FC2ブログ
人気ブログランキングへ
2017.08.27 PaB安曇野合宿3
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

二日目



初日はとても長い一日でいろいろありましたが無事に二日目を向かえることができました。

NCTH7068_20170821191249598.jpg

まあ前日いろいろあったため、とりあえず当初のプランは破棄してリスケ。


美ヶ原を登る案はそのままに、それ以外の工程はばっさりカット。


朝はゆっくりめに起きて、美ヶ原へ向かうことになりました。















モーニング



朝は宿の方が用意してくれたパンを食べながら、ゆっくり時間を過ごす。


この日の予定を年長組(なべ兄やん・JOさん・私)で確認しながら…


お昼前に美ヶ原に到着して1本TT。



その後は下って温泉・遅い昼ご飯



あとは解散


と言ったライトなプランに変更になった。



もし二日間とも当初の予定通りだったらエグイメニューだったわけだが、お盆でそれやってたら正直帰り超しんどかったなと思う。



まずは美ヶ原へ向かう。


久々の美ヶ原で心が踊る。



これからあの激坂を登ると言うのに、それが美ヶ原というだけでテンションが上がるのだから不思議なものだ。それぐらい美ヶ原の感じが好きなんだと思う。


安曇野から下道で1時間ほどで浅間温泉街に到着。


準備ができたらみんなで登り始めた。一人を除いて…



気付くとJOさんがもうリタイアしていたw

サポートカー体制で車で登る気満々のJOさんw



ボトルとか荷物持たなくて良い分うちらは楽なんだけどね。




と言うわけでゆるーく浅間温泉街からスタート。

まずは激坂区間。



正直昨日の疲れもあるし、この実力者達の中ではなかなか厳しいなと思いながらも、いけるとこまでいかないとと思いながら登る。


相変わらず序盤から15%前後の凶悪な登りで脚を削り取ってくる。


それをみんな割と淡々と登るからすごい。



ただ不思議なもんで、斜度がキツイほどに昨日ほど差に絶望感がない。

と言うより斜度がきつくなるほどにみんながペースを抑えているのか?



スルスルと前の方に出れてしまった。



先頭のモアイさんの後ろをしばらく走っていたんだけど、気付いたら先頭にいた。


ペース落として後半戦に備えた方がいい気もしたんだけど、どうせ噛ませ犬役なんだから、ここはいけるとこまで行こうとペースを維持したまま登る。


途中軽くアタックしてきた山神様に追いつかれたけど、それも振り切って美鈴湖まで序盤はトップで駆け抜けた。





中盤戦



美鈴湖まで来たは良いけど、ここからしばらくの平地区間。

とりあえずせっかく少しとはいえ付けた差を無くしたくなかったので必死に漕いだ。


美鈴湖までは3km程度。


美ヶ原TTは20km以上の長さなので、正直ホント序盤の序盤。全く展開もクソもない。

でも一番激坂区間なのは間違いなく、例年ここで明暗が付く区間でもある。


この明暗が付くと言うのは、二つ意味がある。


ここで付いた差が勝負を分けるパターンとこの区間でオーバーペースでその後落ちていくの二パターン。


いかに速く体力を温存したまま激坂区間を走れるかがポイントになる。




個人的にはこの区間そこまでオーバーペースにしたつもりはなかった。むしろそのあとの美鈴湖の平坦区間。ここで追いつかれたくなくてかなり必死に漕いだ。


ただ必殺技の集団走行+αで迫り来る後ろに、平坦区間が終わって再び登り始めたところで捕らえられた。


あんな短い平坦だけど一瞬ペースアップしたせいか脚がすぐに戻ってこなくて、その流れに乗り遅れた。自転車競技の面白いところはこうやって一度千切れるとドラフティング効果の薄い登りでもなかなか追いつかない。


