FC2ブログ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

再び



名称未設定 1


先週もまた多摩ロードで都民の森へ行ってきた。

前回と比べて結構まったりメンツ。


人食い植物君がいないのが大きいかw



それでもくしさんいるから速い人はいるわけだけど。

何人か初対面の人(たぶん。全然覚えられない)もいたので走力は未知数だけど、まあこの日は疲れもあったから、とにかくロングを淡々と走りたかった。


矢野口に8時に集合して、みんなで武蔵五日市へ。

いつも通りの流れで。





人の振り見て



この日はO宮さんの後ろにべったり。


くしさんはパック組んで先頭を一緒に走りたそうだったけど、この日はいろいろ疲れや考えがあったので一番後ろの方を走る。




まずはバロックギアを使って、しっかりペダリングを確認する。




これはサイコンのペダリング効率をちょくちょく見ながら、しっかり0時~トルクを早めにかけていく事を心がける。

ペダリングとかあまりこだわらなかった自分だけど、やっぱり山だと想像以上にかけやすい。


そもそもケイデンスが下がるから有効度は平地よりは落ちるはずだけど、高効率のペダリングは圧倒的にトルクがかけやすいのもあってヒルクライムのがやりやすいと思う。


そしてバロックギアにしてタイムが上がるのはやはりこの部分が大きいのだろう。


0.1%のロスも1時間も貯めれば結構なロスになる。


それが物理的に改善されてタイム短縮に繋がっていると考えたら、意識的にペダリングするだけでもバカにならない。

結局ヒルクライムって我慢比べだし。


しかも残酷だなと思うのは、遅い人ほどツラいんだ。


だって速い人ほど短い時間で終わるわけだから、遅い人ほどツラい時間に置かれる時間は長い。

だからいろいろやってみるしかない。



自分のペダリングを意識しながら、ちょっと前にいるO宮さんを勝手に自己分析する。



どうしたら速くなるのか?



自分だったらどうするか?




