FC2ブログ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

サドル入れ替え



名称未設定 1


この前書いていた通り。

ずっと使っていたPOWER サドルがちょっとくたびれてきたのでサドルを買い直した。


結局悩んで安定感と若干の進化を求めてスペシャライズドの【POWER ARC EXPERT SADDLE】を購入。




今日はそんな話。











変わらないけど進化したい



このジレンマの難しさ。


現状の物に満足はしているけど、それよりもさらに良い物があるならそっちが良い。


そのバランスの難しさをいつも痛感する。



スペシャのサドルはPOWERサドルとトゥーペ(確か)を使っていて、トゥーペの方は悪くは無いんだけど、やっぱりPOWERサドルに比べると快適性は段違いでPOWERサドルの方が良い。


そんな感じだった。




それだけPOWERサドルを気に入っていて、2018年も継続でPOWERサドルは売っているんだからPOWERサドルを買えば良いんだけど、そこは現実商売なので各社新型を毎回投入してくる。


POWERサドルの新型【POWER ARC サドル】である。


スペシャの説明文を見てみると、基本的な形状はそのままにパッドやシェルなど改良を加えた商品だと言うのがわかります。


この書き方をされるとこっちを選ばずにはいられずPOWER ARCサドルを購入しました。





色味はこちらの方が良い



前作はツヤありのブラックだったんですが、今作はツヤ消しのマットブラック。



そのマット感と色味がASTUTOのマットカーボンブラック、そしてROVALのマットブラック等、ツヤ消しで仕上げている自分のバイクにバッチリはまってくる。


もはやあれだけとっちらかってバイクのセンスのかけらも無いと言われ続けた先々代のCAAD10と先代のとらんそに子では考えられないぐらいまとまりを見せ始めている。


IMG_5991.gif

そしてクドすぎるバーテープももうちょっとなんとかしようと思っているので、だんだんと完成形は見えてきた気がする。

個人的には悪趣味な感じでクランクを鏡面加工できたら完璧だと思っている。


まあ元の自転車自体のかっこ良いとか良くないは好みもあるので置いておくけど。


フレーム自体が何の変哲も無い形状なので、特別かっこいいとかなるとは思ってないんだけど、とにかく質素にシンプルにまとめたいと思っていたらこうなった。





300kmぐらい使ってみて



ここからインプレ。

とりあえず負荷ガンガンのシチュエーションやゆるポタ等使ってみた感想。





似たような形状をしているが明らかに前作とは違う。





まだ使い始めってのもあるし、前作が使い潰されて腰を失っていた部分もあるかもしれない。

ただ現時点で思うのは、明らかに快適性を前作よりも失っているし、だからといって引き換えに特別パワーアップをした感じがまるで無い。

むしろ割と広範囲で前後にずらしていろんなとこで快適に座れた前作に対して、スイートスポットが明らかに狭い。

いやむしろ、その一点ぐらいしか無いスイートスポットすら前作のが快適に感じる。



そりゃね、前作のがコンフォート寄りの設計で、今作はパットをよりレーシーに改良って感じなんだと思う。

だから前作と新型を棲み分けして併売しているんだと思う。


サドルは人によって合う合わないがはっきりしている物だから、一概に私個人の感想で善し悪しは判断できないし、人によっては最高のサドルになり得るのかもしれない。


ただ不満に感じてるのはこのスペシャに対する不満なんだと思う。






新型の改悪



スペシャの新型には正直がっかりさせられ続けているのが今の現状。

あくまで私の使った物中での話だけど。



S-WORKSシューズがまずは始まりで、前々作を試乗で一度履かしてもらったときに、その履き心地とパワーの伝達感に感動した。

ちょうどS-WORKS6シューズが発売される前だったので、新型を楽しみに待ってS-WORKS6シューズを買った。



その辺の下りは過去のブログからどうぞ。


【S-WORKS 6 シューズ】




最後まで違和感を消せずにフィッティングで合わしてみたりもしたんですが改善されずに、知り合いの元へ嫁いでいきました。



あれだけ良かった前作から陰も形も無いぐらい違和感バッチリのシューズに変化しました。


最近S-WORKS 7 シューズが発売されて、S-WORKS 6 シューズは世界的も不評で失敗作だったというのを概ね認めてしまいました。

あれだけ人間工学に基づいて作られたS-WORKSシューズ至上最高の出来と謳っていたのに。

人間工学って何だよって感じですよね。



でもね。この人間工学に基づいてって言葉。

結構好きで飛びついてしまうんです。



その現況は音楽が趣味だった時代。


有名なのではストラト等、人間工学に基づいて設計されたと謳われている楽器や周辺機材は軒並み使いやすい物ばかりだった。


逆にエクスプローラーやフライングV、SG等に代表される見た目から入っている楽器は必ずと言っていいほど弾きづらい。

絶対にネック落ちしたり、ハイフレット弾きづらかったり等、何かしら問題がある。


人間工学に基づいている物が全て完璧とは言いませんが、それなりに良い物が多かったイメージだったんですよね。



なのでその頃からの刷り込みで、人間工学に基づいて作られているならある程度は保証された使い心地だろうって頭が出てきてしまうんです。



もちろん剛性の高いシューズなので、自分が踏み切れるほどのパワーが無くて使い心地が悪いって言うのもあるかもしれません。


でもそのときはしばらく我慢して履こうとも一向に良くならず、諦めるしかありませんでした。


S-WORKS 7 シューズの説明文もやはり読んだら買いたくなるようなアメリカンな説明文だと思う。

でもそこにあのときのようなリスクがあると思うと容易に手が出せない自分がいる。




結局あの時と同じ事をサドルで繰り返してしまった感がある。


なぜ前作があんなに素晴らしかった物を改悪してしまうのか?



求めている部分が違うのかもしれない。よりレーシーに快適性を犠牲にしてまで振ったのかもしれない。

それでもこう何度も新型でハズレを引くと、次回も新型が出たところで手を出すのを躊躇してしまう。



割合スペシャ教の自分ですら。





ROVALのように知らないなら良いんだと思う。

初めて買えば比較対象は別の物だから。


だからもしROVAL CL50から新しいROVALに買い直す事になったときは、出来れば試乗したり、ある程度世間一般の評価が出そろってからと思ってしまう。

だって最近のスペシャの流れだと絶対悪い方向に進んでいそうだから。





今日のまとめ



あくまで個人的な感想だけど、私はARCサドルをおすすめしない。

仮に他のサドルと比べてなら、ARCの方が良いと言う良い方は出来る。



しかし前作のPOWER サドルが手に入る状態であればおすすめはしない。そちらを買うべきだ。


こっちのが新型だった気がするけどPOWER PRO ELASTON SADDLEに関しては使ってないのでわからない。


そもそもARCサドルって2017年モデルからだよね?


その辺曖昧です。




値段的に大きく変わるわけでは無いのでPOWER PRO ELASTON サドル選ぶかARCか通常かの選択はどれでも選べる範囲内だとは思う。

S-WORKS版は高いから除外ね。


カーボンレールとか含めて取り扱い絶対めんどくさいと思っているからいつも選択肢にすら無い。


現状よっぽどシビアなセッティングを考えているんじゃ無いなら、快適な方面に振っているPOWERサドルの方がホビーユーザーには需要あると思うし、ARCが仮によりレーサーなサドルだとしても、それが差として良い部分でわかるような差を今のところ感じられていない。

むしろデメリットの方が強く感じている。



テストサドル等利用できる機会がある人は間違い無く一度確認してからの方が良いと思います。


今日はそんなサドルのインプレでした。





最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/485-bac377d1