人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





どうもー。




では今日は先日行ってきました…




【キングオブヒルクライム試走会】



C-_Users_user03_Desktop_一時保存_IMG_2330

※写真はGWのときの物




について書きたいと思います。







まず前置きの言い訳を…笑





最近散々ブログに書いて言い訳しているが、9月に入ってから調子がすこぶる悪い。




しかし週末のキングオブヒルクライムは待ってはくれないし、どこかで自分の調子を上げていかなければ散々な結果に終わるだろう。



どこに出口があるのか全く分からず、ひたすらモヤモヤとした闇の中を歩く。




初めは仕事が忙しくて精神的に参っているだけだろうと思っていたが、いつになっても上がってこない調子。



とにかく今は走ることでしか解決策を見つけ出すことは出来ないと思い、シルバーウィークの3日間はただひたすら走ることを決意したrokiなのであった…











と言うわけで4日間の内の3日間はなるべく高強度でガンガン行くことに。






一日目は昨日書いたように風張林道+鋸山・大ダワ峠の走行距離80km・獲得標高1800mのコース。




体力の無い自分には一日これを走っただけで翌日はだいぶ疲労感が残るはずですが、今回は何故だかたいして疲労感は無し。





状態は良いまま二日目の【キングオブヒルクライム(以後KOH)試走会】に挑みます。






朝の5時によっしーと待ち合わせして出発。




今回のKOHは珍しくよっしーと二人で参加の為、試走会もよっしーと二人。





いつもいるはずのエースは夏に今後レース等にはほとんど参加しない宣言したのでいません。





エース曰く…




「レースは無駄だし効率が悪い。待つ時間とか勿体ない。自分で走りたいときに走って帰りたいときに帰る方が効率が良い」





と持ち前の持論がさらに加速してついにはレースすら無駄という運びに。





そしてはまちゅうはきっともう戻ってくることはないでしょうw






ただですら4人しかいないのに、BRIDGENAIL C.Cは残念ながら崩壊の危機を迎えています。






まあそんな感じの緩い地元の集まりだから仕方ねー。




今後はある程度固定メンバーで和気藹々とレースに積極的に参加して行くであろうチームに登録することも考えなくてはならなくなりました。




多摩のチームはどちらかというとレース思考と言うよりはサイクリング思考なので、レースがっつりって感じではないですからね。




今まで通り楽しみながら参加出来たら良いなと思ってます。







おっと。激しく脱線したぜ。






5時過ぎに出発して予定通り8時30に到着。





また何日か後にはここに来ると思うと憂鬱ですね。




そのまま数日間山に籠もっていたい気分でした。また来るとかめんどくさすぎ。




今回はKOH参加予定メンバー以外にも、試走会のみ参加の方もいて、それなりに集まりました。




翌日に富士チャレを控えているので、多少抑えめに行こうかと思ってましたが、メンバー的にそうはいかないだろうなと。




さっさと準備を済ましていざ出発。






スタート直後から記録を狙うO君が真っ先に飛び出して行きました。



どんどん速くなっていくO君にもう追いつくことはできないでしょう。





それぐらいに最近の不調は自分から自信と負けん気を奪っていました。




それでもコース確認しながら、それなりで走れば上位でゴール出来るだろうと思っていたんですが、あんなことになるとは。





前半戦はくしさんとOさんの3人で一定のペース。





OさんとO君が混在するこのややこしさ。





ニックネーム以外は書きづらいですし、ご愛嬌と言うことで。





Oさんを先頭にくしさんと後に続きます。






Oさんは終始先に行ってくれと言いますが、謙遜でもなくペースが上がらない。




ヤバいなーと思いつつ、やっとのことで半分のゲートを通過。





ゲートを通過するとくしさんが加速。






Oさんはついて行けず差がジワジワと広がります。






自分はと言うとさらに後ろ。





Oさんとくしさんに離され、くしさんはもうギリギリ見えるか見えないか。




ゲートを過ぎてから全く二人の反応について行けなかった。






それでもまだ巻き返すんだと言う気持ちでOさんに必死に食らいつく。






離されては追いつき、また離されては追いつき。





ずっとそんな繰り返しをしていたんですが、残り10kmを過ぎた後ぐらいについに陥落。




全く体が反応しないし、力が入らない。







天を仰ぐことも、景色を眺めることも出来ずに、ただひたすらうつ伏せで地面を見るしかない。





ただ地獄の道を進んでいるような気持ちだった。





当然7~8km/hで登っていれば、後ろからどんどん抜かれます。




一人、また一人と抜かれていき、ゴール手前でついによっしーにも抜かれました。









最下位決定。








タイムは2時間36分。








去年出した1時間59分から約40分落ち。









終わったなーとあっさりした感想。






いろんな意味で。








ついに最下位かとしみじみ。






また始まった当初に戻ったんだとご飯食べながら思っていました。






BRIDGENAILでも最初は一番遅かった。






もう一度一からやり直し。







また少しずつタイムを上げていくしかないんだと後ろ向きには考えずに、とりあえず前向きに。




明日は富士チャレだし、まだ週末には本番が控えているのだから後ろ向きになんてなっている暇はない。





富士山試走後は温泉。






天母の湯というところでまったり温泉。






温泉後は翌日の富士チャレに備えて、みんなと別れてよっしーと共に御殿場へ。






御殿場で一泊して富士チャレに挑む算段。





さすがに帰って翌朝また御殿場来るのは勿体ないですし、それなら高速代にちょっと乗せれば宿泊出来ちゃいますから。






珍しいよっしーとの二人での御殿場の夜は、ホルモンともつ鍋を夢中で食べてました。





明日のレースとかどうでも良いw





絶対にレース前日に食べるご飯じゃないなと思いつつも、美味しい肉に舌鼓を打ちました。









富士チャレへ続く。






最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村






関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/293-efde70f3