人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

全部乗せ



世の中的にはゴールデンウィーク。

自分もカレンダー通り今年は5/3~5/5まで休みが取れたので初日の5/3にいつかは達成したいと思っていたこんな企画に挑戦してみました。



【富士山3ライン全制覇+富士山1周】

IMG_3243.jpg



いやー鬼畜ですね。達成者のブログとか読む限りなかなかのハードな内容ですよ。

でもいつかは達成したい。そんな気持ちを持っていたら多摩ロードの愉快な(鬼畜な)仲間達がなんと企画してくれたので乗っかってしまいました。










とにかく登り続ける



富士山には5合目までの一般的な登り口が3ルート存在します。



山梨県の富士吉田側から登り、一番親しみやすく人も多い…

・スバルライン

C-_Users_user03_Desktop_一時保存_IMG_2289




静岡県の御殿場方面、須走から登り、そのあまりの斜度の凶悪さで名高い…

・あざみライン

C-_Users_user03_Desktop_一時保存_IMG_2341




静岡県の富士宮側から登り、その長さやキツさからキングオブヒルクライムの異名を持つ…

・スカイライン

C-_Users_user03_Desktop_一時保存_IMG_2322

くっそ!スカイラインだけカレーの写真を持ってない





そんな美味しいカレー達が3つもあります。※スカイラインにカレーあるかどうか知りませんけど。







カレーの話じゃない!






そんな3つの登り口を全て制覇しようと言う鬼畜な企画。おおよその獲得標高は5000m。


一日1000m登っても初心者ならゲロ吐きそうになるというのに…日頃走ってる人達ですら3000mも走れば結構な走り応えがあります。そんな中で5000mですよ。

そして今回はなんとそこに富士山1周までやってのけようとしてるんだから想像を絶します。





集合も激早



当然一日で走りきろうとしているので集合もかなり早いです。

朝の5時出発予定なので、自宅を2時30分には出発しないと余裕を持っては着きません。もうね。移動時間含めたら24時間耐久レースみたいなもんなんですよ。それを日帰りですから。

当然運転するので無理なことはできません。眠気や集中力が無くなるようなら即座に仮眠取る気満々でした。



今回のルートは


・スバル→あざみ→スカイ


の順番で進むコースだったので待ち合わせは富士北麓駐車場。

富士ヒルの試走等ではおなじみの駐車場ですね。広いし、トイレや自販機もあるので快適

※ただ今回トイレが24時間じゃないことが発覚。


あそこでトイレ無いと大きな通りのコンビニまで結構距離あるんですよね。他に何もないし。






旅立ちの朝に



そんな鬼畜な企画に今回参加したのは総勢7名

IMG_3243.jpg

うん。何人だったか覚えてないけど写真に写ってるのでこの人数なのでしょう。



早朝、日が出てすぐのスバルライン料金所でぱしゃり。


このメンバーでゆっくり談笑しながらスバルラインを登り始めました。


登り始めてすぐ鹿の大群に遭遇。総勢20匹ぐらいはいたと思います。大群が道路を横切っていく姿は何というか非日常感満載でした(熊じゃ無くて良かった)




落車



そんな中で人生で始めて立転け以外で落車しました。


「登りで前の人がシッティングからダンシングに切り替える際に、前が少し下がってきた時にハスって落車するよねー」


と偉そうに話していた数分後…


まさか自分で偉そうに話していてハスって落車するとはw


やはり言葉には力が宿っていますな。言霊って存在すると思った。





スバルライン制覇



IMG_3238.jpg


とかやってるうちに早朝のスバルライン制覇。


ちんたら走っていたのでかなりあっけない感じ。でも早朝のスバルラインは相当気持ちよかった。

IMG_3237.jpg



そして即座に下る。


時間に余裕はないのでトイレと補給程度で即座に下ります。



今回のライドで本当に重要だと感じた事の一つが…


【防寒装備】



下は暑いんですが、上は寒い。特に下りはすごい冷えます。ちょうど良い格好するよりも、いっその事真冬用のジャケット一枚肩にかけたり、腰に巻いたりして走る方が賢明。リュックに入れるのは重さなんて気にならないタフな人はその方が走りやすいし、いろんな装備や補給食を持ち運べると思います。



もう一つ感じたのが…



【補給の重要性】



今回一日のライドで消費したカロリーは5000kcal。膨大な量のエネルギーを消費しました。

補給が苦手な自分もそんなこと言ってたら即座にアウトです。とにかく食べ続けること。エネルギーを切らさずに補給し続ける必要がありました。とにかく食べまくったんですが、それでも5000kcalには最後届かなかったと思います。

食べることも能力なので段々と食べれなくなってくるんですよね。特に固形物はどんどん喉を通らなくなる。それも良い経験になりました。


でも早朝の富士山から見る景色は絶景でした。

IMG_3239_20160509185658373.jpg






地獄の頂き



2本目はそのあまりの傾斜に、馬返しの名前すらあるあざみライン。

今回の一番の難所です。


とは言え前回エースと登ったときは割とゆっくり登ればたいしたこと無かったのでそんなに難儀に考えていませんでした。



とりあえずスバルラインからあざみに向かう。


その道中も登りな分けですが、先頭を牽いてくれたnishiさんがかなりハイペースで走っていたのでこの時点でガンガン脚を削られました。




一年ぶりのあざみに到着するとまずは麓のコンビニでがっつり補給。


そして各自のタイミングで登り始めました。




序盤ですら12~13%の坂。しかしそれがのどかな景色と真っ直ぐ続く道のせいでとてもそんな登ってる気がしないんです。

これがあざみマジック。見ている景色や感覚と、実際の斜度がリンクしない。


そのままとにかくゆったり登っていると次第に道はうねうねに。ここからは少しつづら折りになるせいか気分が和らぎます。斜度自体はむしろキツいとこも出てくるんですが、ゆるいところも出てくるせいかすごい楽になる。


景色もきれいなので鼻歌交じりでどんどん登ります。




そして問題の馬返し区間に。


余裕だろうと思っていましたが、そんな余裕が砕け散りました。



前回と比べて大きく違うギア比に大苦戦。39T-28Tインナーローのバロックギアでとにかく必死で登りますが、とてもじゃないけど諦めたくなるような辛さでした。


前回登った際はコンパクトだったので34T-27T。ギア比で言うと【1.26】


そして今回バロックギア使用のソニ子ちゃんは仮想±2Tのはずなので、最大41T-28Tのギア比【1.46】


これはコンパクトに換算するとおよそ34-23Tで下3枚封じられて4枚目で走り続けるようなもんなんですよね。



バロックギアについてはまた書きますが、バロックギアの限界を感じてしまうライドでした。



それでも絶対に足つきしたくないからとにかく必死。もがき苦しむようにダンシングを多用してフルパワーでとにかく5合目を目指すのでした…





つづく





最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/366-604ef8b7