FC2ブログ
人気ブログランキングへ

意図せずとも



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

名称未設定 1


富士ヒルを終えて意図せずに谷ができている。

まあピークス的にもいったん谷を作っても良い期間だから深くは考えてない。


次のピークは富士チャレ。

まあ仕事ででれるか正直わかんないんだけど。



今回富士ヒルは正直感覚としてはちょっとピークをミスった気がしていた。

2週間か1週間ぐらいピークが前にあった気がする。


富士ヒル自体雨ででないつもりだったせいか、下降の域に入ってきてしまっていたと思っている。

それでも状態としては悪くなくて、気分良く終わることはできたんだけどね。


今日はそんな最近の話。







富士ヒル翌週はパーソナルから



富士ヒルの疲れが思った以上にあったのか、火曜日に行ったパーソナルは全然ウェイトが上がらなかった。

月曜日一日休んだにも関わらずだ。


それでも体幹中心に追い込んだせいか結構筋肉痛になって、そのまま練習できないまま週末を迎えた。


土曜日は仲間とやっている恒例の運動会。

だいたい年に2回やっている。


土曜日には80%ぐらいは回復していて、奥の方にまだ筋肉痛がまだ根深く残ってる程度。

そこから普段しないランニングをガンガンしたわけだから、そのまま次の週も筋肉痛。


走ること自体は凄く感触は良かった。

いくら走る系のスポーツをやってないからと言って、周りが普段運動とかしない人ばかりなのと、歳上が多いのもあって、さすがにだいぶ余裕がある。


900m走も以前よりだいぶ楽に走れるようになったし、自転車レースを意識して残り200mまでイーブン走、そこからゴール前意識してペース上げて、ラストはスプリントって感じで走れた。


短距離は特に冬から続けてきたウェイトトレーニングが効いている感じで、自分自身で感じる躍動感とスピード感が一段階上がった感じがした。

80m走では各グループ予選1本のあと、勝ち残りの決勝戦でこれだけ差を付けれたのも頷ける。


IMG_6635[1]


下半身以上に上半身が使えるようになったのが大きい気がしている。


これが自転車でも生きてきてくれれば良いのだけど。





トレーニング再開



そのまま筋肉痛を月曜日まで引きずって休んでしまったけど、火曜日から練習再開。

いつも通りZWIFTだなと思っていたら、まさかのPCが更新プログラム状態。しかも超長そう。


仕方なく諦めて1年以上ぶりにサイコンとにらめっこ。

メニューはとりあえず20分全力走。


300Wで縛れたら嬉しいなとか甘い考え持っていたけど、結局そんなでるわけも無く徐々に落ちながら必死に20分漕いだので、結果20分全力走でFTP計測みたいになった。

