人気ブログランキングへ

GWスタート


名称未設定 1



3年ぶりぐらいにまともにGWの休みがある気がするのは気のせいだろうか。

さすがに9連休とはいかない。


谷間の5/1~5/2は普通に仕事なんだけど、それでも3連休+4連休。

そう考えるとかなりの自分にとっては大型の休みだ。


仕事も忙しいし、あんまりにも大型連休で休むと、仕事の事全く覚えてないわ、やる気でないわでGW明けもかなり無駄な時間過ごしそうなので正直ちょうど良いかも。



と言うわけでまずは前半戦の話でも。





川を下る



初日の28日は練習なし。

水上に初めてラフティングしに行ってきた。


IMG_6240.gif

C-_Users_user03_Desktop_IMG_6276.gifIMG_6221_201805021131297c9.gif


キャニオニングは何度か行ったことがあるんだけど、ラフティングは初めてだった。

ホントね。キャニオニングとかラフティングはマジで命の洗濯。


マイナスイオンのせいなのか、ストレスが全て洗い流される感じがする。ストレスゼロのスーパーアイテム。

マジでストレス溜まっている人や、疲れが溜まっている人、鬱々としている人なんかは一度やった方が良い。



これやってる最中ストレス感じたりするようなら、よっぽどヤバい状況だから環境変えることをおすすめするぐらい命の洗濯。


一枚目の写真とかぼかしているけど、みんな見たことないぐらい満面の笑みで若干壊れてるんじゃないかって表情してますからね。

写真いつ撮られたかよくわかって無いから、終始あんな緩んだ顔をしてたんだろうw





終わったあとに食べた肉も最高だった。


IMG_6290[1]

IMG_6288[1]







柳沢峠



っで翌日はエースの知り合いの人のチーム練に参加させてもらって初めて柳沢峠行ってきた。

IMG_6292[1]

エースの写真センスである。

どうしてバイクを全部撮してくれないのかw



ゆっくり目のロングって事だったのに、思いのほか早くてびっくり。

特にエースの知り合いでまだ歴が1年足らずなのに、クソ速い人がいて驚いた。



坂とかずっと400Wぐらいでガシガシ登ってるのに、全然タレる様子なくて、スタミナも化け物級だった。

そしてそういう人にありがちなサイコン無し。ホイールは割と重い。(ちょっと前まで安くて重いタイヤすら履いてた)

補給食はグラノーラをジップロックに入れてムシャムシャずっと食べているような天才肌だったw




結構自分の頑張った方だけど、翌日のPaB練考えると無理はできない。

と言うか無理しなくてもこの日の走行距離はほぼ200km予定だから疲労が残らないわけが無い。

しかも柳沢峠だから獲得標高も2000UPぐらい。



翌日がだいぶ心配になったけど、久々のロングだったし、新鮮なメンバーとのライド。

そして普段は車が多いのを嫌って全く寄りつかない柳沢峠に初めて行ったので、新鮮づくしで楽しかったから明日の事は考えなかった。

結果TSS329なんて具合で結構ボロボロに。



それでもライド後のマッサージやサプリ系のケアをしっかりしたせいか、思ったほど疲れが残らなかった。

これも自分にとっては成長を感じられる一日になった。





PaB練



っで翌日は宣言通りPaB練。

8時に小山田集合して、小山田周回。


ちゃんと数人でもPaBメン集まってやるのいつぶりだろうって感じ。


アキちゃんも参加してくれて、PaBメンはなべ兄やンとユンケルマンと3人。




スタートから激キツい。


小山田周回は休める区間が多いと強い人は言うけど、こっちは鬼の形相。


登りの度に強烈なパワー合戦。



1周目が終わる時点で私とユンケルマンは瀕死。

やっぱりなべ兄やンとアキちゃんは予想通りクソ強い。



レベルが数段違うと感じてしまうほどに。



それでも千切れるわけにはいかないのよねー



と気張って走る。


思いのほか疲れとか感じなくて、むしろ絶好調って感じだった。

200kmの翌日このコンディションが出るようになったのは正直かなり嬉しい。



2周目ぐらいからユンケルマンが登りで千切れ始める。



やはり登りといっても、純粋なヒルクライムじゃ無い。


ユンケルマンは圧倒的に軽いけど、この丘だか坂レベルの登りだと、パワーが物言う。

こっちの様子を見ながら要所要所抜きながら、走っている前二人と、全力でとにかく食らいつく自分たちの間には想像以上に差がある。


400W超えて500W出ようが600W出ようが関係無し。

正直そんな今パワーどんだけ出ているかなんて気にしている余裕がいない。



できる限り無駄なく、できる限りパワー出して付いていくしか無い。



あっという間の3.5だったか4.5周だったか。


最後の病院坂で付いて行けなくなって完全に千切れたけど、ラストの坂までなんとか付いていくことができた。

悔しがらなければいけないのかもしれないけど、正直ほっとしたが一番。



なんとか終わって安堵したのもあるけど、自分の力量がしっかり分かったのが大きかった。


なべ兄やンもアキちゃんもやはり強い。


その中でユンケルさんは練習不足で出遅れているにもかかわらず、最後までなんだかんだ付いていた。

やってきた事が全く無駄では無く、しっかりと着実に進んでいる実感を感じれたのが嬉しかった。



ただあの二人との差はそう簡単に埋まる差じゃ無い。

そりゃそうか。



そこで同等に走れるなら俺はE1レーサーって事だもんな。

現実はE3ぐらいの走力があれば御の字ってとこかな。


まあ実業団出ることはたぶん無いから良いんだけど。




今日のまとめ



何にしても久々にすごい走れて満足だった。


ラフティングの爽快さもあってかなり癒やされたし、そのおかげで練習も高い強度で二日間追い込めた。

この調子でGW後半もいきたいとこだけど、雨とかに阻まれるんだろうなー。



まあ楽しくいこう。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/519-90332e00