人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

定期的な備忘録



少し間が空いたので、9月後半からの1ヶ月半ぐらいを今日はざっと振り返り。


C-_Users_user03_Desktop_新しいフォルダー-(2)_IMG_5480

オフシーズン到来



レースシーズンを早々に切り上げて(仕事で出れないのが主に)、10月で今シーズンは早々と終了。

別にオフシーズンだからとか言った感覚はアマチュアには無いけれど、目標となるレースはとりあえず終わったことになる。

この先エントリーされたレースも無い。


そういった意味でのレースシーズン終了。



モチベーション的にも途切れはしていないけど、全然レースに出たいとは思えず、未だ大磯クリテの参戦計画すら経っていない。

半ばこのままフェードアウトしてしまうような状況にも見えるが、そんなことも無くしっかり先を見据えて積み重ねている。



去年はずっとトライ&エラーの繰り返しだったのはもう何度も書いている。


だから今年はとにかく積み上げることを重視した。



去年一年が無駄であったとは思わない。

でも思わぬ停滞だったことは間違いない。


ただその中でちゃんと自分なりにこの先に向けたビジョンや指針が持てたのは大きかった。



今オフシーズンとりあえず取り組むのは、まずはクランク長を上げてみること。



前回の振り返りから真逆の事を言っていると思うかも知れないが、自分なりに答えが見えてきたからだ。




やはりクランク長は定説通り、しっかり回せるなら長いものの方が有利である思う。特に登りやスプリント等パワーをかける場所では関係ないとは言えない。

しかし、それはちゃんと股関節を稼働させられての話。



身体が硬くて上手くいかないのが無駄なロスを生んでいたと思うし、そこに気付いてからは股関節が動く時と動かないときで明らかに差が出るのを分かるようになってしまったから、無視できない状況になってしまった。


この半年はそこを考え続けた半年だった。



併せて感じていたのが、やはりパワー不足。


今までパワーが落ちた感覚ってあまりなくて、始めたときからフルパワーは大して変わらないイメージ。やっぱりそれは先天的に持っている物だと思っていた。

ただ172.5mmのクランクを手放してから、やはり登りはタイム落ちたし、最高速は出なくなった。


反面粘り強くなった。そんな印象だった。




やはりパワーを出していこうとするならば少しでも長い方が良い。けれどそれは股関節の可動域的に無理が生じる(脚が終わるのが早い)ので、様子を見ていた。



けれどここ最近で自分なりにしっかり可動域を確保できるように定期的に身体のメンテナンス入れてあげれば、ヌルヌル股関節が動くのが分かった。


やはりポイントは股関節の柔軟と体幹(主に腸腰筋)の強化で良い状態は維持できると判断した。


股関節の可動がダメなときはやはりパワーが上手くでないんだけど、しっかり動いているときは噛み合ったようにパワーが出る。


なのでオフシーズンはこの股関節の可動域確保とクランク長170mmの両側面からアプローチをかければ、パワーアップに繋がるんじゃ無いかと考えてみた。


整体等に定期的に通って可動域を確保できれば、170mmぐらいならある程度しっかり使えるんじゃないかと踏んだ。



MAKINOは平地で使いたいので165mm。


逆にASTUTOは元々山岳決戦用に軽いバイクが欲しいと思って買ったので、こちらを170mmにする。





オフシーズンでの積み重ね



減量をどこまで考えるのかも考えたのだけど、プロテインをしっかり飲んで、ウェイトやるようになってからはどうしても+2kgした66kgから体重が落ちなくなった。(まあ変わらずお菓子とかバカバカ食べている状態でだけど)

