプルにして価格を落として、数売ることでペイする方が世の中的には良いことだと思うんだけど。



どうしてもより良いもの作って価格上がりがちだもんね。




今日はこの辺でー。



最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/217-87343338