人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

怒濤の一日



今日は1/31日の話。

IMG_2204[1]


最近どうも休みをフルで生かそうとし過ぎて、無理矢理予定を詰め込む傾向にある。

この日も例外ではなく、前日は会社の新年会で飲み。日曜日の昼間は15時まで暇だったのだけど、15時には横浜に着いて16時開演のエビ中FCイベントに間に合うようにしなければならない。

初めはエースと二人で荒川CRにサクッと行って、お昼には帰ってきてそのまま横浜に準備して向かうのも悪くはないなと思っていた。予報ではずっと雨だったのでもともとチームで湘南方面に向かう予定は中止になっていたのだけど、日が近づくにつれて予報も変わり、代案として高尾方面へのルートに変わった。

正直横浜方面なら先に車で湘南に向かい、車を置いて湘南平などで合流して走った後にそのまま離脱して、温泉でも入って横浜までライブ見に向かえば良いと思っていたプランは脆くも崩れ去った。


でもなんとか走りたい。とにかく仲間と走りたい気持ちが先だって多少無理矢理なプランだったけど、そのまま高尾方面のチームライドに参加することにした。








二日酔いヤッホー




チームライドに無理矢理参加すると言いつつも、あわよくば高尾まで車で自転車を持って行き、逆送する形で集合場所の矢野口へ。チームライドをこなして13時半に離脱して、そのまま横浜に向かえばかなりの距離走れるなと皮算用していた。いつだってプランは無茶苦茶なんです。


しかしそのプランに終止符を打ったのは二日酔いさん。


二日酔いで早起きして先回るなんてとてもじゃないけど無理。諦めて輪行プランに切り替えて通常通り9時に間に合うように矢野口へ。無理矢理なプランを遂行するのが割と楽しかったりするのになーw

9時に矢野口に集合するとこの日は結構多め。途中合流も含めて10人くらい?だったので二班に分けることに。


ガンガン行くぜのウサギさんチームと、ゆっくりポタの亀さんチームの二班。

とりあえずこの日は途中で離脱するし、なんかあんまりがんがん漕ぎたくなかったので亀さんチームで。と言うことで若葉台のファミマで全員揃ってからは二班に分かれて出発しました。






偽りのポタ班




とりあえずある程度見送ったところで、椅子の上で正座さんを先頭にスタート。もう若葉台の登りの時点で全然ポタ班じゃないスピードでしたw

椅子の上で正座さんが冗談なのか本気なのか?



「前の集団追走しますか?w」



と開始まもなくポタ班の概念をぶち壊す言葉にみんなおもしろくなって賛同。ゆっくりポタする亀さんチームではなく、完全に第一集団に逃げられた第二集団と化してグイグイスピードを上げて追走。一人平地は速いのにまったく登坂が苦手なMさんのみを残してあっという間に先頭集団に追いつきました。

ここからは自分の悪い癖でして。先頭集団に追いついたところが、いつもインターバル始めるところらへんだったんですよね。




「ここからインターバルしましょうよ!!」





の言葉と共に鬼加速。先頭集団を追い抜いてガチスプリント。登り坂が終わるとまた先頭集団を見送って後方へw



そしてまた登り坂で鬼加速。


2回目も登り坂が終わったら終了。後ろを見たらこの日の企画者のくしさんから指示をされたO君がチェックで付いてましたw大丈夫。このまま逃げるなんてことなんてしませんから。むしろ体力残ってませんよ。だってフルパワーでスプリントしたんですから。

度重なる2回のガチスプリントによってポタチームは完全に崩壊。しかしO先生は気付いたら先頭集団を一人追走したようで、また一人減って疲れを隠せない感じで走ります。







追いつけない差




それからしばらく走ると、そんなに差が付いたとは思ってなかったんですけど全然追いつかない。

結局小山の交差点についても追いつくことは出来ませんでした。自分とインターバルをモロやっていたまじんさんは息も絶え絶え。小山の交差点でMさんを待って4人で再出発。

椅子の上で正座さんが先頭でまたグイグイ引いてくれますが、気付けばMさんがいなくなっていましたw


大垂水峠の入口に着いたはいいんですけど、Mさんが来ない。LINEが入ってきて膝の痛みがあってこれ以上漕げないので離脱すると言うことでした。ちょっとペース考えずに暴走したことを後悔しました。

大垂水峠入口ファミマでしばし休憩。Mさんとも合流。そのままMさんとはここでお別れでしたが。






久々の大垂水峠




個人的に大垂水峠ってすごく嫌い。何もおもしろくないし、いまいちテンションがあがらない。そして短いので気付けば終わってしまうところも好きになれないところなんでしょうけど。

