人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。




では前回の宣言通り今日は…



【ツールド美ヶ原2015~番外編~】をいきたい思います。


IMG_2499.jpg







今回自分はスタート地点から前方に位置取りしてガチンコで走ってしまったので後ろ勝負は全く分かりません。




しかしこの三つどもえのおもしろそうな勝負を見逃すのも残念なので、はまちゅうに自分のシマノのカメラを装着して後でじっくり結果を見ようと企んでいました。






美ヶ原前に走っていた感じからの予想では、エースは当然独走。



そしてはまちゅうとヨッシーが抜きつ抜かれつでかなり良い感じで争うんじゃないかと予想していたので、カメラ装着すれば結構楽しめるんじゃないかなと思いました。





しかしレース前日集まってみると、まさかのエースが故障(負傷?)




理由を聞いてみると、Mt富士ヒルクライムの際にブヨに刺されたらしく、2週間近く足がパンパンに腫れて満足に歩くことすら出来なかった模様。




エースが早々にペースダウン宣言をしたので、この三つどもえの戦いが実現しました。







ブログのネタにちょうど良いと思っていたんですが、思わぬ結果にね。笑









とりあえず自分がゴールしてゴール前で待っていた結果から書きますか。


IMG_2494.jpg




自分がゴールしたのが1時間19分。






そこから予想では1時間45分前後に3人がなだれ込んでくると予想していました。








しかし1時間30分過ぎにまさかのエースが単独でゴールイン。






このペースじゃ2人はとても付いてきているタイムじゃないなと思いました。





ゴールしたエースをゴール前に連れてきて話を聞きます。




「一人で来ちゃったの?」




「いや、足の調子が思ったより良くて初めははまちゅうの後ろに付いてたんだけど途中で抜いてきた。」




「やっぱりはまちゅうが最初の激坂で引き離した感じだ?」




「いや。うちら一番後ろの方からスタートしたんだけど、温泉街抜ける頃にはヨッシーがまさかの単独でアタックかけてそのままいなくなったよ」



「そんでしばらくはまちゅうの後ろで煽ってたんだけど、これ以上ペースが上がりそうにないから置いてきた。」





「えっ?ヨッシーはどんな感じだったの?」




「自分が抜け出したのが、林道入るちょっと手前ぐらいだったんだけど、そこから1分ぐらい離れた所走ってたね」







































まさかの展開ですw








二人にはアドバイスとして序盤の激坂区間はペースを上げない方が良いと話しました。



ただはまちゅうは体重が軽いのでこの区間有利だと踏んでいました。同時に性格的にこの区間抑えた方が良いと言ってもかっ飛ばしていくんだろうなと思っていました。




逆にヨッシーは序盤は我慢の時間だと話しました。




体重が重いヨッシーはそれだけで激坂区間は出力が余分に必要なので、ここは我慢して激坂区間が終わる美鈴湖から得意の平地でガシガシ踏んでペースを上げた方が良いと話したんですがどっちも全く聞く耳持たずですw




