人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

決戦



Mt富士ヒルクライム2017編 第2回です。


C-_Users_user03_Desktop_新しいフォルダー_IMG_4935


失われたトランソニ子。

MAKINOを急遽決戦ヒルクライム仕様に変更して挑んだ富士ヒル2017。



どれだけやれるのか?




むしろどれだけやるのか。




自問自答の先の銀色の世界はどんな光景だったのか。


Mt富士ヒルクライム2017~決戦編~開幕。








起床



起床は4時。


早いメンバーは3時30には起床していたんだけど、こちらは結局0時を過ぎても寝れず、かなり遅い就寝だったためにギリギリの起床。

それでも眠気はさほど無くて静かに朝が始まる。そんな一日だった。


起床してからはトイレ行ったり、各種補給食を食べてレースに備えて準備。



ある程度準備が出来たところで5時30分に荷物を預けるために会場へ出発。



もう参加した皆さんご存じですが、今回の富士ヒル条件が重なったとは言えひどかった。


本来使っていた陸上競技場が改修工事で使用できなかったのもあり、さらに登った上で荷物預けだったんですが大渋滞。結局荷物が預けられずに荷物預け終了時刻になってしまい、トラックは出発。

結局預けられなかった組み用に臨時なのか?さらにトラックを出したみたいですが、レースのタイムスケジュール上、後発組は5合目で荷物を受け取るために散々待たされる地獄の様子だったようです。


大きなイベントになるのは良いことですが、中盤のウェーブはやはり大渋滞だったらしく、まともに走るのも厳しかったようです。

このイベント。正直8000人募集(たぶんそうなると実質参加者7000人ぐらい)が限度なんじゃないでしょうか?



タイムの申請があるとは言え、おざなり的な自己申告なので抜いたり抜かれたりが無茶苦茶。土台純粋にタイム順にスタートなんて無理ですからしょうがないんですけどね。

ちゃんと予測タイム通りだったらエスカレーターみたいな感じで、進むけど抜きも抜かれもしないみたいになるのだろうかw



荷物を預けた後は宿に戻って車の前でローラーを回す。


昔はアップって全くやらなかったけど、最近レース前は3本回すのが日課になっている。ただヒルクライムだから特に力入れてアップすることもせずに、ある程度の所でダラダラと流しただけだったけどね。富士ヒル長いし。疲れちゃうから。

軽く流して早めに会場へ。


しかし予定時刻になっても始まらない。


どうやら押しているようで、結局10分押しぐらいでスタートした。





スタート



スタートしたはいいけど、やっぱり渋滞。


でもそれは毎年の事なのでTMNトレインでゆっくりスタート地点まで。



今回はTMNメンバーのトレインに乗車。

TMN上位勢は自分より速いので、ついて行けたら儲けもん。むしろ必死で食らいつくぐらいの気持ちで走る。



スタートの計測の曲がり角に迫る前に体勢を整える。


目標はただひたすら我慢。


くしさんについて行ければ自己更新はできるだろう。ただその一点だったんだけど、その肝心のくしさんが前に出てこないw

先陣を切ってトレインを牽いてくれたのはIさんだった。


夜練で何度も一緒に走っているから速いのは分かっている。何とか付いていこう。出来るならトレインを回そう。そう考えながら。

まずは2合目までが勝負。そこまで自分の出番は無い。


2合目まで耐えきれば緩やかになった所から先頭に出て牽く。もちろんラストも。


そんな気持ちだった。


ただラストまでもし残っていたら、その前でアタックかけるからそれに付いてこれるならと思ってはいたのだけど。




スタートラインを通過すると同時にIさん加速。


これがなかなか強烈。


すぐに追いかけたのはいいんだけど、後ろ見たら全然付いてきてないw


おい。マジか。スタートと同時にTMNトレイン崩壊かw


と思ったんだけど、どうにも出来ないのでとにかくIさんに付いていく。






我慢の時間



付いていけない事はない。


でも序盤にこんな飛ばして大丈夫なのだろうか?



