人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

エアロフォーム




DHバーと言えば…

18103_ta1_2.jpg

引用

http://www.cyclesports.jp/depot/detail/39533



と言った感じでより空気抵抗が少なくなるようなエアロフォームを取る際、不安定にならないように握るバーですね。


ここで言うDHバーは、TTバーとかエアロバーとかいろんな呼び方がありますがみんな同じような物。DHバー(ダウンヒルバー)と言うからと言って、ダウンヒル用のバーで使うわけではありません。あくまで空気抵抗を減らすエアロフォームを補助するために使うバーです。

これ付けたいなーとか思いますが、TTやらない人にははっきり言っていらない。と言うか山も登るなら結構重いのでただのバラストにしかならないし、ハンドル周りにサイコンとかも付け難くなるのでデメリットもあります。

今日はそんな中で自分が使ってるなんちゃってDHバーについて書きたいと思います。






息抜きのポーズ





今までTTフォームとか全然興味なくて、プロとかがたまに息抜きでこんなポーズしてるなーと思う程度でした。

IMG_2831[1]

引用

http://lunt.hatenablog.com/entry/2014/04/20/004058




これするからってそんな速くなるとも思わなかったですし、エアロフォーム取るなら下ハン握れば良いんじゃないかと思っていたので。実際にバー無しでこのポジションを取れないこともないんですが、不安定で無茶苦茶怖いし、力がかけられない。こんなの路上でやってちょっとでも段差合ったら落車するなと常々思ってました。

なかなかこんなポジションで走るようなシチュエーションがないのもありますけどね。






ふとしたきっかけ




何気なく走っていたある日。ペダリングモニターとガーミンをチェックしながら走っていた時のことでした。


DSC00048.jpg




「あれ?これもしかしてTTポジション取ろうとしたらDHバーの変わりに握れるんじゃ…?」



ペダリングモニターをロックして、恐る恐る握ってみるw




「おぉぉおおぉぉぉぉl!!!!これはなかなか安定感を保って握れるぞ!!!」



それからという物の定期的にこの偽簡易DHバーを使いはじめました。これがまた結構良い感じなんですよね。本物のDHバーのように長時間使うための肘置きがあるわけじゃないので長時間この体勢のまま使うような事はありませんが、見通しの良いストレートなどでこのフォームすると無茶苦茶速い。冗談抜きで数km/hは違う。そして不安定さが何もないときに比べて段違い。


それからやみつきになってガンガン使うようになりました。






耐久性大丈夫?




でもこれが心配なところ。


今のところ定期的に増締めしたり、点検してるんですが、特に緩む様子も脱落したり、折れそうな様子もありません。まあやる分には自己責任でお願いしますと言った感じなんですが、特別握ってガシガシ力をかけるような事をしてないので使用には問題無さそうです。

本来の使い方のように、TT等で後半DHバーグイグイ引きまくってるような使い方はアウトだと思います。鉄製の割と重くてしっかりしたマウントを使っているので、普通に添える程度に使う分には今のところ問題無さそうです。





さらなる欲求




そうなってくるとDi2のメリットを生かしてスプリントスイッチ等が付けたくなりますよねw


ステム周りにジャンクションもあるわけですから、クライミングシフターの方なら上手いことマウントの下に潜り込ませられないかなとか妄想してみたり。もともとヒルクライムの時はフラットバーを握って登ることが多いので、通常のシフター位置でいちいち変速するのめんどくさかったんですよね(まあマウントの裏側にスイッチ付けたらさらに変速めんどくさそうだけどな)





今日のまとめ




と言った感じで完全な自己責任での簡易DHバーもどきについての内容でした。

ハンドル周りがごちゃっとしてしまうDHバー。どうしても重量があるので重くなってしまうDHバー。ハンドル周りを使うせいでサイコンやライトなどマウント類が付け難くなってしまうDHバー。そんな全てを解決して気軽に空気抵抗の恩恵を受けれるナイスなポジションが作れます。

あとはサブブレーキとか耐久性面もしっかりクリアできたら言うこと無しだなと思います。ブレーキに関しては本家のDHバーでも無いですしね。そもそも現実的にはDHバーは公道で使うような代物では無いとも思います。とっさの判断でブレーキかけたり出来ないわけですから。

TTバイク等DHバーを使ってエアロポジションでゴリゴリ漕いでいる人を多摩サイ等で見かけますが、安全面考えたらいつ禁止になってもおかしくない代物だとは思います。現状はブレーキ無しピストのように規制が入っているわけではないので、人それぞれの解釈やマナーの問題だと思いますし、自転車乗りとしてスピードアップという恩恵は真実なので複雑な気持ちです。

なんにせよ安全運転が最重要なので、それを基準に全てを考えないといけません。そんなこと言うとロードバイク自体禁止になりそうですけど。

車もバイクも自転車も。趣味や私的な用件で使うだけなら、交通機関を利用する等の代替が効くので、危ないからだけでひとくくりにすれば危ない物は全て禁止になってしまうとは思いますが。

結局のところ、今の日本の交通事情や法規制、交通整備状況の中で、上手くやっていくしか無いのでしょう。

スピードは確かに出るので危険な確立が上がるのは分かるんですが、ロードバイクというだけで規制されていくような世の中にはなって欲しく無いですね。それこそ水掛け論ですが、車道を逆走しているママチャリや、傘差し運転等いくらでも普通の自転車の方が危ない状況見ますしね。


とにかくご利用は計画的に。




では今日はこの辺でー。





最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/325-8c9ac3dd