と言うわけでレース的な雰囲気になっていましたが、我先に出発してメニューをこなすと言う名目のもと、争いごとから脱走wええ。完全にへたれです。ツライの最近ホントに嫌なんです。


とりあえずこの日の目標は230W縛りで黙々と登る。ペースを一定で保つという普段全然やらない練習をやってみることに。


序盤からとにかく一定ペース。だから当然どんどん抜かれます。でも一定ペース。また抜かれます。むむっ!。でも一定ペース。また一人抜かれます。むむむっ!!。

そんなことやってる内にどんどんペースが上がっていくw


結局最後は煩わしくなってラスト1kmは300W縛りに変更して、最近気になっている機械的なシッティングとダンシングの入れ替えでフィニッシュ。


あまり力を入れて登ることがないのでいちおうベスト更新。でも全然興味ないし、何分目標とかもないから何とも言えない感じ。








ゴールの余韻に浸ることなくタイムアップ




大垂水峠を登り切って時間を見るともう時間。残念ながらこのまま相模湖で離脱だなと言うことで、相模湖駅で離脱。

相模湖から三鷹まで40分ほどで走る超速いトレインに乗って帰ってきました。


電車が思ったより良い感じで乗れたおかげで時間が結構余って家で結構のんびり。もっと時間があったら自転車の整備したかったんですけどさすがにそこまで時間はありませんでした。






いざパシフィコ横浜へ




準備できたらそそくさと車に乗り換えてパシフィコ横浜に向けて出発。

パシフィコ横浜っていつぶりかなと思っていたら、あの瑞季にあったツアー以来かもしれないなーと。

まさか客達と同じ入口でちょっと前までメンバーだった子が普通にファンと同じように同じ客席まで歩いている事実が信じられなかった。

しかも周りの人全然気付いてなくてさ。あまりにじっと見てたせいか瑞季が気付いてくれたので、小さく手を振ったら振り替えしてくれたのが印象的な一日だった。そりゃ瑞季推しからしたらパット見ただけでもわかる。

ただ自分も他のメンバーと街中とかで遭遇しても全く気付かないかもしれない。

そんな懐かしい思い出を思い返しつつ、前回は2階席だったけど、この日は1階席だったので1階へ。


何となく席に座って思うのは遠い。そして周りの感じが不穏。


これは今日はテンション上がらなさそうだなーと思っていたら、ソロからスタートで曲的にもぶわって盛り上がらない感じだったのと、予想通り周りが好き勝手暴れる感じ。


アイドルのライブに通うようになって思うのは、ライブの楽しさって本当に周りに寄り切り。

別にそれぞれ楽しみ方があるので否定はしないし、出来ないんだけどあまりに静かだったり、逆にMIXガンガンで収集付かなくなってるともうそれだけで気分が上手く盛り上がらない。

ただ騒ぐのも上手い人と自分勝手な感じがあるから何がダメとか良いとかそう言う話には出来ないんだよね。いい人だと周りも一緒に盛り上げる感じでその場が異様に盛り上がる。結果すごく楽しいライブになったりする。

席が前の方だとみんなメンバーに夢中だからあまりこの感じないんだけど、遠ければ遠いほど楽しさが周りの人の良さと確実に比例する。

最近の自分の感じとしてエビ勢の客層が苦手になりつつある。まあ自分もその中の一人なんですけど。MIXをとにかく乱発する人が増えた。良いタイミングで入れてる分には今までもいたし、何も思わなかったんだけど、金八以降突然この流れが出始めて客層の雰囲気がガラッと変わった。

自分が変わったのもあるんだろうけど、エビしゃちの頃からしゃち勢がいるときはたいてい楽しい。と言うかしゃちのファンが良いのかもしれない。これがエビ単体になると今の雰囲気になる。

長く続けば続くほど、ファンは入れ替わるし流れも変わるから当たり前の事なんだろうけど、最近は付いていくのがやっと。


この日もソロコーナーガ終わるまで上手いこと楽しいリズムに乗れないでいた。




されどキング・オブ・学芸会




まあソロコーナーも要所要所おもしろいところたくさんありましたけどね。りったんとか完全に振り切ってましたし。

相変わらず真山のソロ曲は好きなんですけど、ダンスがヘンテコ過ぎてライブで見ると笑いが込み上げてきてしまう。個人的にダンスのセンスが魔法陣グルグルっぽい。なんかとてもシュールなんです。


そんなソロコーナーが終わって活動休止中のひなたが出てくる。


実際どれだけ大丈夫なのかはわからない。でもこうやってまた表舞台に出てきてくれるってすごく嬉しい。



上がりきらなかったテンションが突然跳ねたのはやはりソロが終わって全体になってから。

今までモヤモヤしてた気持ちってなんだったんだろうってくらいなんか突然振り切れた。結局これがエビ中というグループの力なんでしょうね。スタダ勢は基本的にこの楽しいと言う点においては群を抜いている。

