人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

今年も明けました



名称未設定 1


全くブログを更新せずに、昨年書いたインプレ記事すらも書いたまま放置していた始末。

なので急いで上げた前回。


気付けば年が明けていました。


以前に比べてだいぶ更新頻度も減ってしまったブログですが、ちゃんと生きています。

むしろ変わらずにブログ更新している方々をホントすげーっと思う次第です。



とりあえず恒例の雑記から2018年を始めたいと思います。








いろいろ忙しかった年末年始



私的にいろいろと忙しかった年末年始。

それでも2016~2017年のインフルエンザにかかった年に比べたら全然良い。

あのときは年末年始に何もできず、そのあともだいぶ体力戻るのに時間がかかった。それが去年の体たらくにも繋がっていると思う。少しはね。


今年は休みはたっぷりあったけど、やる事や、やるべき事がたくさんあったので少し少なめ。

3年前とか年末年始だけで1000kmとか走っていたしね。


それでもロング中心にそれなりには走り込めたと思う。



2018年の目標はトラック競技に向けた身体作り。

なので増量を視野に入れて、11月中盤からジムでガンガン先生にしごかれていた。12月は筋肉痛じゃない日のが圧倒的に少ないような惨状だったし。

年末に1回ジムを行って、その後はジムはお休み。


12月頭から身体が筋肉痛だったのもあって、自転車は実走のロング走中心に走っていました。

エースとの東京湾一周+三浦半島一周の二日間を筆頭にZWFTしたり尾根幹走ったりしていました。

まあでも距離にすると12/23日~1/9日までで600kmぐらいだからだいぶ少ないのか。



でもこの時期はロング乗り込む機会とバンクを積極的に行くと決めたので焦らず、むしろ筋肉増強の方に一生懸命になりたい。




年末年始休暇最後の気付き



スノボ行ったりもしてましたけど、連休の最後の方で久々に他のチームの練習会に参加させてもらいました。


もう1年以上ぶりでしたが、久々に本当に楽しかった。



と言うのも最近ロング乗ったり、練習したり。


目標がちゃんとできてメニューはそれなりに消化したり、プロテイン等の身体作りのための準備はしっかりしていたんですが、肝心の自転車に乗っているときにホント煮え切らない感じだったんです。

もうただの義務感や惰性感。

メニューを消化しなかった時の罪悪感から逃れるため。そしてトレーニングした後のその罪悪感からの開放感だけで、一体何のために自転車に乗っているのか分からなくなってました。


エースとロングで走った二日間も別に特段面白いと言うわけでもなく、エースの性格がそういう性格なのもありますが、とにかく無駄を1秒でも省いて早く行って、早く帰りたい。


観光とか景色とかご飯とかどうでもよくて、トイレもご飯もコンビニでササッと済まして帰りたい。そんな一心でしか走っていませんでした。(元々エースはこんな感じ)


あの人気の無い山奥を進んでいく冒険感や、登れなかった山を登れた達成感。

とても遠い所にやってきた達成感や、知らない町を走るワクワク感。


みんなで楽しくキャッキャ言いながら走る楽しさってどこに行ったんだろう。



一人で練習すればとにかく時短・効率。早く終わって欲しいとしか思わないトレーニング。外を走っても早く帰りたいとしか思わない。

エースと二人でも、もうあのワクワク感や達成感は無く、ただ惰性で走るor最短で帰ることしか考えていない。


チーム練習もキャッキャ楽しくというよりは、とにかく効率よくみんなで追い込むことが第一なので楽しいとは思えていない自分がいる。だから最近ZWIFTしかしないし、外で走ってもいなかった。



気付いたら10月半ばぐらいから年末までで実走6回ぐらいしかしてなかった。

ローラー入れれば月に15~17日は練習してるのにw


不調に陥った一年の最後はローラーで出した数値ですが、段々と復調したのもあってFTP268Wと言うシーズンベストをシーズン終わりの12月に叩き出したのに、自転車に乗ることがつまらないことにどんどんなっていく一年の終わりだった。なぜシーズンベストをオフシーズンに持ってきたのかもねw


インフルエンザで出遅れたスタートをして、そのまま日々の仕事の忙しさに追われて、練習不足からどんどん劣化。


トランソニックを富士ヒル前に壊して、年間目標の富士ヒルは初めての前年よりも退化。

そのまま下降を続けていた状態でさらに、修善寺5耐以降謎の不調に陥り一時期はFTP241Wまで低下。


完全に気力を失いかけたけど、そこは物欲(新しい自転車購入)で乗り切り、9月以降はフィッティングによるポジション変更や股関節の可動域理論に気付いた事で徐々に復調。

富士チャレは何とか前年をほんのちょびっとだけ上回って、そのままレースどころじゃないと判断してシーズン終了。


後はただひたすらZWIFTでレースをする毎日。


徐々に調子は戻っていく反面、自転車に乗る事の意味がただ鍛えなきゃいけない義務感でしかないことに薄々気付いてくる。


でもZWIFTでレースしている時の感覚は楽しい→実走すると楽しくない→ZWIFTレースすると楽し…→でも実走すると…


って感じでループして鬱々としたまま2017年が終わった。


ただジムで来年こそはトラック競技で結果出すために筋肉モリモリにしなきゃと言う義務感をさらに植え付けることで、モチベーションを保って駆け抜けた12月だった気がする。



一体自分にとっての自転車って何なんだろう?