見送った背中が少しずつ小さくなっていって、とうとう見えなくなってしまった。


もうこうなったら一人。


ペースもクソもなくただひたすら美ヶ原の長い上りを登り続けるしかない。


ここからは大きくタレる事もなく一定のペースでただひたすら登った。早い終戦だったなーと。

このどうしようもなく空いてしまった力の差をこの先どうやって埋めていけば良いんだろうと悶々と考えながら。




開けるはずが…



その後早く終われとずっと思いながら、林道区間を抜けるのをひたすら耐えた。


美ヶ原は激坂で有名な坂ではあるが、その特徴にラストは開けたコースで一気に下ったり登ったりする謎のゾーンがある。

美鈴湖周辺の平坦区間やこの70km/hを越してしまうような下りとセットなのに、あの平均勾配なのだ。


これに騙される初心者がたくさんいる。



ただその下り区間の開放感は別格だ。



今日もその開放感を味わいたい為だけにひたすら頑張ってきた。



来るぞ来るぞと思いながらついに林道を抜けて開放された下り区間へ…



















絶景きたああああああああああああああああーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!



IMG_1513.jpg













あああああん!!!!!!!!!!???????





















天気悪くて、霧も出てるから何も見えないじゃないですかぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁl!!!










これにはショックを隠せない。画像は初めてツールド美ヶ原出たときの参考画像ね。


もう何も言えない。




気力は無くなってあとはただゴール目指した。これがレースで開放感抜群のロケーションの時はテンション爆上げでここから一気にゴール区間まで猛アタックするんですけどね(初年度参加のツールド美ヶ原の時はテンション上がりすぎた&辛すぎて涎を垂れ流しながら爆走)。



ゴールに着いたら当然みんな普通にいた。もう下山準備してw


美ヶ原のトップ賞は腰板ちゃんが獲ったらしい。

前半なべ兄やんのアシストさせられてたのに、流石やで。




そしてなんと2位はどうやらなべ兄やんらしい。




追い込みすぎて白くなっているなべ兄やん。

GRRI8169.jpg


あとの順位はすみません。失念しました。




NCTH7068.jpg


絶景を通り越して、霧で何も見えない美ヶ原高原w



そんなこんなしていたらまた雨が降ってきてしまったので慌てて下山。

幸い天気が悪かったのは山頂付近だけで、恐怖の下山と言った感じにはならなかった。


IMG_5180_20170821184905a1b.jpg


美鈴湖周辺ではもう晴れていて暑いぐらい。



その後は松本市街に出てお昼ご飯。


お昼ご飯はせっかく信州と言うことでおそばに。

IMG_5261.jpg

とても美味しかった。


ただそばと鴨肉を単品で頼んで一人2500円ぐらい。


PaB…それは大人の部活(おい。どっかのコンセンプトパクってんな)。お金を持てあましたおじさま達の遊び。


宿代3000円なのになw


普通に泊まった代金を考えたらそれでも格安。







その後は浅間温泉に入ろうとしたんだけど、残念な事にどこもかしこも満員。

残念ながら温泉はあきらめ、渋滞を考えて解散となりました。


帰りは思った以上にスムーズだった。(行きが地獄なだけか)




まとめ



とりあえずいろんなことがあってプラン通りにはいきませんでしたが、初めての開催となったPaB合宿。無事に終わることができました。

まずは手配してくれたJOさんを始めとする皆様ありがとうございました。そして参加いただいた皆様ありがとうございました。

PaBもチームが出来て、やっとメンバーも少しずつ増えてきました。


一般的見ても結構速いメンバーが揃ってきて、正直段々と自分が付いていけなくなっているのも実感しているとこではありますが、まあ速い人と走るのが速くなる一番の近道。

そう信じて楽しくやっていきたいと思います。


また冬にもPaB合宿開催する話もでております。

今後はさらに有意義な練習の出来るように、チームメンバー一同頑張っていくつもりですので、ゲスト参加やメンバーになりたい方の参加お待ちしています。


引き続きメンバーは随時募集しています。募集要項はこちらからご確認下さい。


【Peek-a-Booメンバー募集】


よろしくお願いします。



最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/449-721d2d66