別に本人に言うわけでもない。

そんなの望んでもない本人に言い始めたら何様だって感じだろう。




結局人の振りを見てケーススタディしているだけ。



自分でやりながら気づく事もあるけど、人の振りを見ながら勉強になる事もたくさんある。


そんなことを考えながら後ろで走っていた。

しばらくするとO宮さんに



「プレッシャーかけないで先に行ってくれー」





と怒られたので一気に後方に下がったw







もう一つの目的



もう一つの目的はバロックギアの性能を確かめたかったのと合わせて、料金所~ゴールまでの区間で脚が残った状態で全力で漕いだらどれぐらいタイムが出るのかという疑問。



病み上がりでだいぶ身体のコンディション落ちているなと思ってはいたんだけど、その為に前半は違うことをいろいろやってた。


っで料金所から350W目標でスタート。

結局350Wは維持できなかったけど、ラストまで出し切った。




結果はなんだか分からないけどスタート地点ミスったみたいで、ベストの1分落ちの13:24秒。

ベストは一番良かった時期にボーイと雑兵のバスさん・A木さん達と競っていたタイムの12分33秒。


今回もあの時もこの区間は単独だったので同条件。


そして奇しくもバロックギアを前回初めて使ったのもこの時。




失敗したのでそれよりさらに短い「7146Climb」と言う区間で見てみても結果は10秒落ちの6:39秒。ベストは上に書いた日の6:29秒。



んー複雑。




そもそもベスト出なかったのもそうだけど、ベストの時は都民の森TTしている最中に出たタイムで、ラストで死にそうになっていたはず。

今回は脚を貯めて挑んだはず。



違いと言えばたぶん体重ぐらい。



64kgと67kgぐらい。




試しに先日ベストタイムを出した直近の多摩ロードでの都民TTの時のタイムと比べてみると、

6:39秒と6:59秒でちゃんとこっちがベストだった。


それでも20秒差しかないんだなと思ったのが素直な意見。




料金所~ゴールまでの区間でもう一度見直すと13:24秒で同タイム。




そうなってくるとこの区間で1分は縮められる事は間違いなさそうだ。





問題はどうやってここまで脚を残すかだけど、結論は脚が残った状態だろうと、ある程度TTしてきた状態だろうと、脚が売り切れていなければタイム差はほぼ無し。



前回の都民練で上川乗りまで初めて15分切って、前半の緩い区間の手応えは十分にできたので…



上川乗りまで15分、中間を最低限維持して、料金所から12分を目標に走れば今後50分切りは見えてきそうだなと思った。

明確に目標数値が見えてくるとわかりやすい。



こんな時にペース走している観葉さんやくしさんのタイムと比べると実はすごくわかりやすい。



上川乗~料金所の区間がやはり圧倒的に自分は遅いのだけど、やはりここは苦手で、ここで無理すると後半大崩れするパターンが多い。

多摩ロードで速い人たちはこの区間を21分切るレベルで走る中で、自分のベストはギリで23分切っているぐらい。


やはり圧倒的に弱い。




だいたい上川乗りを過ぎた辺りでジワジワ剥がされる。


それは分かっているんだけど、今の所それをどうにかできる術が無く、とりあえず苦手な場所は最低限で切り抜けることにしている。




なのでせめて22分切るぐらいでいけるようになるとタイムの希望が見えてくる。



前半15分、中盤22分、後半12.5分。



これを達成すれば夢の50分切りが見えてくる。


イメージしたらわかりやすくなった。


現状の力量で見る限りこれが一番堅実的。


前半を14分にするのは無理があるし、後半を11分にするのはたぶん相当厳しい。


前半と後半をベスト尽くして、少しずつ中盤を詰めていくしかタイム短縮の道は無い。



そういった意味で売り切れさえしなきゃツラかろうと、余裕があろうとタイム差があまり出ない(約10秒ぐらい?)のが分かったのは収穫だった。



この日のトータルのタイムは1時間7分20秒でした。






寄り道からの出会い



帰りはかんづくり荘でご飯食べて、そのあとは話の流れで浅間坂へ。

IMG_6292[1]



初めて行ったんだけど、予想以上に激坂でびっくりした。


斜度表示が途中から24%とかなってたし。


IMG_6404.gif



その浅間坂を気分で登って行った先にあった



「癒し処 木庵」

IMG_6397.gif






目の前に多摩ロードの面々8人ぐらいで言ったらお店の人が話しかけてくれて、あれよあれよという間に玉露の冷たいお茶を出してくれる。

IMG_6407.gif


そして気づくと柚の皮の甘味や筍の煮物を出してくれるw

IMG_6405.gif
IMG_6406.gif





みんなドギマギ。




そしてタダで頂くんじゃ悪いからと注文したアイスコーヒーもこれで200円。

マジかよ。



なんてサービス精神なんだ。





ご飯食べてきてしまったのが申し訳ない。


次回はお腹をすかせていくことを心に誓った。



しかし良い所だが24%の激坂を越えていかないとたどり着けない感じがRPGっぽくて良いと思った。





そのまま林道を行く



その後は直帰組とポタ組に分かれて、自分は久々のポタで林道を走る。




人気の無い林道を走るの超楽しい。


行ったことの無い林道探り探り進むの超楽しい派なので、久々にすごい楽しかった。

途中完全砂利のダートあったけどそれもそれ。

IMG_6400.gif



パンクしなかったからよしとする。





知らない林道だったけど、風張林道のつづら折りの分岐点に出てくるのが分かった(あの登りがキツくなるスタート地点ね)

IMG_6399.gif


あとはそのままユルユル帰った。



やっぱり自分は林道探索が好きなんだと思った。



ロードでガンガン走っているのも良いけど、みんなでキャッキャしながら走る静かな林道はまた格別。

車もバイクもこないようなところが良い。



なんかあったら面倒なんだけどさ。





ではまた次回。




※本日も多摩ロードの皆さんからの写真の提供でお送りしているダメブログです。

多摩ロードの皆さんに感謝。




最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/522-b60357f5