10分アップ→20分全力走→10分ダウンの計40分。


その結果は20分283W。

これに0.95掛けた268Wが現在のFTPってとこか。


そう考えると富士ヒルの平均数値も現状ではベストで間違い無いかも。



水曜日はZWIFTレース。

さすがに更新は終わったので、【EVR RACE B】に参加。

当然登りがメインなのでトップ集団に付いて行けるわけも無く、1本目の登りで剥がされる。


それでも淡々と千切れた数人で争う感じ。


結局全体では10位以下だと思うけど、カテゴリーBでは3位。

ただ結果以上に自分の力量に納得がいかない。

でも久々にZWIFTでIF1.0のレシオ4.0倍いった。



木曜日もZWIFTレース。


内容見ないで【Japan Zwift Morning Race】に出たら45kmの獲得約1000mで死ねた。

三日目で疲れも溜まっているだろうと思って、軽めのレースに出るはずがしくじった。



でもスタートしてしまったものは仕方がない。


諦めて必死に頑張る。



長い登りが4~5本?ぐらいあるコースだったと思うんだけど、案の定1本目の登りで先頭集団には剥がされる。

最近安定の流れ。マジで登り弱い。


その後は千切れた数人で抜きつ抜かれつの長旅。



結局1.5時間のレースになって、先頭集団には15分以上差を付けられる始末。

レシオは3.3倍しかでなかった。





3日間を通してやはり納得がいかない。

弱い自分を認められないって言うのもあるんだろうけど、何が調子を落とした原因か掴めずにいるからだ。



平均のパワーもそうなんだけど、5分程度のインターバルで冬には350Wぐらいで縛ることができたものが、今じゃ300Wで縛ることもできずにいる。

昨日は長めのレースだったからFTP付近でペースを維持することを心がけたけど、後半は崩壊。

200Wでお散歩して多少脚が戻ったら上げ直すを繰り返していた。






何が原因か?



一つは練習不足明け。

いったん谷を作ったんだから仕方ないでしょって話。


ただ納得いってないのは、富士ヒルに向けて調子を作ってきたけど、パワーだけでみると12~1月がピークでそこから下降線をたどっていた事。

その要因の一つにパワーメーターの誤差があるとは思っている。



ガーミンのベクターは結構取付シビアで、取り付けた感じで数字が変わる。

トルクレンチを使ってトルク管理もしているんだけど、付け替えた3月ぐらいを目処に数値は下がっていっている。



もう一度付け直す必要性と電池の確認は必要かも。




それでも実走でシマノパワーメーターを使っている感じ、八ヶ岳で275W位の平均だったので、極端に違うとは思えない。

1月にあった平均パワーが289W。


これが取付ミスによる誤差だとしても八ヶ岳の数値を見るに280Wぐらいはでていてもおかしくは無い。

それが徐々に下がっていって今じゃ268Wが現実なのだ。



実走での体感としては悪いとは思っていなかっただけに、文字通りパワーに振り回され過ぎている気もしている。





体重減少



2月と比べてウェイトの割合を減らしたことと、がぶ飲みしていたプロテインをいったんやめたことで体重が3kg程度落ちた。

一時期71kg近くあった体重も調子が良いときは67kgぐらいまで落ちていたので、その分パワーも維持できずに落ちてしまったのかもしれない。


平地が楽になったと感じていたのは体重増加の影響もあると思うので、この辺は登りとのトレードオフだなと感じている。

パワーをしっかり維持したまま体重だけ落としていくのは容易ではない事を痛感してる。



もう少し様子を見ながら富士チャレにはどれぐらいの体重を目標にしようか決めようと思っている。




今日のまとめ



特にまとめることも無いんだけど、毎年夏の時期は弱いなと思う。

去年も富士ヒルから下降していって、夏のCSC5耐でとどめを刺された。



やっと調子を戻してこれたのは9月に入ってフィッティング行ってから。


こうやって股関節の可動域とか、今まで自分が気付いてきたものを改善しても不調なときは黙ってフィッティングに行くべきだなと思っている。

練習量やメニューをしっかり確保・管理した状態で、上手いこと行かないなら何かがおかしい。


それを自分じゃ気付かない外的な要因に頼っても良いと思う。



自分が強くそう思うのはちょっと前にも一回調子を崩しかけて、どうやっても上手くパワーが入らない時期があった。

ふとクリートを確認してみると、緩んでフィッティングでマーキングしてもらった位置よりもだいぶズレていた。



それをマーキングした位置に戻した途端、モリモリパワーがでるようになったのは嘘のようで本当の話。

あの時気付きから、以外とパワーの出し方って繊細なんだ、もしくは自分にとっては繊細なんだと思うようになった。



たった数センチの差であそこまで変わってしまうのだとしたら、自分の身体に今何かが起きていてもどこに原因があるかよく分からない。

体感で気づける要素はある程度確認したから、練習不足以外は。


いったん仕切り直しの意味合いも込めて、TORQUEのお世話に約一年ぶりになるときが来たのだと思う。

早めに対処して、秋にはベストに仕上げたい。


タイミングさえ合えばおきなわでてみたいし。






最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/539-54022cc5