なので自分の体重はもう66kgなんだと割り切ることにした。



それよりも上に書いた外的なアプローチ(クランク長を伸ばす)と内的なアプローチ(股関節の可動域の確保)を軸に、まずは乗り込む。


去年実践していた乗らない練習は全く効果を成さなかった。あれは自分の中では上手くできなかったと現時点では思っている。


やはり自転車に乗りこむ量の確保。この土台は動かさない方が良い。それに+アルファで時間を作ってウェイトや他の事を足していく方が効果としては現時点では現れている。


なのでできる限り実走にこだわる。


ローラーが意味ないとは言わないけど、その効果を上手く成果に繋げられていないのも現時点では事実かも知れない。



インターバル系を中心としたZWIFTを活用したローラーでの練習と、実走ではできるだけロング中心に。


それを今オフシーズンの目標にしようと思う。


そこに自宅でやる簡単な体幹トレーニングと、2週間に一度のジムでのウェイトトレーニング。


あとは出来れば1週間に一度は身体のメンテナンスに通いたい。



今の仕事の状況とお財布事情。そしてプライベート事情を考えるとこれぐらいが現実的なライン。


どうせいつだってトライ&エラーの繰り返しになるわけだから、最低限守りたいラインを考えながら、出来るようなら上方修正って感じで。


ZWIFTのおかげでとにかく機械的に積み上げると言うのはかなりハードルが落ちている。

1時間いかないぐらいの短い時間ではあるのだけどレースやワークアウトのおかげで強度はある程度確保しながら1時間弱漕ぎっぱなしと言う、日本のレース事情のような練習は出来ている。

なのでそれは継続。






思いもしなかった事をやり出す



あとは全然思ってもみなかった事をやり出している。



定期的に仲間と大人の運動会と称して、ちゃんとしたトラックのコースを借りて年に2回ほど運動会をやっている。

オープンにしていないので、変な人が入らないように知り合いしか参加できない(逆に知り合いの知り合いまでなら誰でも参加可)といった感じで、もう15回ぐらい開催している。


そこで走る事の楽しさにやっと前回目覚めたw


15回近くやって、やっと前回目覚めたのだw


初めは短距離走の楽しみと言うか、もっと速く走りたいと言う気持ちになって、ちゃんと練習してみようかなと思ったのがきっかけだった。

ただ短距離の練習なんてどうするのかも、どこでするのかも分からなかったので、とにかく短めの距離をハイペースで走ってみることに。


自宅からちょうど3kmぐらいで信号にも引っかからない良さげなコースが引けたので、3kmをハイペースで走ることを始めた。


なんか目標があった方が良いよなと思って、3月に行われる立川シティマラソンの3kmの部にエントリー。自転車の方のレース予定は何も決まっていないのに、ランのレースの予定が先になぜか決まってしまった。


週に1~2回。ZWIFTで1時間弱追い込んだ直後に、すぐに着替えて3kmのランに出かけている。さながらデュアスロンである。


あれだけトライアスロンとかは嫌だから絶対やらないとか言ってたけど、将来的にはやってそうな自分がいるのがちょっと怖い。まあ横浜の汚い海とか東京湾とか泳ぎたくないから、トライアスロンはたぶんやらないと思うけど。



次の運動会は春ぐらいだろうか。



普段運動しない人たちが、おいしくお酒を飲むためにやっている企画なので、レベルはかなり低いので気軽に参加できる。

多摩ロードチームとかPaBチームとかで参加したら面白いと思う。まあ自転車勢達のチームが圧勝しそうでちょっと怖いけどw


だいたいいつも40人前後でやっているんだけど、上限は100人ぐらいまでは対応できるから、人数的には問題は無い。


自分の知り合いの知り合いの知り合い……と言った感じで友達の友達は参加出来るので直接自分と知り合いでない友人もOKなので気になった方は是非。割と運動会より飲み会がメインだけども。


ちなみに場所は戸田です。





今日のまとめ



と言う備忘録何なんだか、近況報告なんだか、宣伝なんだか、よくわからない内容になりました。


まあとにかく今年も相変わらず迷走しながらいろいろやってまっすよって感じ。


運動会は走る競技ばかりじゃないんだけど、この年になって50m走をガチで競う機会ってほとんど無いと思うから、それだけでも結構新鮮。


走る競技とそれ以外も半々で自由参加だから割と休めるしね。


クロストレーニングとしてのランの効果はいまいちピンときていないんだけど、心肺能力を維持させるための気分転換には良いのかなと思う。

2時間ローラーだと思うと心が折れるけど、1時間ローラーで1時間ランだと思うと気分転換になるから多少気が楽になるし。



また12月の頭には社畜タイムがやってきてしまうので、年内はバタバタしそう。


とりあえず今年のテーマは【積み重ねる】なので淡々と積み重ねることに執着していきたいと思います。


ではまたー。




最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/465-96720bb6