人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


ディスクブレーキ事実上の断念



先日UCIの発表でディスクブレーキのレースにおける試験的運用が中止された。



正直ディスクブレーキの可能性の部分しか自分は見てなくて、この決断が事実上のディスク化断念になるような気がしている。

ホイール交換などのメンテナンス面だけならディスク化することで、今までリムに掛かってた負担を減らせる事でホイールの性能面向上とブレーキ性能の向上の名目で、いずれはディスク化すると思ってた。

しかしそれらも安全面を考慮しろと言われたら、それに勝るものはない。






可能性の模索



一般ユーズやMTB等の使用ではなく、あくまでレース最前線で最善の選択としてのディスク化が見たかった。

キャリパーブレーキは型遅れと言われるぐらい、ディスク化が標準装備になってホイールが専用品ばかりになり、キャリパーブレーキが実質選べなくなるくらいのね。


しかしその道は現実的にひとまず絶たれたと言ってもいい。


安全面を考慮すれば当然の結果と言える。落車の際ディスクブレーキは鋭利な刃物以外の何物でもない。

それに加えて現場からは再三ディスクブレーキの整備のし辛さから、出来れば使いたくないという話が出ていたそうだし。



ただ機材供給が行われている以上そこにはビジネスが潜んでる。

ディスク化の波は確実に予期した未来であり、より真新しい物を出して商売していくのはメーカーとしては当然だ。ただ今後どうなっていくか全くわからない。ホイールのチューブラーとクリンチャーを選ぶのとは訳が違う。

ディスク化する以上メーカーはディスク用フレームをラインナップに入れなきゃいけないし、ユーザーも気軽に使ってみたり、止めたりはできない。






現状の妥協案





現状の妥協案はカバーをかけることだろうか。

剥き出しのディスク部分を隠すことで、落車の際に熱を持ったディスクに触れて火傷や裂傷と言ったネガティヴな部分はとりあえず何とかなる。

問題は不要なパーツが増える事とメンテナンス性が著しく悪くなることだろう。


もともとディスクブレーキはエアロ面も悪いと言われていたので、カバーが付けばさらに空力が悪くなるかもしれません。逆にカバーで全面を覆えば空力は改善されるかもしれないが、さらにメンテナンス性が悪化するでしょうし。


レース中のパンクなどホイール交換が必要になった時に、今までみたいに簡単に交換出来なければレースではまず使い物にならないだろう。

そうなれば今まで通り悪路や天候が悪い際、その制動力が必要だと判断されるような限定的に使われる以外積極的に使われる事は無いだろう。





一般ユーザーとレース使用での乖離




とは言え一般的なユーザーは上に挙げたようなデメリットは無視できるものが多い。エアロ面ぐらいか?それ以外は面倒になる部分はあっても致命傷になる事は現状では安全面だけかもしれない。レースに参加しないホビーユーザーに取っては安全面すら問題ないだろうし。


レースでの安全面もカバーをかけてしまえばメンテナンス性は落ちるが、そんな1分1秒を争ってホイールを交換する必要もない。

レース中のパンクだって一般ユーザーにサポートカーがついてるわけでも無い。ホイール交換の状況はDNFもしくは、修理の為のタイムロス以外選択肢は無いとも言える。

むしろカーボンリム関係なく制動力向上、耐候性、今後リムの軽量化による進化となればメリットの方が明らかに大きい。







こうなると真新しい物を出して売りたいメーカーと、上に書いた恩恵を受けれる一般ユーザー、そして安全面やメンテナンス性から使いたく無いプロとの三者の思惑がまさにバラバラ。

メーカーと一般ユーザーの思惑は合致しているので、問題はプロのレースで積極的に使われていくかと言うところか。


プロでは使用しない(できない)けど、その性能は証明されていて消えていった物を思い描くとUCI非認可フレームが思い起こされる。


【まとめサイト 今再び注目されている非UCIフレーム達】

引用

http://matome.naver.jp/odai/2137359670516072701/2137359884316529103



性能は良いはずだがメーカーはその後特に生産していない。

レースには使えないけど、性能は良いから欲しい一般ユーザーはたくさんいるだろう。でもその後も開発されないのはそう言うことだろう。


やはりプロのレースでも使える機材というのが自転車業界は大前提なのかもしれない。メーカーとユーザーの利害関係が一致しても、最新の技術を投入して今後開発されていくことはないのかもしれないと思ってしまう。

あくまでディスクブレーキは選択の一つとして残るけど、最先端で開発されていくのは既存のキャリパーブレーキ大前提みたいなね。


非認可フレームが全盛期時代に自転車やってたわけじゃない新参者だから、過去の事を話で見たことしかないけど同じ事なんでしょうね。技術がいる特殊形状のフレームを町工場の工場では生産できないから、小さな工房を守るためみたいな話だったと思うんですけど、今後3Dプリンターとかもっと普及したら認可されて再び日の目を見ることはあるのだろうか。




今日のまとめ



次期フレームはディスクにしようと思ってたんですが、このままディスク化は様子見でしょうね。

今後どういう結果になるかはどちらとも言える状態ですけど、レースシーンでは出来れば使いたくないと言う状況に変わりはないし、安全面の問題をクリアできなければ現実的に使えないでしょう。

ただ技術は使う人の為にあるものですから、実際に最先端で使っている人の意見はフィードバックされるべきでしょう。

こうなるとホイール含めて新しい物を今後買うタイミングが難しいのがね。今後の動向を観察したいと思います。





最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/360-1cf8da40