人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ホイールの行方は



名称未設定 1

そんなこんなで二転三転して、決め手となる物が出てこない。


正直予算を考えたら、メカニコ一択なってしまう。

なんせポイント考慮したら8万ぐらいで50mmのカーボンクリンチャー買えてしまう訳ですし。


でもいろいろな事を考慮するといまいち最後にポチれない。注文が出せない。


結局そんな感じで悩んでいたらあっという間に決まりました。









ROVALと言う選択



割とスペシャ教の自分。


ただROVALはやはり高値の花過ぎて手が出ない。

至る所でCLX50の高評価のレビューを見ていると、物としてのスペックは間違いないんだと思う。

あれだけいらないと思っていたワイドリム(ROVALだとさらにスーパーワイドリム29mm)も、ROVALなら気にならない所まで重量が抑えられているので選択肢に入る。


極論を言えばナローリムで、もっと軽ければ良いのにとは思うけど。



ただ30万近いホイールに手を出すのはさすがに無理だなと思いながら、スペシャのオンラインショップを眺めていると…




ああ。そうだ。下位グレードのCL50が出たんだっけ




そんなことを思い出しました。



そして価格もこなれて税込みで20万切る価格。


まあ予算オーバーしてるんで、結局買えないんですけど。



でも調べちゃう自分。




上位のCLX50との変更点はハブとスポーク・そしてホイールバッグ無しのみ。


リムはCLXと同じ物で、ブレーキシューやクイック等は変わらず付いてきます。




ハブに関してはCLX50(DT SWISS240同等品)→CL50(DT SWISS 350同等品)ってな感じで、ボールベアリングがセラミックかスチール化の差。後は中の肉抜き具合が違うって話も。


スポークはCLX50(DT SWISS エアロライト)→CL50(DT SWISS コンペティションレース)の違い。



他は同じなので重量差1375g:1465gもこの部分の差と見て間違いなさそうです。




正直問題はスポークのエアロ差のみ。



重量なんてリム重量は変わらないならスポークの重量差なんて誤差。ハブの重量差なんて関係ない。


エアロライトとコンペティションレースでどれぐらい空力効果の差が体感レベルであるのかだけ。


でも正直そこまで差があるとは思えなかった。だから思い切って費用対効果考えてCL50作った訳でしょ?


セラミックベアリングもそうで、正直このセラミック系の類いあまり信用してない。と言うか費用対効果で考えたときに、コスパがあまりに悪すぎると常々思ってきたんです。


実際にセラミックにした効果の信憑性の高さって怪しいし、ボールベアリングだけセラミックにしている場合の虫食い等、結構コスパ考えたらお金ある人だけやれば良いんじゃないの?って感じで考えていた。


後から打ち替えもできるみたいだし、お金あるときに考えれば良いぐらいの話。



しかし予算は大幅にオーバー。


頭の中でいろいろ整理し直す。



現在持っているホイールは…


・決戦用 レーシングスピード35 チューブラー


・普段履き レーシングゼロ アルミ


・ディープ コスカボSLS


・CAAD10速用 シマノ RS81 C35


・軽量 メカニコ 前後1000g




結局ここにROVAL CL50を持ってくると、間違いなく使わなくなるのがコスカボ。


そして普段履きも兼用なのでレーゼロ。ただこれはレーゼロ劣化からの買い換え検討が事の発端なので何も問題無し。


加えてシチュエーションによっては平地エンデューロ決戦用にもなり得る。


RS81とメカニコは元々お蔵入り感あるので関係なし。




コスカボが本当にMAKINO専用品になるだけで、使い道がない。


あまりに持ち腐れ過ぎてホイール購入計画を断念した。どうせならアルミの安めの買う方がまだ使い道がある。

結局コスカボを普段使いにしていくことが無難と判断した。









しかしおさまらない購買意欲



でも気になってしまったCL50は気になったまま。


むしろ今世に出ているホイールの中じゃ、かなりベストバイなんじゃ?と思うほどにバランスが取れている。


一応クリンチャー仕様とはなっているので、チューブレスを見据えていない限り、抜け目がない。




性能を考えたコスパ



ブランド力から来るリセールバリュー





そう考えたらお得感はかなりある。




後は性能がみんなが言うようにどうなのか?


そしてそれは体感として感じ得るレベルなのか?



そこだけが問題。



見た目はマットのASTUTOには抜群に合うと思う。ディープの見た目がかっこいいのももちろん。派手すぎないのも良い。



そんなモヤモヤが続いて、Twitter等でCL50について検索していたらずっと気になっていたけど、なかなか立ち寄る勇気が無かった清瀬にあるROUTE610と言うショップにCL50が入荷していることがわかった。



スペシャ系は通販では基本的に買えないので、実店舗や公式のオンラインショップで買うしかない。


なのでROVALを買うなら、その後のメンテナンスも含めてショップで買うつもりだった。できれば近場や、これからお付き合いできるショップ探しも併せてできたら最高とか考えてたら、そのすべてをカバーしてきそうな道が目の前にできた。


ただまだ価格の問題はクリアしていない。


そんなこんなでROUTE610のホームページを見ていると…





下取り





の文字が…








なんやと…







果たしていくらになるかはわからないけど、コスカボSLSを下取りに出せば、予算に近づいて、ホイールをダブらせる事無く、性能やコスパ、そして好きなブランドのCL50をずっと気になっていたけど入れなかったショップでこれを機会に行きつけのショップが見つかるかもしれないと言うすべてをカバーした選択肢になるんじゃ…











あまりに目の前に敷かれたレールの運命感に打ちひしがれながら、恐る恐る在庫の確認で電話をしてみる…
















すみません。ホームページでROVALのCL50入荷って見たんですけど、まだありますか?



















ありますよ。





















ジャスティス!!!!!







これは見るしかないやろ。と言うことですぐさま見に行く。



初めて入るショップにビクビクしながらも、入店。

すぐにCL50を見させてもらう。











さすがのスーパーワイドリム(29.4mm)やで。ゴン太感と威圧感が半端ない。重そうだけど。










そのまますぐに下取りの話を聞くと問題なくできるとのこと。ただ現物確認から1時間~2日ほど時間をいただきたいとの事。

その場で勢いと運命感に任せて手付金渡してキープ。



その後コスカボを預けて、下取り金額の回答を待つ。



PBKで8万5000円ぐらいで買ったコスカボSLS。



正直相場的に見てもせめて半額の4万。3万でも良い。5万になれば御の字。

そうやって考えながら待つこと1時間。



すぐに電話はかかってきた。













ホイール下取り代金6万5千円(たぶん税込)になりますね。




















うおおおおおおおお。マジかぁぁあああああああああ!!!










2015年製の2000kmぐらいしか乗ってないとはいえ、2万落ちで下取りしてもらえるなら大満足。


もう即決。



そのままROVAL CL50をお出迎えする準備万端。





っで13万ちょいちょいで全ての自分が望む条件をカバーして購入というミラクルVを達成しました。


IMG_5963.gif








とりあえず次回はインプレ!!




最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/480-86024943