人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

骨伝導イヤフォンCODEOを使ってみて



IMG_2853[1]

前回自転車に乗りながら音楽を楽しむ為に購入した骨伝導イヤフォンCODEO。

【前回記事はこちらから】


結構毎日のように使っているのでさらっとその後の感触を書きたいと思う。








遮音性はほぼ皆無




夜練の時や一人で集合場所まで走っているときなど、一人で走るとき限定で使ってます。

名前から骨伝導とついているので、骨を伝わって音が完璧に聞こえることを少しは期待してたんですが、やはりあくまでサポートレベル。製品になんら問題はありませんが、やはり音量を大きくすると外に音がダダ漏れ。感覚としては耳のすぐ真横に骨伝導アシスト機能が付いた小さなスピーカーがあると思えばかなり近いイメージだと思います。

でもその使い勝手はかなり良い。外にアイドルソングが微かに漏れる以外は問題なし。外の音だってちゃんと聞こえるので、後ろから車が来てもすぐに音で分かります。※まあこのアイドルソングが漏れている事の方が重大な問題な気がするが…




バッテリーも良好



何度か正月に一人で200km近いロングライドを走りましたが、そこでも大活躍。

昼間だけのライドするぐらいならとりあえず持ちそうな印象。信号で止まる度に好みの曲にするために次の曲へチェンジしまくってましたがそれも問題なし。操作するかしないかでバッテリーの持ちも変わると思いますが、このぐらいでへこたれるCODEOちゃんじゃありません。快適に一日使用できました。




接続感度は10~20mぐらい?




正月のライドで携帯放置したままトイレとか行きましたが、少し離れるとさすがに接続切れます。

まあこれはBluetooth系全般一緒でしょうから特に問題はないと思います。電源の入れ直しですぐに再接続も出来るので問題なし。
範囲は概ね10m程度なのでHP記載どりですね。




電話は若干風切り音が入る模様




ある時練習しているとエースから電話が。そんなシチュエーションが数回ありました。

これはチャンスだとエースにどんな感じで使えているか確認してみると、風切り音が入って聞き難いとの事。



え?それって全然骨伝導してるわけじゃなくて、ただスピーカーから音拾ってるだけなんじゃ…



ちょっとそんな風に考えてしまいましたが、便利な事には変わりありません。ただこいつのさらなる進化はHPにも書いてありますがチームでのライドの時にアプリを使って複数人でトランシーバー感覚で離れていても会話が出来ることだと思ってる。

連続通話時間9時間ってなっているから、例えば大きなチームで走力に合わせて複数班で走る場合に、各班のリーダーが逐一現在の状況を確認しながら動くような使い方も出来るってことだよね?

そうなってくると一気に使い道の幅は大きく広がると思います。数人で走っていても並走するわけにいかないので、声が聞き取り難いってよくあることだと思うので、数人でもみんなで持っていれば十分価値があると思います。



今日のまとめ



やはりこの手の商品は画期的な感じと、実際の性能にはやや差が出る。完璧な静音性・遮音性を期待して骨伝導を買ったのに、音漏れがひどくて騙された。そんなレビューもたくさんある。

ただ技術は投資していけば進んでいく物だし、まず手を出していかなければより良い物は出てこないし、そのありがたみも分からない。現在の機能でも自分には十分すぎる機能なんだけど、この先静音性がさらに技術革新していけばもっと使いやすいものになることは間違いない。その期待の意味も込めてこの記事を書いていたりする。


後は自転車等を使用している時に音楽を聴いたり、電話する事への倫理観。これはまず間違いなくある。

注意散漫になって事故に繋がる危険性は当然あるわけで、単に法律的に耳にイヤフォンを付けて周りの音が聞こえなくなることが違反なのでは断じてない。耳を塞いでないから違反じゃない。そう声を上げて言いたいわけでもない。


全ての事はリスクと楽しさの間にあると思ってる。極論で話せば安全面だけを考えるなら、車にカーステが付いている事もTVが付いていることも注意を逸らす原因となる物だから不必要なわけだ。その機能が無くて困ることなんてない。法律で禁止してしまえばいい。

でもそれだけではない。様々なことに楽しむ権利も同時に与えられているし、認められている。


現状は法規制が行き届いていないだけなのか?


権利を認められているのか?


は何とも言えない。


しかし法的な意味でのグレーゾーンは抜けて現状はクリアな状態で使用できるはず…。現段階では耳を塞いで周囲の音が聞こえない状況・ハンズフリーの状況であれば特にそれを問題としている道交法は自分が調べたかぎりでは無いはず。※調べが足りなかったり・解釈の仕方が間違っていたらすみません。

倫理観を除けば、そこには自転車に乗りながら音楽を楽しんだり、通話する権利は認められていると思ってる。車で音楽を聴くのと同様に。

発想を転換させれば後方からの車両が来たことを音で知らせてくれたり、手元の操作でCODEOの後ろにウィンカーを付けたり安全面に振ることだってできる。要は物は使いよう。


まあとにかく気になったら使ってみたら良いと思う。使う人が増えればより良い物が出来るし、逆にそれが問題に繋がって文化が変わるかもしれない。良い方にも悪い方にも。

まだ賛否両論あるアイテムだとは思いますが、今後が楽しみです。



最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/344-2d1cf8ab