人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

MAKINO決戦仕様



名称未設定 1


MAKINOを取手クリテの為に決戦仕様へ。

ブレーキシューを変えて、ホイールはレースピ。

立ち上がり考えてRovalよりレースピにした。












調整の最中に



調整の最中に気付いた事。


MAKINOにレースピ履かせて近所を5kmほど走る。

やはりレーゼロよりさらにカッチリ軽い。漕ぎ出しも悪くない。

調整も一先ず問題なし。



これでとりあえず取手クリテは大丈夫だろうと帰宅。



Astutoも変速の調子が悪くて、調整してあったので、ついでに近所へ確認する為に乗り換える。


Astutoの方がハンドル幅広いし、クランク長も170mmなので全体的に大きい印象。

やっぱりポジションは全然一緒にならないなーと思いケイデンスを止めた時に驚愕。















((((;゚Д゚)))))))













なんやこの感触…













ビックリするぐらい惰性でホイールがスッーと滑っていくように進む…












直前にMAKINOに乗っていたせいか変化が顕著だったのもある。


それにしたってこんなに違うのかってぐらいスイッーと進んでびっくりした。

ただこれがどれぐらい数字に表れているかって聞かれたら何とも言い難い。



自宅に戻ってきてこんな実験もしてみた。


空転させた時のBBの回転性能とホイールのバランス。


まずはBB。


・AstutoにはWISHBONE


・MAKINOにはシマノアルテグラ



のBBが付いている。




真円、楕円の違いはあれどチェーンは同じシマノデュラ。

スプロケもシマノ。


ホイールは


・AstutoがRoval CL50


・MAKINOがフルクラムレースピ35




っでこんな感じ。



[広告] VPS




[広告] VPS




WISHBONEは何度手で止めても再度回り出すけど、シマノは勢いつけてやっても回らないですぐに止まってしまう。


この差がいったいどれぐらい差として出るかと言われたらわからない。

ただ現実こんな違いがある。



次はホイールバランス。


高回転で空転させてみるとこうなる。



[広告] VPS


[広告] VPS









フルクラムは割合に一定で回っているが、Rovalはフレームが共振して上下に暴れ始めるほど暴れる。


ホイールバランサーすればもう少し変わるんだろうな。していないとこんな風にフレーム諸共暴れる。


でも実際にこれがどれぐらい速さに関わるかわからない。


ロードバイクが100km/hとか常時出るような乗り物ならえらいことだろうけど、だいたい50km/h以内と考えると判断が難しい。

バランスはチューブ変えたりですぐに変わるので定期的にやる必要あるだろうし。


こうやって目で見ると気になることはいっぱいある。





最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/495-36c3f97e