そんな不安と…



付いていくことの辛さをヒシヒシと感じていた。



目の前にただただ続く辛さがある。

そこに肉体の限界がきていれば自ずと失速していくのだけど、肉体に限界が来ていない場合は現状がただただ続く事になる。



人間マゾでも無ければ辛い事なんて出来ればしたくない。当たり前の感情だ。



じゃあなぜ辛さに立ち向かうのかと言われれば、それはゴールしたときの達成感や目の前の勝負。自分との戦い。

これらがそれを上回っていくからだと思っている。


ロードバイクに乗り続け早4年。


自分はもうゴールしたときの達成感だけで走れると言う状況を久しく体験していない。


ラピュタ坂を登ったあの日から、どんなに辛かろうと、結果ゴールしてしまうのだ。それはまず必然的に無理をせず、アクシデントさえ起きなければゴールしてしまうのだ。

それは自分の実力が上がった裏返しでもあるんだけど…




もう「奥多摩を脚を付かずに上れた」




とか



「富士山を登り切れた」




そんな感情に満たされてペダルが回るなんて事はもうほぼないんだ。



いつの間にか成長して、その先にあったのは誰かと自分とが競い合う世界だった。



もちろん普段ポタリングしたり、グルメライドしたり、ロングライド走ったりして満足することはいくらでもある。


でもヒルクライムで追い込んで辛い思いに、ただひたすら耐え続ける為の動機にはもうならない。


この状況に耐える為には誰かに負けたくない闘志や自分の自己ベストを更新したい思い。それ以外に道はない。





それなのにどうだろうか?


ただこの状況に耐え続ける事の動機に上手く火を付けれずにいた。


俺はいったい何と戦っているのか?




トランソニックちゃん壊れちゃったからしょうがないよねー。




そんな言い訳ばかり頭に思い浮かんでは消えていた。





自分の為じゃなく誰かの為に



自分の事に関しては極端にやる気がなく、甘くなる自分がいる。



もしこのレースが誰かのアシストだったらどうだったろう?



たぶん冗談抜きで何%増でパワーが出ているか、序盤で鬼牽きして後半一人タレて千切れていったかも知れない。自分とはそういう人間だ。



自分一人の範囲で責任が納まる状況では弱い。

誰かの責任を背負ったときに強くなる。


そんな弱い人間なのだ。




ただただ我慢し続けながら二年前の富士ヒルを思い出していた。


あの時一緒に走ったSさんとの事。


二人でトレインを組んでローテ回しながら声を掛け合って必死に登った。なんて楽しい時間だったろう。

環境が変わって、練習量や脚力も変わって次の年以降一緒に走ることはなかった。でも今でも良く思い返すあの楽しかった時間。

あの時楽しさと同時に自分だけ千切れるわけにはいかない。そんな気持ちだった。



去年はラストくじけそうな所で現れたA木さんの声にやっぱり救われた。

ゴール直前でかけられた声でまさに生き返った。



自分とはそういう人間なんだ。




この日自分の中で上手く火を付けれずにいたのは、誰のために走るでもないし、誰かと競い合うほどバチバチしたライバル関係もない。と言うよりこの半年間で思いっきり牙を抜かれてしまった自分がいると薄々は気付いていた。

それはTMNの夜練でもそう。


自分より速い人がいるのは分かっていたけど、富士ヒルで絶対に負けないと一度も思わなかった。

ただ自分のベストを尽くすのみ。


一瞬聞こえはいいような言葉だけど、それは目の前の現実から目を背けているだけだ。


弱い自分を肯定して、それを言い訳に強くなること(続いていく辛さ)から逃げようとしているだけなのだと思う。



これは富士ヒル後に思ったこと。



きっと富士ヒル中にそう思えていたら違ったのかも知れない。







そんな風に気を緩めた瞬間、ふらついて道から外れて路肩の土のゾーンに入ってしまった。


転けたりすることはなかったけど、思いっきり減速して後ろに迷惑をかける。



後ろの人は知らない勝手に付いてきた人。



ただ後ろに迷惑をかけたのは間違いじゃないから一言「すいません」と謝ると「いちいち後ろ見なくて良いよ」と言われて何かあっという間に心が切れてしまった自分がいた。


気付いたらトレインから降りて、後ろに後退していく自分がいた。





最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/422-7be42dca