人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

自分なりのイメージ



先週末多摩ロードの仲間と奥多摩に行ってきました。

IMG_3108[1]



都民の森を二日連続でTTすると言う貴重なデータが取れたし、トランソニックが破損してCAAD10に乗り換えたことで多くのデータが取れた。惜しいのはパワーメーターがCAAD10に付いていないのでパワーデータが全く取れなかったこと。



※今回のブログの写真も多摩ロードメンバーは撮影してくれたものをお借りしています。問題があるようならすみませんがご一報ください。















まずは諸々から



先日トランソニックが入院になった話は書きました。その結果CAAD10がカムバックして、今のところ頑張ってくれています。


そしてタイミング的にエースが11速105STIが余ってて譲ってくれると言うことで、その他のF・Rディレイラーとクランク・チェーン・ワイヤー等を買い足して自分で11速化しましたよ。


これが思った以上に大変で平日の21時くらいから始めて、とりあえず終わったのが翌日の1時頃。それでも変速の調整がどうしても上手く決まらずに、都民の森に行った土曜日前日の金曜日にひーこら言いながら必死で調整しました。

自分でやったこともないので初めての経験でなかなか上手くいかないし、時間もかかる。

10速の気分でシビアに調整してたんですが、どうやってもトリム無しではアウターローからの上3段と、インナートップからの下3段の音鳴りを消せない。シビアに詰めても消えない。変速自体はするようにすぐ出来たんですがその辺で頭を抱えてました。

調べてみるとやはり11速は10速よりも幅が狭いのでシビアみたいですね。結局諦めてトリム使ってそれなりに変速出来るラインで落ち着きました。


11速化したことで、11速スプロケ統制しているコスカボが履けるようになったのでコスカボにチェンジ。

IMG_3154.jpg

コスカボさん、どう考えてもトランソニックよりもCAAD10さんの方が似合ってます。トランソニックエアロフレームなのに惨敗とは…





11速化に伴って狙ったこと



今回11速化に伴って狙ったことが一つあります。



それはクランクアーム長の変更。




105のクランクは海外通販で安売り時は8000円台で変えます。最悪失敗したらヤフオク等で流せば小銭は回収できるし、そもそも8000円台なら割とすんなり手が出せる。

と言うわけで長年の疑問。


【クランク長の違いでどれだけ違うのか?】


がようやく実践できます。まあトランソニックさんはパワーメーター付いてるせいで買い換えられません。買い換えたらパワーメーターも買い換え。これで良かったら地獄見るんですけどねw


今まで使ってきたクランク長は初期のCAAD10についていたBB30・FSAの170mm。その後は10速105でシマノ化した際に、172.5mmに変えました。

172.5mmで違和感は特にないし、パワーが出ている気がしたのでトランソニックもアルテグラで172.5mmを使っています。



今回クランクを買い換えるに当たって、良い機会なので一番短い165mmにしてみました。極端に短いのと長めとを比べた方が差が出るだろうと思ったので。

と言うわけでCAAD10を11速化して、クランク長を165mmに変えた状態が今回のとりあえず前提のスペックです。





都民の森をTT



そしてやってきました。都民の森。

IMG_3166.jpg


この日は桜を見ようポタだったのでみんなそんながっつり走る気はありません。


しかしウサギさん・カメさんチームには分けられていたので、上手いことそそのかして目標タイム差順にスタートする方向へ仕向ける悪巧み。そして自分は最後尾からとにかく全力で一人ポタリングとか無視でガチ漕ぎしました。

結果ずいぶん来ていなかった都民の森TTで前回の1時間をやっと切って、55分12秒までタイムを縮めることが出来ました。

正直CAAD10でコスカボだからこのタイムは嬉しかった。




とまあタイムは更新したわけですが。すっかり試すという目的を忘れてまして。と言うか165mmにしたことをすっかり忘れ去って、いつもの感じで前回で漕いでしまったんですよ。



意識していたのは回転数が落ちすぎないようにすること。



これは前回のヤビツでも同じ事やりましたよね。


だからこそ良いデータが取れた。165mmにしたと言う先入観を忘れた状態で、コースやマシンは違いますが、ただより速く走る事だけを考えて走った172.5mmと165mmのデータが取れました。パワーデータとペダリング効率がないのが残念ですが。と言うかそれが一番重要なわけですが。



そして翌日です。翌日も多摩ロードのメンバーで再び都民の森TT。しかし前日の疲れもあったので遅すぎないように目標タイムを設定して登ることに。いちおう目標は1時間3分。

結果はちょっと早くて1時間1分だったんですけどね。


ただこの時意識したのは無意識。ペダリングとかケイデンスとか何も考えずに好きなように走る。


これは前回ヤビツ峠でおかわりで2本目に走った時の状態とまるっきり一緒なんです。そして疲労感も同じ。この状態でのケイデンスデータを比べてみたら面白いなと思ってその後調べてみました。