ナチュメロらんでぶー辺りからもう既に何でもいいやぐらいの状態に。完全に麻薬です。なんか結局いろいろ考えてたけどどうでもいいやーと言う薬物的思考で盛り上がる。梅で最高潮に。





ぁぃぁぃソロに度肝を抜かれる




数曲やっていったん小休止。


この日はぁぃぁぃの誕生日だったので、珍しく生誕祭っぽい感じでソロを歌うらしい。


ぁぃぁぃファンには申し訳ないが、基本的に全メンバーの中で一番興味が薄いのがぁぃぁぃ。でも前回の自習でその見る目は大きく変わった気がする。独特の声で一般の人には際物扱いされることの多い子だけど、内に持ってる能力は底が知れないと思い知らされた。

この日ぁぃぁぃが選曲したのは絢香のカバーで【強く想う】

またえらい難しい曲を選択したなーと内心冷ややかに見てた。しかもピアノ伴奏のみのほぼ弾き語りのようなセット。リバーブやエコーぐらいしか誤魔化しようがないのも冷ややかに見てしまった原因かもしれない。大丈夫だろうかと。

そもそも女性の声は透き通った声が好きなので、ハスキー系やぁぃぁぃや杏果等みたいにオーバードライブさせてくる来る感じがあまり好きじゃない。盛り上がる曲は良いんだけど、しっかり聞きたいときはなおさら。

まあそんなこと言ったらアイドルなんて聞け無くなっちゃうんですけど。歌唱力だけで言ったら上手い歌手なんてたくさんいますし。


だいたいアイドル興味ない人が良く言う話になっちゃいますしね。歌下手じゃんとか可愛くないじゃんとかね。


そこもベースとしてありますけど、他のベクトルもあって複雑なのがアイドルだと思ってます。だから割とヒャダインが言ってたアイドルは総合芸術って言葉が嫌いじゃないし、的を得ていると思う。





はい。すみません。キモイ感じで脱線しました。




冷ややかな感じで見始めて、周りのお客さんもちょっとザワザワ。

それが歌い出した瞬間ピーンと張り詰めた空気になって、一瞬で会場全体の空気がぁぃぁぃ一人に持って行かれるのが分かりました。

自分でも何これ?と思いたくなるほど鳥肌がつま先まで起きて、状況がよく分からない。


今までアイドルやそれ以外も数えられないぐらいいっぱいライブ行きましたけどこんな事って恥ずかしいながら初めてです。それぐらい一瞬で引きずり込まれて、その凄さにただただ鳥肌がたつしかありませんでした。



歌いきると溢れんばかりの拍手。さすがにしゃべり始めるまでその拍手は鳴りやみませんでした。一部がどんな感じだったのか全く情報を入れてなかったので分かりませんが、きっと同じようなセトリだったので同じような感じだったのでしょう。

きっとあの場にいなければあの凄さは分からないと思いますし、カバーだからなかなか難しいと思う。でも何とかして黒虎限定でも良いのであの映像を発表して欲しいと強く想いました。




ライブも佳境へ




結構あっという間に終盤戦へ。そりゃあんだけソロに時間使えばそうなるよなと思いつつも、FCイベなので普段見れないソロをたくさん見れた事を考えればこんなもんでしょう。

ラストはスーパーヒーローからの蛍の光。


蛍の光はちゃんと聴けて嬉しかった。ぁぃぁぃソロの時と同じでピアノ伴奏のみ。

これもすごく良かった。わーっと盛り上がる雰囲気になるような曲じゃないので、すごくしっとり終わりましたけど、良い余韻のままライブを終わることが出来た。




今日のまとめ




いやー久々にアイドルの事全開で書くとホントに大丈夫かと心配になるw

ツイッターでは好き勝手呟いてますけど、こっちのブログはほぼほぼ自転車ブログになってしまっているので、こういう事書くと自転車友達減りそうだなーと内心ドキドキしてますよ。


朝から晩まで忙しい一日でしたけど…


・少しはゆっくり寝たい→二日酔いの為スタート遅くて達成


・自転車で仲間と走りたい→大垂水ライドで達成


・ライブも楽しみたい→エビ中FCイベで達成



と言った感じで全部やりきれた一日でした。

練習と仕事。そして他の趣味の時間を上手いこと両立させていかなければいけないのでカツカツの毎日になることもありますが、充実感は満載です。

とりあえず大磯クリテ、そしてツールド八ヶ岳まで追い込みながらも、ライブもガンガン楽しんでいきたいと思います。


では今日はこの辺でー。




最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/340-d151cbf6