人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


最近の練習



今日はここ最近の練習の話。

EDGP36262_20170927150316721.gif


身体の調子も上がってきたので、もう一度原点に立ち返るかのように外での実走を多めに最近は練習している。

10月はいつも通り仕事の関係上ローラー生活を余儀なくされるので、9月はできる限り実走で走っておきたいのが本音。


しかしそう上手くはいかない。今月は1000kmいくかなと思ったけど、シルバーウィークに予定していたBRIDIGENAIL合宿が台風で流れたため、予想以上に走行距離が伸びなかった。

たぶん予想は800~900kmぐらい?


それでもこの一年の走行距離の少なさを考えればかなり多い方だったと思う。


今日はそんな9月をざっと振り返る。









実走中心に



正直ローラー台でZWIFTした方が、練習の時短としては最高。

加えてMAKINOにはVEVTOR付けたので、ちゃんとパワーも計れるわけです。


どう考えてもローラー台の方が効率はいい気がしますが、どうせ10月は嫌でもローラー台生活(平日は)なので、できる限り実走にこだわって走ることに。

あとはパワーメーター再投入したことで自分の弱さが数字でわかってしまうので激萎えなんですよねw

だからしばらくは数字の無い世界で感覚的に調子は上向き☆って感じで練習したかったのもある。

なのでしばらくMAKINO号は封印されている感があった。




今月は序盤はまだ闇の中にいた。

フィッティングしてなかったし、何が原因かわかってなかったから。


9/3にフィッティングをして、フィッターの野嵜さんのすすめもあってその日にすぐ疲労抜きのマッサージへ。

翌、4日月曜日は練習無し。


そしてその翌日の9/5の朝にPaBで朝練したところから激変。



今までの不調を振り払うように身体が躍動した。


かといって強者のPaBメンに勝てるわけではないし、強くなったわけではない。あくまで復調しただけ。それでもある程度練習について行けるようになったのは嬉しかった。


この週に富士チャレと箱根ヒルクライムがあったのですが、練習的には最終調整と言うことで2日前にジムに行きました。


この日のジムはワットバイクオンリー。


正直お金払ってローラー回すだけってもったいない気もするんですが、客観的に見られながらやる練習って自分にとっては大切。


今は月1~2回ぐらいの割合で行っている。



ワットバイクを使って1時間負荷とケイデンスを変えるだけで1分間300~400Wのインターバルを数本。


割と余裕を持って400Wも回せるようになったのが復調している証拠だと思った。富士チャレ前に自分自身での良い確認ができたと思う。



っで富士チャレと箱ヒル。



ここは前回のブログで確認どうぞ。



結果的には物足りなかったけど、明らかにちゃんとこれから調子を上げていける確信が持てて、さらにモチベーションが上がった。


ひとまずブログ的な時系列だとここまでって感じ。







変化



不調の最中ずっと感じていた主な要因が【パワーを上手く出せないとスタミナが持たない】の二つだった。


具体的にパワーの方は、今までイメージしていたようにパワーをかけているのにスピードに乗らない。フルパワーを出し切りたい
のに上手く出せない。と言った物だった。

そしてスタミナは頑張った際に脚に乳酸が溜まっていくような感覚になるのが異様に早い。またはそれが抜けない。と言った2本柱が主な不調の要因だったと思う。



この二つが多少改善されたことで、今まで自分がイメージしていた自分に概ね近づいて普通に走れるようになった。

ただ日々の調子がまだあまり安定しない。



調子のいい日と、てんで脚が回らない日がある。



股関節の可動域が調子を調子を左右していると思っていたのだけど、どうやらこの可動域がヌルヌル動く日でも筋肉の張りが抜けない日はあまり調子が良くない。

この辺がまだまだ本調子だと言えない所なのかもしれない。疲れが一日休んだぐらいじゃ抜けない。



それでもだいぶ良い感じ。


久々に開催された木曜日のTMN夜練ではきっちり最後まで走り切れた。途中くしさん速すぎて千切れそうになったけど。

まあトップの方は圧倒的だったので、若葉台まで必死について行って千切られましたけど。30km/hで若葉台登られるとさすがについて行けない。


北の杜一番街?の坂まではアタックかけて1位通過とかできて調子良かったんだけど、調子に乗りすぎたらしい。




翌日は一人で再び尾根幹。この週の週末は上でも話したBRIDGENAIL合宿予定だったけど、台風来ててキャンセルしたので、その分取り返すために金曜日夜尾根幹+小山田周回で60km以上一人で走り込んだ。



3連休の土曜日は氣志團万博。雨の中一日歩き回ってライブを楽しんだせいか、翌日の日曜日は死んでいた。正直合宿とかしてたら死んでたかも。


連休最終日はなんだかんだ晴れたのでエースと二人で散歩。


まだまだ疲れが残っていてどうしようもなかったので、エースと多摩サイお散歩しながら大垂水峠へ。


多摩サイはのんびり行って、大垂水はがっつりTTをした。


その結果が面白い。


と言うのも9月の頭にも一人でこのコース走っているんですよね。大垂水峠嫌いなのに珍しく高尾方面行って、大垂水峠だけ全力でTTしたんです。

これが同じ機材で、まだ不調のまっただ中。フィッティングやマッサージに行く前日です。


その時のタイムが…


・9:42秒



そして疲れがかなりあるとは言え、この日走ったタイムが…



・9:29秒




そう。ほとんど変わらないんです。


実は自分の中でずっと悪いイメージがあっただけで、実際の走力は大きくは変わってなかったのかもしれません。ただこんな短い坂ですし、割とパワーで押し切って何とかできるレベルの長さってのもあるかもしれませんが。ダンシングでゴリ押しできるし。