ケイデンス考察




二つのデータを見比べてみたいと思います。


・ヤビツ峠1本目 トランソニック アーム長172.5mm 高回転意識

平均ケイデンス 80

 

・都民の森TT CAAD10 アーム長 165mm 自由走行

平均ケイデンス 81





・ヤビツ峠2本目 トランソニック アーム長172.5mm 自由走行

平均ケイデンス 72



・都民の森TT CAAD10 アーム長 165mm 高回転意識

平均ケイデンス 73






どうでしょう?条件も乗ってるバイクも違うので信憑性は薄いですが、その差はぴたりと1回転です。



172.5mm→165mmにアーム長を変えると平均ケイデンスが1回転変わりました。




本当はペダリング効率で計れると理想的でしたが、パワーメーターが二つあるわけではないのでご了承を。

ただ個人的には興味深かった。たった1回転と取るか。1回転も違うと取るか。


172.5mmから165mm。7mm変わってこの差です。


ほぼ一番上から下まで長さを変えたに等しい。それで1回転です。170mmから172.5mmなら2.5mm。どれだけの違いが生まれるのでしょうか?


結論は出せません。しかし参考になる数値は出ました。






個人的な結論



この差はいろいろ考えられると思います。

1回転違えばそれだけ平均速度と差が出るとも取れるし、微々たる差とも取れる。

逆に長い方が定説通り力がかけやすくてケイデンスは落ちるけど、より重いギアが踏めているなら1回転差であればアーム長が長い方が平均速度は高いでしょう。


けれどこの1回転が体力の温存で明確な差を生むかも知れない。

はたまた極端に短すぎor長すぎて合ってない(ベストは170mm)って可能性も。


まあなんだって言えますよ。


ただ自分の中の結論は差は出ても明確に大きな違いを生むほどじゃないってこと。何十Wも効果はないし、効率もたぶん少し変わるだけ。

ただのその少しが差になるし、ギリギリの勝負をしている人なら絶対的な差を生むはず。


でも自分なら思う。


一般の人を見ていてチェーンが汚いこと。空気圧管理やタイヤは結構摩耗していること。


チェーン綺麗にして、空気圧適正にして、タイヤは美味しい状態にして。



絶対その方が抵抗少なくて速さに繋がると思う。


そしてその微々たる差はたぶん練習量でいくらでも覆る。


より正しいポジションで漕いだ方が効率も良いし、当然怪我防止にも繋がる。だけどそれに固執するぐらいなら平均的なアーム長で十分だと思う。試すには必ずお金がかかる。フィッティング行ってベストを割り出してもらえればいいけどね。

この差を大きいと捕らえるか、小さいと捕らえるか?


大きいと捕らえる人だけが微妙なアーム長の選択をすればいい。


差は今回の結果では出た。でもそれが信じられないぐらい大きな差ではなかった。





今日のまとめ



さて完全な自分の勝手な意見だけで書き進めたので、誰かに怒られそうだけど個人的な感想と言うことで。

個人的にはもっとケイデンスの差が出ると思ったんですよ。すごい楽にクルクル回せるとかイメージ合ったんですけど、実際に無意識で乗っていた後の思い返しの感想では、そんな劇的な違いは感じられませんでした。

後になって言われてみれば、少し回しやすかったかなーと言うプラシーボ全開な感じ。

ただフィッティングした際にフィッターの人には、ちょっとアーム長が長すぎるって言われたんですよね。それが回転の邪魔をしているとも。ただもう一つ自分の中にそんな言うほどじゃないと思っている点はペダリングモニター上でのデータがあるから。

トルクのピークを90°の位置に持ってくるのがいちおう理想的らしいんですが、そのピークが100~120°付近までずれている人って意外とプロでもいっぱいいるみたい。

そんな中でヒルクライムの時は綺麗な放物線で90°にトルクのピーク持って来れてるんですよね。トランソニック乗ってるときしか計測できないですけど。

それが回転効率にどう関係してくるかは定かではないですが、イメージ的に綺麗な回転が出来てなかったらトルクピークはバラバラになりますよね?

そう考えると172.5mmである程度回せているのかなと思ってます。



トランソニックは当分帰ってきそうにないので、良い機会だと思ってCAAD10でいろいろ試してみたいと思います。と言うかCAAD10乗っていると新しい事に気付く事が多い。

トランソニック+レーゼロのコンビは文句なしに速い。それと比べるとCAAD10はやはり数段落ちるイメージで、速く走りたいのに付いてこない感じにずっとイライラしてました。まあ実際は自分が遅いだけだろうけど。

だけど遅いと感じてるからこそ、いろいろ考えたり試行錯誤するようになった。フォームやポジション・きっかけ等いろいろ考える。その自分なりの新しい気付きがすごく多い。トランソニック乗っていたときとは比べられないぐらいに。

それを上手く今後にフィードバックして行けたらこの時間も無駄じゃなかったなと思える気がする。


では今日はこのへんでー。



最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/359-edeeee0b