さすが協調性の無い4人です。人の話なんて一切聞かないマイワールドで生きているだけありますわw






序盤の漕ぎ方的にヨッシーは間違いなくアタックを仕掛けた感じだったとエースの言葉。





のんびりした性格のヨッシーだけにまさか序盤でアタックを仕掛けてくるなんて誰も想像していませんでした。






こうなると豆腐メンタルのはまちゅうはかなりやばいだろうなと思っていました。




調子の乗せてしまえばそのポテンシャルから向かうところ敵無しの感じに急激に能力がアップしますが、逆にこの豆腐メンタルのせいで一度心が折れたら能力も半減w




もうなんかゲームの特殊能力っぽい彼ですので、間違いなく心が折れているだろうと。





その唯一の救いのエースすらはまちゅうを捨てて単独でゴールに着いているわけなので、もうはまちゅうに特殊能力を授ける術はありません。




可能性としては序盤の激坂でアタックして逃げたヨッシーが、脚を消費して中盤でタレてしまう以外に調子が良くなることは無いでしょうね。





過去一度この状況になったことがあります。






都民の森TTの際、実力的には自分→エース→はまちゅう→ヨッシーだったのですが、後半の上り坂手前でエースが失速。



失速と言っても後半のキツくなる区間に向けて、ちょっとペース落とした程度だったみたいですが。






それをまだ折れずにマイペースで追いかけていたはまちゅうがエースの背中を見た瞬間、良い方に能力発動。







そこまでほとんど埋まらなかったペースから短時間で一気に差を付けて2位に滑り込むことがありました。





焦点は序盤に付けたおよそ1分ほどの差をヨッシーが広げているのか、それとも詰められるのか。




これが別れ目だと思います。





仮にヨッシーが後半に備えて脚を溜めて失速したとしても、はまちゅうに見つかればそれだけで形成逆転の可能性は高いからです。





そんなこんな話しながらゴールでエースと楽しみに待ちます。





予想の1時間45分を過ぎて、ここからいつ来てもおかしくない感じ。




去年はヨッシーが2時間ちょい。


はまちゅうが1時間50分くらいだったので、とりあえず50分よりヨッシーが早く来ないとはまちゅうの勝ちかなと思ってました。













50分を過ぎてもどちらもこない。












もしかして見逃してもうゴールしてるのかと思ったら、特徴的な色のジャージが上ってきました。











ヨッシーです。








ついにはまちゅうの牙城を崩して、不得意なコースレイアウトながらチーム内ランキングの入れ替えを達成しました。







意外とゴールした後はいつものようにヘロヘロでなく余裕すら感じますね。





あまり表に感情を出さないヨッシーですけど、どことなく嬉しそう。




ただタイム的には去年のはまちゅうタイムなら負けてたタイム。




今年はトップ勢見ても思ったようにタイムが伸びてない&出力出てなかったようなので天候や気温的にタイムが伸びなかったのかもしれませんね。








そこから遅れることまさかの10分。




2時間ギリギリではまちゅうがゴール。






去年もたいして練習なんてしてなかった事を考えると、一年で歳取るだけでこんなにもタイムが落ちるのかと言う印象。







本人はタイム計測してないので…








「負けたけど、目標だった去年のタイムより早かったでしょ?」





なんて言ってる始末。





たぶんそれぐらい自分なりには追い込んだんでしょう。








やらないでいたら人間は確実に老いて退化していく。





それを実感させられた感じでした。







とりあえずみんな無事にゴールしたので頂上で記念撮影。


IMG_2502.jpg









この日どうしてもみんなで写真が撮りたっかたのは、これがもしかしたらこの4人だけで集まる最後になるかもしれないと思ったから。




各々の生活の中でみんな当然生きていて、自転車に比重を置く自分みたいな生活もあれば、はまちゅうみたいに全く乗らない人もいる。





地元の仲間4人のノリだけで作ったチーム。




だからチーム名もふざけているし、4人以外にメンバーを積極的に募集することもなかった。





この日を最後にエースはレースやイベントにはほぼでない宣言をした。




もともとレースとか全然興味なく、待つ時間が長かったり好きに走れないイベントはあまり興味が無かったエース。




レース出るなら同じ所を普通に走れば良いじゃんという考え方なので、これからレースはほとんど参加するつもりは無いらしい。



仕事も忙しくなってきたみたいだしね。





ヨッシーとはまちゅうは相変わらずかもしれないけど、もともと参加率が高いのはヨッシーぐらいではまちゅうはほとんどいない。





ノリで作っただけにこうやって集まる日も無くなってしまうのかなと思ったら悲しくなった。






せっかくジャージも作って、デザインもお気に入りだっただけにこの先どうしていこうか悩む。


IMG_2505.jpg


IMG_2504.jpg


IMG_2503.jpg





せっかくの下りもカーボンチューブラーのブレーキ恐怖と今後の事を考えていたらあっという間に終わってしまった。






とりあえず来年もこうやってまた美ヶ原に来たい。





出来ればまた4人揃って。







最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/258-3c4acfd3