それでも自分の中での体感はかなり違うんですけどね。




そのまま翌日はPaB朝練。

結局なべ兄やんと二人。



この日もほとんどなべ兄やんに牽いてもらいながら、よみうりを5周(確か)

この日のなべ兄やんは朝ってのもあるし、割と疲労困憊のようで牽いててもらってどうかとは思ったけど、ラストアタックかまして勝ちを頂いた。

真っ向勝負ではないけど、先月まではついて行くことすら危うかったので、再び復調の手応えを実感した。




翌日はTMN夜練。


この日は近年でもトップ5に入るレベルでキツかった。

メンバーは集まらずN村さんと観葉植物くんの3名。



とにかく3人でフルで8周。


4周目と8周目に中間とゴール設定してスタート。平地もしっかり設定するので丘の湯駐車場出口まで。


序盤は15km/h程度で自分が先頭でゆっくりとスピードを上げていく。1本終わって2本目からは少しスピードアップ。加えて登り終わったあとの平地も手を緩めず負荷を維持。

N村さんがやんわり千切れ始める。観葉植物くんはまだ観葉植物のままのようだ。


3周目でN村さんいったんいなくなる。徐々に上がって16km/hちょいぐらい?


3周目の復路はちょっとペースを落としてN村さんを回収。そのまま中間の4周目へ。



観葉植物くんが高山植物くんに変わる。スピードを上げて前に出て中間をもぎ取る体制。

しかしそこはまだ強かに高山植物くんの後ろにべったり。


火力があると言うことは2枚選択肢がある。だからわざわざリスクを冒して前に出る必要は無い。



このスピードアップにN村さんは完全に陥落。



そしてタイミングを見計らって着火。ラストの左カーブを曲がり始める前のバス停から80%ぐらいの感じでアタック。

しばらくダンシングとシッティングを繰り返しながらアタックして後ろを振り返ると結構な差が付いていたのでそのまま流しながら中間はGET。ただ予想以上に出力を出したせいかかなり消耗してしまった。

この辺の力の出し入れがいまいちできてない。




後半戦はひたすら食らいつくしかない。



高山植物くんに進化した観葉植物くんの後ろにべたつきで、剥がされないように必死に食らいつく。徐々に上がるペース。

気持ちが折れかけてもうダメだ…中間獲ったし諦めよう…そんな風に何度も思ってはそのネガティブを振り払って千切れかけた数メートルをダンシングで猛チャージして詰めると言うのを何度も繰り返した。


折れては即座に復活して猛チャージ。


一定で漕がない分かなり消耗したと思う。




ついにラスト一周まできた。




あとはこの一周を最後までついて行けば、アタックをかけて勝てる。そう思って必死に。ただ頭の中に高山植物くんはさっきの失敗と同じ轍を踏むだろうか?そう思っていた。

自分が自分より火力のある人が後ろにいるならば答えは一つ。ロングでかける。わざわざ相手の得意なフィールドに入って行く必要が無い。

登りはじめから最後までタレないできる限りの高負荷で踏み続けるだろう。



とか考えてたら、高山植物くんが食人植物くんに進化。



登りはじめから一気に加速して振り払いにきた。




まさにそれだと思っていたので思わず「それ!!」と叫んでしまった。


序盤のストレートを必死にもがく。これだけ消耗した中でラストに20km/hぐらいまで上げられると正直かなりキツい。


猛チャージし続けた脚がストレートが終わって曲がり始めるところでガス欠を起こして終わった。



そのままあとは食人植物くんを見送る他なかった。さすがTMNのエースクライマーですわ。強い。


ちなみに完全にガス欠になった自分はその後の平地でN村さんにも抜かされました。

久々にこんなエグい我慢比べをしたなと思った。


ただやはり予想以上に体力持つなと言う実感を感じながら。



その後は週末に恒例の運動会で走り回ったせいで脚がいつも通り筋肉痛で崩壊。

慣れないランなんてするもんじゃないですね。


ただ短距離を走る楽しさに目覚めてしまったので、多少は今後自転車に効果あるとか抜きでランニングもしていこうかと思っている。


その疲労感と筋肉痛が癒えずに今日まで来てしまいました。

一人で荒川CR散歩したり、夜練をマイペースに走ったりしていたんですが全くペースが上がらず。


ちょっと先月の感じに逆戻りしているよな感じなので若干焦っています。




今日のまとめ



今回のブログは完全に誰得な自分の備忘録ですね。


特に内容は無い。



内容と言えば自分の感覚って実はそこまで大きくタイムには影響していなかったかもしれないぐらい?

あそこまで自分でもタイム差無いとは思いませんでした。


正直自分なりの感覚では相当パフォーマンス悪いと思っていたので。



ただ必死に心折れずに食らいつくって、メンタル弱っている時ほどそう簡単にはできないので、やっぱり自分の感覚を良い感覚で保っておくのってすごく大事。

今現在筋肉痛のせいか、坂道登ると相当身体が重くて全然登れないと思ってますし。実際はほとんど変わらないのだろうけど。



とりあえず練習を積み重ねて、若葉台アベレージ30km/hぐらいで登れるぐらいにはしたい。




ではまた次回。


最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村







関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/459-d946f073