人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


土日の備忘録



今日は先々週の土日に参加させてもらった練習会の話。

7月に入って休みは出来る限り練習してます。練習不足は否めませんしね。



そんなわけで土曜日はうちのボスNabe兄やんと…


【サチヨ練】



日曜日はNabe兄やんとボーイのPeek-a-Booメンバー全員でサイクルキューブさん主催の…


【キューブ練】



に行ってきました。











土曜日



土曜日は前からUne鬼教官に誘われていたサチヨ練にやっと参加してきましたよ。

Nabe兄やんは既に何度も。ボーイも既に参加していたのに自分だけ予定合わなかったり…ビビったり…予定合わなかったりしてやっと重い腰を上げて参加させてもらいました。


とは言え結局途中離脱したんですけど笑



土曜日は朝早く集合してから1時間くらいは練習したと思う。

やはり全体的にレベルが高くてみんな速い。これでも普段に比べたらだいぶ遅いそうな。速い人が集まる日でペースアップしたらどうなるんだよ。


案の定連光寺坂辺りでローテーションで下がるタイミングで千切れました。その後に天国あると思ったらもがいて先頭追う気になれなかった。


結局天国に入ったら一度みんな失速したから連光寺坂もっともがけば良かったと若干後悔。


その後はNabe兄やんが落車明けで調子がまだ良くないのもあったし、朝練終わったら仕事行こうかと思ってたから若葉台の坂前で離脱。

しばらくNabe兄やんと会ってなかったのでファミマで談笑して帰宅しました。




結局仕事は行かず笑。





夜からはエビ中のツアーファイナルを見に有楽町へ。


これまた久しぶりのエビ中。かなり楽しみにしてたし、期待してたけど席は1階のほぼ最後尾列。かなり遠かった。


それもあるとは思うけど、何だか気持ちが入りきらなかった。

ライブ後の他の人の感想を見ていると最高の言葉が並んでいたのでたぶん最高だったんだと思う。

でも自分はそうは思えなかった。


自分の気持ちが冷めてきたと言われればそれまでなのかもしれない。でも何か違うものを感じていたと思ってる。


まず客層が明らかにこの1年ぐらいで入れ替わったと思う。それによって確実に現場の空気が変わった。



ももクロの時も感じた事。地蔵等が悪いとは思わない。でも明らかに自分が感じていた熱狂は影を潜めたと思った。

売れたと言うのはやはりこういう事なんだろう。明らかに一般の人達にも認知されているのを感じた。




もう一つはエビ中ちゃん達の風が吹けば壊れてしまいそうな不安定感。


レベルが上がったとか下がったとか、そういう事ではなく、漫画Beckで竜介に言っていた一言のような感じがした。



「無くしてしまったのか、変革の途中なのかはわからない。けれどこれだけは言えるのは、もう前のようには戻れないと思う」




そんな風に感じた。


非常に繊細なバランスで何とか成立してるような。


それが何なのかはわからない。慣れと言われれば慣れかもしれない。自分の目には要所要所締めながらも雑にこなしてるように見えた。

もちろん気持ちがちゃんと入る時もある。それを行ったり来たり。だから繊細なバランスの上でフワフワ保っているような感じがしたのかも。



これはファミえんにいけない事が悔やしくて仕方ない。きっと今が良くも悪くも一つの分岐点で面白い時期だろうから。




日曜日



日曜日はキューブ練。


これも前からヤバイヤバイと聞いていたキューブ練に参加。この日は人数多くて凄かった。ってか何が凄かったってマジで遅い人がいない。と言うか自分が最弱レベル。


みんな実業団や大学でガッツリやってるような人ばかり。


前日の疲れがあったとか言い訳しようが、全くついてけませんでした。 初めてちゃんと小山田周回走ったんですけど、序盤で千切れましたよ。まさか平地で追いつけないなんて思いもしませんでした。


結構ショックでしたよね。


さすがに今まで速い人はいても、こんな大勢いて全く敵わないなんてなかったですし。


でも熱中症気味になりながらも、この日は気持ちが全然切れなかった。


ただ黙々とペースを落とさずに漕げた。今自分に必要なのはこういう淡々とした感じだなーと思いながら。




結局最後まで集団には追いつけずに予定の2周終えてこの日は解散しました。





今日のまとめ



本当に恵まれてるなと思うのは、一つ壁を越えるとちゃんと新しい壁が目の前にやってくること。


今までならその差にショックを受けたり、やる気を無くしてしまいそうだけど、今はちゃんと適度な差に感じられて追いかける意欲が保ててる現状があるという事実。そりゃ自分とかけ離れたレベルの人もたくさんいるけど、手を伸ばせば届きそうなところにいると思えているのが大きい。


やっぱり速い人を間近で体感出来るのは速くなる近道。機会があれば毎回参加させてもらいたいなと思った。たぶん今自分が進むべき道がそこにあるような気がした。


結局終わりのないマラソンのようなもの。


速くなればさらに速い人が現れたり、後ろから追い上げてきた人に抜かれたり。適度に区切りがあって休息することはあっても、トータルで考えれば次から次にさらに進んでいかなければならない。

でもそれでもいつかその生活に終わりは来ると思っている。永遠なんてものはない。死んでしまうか、飽きてしまうか、限界を感じてしまうか。心か肉体が折れてしまう日が必ずやってくる。

その限られた時間の中で自分がどこまで夢中になって楽しめたかが自分にとっての人生の糧にもなるし、人生が終わった時の自分という一つの形になる。


そうやって長い目で見ると楽しみ方は人それぞれだけど、自分は速くなることを目的に走っているのが一番性に合っているなと思う。まあ走る理由なんてそれで十分。


次回は先日参加したつくば8耐2016夏について書きたいと思います。




では股ー。








最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/377-685ded4f