人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

週末の薄い記憶



IMG_5102.jpg


今日は週末のイベントとレースの話。

と言うか最近ZWIFTばかりで、全然外を走ってない。


ましてや真夏の日差しから逃げ続け、暑くなってから外をロング走るどころか、まともに走ってすらいない。

完全に舐めているとしか言いようがない。


いきなり5時間耐久とかね。


まあ何とかなるっしょー!と言った感じではじまりはじまり。









BANK11



と言うわけで世は三連休かもしれませんが、自分は土曜日は仕事。


なので土曜日は仕事終わりに友人宅でもんじゃパーティした以外走っていません。



そんで日曜日。

お昼からいつもお世話になっている川崎競輪場で行われていた【BANK11】と言うイベントに参加してきました。

IMG_5086.jpg


普段はただ走行会って感じなので走るだけなんですけど、この日はブース出たりしてイベントみたいになってました。


Peek-a-Booからは主催している団体の会員でもあるJOさんとあとはユンケルさんと自分の三人で参加。

IMG_5087.jpg



まずはおなじみの三本ローラーで軽くアップ。

その後はフリー走行して、400mTTのタイム計測。


またしても30秒切りはならず。

IMG_5088.jpg


でも感触は良かった。スタートグダグダだったので、スタートさえ上手くなればあっという間に30秒は切れそうだなと思いました。タイム的には全体で5位。ロードでは1位。


あとは結構ぼーっとしてたw

IMG_5082.jpg

ユンケルさんのTTメットのシールドの部分取るともみあげにしか見えないと3人でゲラゲラ。

IMG_5081.jpg

IMG_5080.jpg




スタンディング大会あったり、競輪選手の引退試合あったり、出展しているショップさんの対抗レースがあったり。まあイベントだからほぼ鑑賞って感じ。合間にフリー走行が挟まれてちょこちょこ走れるみたいなw

IMG_5091.jpg



最終種目の競輪は400mTTのタイム順に14名選出だったので、これは自分も走れるとか思ってましたが、残念ながらロードはNGだそうで。仕方なくピストで来ていたユンケルさんの応援に。


IMG_5096.jpg

IMG_5105.jpg


そのユンケルさんは1位の競輪選手候補生のぶっちぎりを除けば、ラスト1周で候補生が飛び出たと同時に前に出て、そのまま
他を寄せ付けずに2位。

[広告] VPS

BANK11



[広告] VPS



周りからも実質1位だよと言われていました。

IMG_5113.jpg



商品が豪華すぎて、出れなかった自分はちょっと泣きたくなった。

UTGI5052.jpg
※ユンケル氏画像拝借



翌日の耐久レースがすごく朝が早かったので、申し訳ないが表彰式を待たずに帰宅させてもらった。





修善寺CSC5h耐久



起床は朝3時。

前日は23時までには寝付けたはずなのでそれなりには寝れた。


車に自転車を積んで、修善寺へ向けて出発。



朝早すぎてターンパイクはまだオープンしてなかったので、1号線をひたすら駆け上がり、靄で何も見えないスカイラインを走って6時過ぎに会場である修善寺サイクルスポーツセンターに到着した。

9時からレース開始なのに6時に開場は結構しんどい。




会場でで1時間ほど寝る。



8時前には試走や説明開始だったので、起きてからいそいそ準備。


すると早速アクシデント。



レースピに付いているチューブラータイヤのバルブの部分が曲がっている。空気を入れることは出来たんだけど、気になるから手で曲げて戻そうとしたらぽきっと折れた…


空気はちゃんと入っているんだが、空気の補充はできない。むしろきづかないだけでやんわり空気抜けている可能性だってある。

仕方なく断念。


後輪のみアルミシューに付け替えて、予備で持ってきていたレーゼロを履かす。さすが自分。準備を怠らずしていたおかげで助かった。

前チューブラー。後ろクリンチャー。カーボンリムとアルミリムと言うやってはいけない組合せな気もしたけど、前はレースピのまま出場した。



おかげで試走前の注意事項説明にギリギリだった。


走って待機列に行くと、スピードプレイのつけっぱにできるカバーが取れて吹っ飛んだ。よく見ると割れて壊れていた。













もう不吉な予感しかしない。












まあカバーは無くたってなんら問題はない。とりあえず外してポケットに入れて一周の試走を走った。



今回の修善寺CSCコースは逆走。

このコース自体初めて走ったので、逆送だろうと順走だろうと初めてに変わりはない。



みんなから聞いていたとおり、ほどんど登りと下りだけで構築されたコースだった。



これを5時間走り続けるとなると、かなりペース配分を考えないとやばいなーと思いながら試走していた。

ただ木陰が多いせいか思ったほど暑くなくて、こりゃ何とかゆっくり走れば大丈夫だなーと安易に考えていた。







地獄編につづく




最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/433-ac727a2a