人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

取手クリテ



IMG_4668.jpg


去年に引き続き取手クリテ行ってきました。

去年初めて勝ったし、二連覇を目指して。


そもそも10以下のレースだから、順位は何とも言えないんだけどね。

それでも今シーズン一発目としてはとても良い感じだったので。








戦略



10人に満たないエントリーのクロモリクラスに出場。

そうなったらほぼ表彰台は確実なもの。


去年出た限り、若い子や強い人は通常のビギナーやスポーツ、エリートに出るだろうからそういう意味では穴場なのだ。


みんなクロモリなんてそんなに持ってないだろうし。



一応去年優勝したわけだし、今年は出るからには課題を課す事にした。





「ずる賢くいかない」





横綱相撲だ。

適当なところから早めにかけて数周逃げる、もしくはラスト一周でロングスプリント。


もちろん状況見ながらだけど、自分にとって限界をとにかく目指してみる事にした。






レース当日



4時半ぐらいに起きて、準備して取手へ。

7時前に着いてゆっくり準備。



7時30分からゆったりと試走。



コースの砂とか確認しながら15kmぐらい散歩した。


そのままカテゴリー50を見る。


やっぱり今回も掛けどころはバックストレートか。ここで差がついたらそれでほぼ決まる。


カテゴリー50を見終わって、トイレに行っていたら知り合いに遭遇。

ぼっちだと覚悟していたので嬉しい遭遇だった。

この日はその方と終始一緒にいた。


自分は出ないのに知り合いを応援に来たみたい。ありがたやー。


その方からクロモリクラスに一人強い方がいるのを聞いた。ちょっと一筋縄ではいかなそう。






レース直前



レース前に周りを見渡して一発で分かった。

さっきカテゴリー50で優勝した方が強い方だと。



さっきのレース見てた限り終始先頭で余裕。最終的に剥がして勝利。

強いなーと思いながら見ていたので、どうするべきか悩む。



ただトレーニングレース要素で出てる部分もあるから、後手後手には回りたくなかった。





レーススタート



レーススタート。

初めはサポートライダーの人が先頭を牽いてくれる。

遅かったら抜いちゃって構いませんのでとの事。


スタートと同時にそれなりにスピードアップ。なんだ思ったよりスピードいきなり上がるじゃんと思いながら後ろからスタート。


最後尾にお強い方。


完全に後ろから品定めしているのが分かった。





ホームストレートが終わって縦一本のトレインは進む。

動きも変化もない。




そりゃそうか。1周目だし。



バックストレートに入ったところでスピードの加減を間違える。

びっくりするぐらい前が遅くて詰まりそうになったから、えーいとそのまま飛び出る。


しのごの言わずに前出て牽こう。



頭の中ではお強い方が反応するだろうと思いながら。


飛び出して後ろを見るが、ベッタリチェックが入らない。


何度も何度も後ろを確認する。


お強い方が来るように。





数秒すると来た!





そこから前だけ向いて、スッーとゆっくり加速。


コーナー区間を終えて、ホームストレートに戻ってきたらローテでお強い方が前に。




案の定それより後ろは剥がしてた。


目論見通り。


これで二人。あとは一気に差をつけて最後は二人を目指して。


話しかけると気さくな方で、とりあえず二人で後ろ剥がしましょうと確認+ちょっと談笑してスタート。



3周目までで後続は見えなくなるまでに。もう後ろは気にしなくていい。



ここから徐々にお強い方が牙を剥く。

ローテで前に出るたびにやんわりアタック。追いついたらアタック。


C-_Users_user03_Desktop_IMG_6109.gif

※なんかこう写真で見るとやっぱり取手クリテの会場ってシクロやってんじゃないかってぐらい路面悪いよねw



段々と剥がされかける回数が増えてく。


こりゃ完全に遊ばれてると思いつつも手立てがない。


前に出たところで失速は顕著で、すぐにローテ入れ替わったらまた何度も攻撃を食らう。


結局4周目かな?入ったところか、3周目のバックストレートで剥がされた。



そこからは一人旅。



後続に抜かれる気配はなかったんだけど、前に追いつくには差がありすぎる。

ただ最後まで出し切ろうとTTモードに切り替えて前を追う。


これまたお強い方が絶妙な調整で追いつけず、置いてかれずで様子見ながら距離を保たれる。


折り返しのコーナー先で「ヘイヘーイ!」と煽られながら。



悔しさがない。



それぐらいハッキリした実力差だと、胸を借りて練習させてもらおうって感じ。


終わった後話した時も全然嫌な感じの人じゃなく、普通にいろいろ話してたぐらいだし。


自分が思う悔しさってのはその土俵に上がれてなければおこがましいと思ってるからかも。



自分でローテ回して後ろ剥がしましょうとか言っておいて、自分が剥がされてる始末ですしねwそこがポイント。



そのままラストまで抜けるわけもなく終戦。


二連覇の夢は潰えました。



終わってお強い方と話してたら、マスターズ50歳の全日本TTチャンピオンの方だった笑。

何でそのレベルの人がクロモリクラス出てんのって思ったけど、カテゴリー50、クロモリ、エリートに出るらしい。なるほど。

結局その方からエリートも入賞だったしね。




終わってみれば3位以下はそれなりにダンゴ。

1位と自分の差は7秒。まぁ遊ばれながらなのでタイム差は全然意味ないけど。


自分と3位の差が約1分差って感じ。



10km中、5kmは一人で走り続けた割に後ろとの差がかなりできたなと思った。


そう考えたら、やっぱり去年の自分より弱いわけではないんだろう。





反省



反省点はまぁちょいちょいある。



まず普段平地練でこの方と同クラスの方達と練習させてもらってるのに、ツキイチオンリーでいたこと。

そしてそれである程度なら付いて行けてると思ってたところ。

もっと練習の時ほど、積極的にアタック仕掛けないと全然対応できない。



もう一つは去年優勝したからと横綱相撲をしようとしたところ。まぁそれは初めから決めた課題だから反省半分くらいだけど。


結果は変わらなかっただろうけど、序盤から出る必要はなかった。

お強い方は完全に後ろで様子見をしてた。


ならば息を潜めて、自分に出る脚なんて無いフリして数周やり過ごせば良かった。

少しでも脚を溜めるべきだったんだろう。


レース後に話していて、飛び出した脚を見てスプリント勝負になったらどうなるかわからないな?と思い中盤でアタック連撃して虐めたwと言っていたw


その虐めに見事にダメージを受けて沈んだわけだ。

それでもこっちの様子を確認して合わせてくれながら「最後までもっと頑張ろうぜ!」的な懐の深さを感じたから楽しかったのかも。


実力差は歴然だったし、ダレずに最後までレースできたのは紛れも無い事実だし。

完全に胸を借りた感じだった。

C-_Users_user03_Desktop_IMG_6110.gif







今日のまとめ



なんだかんだ言いながらも楽しかった。

今やれる事、足りない事。

強者との力の差。


それが少し分かっただけでも、トレーニングレースとしては良いレースだった。

一応表彰台上がれたしね。


ただ優勝目指してたから嬉しいとは言えないんだけど。



スプリントしたかった事だけが心残り。


心拍数久々にこんなんなってたし。


IMG_6072[1]




とりあえず今シーズン一本目は表彰台からという事で。

引き続き頑張って行きましょう。


※yamaさん写真含めて一日ありがとうございました。



ではまたー





最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/497-80279d00