人気ブログランキングへ
2018.03.27 一度はTIME
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

投げ売りTIME



名称未設定 1

ふわふわタイムみたいなもんである。


今日の午前中に突如目に入ったTIMEの投げ売り。

正直それを見た瞬間覚悟した。


何を覚悟したって、マジで投げ売りなら瞬殺コースだ。

四の五の言わずに買えたら買う。


そう思ってMERLINのサイトを開いた(金は無いが作るしか無い)

結果は予想通り合うサイズが無くて断念。



いくらTIMEとは言え、サイズの合わないフレームを買うのは悪手だ。

小さいサイズなら共思ったが、浅はかなTIMEの真骨頂はアクティブフォークと言う言葉を微かに覚えていて、アクティブフォークフレームは大きなサイズしか無かったのでそっとページを閉じた。













フレーム買い換えタイミングはいつやってくるかわからない



こんな感じでフレームの買い換えのタイミングはいつやってくるかわからない。


とは言え昨年夏前にフレームを買ったばかりなので一年も使っていない。


あくまで予備・次期フレームでも良いというぐらいの覚悟でサイトにアクセスしていた。




ASTUTOに乗るようになって8ヶ月。

IMG_5991.gif




その間にサイクルモードなどで結構試乗した。

しばらく試乗とか全然してなかったからたくさん試乗したんだけど、なんとも言えない感想だったのは記憶に新しい。


【サイクルモード2017】


結局費用対効果以上に、感動するフレームに出会えなかった。



ただその考え方もROVAL CL50を買ってから少しは軟化した。

やっぱり他に無い性能と所有感、見た目のパンチは良くて、現状相当お気に入りのホイールになっているし、予算の都合が付くならたぶん今後もこのクラスのホイールを積極的に買おうと思っている。(予算的に無理だろうけど)


いつかはTIMEに憧れを持つ気持ちはあってもTIMEに乗ったことは無いし、性能が本当に良いのかわからない。


あれだけホビーの強者に根強いファンを持つフレームだから、やはり性能は違うんだろう。


ただそこに40万円以上かける余裕があるか無いかだ。自分にはそんな経済力は無いし、買う余裕も無い。


飽きる、壊れる、技術は少なからず進む。


この三点を頭に入れたらフレームは消耗品で、やはり良く言われるような




「壊れたときにもう一度同じフレームを買い直せる」



この言葉が真意だと最近思っている。



この言葉のすごいところは何度も買い直せるだけの予算のフレームが相応だよって言葉と、もう一度お金出しても良いぐらい良いフレームだよって二つの意味を持っていると勝手に思っている。


そう考えるとASTUTOは良い線付いている。



カーボン柄の無塗装同型フレームは7万ぐらいから売っている。(ASTUTOは塗装とブランド料や保証が入るから14万ぐらい)



粗悪品引く可能性を考慮しても良いなら、4万台から探せる。



それでいて性能的にはとても満足している。もちろん細かい作りはあれかもしれないけど。



そんな事を考えていると次もこんな感じのフレームしか買えないんだろうなーと考えていたので、今朝のTIMEはなんか衝撃的だった。




次期フレームはこんな感じで良い。

1-16111G64T427.gif
1-1P22G346091.gif



引用

http://www.hongfu-bikes.com/



まあこれもhonghuに載っているフレームなので、一般的なメーカー品とは言いがたい。

昨今中華フレームの定義についてあーだこーだー言っているので、安易に中華フレームと言うのもね。




まあ本当はそういう事言い始めるとハイエンドアルミを数年で買い替え続ける方が性能的にも、コスト的にも、リスク的にも良いんだとは思っているけど。

CAAD辺りでずっと乗り換えていれば、バイクの性能で差がありすぎて負けたとか言い分けにしかならないでしょう。ヒルクライムの上位争いみたいな状態じゃないなら。



結局性能は差が無いとかコスパがとか言ってても、ハイエンドバイクへの憧れは計り知れない物があって、乗ったことも無いTIMEを良いという噂だけで安くなっていたら即買いしようとするぐらいの目に見えない価値があるんだと思った。


ただ基本的に昔から大きな物は買えない性格なので、よほど給料もらえるようにならないと買える気がしない。


次のフレームへの妄想と共に、またこんなことがあったときにはサイズさえあれば買っちゃうかもしれないな…とちょっと怖いと感じた一日だった。





最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/507-4f801876