そう考えながら越した年でもあった。



もうたぶん昔みたいにポタリングしても楽しくない。観光だけしていても楽しくない。未開の地に冒険しに行っても、たぶん超えられない山を探す方が(舗装路で)難しい。そんなところまで来てしまったのだ。

別に大して速いわけでも、何かできるわけでもないのに、漠然と何も成せてない自分が何が楽しくて自転車に乗っているのか分からなくなってしまったわけだ。




それらは自分の中にある承認欲求の塊と優越感の塊が大きく邪魔しているのだとあらためて感じた。


練習しなきゃいけない。


それでも練習量は人よりも足りていない。


PaBの仲間達はどんどん手の付けられない速さになっていく。


でも自分もちょっと前まではそこにいたはず。


練習しなきゃ。


時間なんて作れる。それでも自分の精神力の甘さで朝練すらまともに起きてやれない。


仕事も忙しい。


プライベートだって、かまけて自転車だけやってればいいわけでもない。


でもそれはみんな同じ。



でも練習しなきゃ。


みんなもやってる分自分もやらなきゃどんどんおいていかれる。


練習しなきゃ。


少しでも効率よく時短で効果出る方法考えなきゃ。


みんな月に1000km以上も走っているのに自分ときたら…


練習しなきゃ……練習しなきゃ……練習しなきゃ……







きっとそんな事の繰り返しだったんだろうね。


好きでやってたはずなのにしなきゃいけない義務感でいっぱいだった。




久々に別のチーム練に参加させてもらって、そこには知り合いの人も、自分を知っている人もほとんどいない。

内容的には元Pの人やらE1クラスの人ばかりで中盤で千切れたんだけど、何でだろう。久々にすごい楽しかった。


きっとそれらは競って悔しいとか負けたくないとかなる以前の、純粋な気負いも何も無いフラットな自転車で走る事を競い合うことを楽しむ状態だったんだと思う。

悲しい物だね。



自分の心がちっぽけなばかりに、自転車でできた仲間はやっぱり良き友であると同時にライバルで、そこに追いつきたいと思って切磋託お互いにしていたはずが、気付けば全然追いつけなくなって、ライバル達には負けたくない気持ちが段々と自転車自体を苦痛にさせていたのかもしれない。

知らない人たちと走ってもそこに負けた現実感はあまりなくて、久々に気兼ねなく走れたらこんなにも楽しかったのかと思ってしまった自分がいたことにちょっとショックを受けた。


それでも結局自体は一緒。


結局この状況を打破するためには自分自身で自分を認められる強さを手に入れるほかない。そこに終わりがないから、自分の性格だとずっと苦しいままなんだろうけど、結局辞めないのが今のところ自転車をやる意味なんでしょうね。





ダークな事ばかりじゃないよ



まあだいぶダークな事ばかり書きましたけど、そんな事ばかりじゃありません。


たかだか1ヶ月半で何が変わるのかと言われたら変わらないとは思うんだけど、ウェイトの効果か、ずっとやり続けてきたZWIFTのレースの効果か、先日の他チームの練習会に参加させてもらった際感じたんだけど、スプリント能力が向上しているように思う。

一人で実走している時から思ってはいたんだけど、加速のキレが増している気がするんだ。



そしてフォームの安定感も。



レースじゃ無いので、モガききるような事はあり得ないのでまだ試せてはいないけど、ジムでワットバイク使って散々フォーム見てもらいながらインターバルしているせいかシッティングでケイデンスを上げてモガく術をちょっとだけ会得した。

そのシッティングでの2段階目ないし、1段階目の加速を残した状態でも、追い風参考記録とは言え過去最高速が出ている。


追い風参考とは言え、家に帰ってギア比とケイデンスをログから読み解いても、そのギア比とケイデンスで理論上はそのスピードは出る。



と言う事は風等の外的な抵抗要因を考えても、100%出せばそれぐらいまでいく可能性はあるかもしれない。


できればパワーメーターがある状態だったら最大パワーも確認できたんだけど、残念ながらなかったのでそれらは分からず終い。

一緒に走った人が1100W近く出していたのを見るに1200W以上は出ていて欲しいなと思う。


ジムでワットバイク1380Wぐらいまで確認できているので、あながち夢の話ではない。



落ちた部分もたくさんあるけど、こうやって少しずつ結果に結びついて来ている物もある。その事実だけでモチベーションになる。

結局それの繰り返しだろうしね。





2018年の抱負



ダークな2017年は過ぎ去った。


ここからは借りを返す2018年(だと思いたい)


とりあえず第一目標はバンクでのタイムを縮めたい。具体的には1kmTTを75秒台。75秒じゃ大して速くもないんだけど、まずはスタート地点にも立っていないのでそこを目指したい(現在79秒)

バンクの為にウェイトやって増量する分、ヒルクライムはキツくなるだろうから言い訳しても良いとしても、平地はとりあえず強くなったと思えるレベルには持っていきたい。


今年もどこかで一回は表彰台に上がりたいのも目標かな。



とりあえず自転車楽しかったと思える一年で終われたら御の字。だって去年過去最悪だったもの。


こんな感じですが、今年も一年よろしくお願い致します。



最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/473-6739a743