人気ブログランキングへ
2018.05.06 GW後半戦
○GW後半戦

久々に走り込んだGWが終わった。

毎日遊び倒して充実感のあるGW。


仕事の当番とかなくGWを過ごせたのは何年ぶりだろうか。


今日はそんなGW後半戦について。

携帯から投稿。






○5/3 エースとよみうりV坂

前日に確か飲んでて(記憶が薄い…)朝一はツラめ。かと言って午後から用事があったので、エースと二人で久しぶりのV坂へ。


5本登って帰ってきたんだけど、1本目を400Wオーバーで。2〜5本目を300W目標で登る。

まぁコーナーの中間はダラダラしてたから1分インターバルって感じ。


それでもやっぱり登りはツラくて、だいぶ脚に応えた。




○5/4 荒川パトロール

この日も午後から用事があったので、朝から一人で荒川往復。

とりあえず淡々とTTって感じで。


単騎でも渋滞の市街地往復30km入れた90km走って3時間30分ぐらいで行けたのは良い収穫。

100km4時間ができるコースだとあらためて感じた。

平地でTT想定にはもってこい。




○5/5 富士ヒル試走会

多摩ロードのくしさん企画で、総勢10名ちょっとぐらい集まり富士ヒル試走をしてきた。


渋滞考えて5時にエースと出発したのに、全く渋滞してなくて7時ぐらいに着く。

待ち合わせ10時なのに。


走っても良かったんだけど、寒いのが嫌で二人で車内で仮眠。

10時過ぎにみんな集まって出発。

自走組もいて、タフだなと思う。




ざっくりブロンズ、シルバー以上組に分けて時間差でスタート。

自分はシルバー以上組。



この日は寒いのが嫌で防寒着含めて荷物持ちまくったので、いつもより3kgぐらい重い。

ダンシングすると左右に振り子のように振られるぐらい。


序盤から300Wオーバー。


まぁずっとは付いていけないよなーとは分かりつつも、行けるとこまで。


一合目過ぎぐらいで案の定耐えきれずに数人落ちていく。

自分はまだ大丈夫そう。


先頭をGさんと観葉さんが牽く。その後ろにピッタリくしさん。

しばらくするとGさんが単独で先行して離れ始めたが観葉さんは見送り。

くしさんは観葉さんに変わらずピッタリ。



これは追うべきかと思い緩く追走。


チラチラと後ろを見るが追ってくる気配はなし。

そのまましばらく追走したが、無駄な体力になりそうだったので減速。

ちょうど抜かれたくらいで工事信号に捕まる。


というか捕まったと思って脚を緩めた数秒で再び青信号!

観葉さん達と開いた差をさらに広げられて、追うタイミングを逃す。


脚を使ってまで追うか悩んで、一旦ペース走。

結果的にここから徐々に剥がされて追いつくことはなかった。


Gさんも抜かれていよいよ、観葉さん・くしさん→Gさん→自分→後ろは見えない

の構図になった。


二合目過ぎて三合目が近づくと割と良い感じで回せてたせいか、Gさんを捕獲。

そのまま抜いて斜度が緩くなった影響で、得意ゾーンへ。


一時はそれなりの距離話だと思う。


しかし再び斜度が上がり始めると分が悪く、気づいたら抜かれて一気に差をつけられた。


それでも折れることはなく、出来得るパワーで黙々と漕いだ。

ラストに差し掛かると斜度も緩くなり、上半身使いながら無理やりパワーで押し込む。

最後はキッチリパワーとペダリング意識しながらゴール。


Gさんには見えたものの、追いつくことができず。たぶん数十秒遅れくらいだろうか。



結果は1時間15分11秒。



観葉さん達は1時間12分台。

なかなか差をつけられたなと感じる。



それでもほぼ単騎で荷物マシマシの状態で1時間15分はかなり期待が持てる。

二年前のベストの時で、試走会17分で本番11分台なので、こりゃうまくいけば70分切りを期待できるタイムだと思った。


この日はこのままご飯食べて下山。

渋滞にハマりながら帰った。



○5/6 周回練

こちらも久々に参加させていただく。

冬場はちょこちょこいけてたんだけど、最近は上手くタイミング合わずで。



朝から盛大に寝坊をかまし、間に合わないかと思ったが、飛ばして何とかギリギリ。

そのまますぐに練習スタート。



3周目までは平和なはずが、この日は初めからなかなか速い。


今日は人数少なめだからだろうか?


と即アジャストして削りあいに参戦。


そもそもGWの疲労が溜まって脚は弱めだし、朝飛ばしてたからそこでも消耗。

とは言えそれなりにやらなきゃ練習にならない。

どうせ千切れるならガシガシいって千切れようと覚悟を決める。


ただなべ兄やんに無駄足の多さを指摘されてたので、踏むべきところと省エネをしっかり意識しながら。


今日風ないからか?


速いなーと思いつつもそれに合わせていくしかない。


中間はタイミング合わなかったので無しに。

勝負はラストにもつれ込む。



5周目で逃げが発生したものの見送る。

まだ早いと言う気持ちと、ここで行ったら保たない。逃げ切るなら負けだろうと。


タイミングは最悪だったけど、他の人が繋いでくれて何とか吸収。

そのスピードアップについていけなかった人が千切れてラストは5人。



最終周回は5人でローテ。


綺麗にグルグル回りっぱなし状態。


それが辛過ぎて全然牽制はいらないし、速度落ちないなと思いつつ必死に食らいつく。


ローテの下手さが露呈して、先頭を交代する度に脚をツラくて緩めてしまうので、乗り直す際に踏み直さないといけない。


それがジワジワ効いてくる。



なのでそうならないようにパワーの揃え方を必死に勉強する。さながら実地研修のよう。


身を以て体感することほど良い練習は無く、次第に脚を使わずに回せるようになった。



そうこうしてるとラスト。


牽制も入らないし、早駆けもない。


ローテの巡り合わせでドンピシャの位置を確保する。


今日の感じは長く続く脚がない。


なのでギリギリのタイミングを探る。誰も行かなくても行くタイミングが必ずやってくる。


誰が今日の主導者か分かっていたので、そこを待ってタイミング合わせてズドン。

ある程度イメージ通り。


上体を抑えながら、パワーはかけて。でもしっかり目線は先を見る。


久しぶりにしっかり先行できたと思う。


終わってみたらそれでも最大は1210W。5秒1000Wぐらい。

やっぱり最大パワーは弱体化してると思う。


その代わりに中間筋や遅筋が担う役割が伸びてるイメージ。

ここまで保たなきゃスプリント力なんて意味ないんだから。


終わった後は談笑。



夕方からパシフィコ横浜でエビ中のライブだったので、時間はあったけど、さすがに疲労困憊で早々と帰宅した。





○今日のまとめ

とても充実したGWだった。


1〜2日は仕事で休んだのに、しっかりTSS1000を超えることができた。

何より連日しっかりパワーを出せたのが大きい。

これが今までと全く違う収穫。

今までは乗った翌日はもう脚がパンパンで無理だった。


それがこのGWは連日行けた。


特に前回書いたTSS300オーバーの翌日にPaB練の強度について行けたのは大きい。

それが自信になって後半の4日間は毎日練習することができたから。

連日TSS100程度の強度すらできなかったのが、できるようになったのは何が要因だろう。

やはりグルタミンか?それともグルタミン、HMB、ZMAのどれかか?


ただ確実に持久力は付いてきている。


それを実感できたGWだった。


そして富士ヒルに向けてさらに弾みを持たせる事が出来た。


残り1ヶ月ちょい。

継続して頑張ろう。





関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/520-e9befcd3