FC2ブログ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

反省会



名称未設定 1


まだまだ続くよ反省会。

今日はサラッと書いておしまい。














選択肢



常々、自分にとっての切り札があるかないかを考える重要性を考えてきた。


要はスプリントできるか、できないかだ。


スプリント出来る人は最後までに切り札が二枚ある事になる。


【逃げかスプリント】


かだ。



ただスプリント能力が低い人は一択しかない。


この差ってとても大きくて、ラストの集団で自分よりスプリント能力がある人がいる、もしくはわからなくても自分がスプリントで勝てる自信が無い場合【どこかで逃げる・早掛け】しか選択肢が無いことになる。

スプリント能力がある人は一番美味しい所まで後ろでヌクヌク過ごしていても勝てる可能性が高いし、リスクを負う必要が無い。



それでも結局は最後まで残らないと何も意味がない。


今までスプリント能力にはある程度自信があったけど、最後まで集団に残れず選択肢を選ぶことすら権利がない感じだった。


とにかくまずは集団に残ること。


遺恨のない程度にローテさえ回して入れば、あとはスプリント能力があるやつが勝つ。

そんな風に思ってたんだけど、やっぱりそんな単純じゃない。


まず集団に残っていようと、脚が無けりゃスプリントなんてできない。

選択肢はゼロに近い。



どんなに普段1500Wとか出せても、脚がなきゃ実際のスプリントは1000Wも出ないなんて良くある話。

逃げもスプリントもできないわけだし。



スプリント能力がある人は選択肢が二枚あるから常に後手に回れるから有利だと思ってたけど、現実はそんな単純じゃない。


差しの勝負ならそうだろうけど、たいていは混戦。


そうなったらスプリント能力もさることながら、位置取りやタイミングが重要になる。

こないだの練習でそれらを後手で動こうとすると、上手く位置取れなかったり、タイミングが遅れるのがよくわかった。

後手に回る場合かなり運要素が強くなる。


たまたま巡り合わせで良い位置にいたから。


そんな感じになるんだと思った。


周りの状況次第をなるべく減らすために、脚を使って後手ではなく主導で先手を打っていくことが大事なんだなと感じた。


まぁ現状の自分だとそこまで能力が無く、運に任せるとこがかなり大きい。

外的要因に左右されず、最後まで脚を溜めて残れて、運良く位置取りできたらスプリントできるくらいの感じ。

自分の脚でそれを稼ぎにいくと確実に脚を浪費して最後まで持たない。

棚ぼた状態で運が良ければぐらいのレベル。



それじゃあアレだから、少しずつやれる事考えながらやろうと思う。



結局外的な運要素ではなくて、自力で毎回勝てるような状況を生み出すためには…


・運に左右されない良い位置を自ら取る


・スプリントで競り負けないレベルのスプリント能力


・これらを行えるレベルの脚が残せるだけのベースの脚力を作る




単純にこれができていないと自力で勝つとはなかなか言えない。



結局の所1~5分のインターバルをどんどんこなして、その本数や回復スピード、絶対パワーを上げていく他ない。

それってZWIFTレース内で今まで以上に意識してやるのが今のところ一番得策なんだよね。

大きくやる事を変える必要は無い。


ZWIFTレース中に勝敗を優先せずに、練習を優先して、積極的にアタックを規定時間内仕掛けていけば良い。

その間のパワーはわかりやすいぐらい画面に表示されているので、ペダリングに集中すれば良い。パワーを出すことの方に一生懸命にならないように。

ただそれだけ。



結局やる事は変わらないんだなと思いながらも、この調子で積み上げるしかないと言ういつもの結論に至りました。


これにて反省会終了。


最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/477-0b5fe2fb